わたしはここで生きている。

映画『この世界の片隅に』を見てきました。(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

広島市江波に住む浦野すずのん )。絵を描くことが大好きな彼女は幼少期から座敷わらしや化け物に会うなど不思議な経験を積み重ねます―

 そんな彼女も18歳になり、突然縁談が持ち上がります
自分で結論を出せないまま話は進み、1944年2月 軍港の街として栄える呉へとお嫁にやって来たすずさんは、見知らぬ街で新しい生活が始まります―

 心優しい両親や厳しい義姉、そして、かわいらしい姪っ子の晴美に囲まれるすずさん。
配給物資が減らされる中でも工夫し、食卓をにぎわせ、毎日の暮らしを積み重ねていきます―

 しかし、戦局は徐々に悪化…すずさんも次々と大切なものを失っていきます。
そして迎えた1945年の夏―

果たしてすずさんたちの運命は?

といった感じです。(^^ゞ

 うまく説明はできないのですがいい映画でした。

戦争映画は正直苦手な分野なんですがそんな中でも懸命に楽しみながら生きる方々の様子がよく分かりました。
また全てを一瞬で失う残酷さもね。

 主人公の声を務めた、のんちゃんの声もすずさんのほんわかした雰囲気にうまくマッチしていて良かったです。
また、この子の演技を見たくなりました。

 満足度の高さも納得の映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆

いつまでも戦後であってほしいものです。
先人の方々の思いを受け継ぐことは今を生きる者の義務ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心根ひとつで―

岡山県倉敷市児島が舞台のアニメ映画『ひるね姫』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

岡山県倉敷市児島に住む森川ココネ高畑充希 )はいつでもどこでも眠れることが特技(?)の女子高生。幼い時に母親を亡くし、今は小さな自動車修理工場を営む父・モモタローと2人で暮らしています。

そんなココネは最近不思議な夢を見るようになりました。その夢の中では、小さい頃に父親が話してくれた機会作りの国”ハートランド”の姫君・エンシェンとして冒険し、鬼を退治しようとしています―

 そして東京五輪開幕を3日後に控えたある日…なんと突然モモタローが警察に逮捕!
そこまでの悪事を父親が働いたとは信じられないココネ―疲れ果てて家に帰った彼女が眠ると、また”ハートランド”の夢が!!

 そして目覚めたココネのもとには夢の中に出てきた人物とそっくりな謎の来訪者が…

「今朝からこの夢、現実と繋がっとる」―

そう思った彼女は、幼馴染の大学生モリオと共に父親を救うために東京へと向かうことを決意。

果たして彼女たちの運命は?―

といった感じです。

 やっぱり地元・岡山が舞台の映画ということで見に行きました。

スクリーンから岡山弁が聞こえるのはちょっと不思議な感覚でしたね。(^^ゞ
あと見たことある風景をアニメで綺麗に描いてもらえたのは嬉しかったです。

 予想していたストーリーとは違った感じの物語でしたが、それも新鮮味があって面白かったです。(^^)
あとから確認したら意外に豪華なメンバーが声優されてましたね。(^^ゞ

 児島の風景や親子の絆が描かれた映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

東京五輪…果たして現実ではどうなるのかな?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るく素直に美しく

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を見てきました!(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

県立福井中央高校に入学した友永ひかり広瀬すず )は、中学時代から憧れる同級生の孝介真剣佑 )を応援したいという目的のためだけにチアダンス部に入部する

しかし彼女を待ち受けていたのは鬼顧問の早乙女薫子先生天海祐希 )による厳しいスパルタ指導だった―
『全米制覇』を目標とするチアダンス部での毎日の厳しい特訓に早々と退部していく部員たち…
「踊っているときの笑顔」だけは褒められるひかりはチームメイトの彩乃中条あやみ )の存在もあり、何とかチアダンスを続ける決意をします。

