30年目の完結

この噂だけは当たってほしくなかったな…

「とんねるずのみなさんのおかげでした」が来春終了することになりました。

本当に子供の頃から大好きな番組だったので寂しいです。

 我が家では子供の頃は21時就寝だったのですが、自分は『仮面ノリダー』が大好きだったので、とんねるずだけは何とか見させてもらいました。

またスペシャルの時は録画して何度も見返して大笑いしていました。

 「食わず嫌い王決定戦」でも”泉谷しげるVS大竹しのぶ”の『最弱王決定戦』は特に印象的で、落ち込んだ時には必ずこの対戦を見て大笑いして元気になりました。

 また働き出してからもクラスの子と『男気じゃんけん』でゴミ出し係を楽しみながら決めたりして、本当に助けられました。

 他にも色んな思い出があって語りつくせません。
ほぼ自分が生まれてから側にあった番組でした。

 とんねるずの2人も初めの頃に比べると、『後輩と一緒にバカ騒ぎしてくれる先輩』のような存在になったのかなと思います。
時折する真面目な話も好きでした。

 まあ、最後まで遠慮することなく、”みなさんのおかげでした”らしい番組を見たいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョレーーイ!

ガッキーと卓球したい!!\(*`∧´)/

やかましいわ!(* ̄0 ̄)ノimpact

 気を取り直して…<m(__)m>

映画『ミックス。』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

母からのスパルタ教育により”天才卓球少女”と呼ばれた多満子新垣結衣 )。
母の死後、彼女は卓球から解放された平凡な日々を送っていた

就職した多満子は会社の卓球部のイケメンエース江島瀬戸康史 )から告白され付き合うことに。このまま幸せな結婚生活が―
と思った矢先、新入社員の美人選手愛莉永野芽郁 )と江島に浮気が発覚!!
傷心の多満子は逃げるように田舎へ戻っていきます…

実家に戻った多満子は亡き母が経営していた卓球クラブへ
しかし、クラブにかつての面影はなく、残ったメンバーも全く期待が持てない者ばかり…
それでも多満子はクラブ再建打倒 江島・愛莉ペアに燃えメンバーと共に全日本卓球選手権のミックスダブルス部門への参加を決意。

 元ボクサーの萩原瑛太 )と組んで予選に挑んだ多満子だったがぶつかり合ったままの二人の結果は散々なものに…

 再びバラバラになるメンバー…しかし、それぞれの素性を語り合ううちに再びまとまりだし、来年に向けて始動!

果たして彼らの運命は?―

といった感じです。(^^ゞ

 王道の映画でしたね。(^^)
リーガルハイシリーズのスタッフがされる映画なので安心して見れました

ガッキーを始め、本当に個性豊かなメンバーを俳優さん達が見事に演じていました。
蒼井優の中国人役がすごかった…(^^ゞ

たくさん笑えてスッキリする卓球映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

天才卓球少女のモデルってやっぱりあの人だよね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっふ

いいよ!good

( ̄○ ̄;)!

あっ、失礼。無意識に広瀬すずに返事してました。(;´Д`A ```

※今回の映画とは一切関係がありません。<m(__)m>

映画『斉木楠雄のψ難』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

生まれた時から、ありとあらゆる超能力を身につけている斉木楠雄山崎賢人 )。
彼はこの超能力を駆使してバラ色の人生が… 待っているわけではなかった!
テレパシーで自然に他人が考えていることが分かり、透視によってどんなものの裏側も見れてしまう…

そんな楠雄の願い、それは超能力を使わず目立たずひっそりと普通の生活を送ること
しかし、そんな願いもむなしく、彼のクラスメイトは体力バカ燃堂力新井浩文 )、中二病海藤瞬吉沢亮 )、元ヤンを隠す窪谷須亜蓮賀来賢人 )、そして学園一の美少女で妄想しがちの照橋心美橋本環奈 )とトラブルメーカーばかり…

