ボンババボン

映画『センセイ君主』を見てきました(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

頭脳明晰なイケメン数学教師―

…呼んだ?(*´v゚*)ゞ

(* ̄0 ̄)ノimpactヤカマシイワ!

書きたかったことは書けました<m(__)m>

 では改めまして(^^ゞ

担任・弘光由貴先生竹内涼真 )と出会った生徒・佐丸あゆは浜辺美波 )は告白7連敗中の”恋に恋する女子高生”
弘光先生に恋し、幼馴染の虎竹佐藤大樹 )や親友・アオちん川栄李奈 )らを巻き込み、猛烈なアタックを試みるも冷静沈着な弘光先生にことごとくあしらわれる毎日
しかし、徐々にお互いの存在は変わっていきつつありました。

そんな中、文化祭の合唱コンクールの実行委員となったあゆはは弘光先生とプロのピアニストのリサイタルを聞き、そこで演奏された「OVER DRIVE」をクラスの合唱曲に決めたのもつかの間…

なんと、そのピアニスト・柴門秋華新川優愛 )が学校に赴任。
更に弘光先生の幼馴染ということも判明し…果たして彼らの運命は? そして、あゆはの恋は報われるのでしょうか?―

といった感じです。

 この手の話の映画って気がつけば見ることが多かったんですけど、その中でも面白かったです(^^)

浜辺美波は去年「君の膵臓を食べたい」で初めて見たんですけどその時とは正反対のコメディの役でも凄かったです。この先、色んな役をやって今以上にどんどん成長していくんだろうな~って思いました。
あと川栄は本当に女優になったね(^^ゞ

あと個人的にジュディマリの「OVERDRIVE」が懐かしかったですね。
合唱バージョンも良かった(^^)

見たら学生時代に戻れるようで見終わってスッキリするような映画でした(^^ゞ
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

あんな先生、現実に存在するか!!\(*`∧´)/
心の叫びでした(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

死神代行キターーッ!!

上映前から何かと話題の作品実写化アリ?ナシ?『BLEACH』を見てきました。(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

高校生・黒崎一護福士蒼汰 )は、幼い頃の雨の日に母親を亡くしてから父親・一心江口洋介 )と幼い妹2人と何気ない普通の暮らしを送っていた。
ただ1つ、彼には幽霊が見えるということを除いて…

そんなある日、自らを”死神”と名乗る少女・朽木ルキア杉咲花 )が一護の部屋に突然現れた。
不思議に思い、ルキアを問いただしていたその時―
「虚〈ホロウ〉」と呼ばれる巨大な悪霊が一護の家を襲撃。幼い妹が連れ去られてしまう。
助けに入ったルキアだったが、一護をかばった際に重傷を負ってしまう…
絶体絶命のピンチの中、ルキアは最後の手段として、掟を破り、一護に死神の力を与えることに―
死神となった一護はホロウを退治。しかし、ルキアは死神の力をほとんど失ってしまう…

 ルキアは、一護や、一護が信頼を置く茶渡小柳友 )、一護に思いを寄せる井上織姫真野恵里菜 )、そして、かつて死神に滅ぼされた一族〈滅却師(クインシー)〉の生き残り・石田雨竜吉沢亮 )らのクラスメイトとして過ごしながら、一護にホロウ退治を手伝うように呼び掛けるも、一護は頑なに拒み続ける。

 そんな中、掟を破ったルキアを罰するために死神・阿散井恋次早乙女太一 )、朽木白哉MIYAVI )が現れた―

彼らが課したルキアを助ける条件。それは…
かつて一護の母の命を奪った、最強のホロウ”グランドフィッシャー”の討伐

果たして彼らの運命は?