 厳しい指導に耐え、時にはぶつかり、励まし合っていく仲間たち…

果たして彼女たちは目標とする『全米制覇』を達成することができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 自分の好きな王道の青春映画でした。
ベタな展開もあったのですが、それでも結構楽しめました
自分の中学校の時の部活の顧問の先生が体育の先生でハードな練習もあったので、それも思い出したかな?(^^ゞ

 広瀬すずちゃん『ちはやふる』の好演の印象もあってか、やっぱりこういう王道青春映画のヒロイン役が似合いますね。(^^)

 元気をもらえて救われる映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

今回はまった一言…「セカンドです。」 映画で確認を<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R-1 2017

1カ月経つ前にR-1の感想を書いておきます。(^^ゞ

昔は即日更新していたな~と思いつつ…

(ファーストラウンド)

〈Aブロック〉

レイザーラモンRG…トップバッターにしては落ち着いていたな~と思いました。ただ、キャラパレードでよく見ていたので新鮮味が欠けたかな?

横澤夏子…面白いというより上手いんですよね。こういう大会にしたらインパクトに欠けたかな?

三浦マイルド…前に優勝したときよりも好きなネタでした。

サンシャイン池崎…出だしの変化は面白かったです。年末から勢いに乗ってますね。

最終決戦進出…サンシャイン池崎

〈Bブロック〉

ゆりやんレトリィバー…なんか不思議なネタ。なんともいえない笑いが起きました。

石出奈々子…あまり知らなかった方ですが、今回の中で一番好きなネタでした

ルシファー吉岡…2年連続ということもあってか去年よりも慣れてる感じがしましたね。

紺野ぶるま…なんか小奇麗な方で…(^^ゞただこういうネタは会場にハマるかどうかが大きいですね。

最終決戦進出…石出奈々子

〈Cブロック〉

ブルゾンちえみ…芸歴の浅さが出たな…ネタが飛んでしまいましたね。ただ、これを乗り越えた来年もしも決勝に出てきたら怖い存在になるなと思いました。岡山の方なんですね。(^^ゞ

マツモトクラブ…個人的に大好きな芸人なんですが、やっぱり”上手い”なんですね。セリフを直前に変えたあたりはさすがですけどね。

アキラ100%反則だろ!この人!!(笑) ここまで技の芸人が出てきた中での力技はけっこう笑いましたね。(^^)

おいでませ小田…この人も去年から結構はまってます。少し変化も加えて面白かったです。ただ、直前のインパクトが…(^^ゞ

最終決戦進出…アキラ100%

〈最終決戦〉

サンシャイン池崎…1回戦全力だったんで息切れしたかな?先にいい方のネタを出してしまいましたね。

石出奈々子…変化を意識したんだと思いますが、1回戦の系統のどこかに行くネタをしてほしかったかな?

アキラ100%決勝戦の最後にこの人は何をやってるんだ?!(笑)(^^ゞいい意味でバカバカしくて笑いました。(^^)

最終決戦終了…なんとなく優勝者の予想はつきました。
あとは審査員の道徳心がどう判断するのか?!(笑)

優勝…アキラ100%

でしょうね(笑)(^^)
今回は流れが来てましたからね。
ただ「最年長優勝」が表すようにここまでの経験が活かされたと思います。

正直、サンシャイン池崎と石出奈々子は1本目にいい方を持ってきたような感じで息切れの印象を受けました。ただ、これが来年以降に繋がってくれればと思います。

最近ちょっとネタ見せ番組を一時期よりも見る機会が減ってきたのですが、まだまだやっぱり面白い芸人っているんですね。これからどんな芸人が出てくるか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更それ聞く?

映画『君と100回目の恋』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

日向葵海miwa )は瀬戸内に住む女子大生。
何でも完璧にこなす幼馴染長谷川陸坂口健太郎 )らと共にバンドを組み、海外留学を目前に控えています。

 7月31日― 自分の誕生日に行われたライブがうまくいかず落ち込む彼女は放心状態のまま歩いていると交通事故に!!
遭ったと思った瞬間、気がつくと教室にいた葵海。
日付は事故の1週間前。
しかも次々と起こるのは彼女が一度経験していることばかり

不思議に思っている中、陸が口を開く―

「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」

実は陸は時間を遡るレコードを使い、何度も葵海の運命を変えるべく時を戻していたのだった。

 お互いの思いに気づいた二人。恋人としてやり直すために1年前に戻る
周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る2人。
しかし、陸のタイムリープには重大な秘密が隠されていた…

果たして2人の運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 miwaの曲をよく聞きます。オールナイトニッポン(miwaナイト)も聞いていました。(^^ゞ
それと舞台が岡山県の牛窓ということで見に行ったのですが…好きな映画でした。(T_T)

最近はこのタイプの映画はあまり見なくなっていたのですが、良かったです。
大学生活っていいな~と改めて思いました。(^^)

ライブシーンはさすがに本職ですから見ごたえがありましたね。

あと『orange』のときも思ったのですが竜星涼の一途な役が似合っていました

音楽や牛窓の魅力も満載の映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆

見終わったあと映画に出てきた場所を周ってみたり…(^^ゞ
ただ
近所のうどん屋が出てきたときはビックリした(゜-゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

荒海の王者

ジュウオウシャーク

映画「海賊とよばれた男」を見てきました。(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

「海賊王に俺はなる!!」― そう宣言し、仲間と共に「ひとつなぎの大秘宝」を探す”ゴム○ムの実”の能力者 モンキー・D・ル…

失礼。<m(__)m>

小ボケが多いわ!!!(`Д´)

 改めまして…

石炭が主燃料の時代―国岡商会の店主国岡鐡造岡田准一 )は今後必ず石油の時代がくると予想。店員をまとめ、北九州・門司で石油業に乗り出します。

国内の販売業者・欧米の石油メジャーなどから行く手を阻まれながらも発想力・行動力、そして店員を大切にする愛情で立ち向かう国岡鐡造…

そして終戦後―敗戦国・日本において更なる逆風にさらされる国岡商店
しかし国岡鐡造は人員削減しないことを決断。そして、そんな店主のために一丸となって立ち向かう店員たち

「日本人がおる限り、この国は再び立ちあがる!下を向いている時間はない!!」

 そんな国岡商店に最大の危機が―!

果たして国岡商店の運命は?そして、戦後の日本に大きな勇気と希望を与えた男の決断は?―

といった感じです。(^^ゞ

 原作は読んでなかったんですけど、興味はありました。
『永遠の0』のチームが作った映画なので面白いだろうと思っていたのですが…期待以上でしたね(^^ゞ

とても熱くなる映画でした。(^^)
やっぱり岡田君の演技力はさすが名優の故・高倉健さんが 「やっと骨のある俳優が出てきてくれた」 と評価されただけあったなと感じました。

厳しいことを言いながらも大きな愛情でまとめる国岡鐡造…個人的に星野仙一監督をイメージしました。(^^ゞ

 熱くて元気になれる映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

本当に必要なのはこういう指導者なんだろうな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30日間の恋

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

美大に通う20歳の学生南山高寿福士蒼汰 )。
彼はある日、電車で一緒になった女性福寿愛美小松菜奈 )に一目ぼれをしてしまいます。
勇気を出して声をかけ、「また会える?」と約束を取り付けようとしたところ、突然泣き出した愛美―

翌日、写生をしている最中に高寿は愛美に再会
高寿の親友上山東出昌大 )の後押しもあり、初めてのデートをすることになった2人は付き合うことに―

交際が進むにつれ、愛を深めていく二人…
しかし、愛美には高寿に黙っていた大きな秘密が!!

果たして二人の運命は?