といった感じです。(^^ゞ

 原作は言わずと知れた大人気マンガ『BLEACH』。自分ももちろん読んでいました。(アニメが始まってからですけど…(^^ゞ)

人気があるために実写化に際しては色々と意見がありますが、自分の個人的な感想として言いますと、
『続編を見たい』と思いました。
キャラクターを演じた皆さんに特に違和感はなく、久しぶりに福士蒼汰のアクションも見れました。話的に一個の区切りで終わったんですが、原作ではこれからもっと盛り上がっていくところだったので、ちょっとそこの物足りなさも感じました
なので、「るろうに剣心」みたいにこの続きを作ってほしいな~と思います。(^^)

 原作を知らない人でも十分楽しめる映画だと思います。

興味のある人は是非どうぞ☆(^O^)/

 それにしても…
福士蒼汰、吉沢亮、真野恵里菜…
宇宙キターーーッ!!(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ~、オラ毎日楽しい。

矢島晶子さんが務める「クレヨンしんちゃん」は本日でラストでした。

今月の始めにこのニュースが流れたときに思い出したのが、最初の頃の「クレヨンしんちゃん」は声優は矢島晶子さんだったんですが、声が今とは全然違っていたということです

たぶん矢島さんなりに考えていって今の声に落ち着いたのかな~と思います。
その後も他のアニメや映画の吹き替えで”声優・矢島晶子”と出てきてもしんちゃんの声が全く聞こえなかったです。
地声とは違う声をこの26年間ずっと続けてきたのかと考えたら頭が下がります。

 放送開始の頃、自分は裏番組であった「ドッジ弾平」というドッジボールのアニメが好きで、友達とその話で盛り上がってたのですが、「クレヨンしんちゃん」が始まってから周りはその話題に移ってしまって、自分だけ取り残された気分で「しんちゃん」を嫌いになりました。

ただ、「ドッジ弾平」の放送が終わって「クレヨンしんちゃん」を見るようになってからはそれまでとガラリと変わって大好きになり、友達からも「この前までクレヨンしんちゃん嫌いだったろう(笑)!」とツッコミを入れられるほどでした。(^^ゞ

 それからしんちゃんのギャグとかが当時のPTAの皆さまにも怒られるようなことがあったのですが、しんちゃん自身は妹が生まれたりして少しずつ成長していきました。
矢島晶子さんが務めるしんちゃんに、時に笑い、時に涙し、小学生だった自分もここまで成長しました。

 それだけに寂しいですが、「クレヨンしんちゃん」がこの先もずっと続くための決断かもしれません。
矢島晶子さんのこの決断を尊重したいと思います。

 迎えた本日の放送―
心なしか家族や友達などいつものメンバーが勢ぞろいの話になったような気がします

そして、最後の話…

あ~…普通に泣いた…crying

胸が熱くなりました。

次の声優さんも、みんなが思い入れのあるキャラクターなだけに大きなプレッシャーを感じるかもしれませんが、放送開始当初の矢島晶子さんが声を変えていったように、自分なりのしんちゃんを演じてほしいと思います。

矢島晶子さん、26年間お疲れさまでした。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジジイVS高校生

映画『いぬやしき』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

会社からも家族からも疎まれる初老の男性・犬屋敷壱郎木梨憲武 )。
ようやく購入した一戸建ても家族からは不評。更に医師からは胃ガンで余命3カ月と告げられてしまう…

家に迷い込んできた愛犬ハナコを飼おうとするも妻からは猛反対。
泣く泣く再び捨てようと深夜の公園を通ったところ…
UFOによる謎の光に包まれ、強い衝撃を受けて気を失ってしまい、目が覚めた犬屋敷の体は機械になってしまっていた

機械の体になってしまったことにより、家族や会社から疎外される自分の存在意義を改めて悩む犬屋敷…しかし、生物の命を助ける能力が備わっていることに気付いた犬屋敷はその能力を駆使し、重病人の治療を繰り返し、やがて彼の存在は ”奇跡の男” として世間で話題になり始め…

一方、UFOの事故に犬屋敷と共に巻き込まれていた人物がもう一人。
高校生の獅子神皓佐藤健 )。彼は犬屋敷よりも早い段階から攻撃能力を自覚し、同級生でイジメを受けて不登校になってしまった安堂直行本郷奏多 )を連れて登校。いじめっ子を力で屈服した獅子神。しかし、彼は自分と違い、恵まれた家庭を疎ましく思って民家に押し入り、無差別殺人を犯してしまう

獅子神の犯行に気付き、助けを求める直行。その声を聞き、彼の前に現れた犬屋敷。
しかし獅子神は、自らを匿ってくれた同級生・しおん二階堂ふみ )が警察による射撃から身を呈したことにより殺され日本に対して無差別で殺戮を行うことを宣言し

果たして彼ら、そして日本の運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 例のごとく原作を読んでない作品だったのですが…面白かったです。(^^)

CGが本当にすごかったんですが、役者の皆さんの演技もよかったですね
主演のノリさんもコントで培った細かい表情などの演技力を発揮してましたし、佐藤健の悪役も初めて見たんですが、静と動の両方の演技ができる役者なのでクールなタイプの演技で見事に演じてましたね(^^)
あと二階堂ふみさんは終わるまで本人だと気づきませんでしたけど、やっぱりこの人も女優なんですね(^^ゞ

あと自分に子供がいて、更に反抗期になっていたらもっと感じることがあるんだろうな~と思いました。(^^ゞ

大人から子供まで色々な見方で楽しめる映画だと思います。

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

前から思ってるんですが、ノリさんにはロケ番組か相棒の脇役をやってほしいな~って…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000年先に残る物語

映画『ちはやふる ―結び― 』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

幼い頃、太一野村周平 )、新田真剣佑 )と共に競技カルタを始めた綾瀬千早広瀬すず )。
瑞沢高校入学後、太一と再会し、上白石萌音 )、肉まんくん矢本悠馬 )、机くん森永悠希 )と共に競技かるた部を結成した千早。ぶつかり合いながらも1年目で全国大会出場を勝ち取りました―

 あれから2年…

3年生となった千早たち瑞沢高校競技かるた部には新入部員として、経験者でありながら生意気な筑波秋博佐野勇斗 )、太一に一目ぼれした恋愛能でカルタに興味のない花野菫優希美青 )の2名が加入。全国大会出場を目指し、練習を重ねます

一方、福井の新もクイーン戦で千早を破り、準クイーンとなった我妻依織清原果耶 )らと共に全国大会で瑞沢高校と戦うことを目指し、かるた部を結成。

近江神宮で行われた名人位・クイーン位決定戦で再開した千早と新。
新のかるた部結成を聞き喜んだ千早だったが…

「好きや、千早」―

思わず自分の気持ちを吐露した新に動揺する千早―
そんな中迎えた東京都予選…

太一の姿がない!!―

新の告白を知り、受験に専念するために退部した太一
苦戦を強いられながらも辛くも全国大会出場を勝ち取った瑞沢高校かるた部だったが、それぞれが複雑な気持ちを抱えていた…

迎えた全国大会
決戦の地・近江神宮に着いた千早、新、そしてカルタを辞められず、ひょんなことから出会った周防名人賀来賢人 )に弟子入りし、京都を訪れた太一
果たして彼らの運命は?―

といった感じです。(^^ゞ

 えっと…メチャクチャ良かった(T_T)

主要キャストの皆さんがこの2年間で成長してたりして、もう”役を演じる”というよりも”その人そのもの”になってましたね。
映画オリジナルキャラクターが今回は出ていて心配はあったんですけど、見事にはまってました。

原作マンガが好きで、映画もずっと見てきたんですけど、終わりごろになると
終わってほしくないな~という思いも出てきました。(^^)

『青春マンガの金字塔』の名にふさわしい、熱くなる映画でした。

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

松岡茉優ってやっぱり女優なんだよな~(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

R-1 2018

気がつけば4月になってた…(^^ゞ

というわけで今年度もよろしくお願いします。<m(__)m>

時間が経ちましたまずは今年のR-1の感想を…(^^)

〈ファーストステージ〉

○Aブロック

ルシファー吉岡…トップバッターとしては上々の盛り上がりだったと思いますよ。

カニササレアヤコ…不思議な世界観を堂々とやりきる芸(だいたひかるとか「細かすぎて―」のくじらさんとか…)はクセになりそうでした(^^)

おいでやす小田…この人の一人芝居は結構好きです。今年も機体に応えてくれました(^^ゞ
ただ何故か毎年裸芸人の前とかでクジ運に恵まれない印象が…(^^)

おぐ…前回の決勝進出時のネタよりも数段面白かったです。話題のネタ(『君の名は』のパロディー)を取りこみましたね(^^)

おぐファイナルステージ進出!