といった感じです。<m(__)m>

 いつものように…原作は読まずに見に行きました。<m(__)m>
タイトルの意味が最初はわからなかったのですが、見終わって理解しました。(^^ゞ

なんか…秘密が分かった後から映画の見方が変わった気がします。(^^ゞ
主演の2人の演技の印象が変わりました。

小松菜奈さんは特に「バクマン。」で少し見ただけだったんですけど、今回の映画は印象的でした。(^^)

なんか色々な思いがある映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆

 4月最初の授業にて―
「久しぶりに先生の授業を受ける人もいるので、プロフィールを配ります。」

プロフィール写真:福士蒼汰

…Σ( ̄ロ ̄lll)

…( Д) ゚ ゚

…┐(´-`)┌

すいませんした。<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-1 2016

時間は経ちましたが、今年のM-1の感想でも…<m(__)m>

とりあえず今年は審査員が前年の歴代チャンピオンから大御所に変わりました
個人的には競った場面での納得度を考えると、今回のような方がいいと思います。(^^ゞ

〈ファーストラウンド〉

アキナ…トリオの時にこのネタは見たことがあります。トップバッターじゃなかったらもっと伸びたかな?

カミナリ…いつもよりもペースが早かったらしい(巨人師匠・談)のでお客さんとの笑いのペースがちょっと合わなかったかな?

相席スタート…個人的に良かったように思いましたが、面白いより言葉が上手いというような感覚でした。

銀シャリ…さすがの安定感。初出場が続いたので、より光りました。

スリムクラブ…2010年以来でしたが、作戦ミスかな?内間さんがもっとゆっくりしたペースの方がウケタかもしれないな。

ハライチ…出だしが良かったけどね…。ボケのパターンが同じのが続いたからちょっと後半が伸びなかったな。

スーパーマラドーナ…ギアが1つ上がったね。終盤に向けての盛り上がりと予想外のオチが面白かった。

さらば青春の光…コントのイメージでしたが、漫才も良かったですね。

和牛(敗者復活枠)…彼らもギアが1つ上がった。流れがすごかった。

予選が終了。
最終決戦進出は…

3位 スーパーマラドーナ
2位 和牛
1位 銀シャリ

今回は去年よりもどの出場コンビがパワーアップしていましたが、その中でもこの3組は抜けていましたね。(^^ゞ
どうなる?!最終決戦―

〈最終決戦〉

スーパーマラドーナ…今までのM-1でファーストラウンド3位通過””最終決戦トップバッター”の優勝者はいない―  しかし、史上初めてその可能性を感じられるような漫才でした。この時代劇のネタは自分が初めて彼らを見たときのネタなのですが、その時よりもかなりパワーアップしてましたね。

和牛…トップバッターがかなり盛り上がったのですが、彼らも負けてませんでしたね。ファーストラウンドと似たタイプのネタでしたが、やっぱり流れがきれいでした。2年連続敗者復活枠も史上初です。どうなるかな?

銀シャリきっとこれまでの1位通過コンビの中で1番のプレッシャーがあったことでしょう。今年の盛り上がりは物凄かったので。しかし、そんな中で彼らは自分たちのネタを貫きましたね。やっぱりこれは経験があるからこそできることかな?

最終決戦終了―

今までだと何となくここで優勝予想ができるのですが今年に関しては全然分からない。
この大接戦は過去最大です。
審査員の責任が大きくなるので、大御所になって良かった。(^^ゞ

優勝…銀シャリ!!