例年のAブロックよりもレベルの高さを感じました(^^)
宮迫さんも言われましたが順番が違ったら結果は変わったでしょうね

○Bブロック

河邑ミク…ここまでで自分に一番はまったかな?ギャップの演技が凄かった。本当にレンタル彼女をしていそうな気もするほど…(^^ゞ

チョコレートプラネット長田…ピンのネタは初めて見ましたけど手作りの道具を上手く使ってましたね。探せばどこかでこんなジェットコースターありそう…(^^ゞ

ゆりやんレトリィバァ…ここ最近のR-1でやったネタの中じゃ一番好きでしたね。なんかの日本映画でみたことあるような感じがしました。(^^)

霜降り明星せいや(復活ステージ2位)…はまったらクセになりそうなリズムネタでした。敗者復活の2位3位あたりにこの手の勢い系の芸人がでてくるよね(^^ゞ

ゆりやんレトリィバァ ファイナルステージ進出!!

今の審査方式になってから同点になった場合を疑問に思うことがあったのですが遂に発生しました。
やっぱり視聴者投票を優先ですね(^^ゞ

それにしてもBブロックもどの芸人が突破してもおかしくないような出来でした
今回のレベルすごいね(^^)

○Cブロック

濱田祐太郎…盲目の方でどんなネタをされるのか気になってたのですが…想像以上でした。メチャクチャしゃべりが上手かったです。(゜-゜)今大会一番の衝撃かな?

紺野ぶるま…去年のネタよりも面白かったです。ただ、このネタってもっと長い時間見た方がより面白かったような気もします。

霜降り明星 粗品…コンビの芸人さんってR-1で誰かはやらかしてしまうイメージがあったのですが、粗品さんのネタも面白かったです。大会のレベルによっては優勝してもおかしくないように感じました(^^)

マツモトクラブ(復活ステージ1位)…今一番好きなピン芸人です(^^)自分の期待に応えてくれました。この人のネタってどこかで感動的な要素も入れてくるんですよね(^^ゞ
自分で場を温めるよりも温まった会場で実力を発揮するタイプの芸人なので敗者復活枠からの優勝に一番近い人かな?とも思います。(Mr.復活ステージ?)

濱田祐太郎ファイナルステージ進出!

このブロックでも同点!!しかも審査員が満点を連発!!
今大会は本当にレベルが高いですね。ファーストステージで何人かはやらかしてしまう印象があったのですが、今回は誰も外しませんでしたね(^^)
あとネットでも話題になってましたが、紺野ブルマさんの濱田祐太郎さんに逐一得点状況を伝える姿は見ていて好感を持てましたね

〈ファイナルステージ〉

おぐ…出てきた瞬間、「やられた!」と思ってしまいました。まさかファーストステージと繋がっていたとは…(^^ゞ最初から勝負を賭けていた感じがしましたね。

ゆりやんレトリィバァ…キレのいいダンスはさすがでしたね。しゃべりの部分がもう少し共感できたらもっと評価は上がったかな?!個人的にはファーストステージの続きのネタが見たかったですね。

濱田祐太郎…この人のしゃべりは本当に上手いですね。どうしても盲目の方に対するイメージの中にはネガティブなものもあるんですが、この人のしゃべってる時の明るさがそういったイメージを覆してくれるように感じました。

3組のネタが終了―

”史上最高レベル”と言っても過言ではない今大会を制したのは…

濱田祐太郎!!!

動きや小道具や顔芸もある中でマイクに向かって自分の話術一本で戦いきったその姿勢は見事です!
正直、他にもその年のレベルによっては優勝してもおかしくないような方も何人もいましたがそんな中での今回の彼は文句なしの優勝です!!
これからもこのスタイルで行ってほしいですね(^^ゞ
「連覇を目指したい」 と早くも来年の出場を宣言
果たして来年はどんな大会になるのでしょうか?今から楽しみです!(^O^)/

皆さんお疲れさまでした。
今年はこれからどんな芸人が出てくるのかな?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

趣味車いじり、職業車いじり

絶賛!『美郷ロス』中… (´;ω;`)ウウ・・・

あっ、そんな中書くのはこの映画か…(-_-)

映画『8年越しの花嫁~奇跡の実話~』(公式サイトはコチラ)を見てきました☆

 ストーリーを…

仲間の飲み会で出会った尚志佐藤健 )と麻衣土屋太鳳 )。
第一印象こそ最悪だったものの、次第に心を許し合った二人は恋人同士に
付き合い始めてから1年が経った頃、尚志は麻衣にプロポーズ。その勢いのまま、麻衣が昔から気になっていた結婚式場を予約する。日取りは二人が出会った「3月17日」