審査員の皆さんが本当に悩んでいたのを感じました。ここまでの接戦だったら技術力が占めるウェイトが大きかったかな?!
ただ今回の最終決戦進出者はどこが勝ってもおかしくなかった。
ネタ順によっては結果が変わってたかもしれません。

正直、去年からのM-1復活は期間が開いたことによってレベルはどうかな?と思っていたのですが…申し訳ございません。<m(__)m>
今後また”お笑いブーム”がくるかもしれませんね(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

君の前前前世から―

果たしてどれだけ書けるかな?
たまりにたまった映画ネタを…(^^ゞ

映画『君の名は。』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

飛騨の山奥にある糸守町に住む女子高生・宮水三葉上白石萌音
彼女は母の死後、父親とは仲違いし、祖母と妹と共に暮らしていました
家系の神社や仲違いしている父の選挙運動、田舎の生活などに嫌気がさしていたある日、奇妙な出来事が…

「昨日の三葉おかしかったよ。」―

自分自身には全く記憶のない出来事を次々に言われ、困惑する三葉。
そんなある日、彼女は奇妙な夢を見ます…

その夢の中で彼女は男子高校生・立花瀧神木隆之介 )となり、憧れの東京での生活を満喫。
この少年が思いを寄せているであろうバイト先の先輩奥寺ミキ長澤まさみ )との距離も近づき、満足したまま再び眠りにつきます…。

 翌朝、夢の内容をほとんど忘れていたが、周囲の人達の反応や、その後もたびたび「入れ替わり」が起きたことによって2人は気づきました…

 「私/俺たち、入れ替わってる?!」―

性別も暮らす環境もまったく異なる存在との入れ替わりには多々困難がありながらも、お互い束の間の入れ替わりを楽しみつつ次第に打ち解けていく三葉と瀧…

しかし、その入れ替わりが突然途絶えてしまう!?

 三葉の存在の大きさに気づき、真相を知るべく風景のスケッチだけを頼りに飛騨に向かうことにした瀧。

果たして2人の入れ替わりに隠された衝撃の真実とは?
そして2人の運命は?!―

といった感じです。(^^ゞ

 正直…アニメだと思ってなめてました。<m(__)m>
面白かったです。(^^)

見終わった直後、本屋に寄って原作を買いました(実話)^_^;

 ストーリー、きれいな映像、音楽大ヒットしてるのも納得です。(^O^)/

興味のある方は是非どうぞ☆

学生時代のバイト先に長澤まさみがいたら…(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一心不乱

今日ぐらい勝てよ!!!

おっと失礼。心の声が…<m(__)m>

 気を取り直して…

映画『青空エール』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

吹奏楽の名門・白翔高校に入学した小野つばさ土屋太鳳 )。
彼女は小さい頃に見た白翔高校野球部を応援する吹奏楽部の演奏に憧れ、トランペット初心者ながらもこの学校を選びました。

そして彼女と同じく小さい頃に見た野球部の試合に憧れて入学した期待のキャッチャー・山田大介竹内涼真 )。
二人は入学式で出会い、お互いに甲子園に出場し、アルプススタンドから応援することを約束。

 顧問の杉村先生上野樹里 )を中心とする全国大会を目指すレベルの高い練習についていけず、何度も挫折しそうになりながらも、森先輩志田未来 )に初歩から優しく教えてもらい、徐々に力をつけていくつばさ―

迎えた1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を吹奏楽部が応援。
ところが怪我した先輩に変わり途中出場した大介のミスで敗退―

そんな大介を思い、勝手な行動を取ってしまったつばさは謹慎処分…

互いに惹かれあいながらも、それぞれの夢を追いかける二人―
迎えた最後の夏…練習中に大介が大ケガを―!!

果たして彼女たちの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 なんかストレートな王道の映画でした。
時期もちょうど夏のこの時期にあっていて面白かったです。(^^)

 「まれ」や「orange」でも思ったんですけど太鳳ちゃんのまっすぐな役の芝居は結構好きです。
これからどういった役をやって幅を増やしていくのかが楽しみです。

 個人的には高校時代のバドミントン部で初心者の後輩を指導することが多かったので志田未来に感情移入したかな?(^^ゞ
顧問の上野樹里も良かったです。

 若手の実力派俳優が多くて本当にまっすぐな青春映画でした。

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

 8回の大事な場面はベテランの鶴岡に変えて守り切るべきじゃなかったかな…(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