そんな幸せいっぱいの二人に突然の悲劇が―
麻衣の頭の中から次第に記憶がなくなっていく!
不安から取り乱す麻衣…意識不明になり、病院へ―
一命を取り留めたものの、目を覚ますことはなく、そのまま眠り続けます…

毎朝、出勤前に麻衣を見舞い、いつ起きてもいいように、眠る麻衣と自分の動画を取り続ける尚志。麻衣の両親からは尚志を気遣って別れを切り出され、ショックを受けるも、仲間の励ましもあり、いつまでも彼女を待ち続けることを決める尚志。結婚式場もキャンセルすることなく、「来年の同じ日に」と予約を続行する

そんな彼の願いが通じ、麻衣は遂に目を覚ます!!
しかし、麻衣の中には尚志に関する記憶はなく…
果たして彼らの運命は―?

といった感じです。

 えっと…泣いたcryingcrying

太鳳ちゃん、天才!!

原作は実際に岡山で起こった話を書かれていて、それもあって自分も行ったことのある岡山県のお店や観光名所がたくさん映っていました。
冒頭に出てくる焼き肉屋「タナタナ」も何回か飲み会したことあります。
あと、病院は移転前には母が病食を作って働いていたり、つい最近行ってみたり…(^^ゞ

この話をこれだけの俳優やスタッフで作られたら、いい映画に決まってますよ!
主演二人はもちろんのこと、彼らを励ます北村一輝さんや浜野謙太さんも良かったです
堀部さんって昔は勝俣さんの相方だったのに、完全に役者さんになってますね(^^ゞ

感動間違いなしの映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

2017年は岡山が舞台の映画が多かったですね。

それにしても…

坂口健太郎、竜星涼、miwa真野恵里菜(『君と100回目の恋』)
高畑充希、満島真之介(『ひるね姫』)
広瀬すず、生田斗真(『先生!』)
土屋太鳳、佐藤健(『8年越しの花嫁』)

岡山ってこんなに美男美女が多かったんですね。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

M-1 2017

1カ月以上が経ちましたけど、昨年末のM-1の話でも(^^ゞ

なかなか時間が取れないんだよね…(-_-)

(ファーストステージ)

ゆにばーす…シンプルに面白かったです。トップバッターじゃなかったらもっと点数が伸びたでしょうね。

カミナリ…やっぱりネタの流れをみんな分かっていたのでちょっと新鮮味に欠けましたね。敗退コメントの時のほめるパターンを途中に入れていたら評価が変わっていたかもしれませんね。

とろサーモン…”優勝を狙ってる”よりも”自分達のやりたいネタをやってる”という感じました。

スーパーマラドーナ…好きなコンビなので敗者復活で上がってきて嬉しかったです。ただ面白かったんですけど、「もう1展開欲しかった」という評価も分かります。

かまいたち…キングオブコント王者というのも納得の笑いでしたね。ただ、期待値が大きかった。

マヂカルラブリー…この手のネタは、昔でいう「POISON GIRL BAND」みたいに会場によって当たり外れが大きいので、今回みたいな空気になる可能性もあったんですよね。

さや香…あまり今までにないタイプのネタで新鮮でした。別のネタも見てみたかったです。

ミキ…さすがのスピード感。今まで決勝に進出していなかったことが不思議なほどでした。

和牛…昨年とは一味違ったネタでしたね。更なる進化を感じました。

ジャルジャル…めちゃイケの終了が決まってから心なしかネタの質が上がったように感じます。面白かったんですけど、やっぱり好き嫌いが分かれたな。

 ファーストステージが終了。

ここで1つ触れておきたいんですけど、上沼さんのマヂカルラブリーに対する評価が厳しすぎるという意見が一部でありますが、M-1の決勝は真剣勝負の場です。評価が上がる事もあれば落とすことだってあります。実際、ますだおかだの増田さんは優勝後のインタビューで「結果が出なければやめないといけないと…」と泣きながら悲壮な決意を語りました。もしそういう覚悟がなくて気楽な気分で参加していたのであれば、その時点で彼らに参加する資格がなかったのかもしれません。

なので、外野がとやかく言う必要はないように自分は思います
もし、今回のような意見が増えて甘いアドバイスしか出て来なくなれば次のお笑いブームはもう二度と来ないでしょうね。

今回のことをどう感じてネタを作っていくのかは彼ら次第です。
どうせなら先輩がくれたチャンスと思って奮起してほしいです。

(最終決戦)

とろサーモン…やっぱり彼らは自分達らしいネタをしようという思いを感じました。いい意味で肩の力が抜けていたと思います。

ミキ…彼らの武器はスピード感だなと改めて感じました。兄弟ならではの掛け合いはさすがです。

和牛…去年からも思っていたのですが、やっぱりネタの流れがきれいですね。個人的には彼らに票を入れたかな?!

最終決戦終了。

優勝は…とろサーモン!!

15年目のラストイヤーで栄冠を手に入れました!!

ただ、小朝師匠が3組を評した「ミキは力の限り投げる剛速球、和牛はコーナーをビシッと突くストレート、とろサーモンはストライクからボールになって空振りを取る変化球」 という例えが的を射ていて、三者三様の面白さがありました。審査員のメンツがもし違っていたら結果も変わっていたかな?

今回の結果をどう活かすかはそのコンビ次第です。今年の大会も盛り上がるようにそれぞれが進化してほしいですね。(^O^)/

 あと、今回の「えみくじ」はまた続けてほしいですね。
引く度に上戸彩のアップが見れるので…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30年目の完結

この噂だけは当たってほしくなかったな…

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が来春終了することになりました。

本当に子供の頃から大好きな番組だったので寂しいです。

 我が家では子供の頃は21時就寝だったのですが、自分は『仮面ノリダー』が大好きだったので、とんねるずだけは何とか見させてもらいました。

またスペシャルの時は録画して何度も見返して大笑いしていました。

 「食わず嫌い王決定戦」でも”泉谷しげるVS大竹しのぶ”の『最弱王決定戦』は特に印象的で、落ち込んだ時には必ずこの対戦を見て大笑いして元気になりました。

 また働き出してからもクラスの子と『男気じゃんけん』でゴミ出し係を楽しみながら決めたりして、本当に助けられました。

 他にも色んな思い出があって語りつくせません。
ほぼ自分が生まれてから側にあった番組でした。

 とんねるずの2人も初めの頃に比べると、『後輩と一緒にバカ騒ぎしてくれる先輩』のような存在になったのかなと思います。
時折する真面目な話も好きでした。

 まあ、最後まで遠慮することなく、”みなさんのおかげでした”らしい番組を見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョレーーイ!

ガッキーと卓球したい!!\(*`∧´)/

やかましいわ!(* ̄0 ̄)ノimpact

 気を取り直して…<m(__)m>

映画『ミックス。』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

母からのスパルタ教育により”天才卓球少女”と呼ばれた多満子新垣結衣 )。
母の死後、彼女は卓球から解放された平凡な日々を送っていた

就職した多満子は会社の卓球部のイケメンエース江島瀬戸康史 )から告白され付き合うことに。このまま幸せな結婚生活が―
と思った矢先、新入社員の美人選手愛莉永野芽郁 )と江島に浮気が発覚!!
傷心の多満子は逃げるように田舎へ戻っていきます…

実家に戻った多満子は亡き母が経営していた卓球クラブへ
しかし、クラブにかつての面影はなく、残ったメンバーも全く期待が持てない者ばかり…
それでも多満子はクラブ再建打倒 江島・愛莉ペアに燃えメンバーと共に全日本卓球選手権のミックスダブルス部門への参加を決意。

 元ボクサーの萩原瑛太 )と組んで予選に挑んだ多満子だったがぶつかり合ったままの二人の結果は散々なものに…

 再びバラバラになるメンバー…しかし、それぞれの素性を語り合ううちに再びまとまりだし、来年に向けて始動!

果たして彼らの運命は?―

といった感じです。(^^ゞ

 王道の映画でしたね。(^^)
リーガルハイシリーズのスタッフがされる映画なので安心して見れました

ガッキーを始め、本当に個性豊かなメンバーを俳優さん達が見事に演じていました。
蒼井優の中国人役がすごかった…(^^ゞ

たくさん笑えてスッキリする卓球映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

天才卓球少女のモデルってやっぱりあの人だよね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