そして迎えた文化祭―
毎年問題が起こっていることから、今年1つでも問題が発生すれば来年から文化祭は行わないことが決定。
果たして楠雄たちの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 原作は自分の大好きなマンガで全巻集めています。(^^)
「静かな笑い」が結構好きです。
ちなみに自分が集めているマンガが実写化されるのは初めてかな?(^^ゞ

「銀魂」で見事な世界観を作り上げた福田監督が撮影されたこともあって楽しみにしていました。

見た感想としては、
斉木楠雄の世界をここまで再現していただければ大満足です☆(^O^)/
役者もこれ以上ないようなキャスティングでした
やっぱり福田監督さすがでしたね。

ただやっぱり思い入れのある作品なんで…1つ思ったのは、
他人に干渉しない楠雄が人の優しさに触れて心を少し開くときがあるのでそこも描いてほしかったかな?(^^ゞ

でも、自分の大好きなマンガを実写化してくれて、ここまで再現してもらえたことが何より嬉しかったです。(^^)

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

アニメ版も映画になってほしいな(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後の遊び場

 一部のマスコミで噂はあったので覚悟はしていたのですが…やっぱり寂しいですね。

「めちゃイケ」の終了が正式に発表されました。

番組がスタートした1996年―自分はまだ中学生でした
それ以来、21年間たくさん見ましたね。(^^ゞ

 印象に残った企画も一つに絞れないぐらいたくさんあります。
”桐堂学園”など浜口さんのドッキリ加藤浩二の出産ドキュメント
また大学時代の友人と飲み会でよく遊んだ「しりとり侍」「数取団」もありました。
矢部っちの披露宴中継岡村さんのオファーシリーズなんてのもありましたね。(^^)

 もちろん、楽しいだけではなく悲しい出来事もありました。

山本さんの不祥事や岡村さんの休業―

ただ、そんな事件もメンバーのチームワークで乗り切って行きましたね

27時間で加藤さんが相方への思いを吐露し、岡村さんの休業の時もメンバーの本気の話し合いをしていました。

そんな深い関係があったからこそ岡村さんは「めちゃイケ」で仕事復帰―
メンバー同士の友情を見ながら泣きました。

 総監督から番組終了を告げられたとき…
これほどまでに番組愛のある岡村さんはあえて冷静にふるまったんだと思いました
来週はメンバーに報告していく流れです。それぞれのメンバーがどういう表情をするのかが気になります。最後の極秘プロジェクトの内容も気になりますね。

特に近年は視聴率に苦戦して色々と言われていましたが、
最後はめちゃイケらしく、”全力でアホなこと”をやってほしいですね。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガム食べる?

映画『君の膵臓を食べたい』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

学生時代に図書委員を務めていた”僕”小栗旬 )は国語教師として母校に赴任。
朽化を理由に図書館の取り壊しが決まり、教え子と共に蔵書整理を始めます…

そんな中、教え子があることに気づきます

「これ…全部整理した図書委員って先生だったんじゃ…?」

「うん…。ただもう一人…」

 高校時代の”僕”北村匠海 )は他人に興味がなく、クラスで一番地味な存在でした
しかし、病院で「共病文庫」という日記帳を偶然拾ったところ、その中にはクラスメイト山内桜良浜辺美波 )の秘密が…

「私は膵臓の病気であと数年で死んでしまう」―

 次第に一緒に過ごすことになった二人。
だが、彼女の懸命に生きる日々はやがて終わりが近づき

 桜良の死から12年―
彼女の親友だった恭子北川景子 )もまた、桜良と過ごした日々を思い出していた。

時を超え、桜良の伝えたかった本当の思を知る二人。
「君の膵臓を食べたい」―
果たしてその思いとは…?

といった感じです。(^^ゞ

 えっと…今年一番泣いた(T_T)

タイトルの意味を何となく予想しながら見に行ったのですが、それ以上の意味がありましたね。

小栗さんは直前に「銀魂」を見たんですけど、銀さんの役とは違って、幅の広さを感じました。
あと正直、高校時代の俳優さんたちはあまり知らなかったのですが演技が良かったです。
肉まんくん
 矢本悠馬が意外と印象に残っています。(^^ゞ

原作は読んでなかったんですけど、とっても感動的な映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

それでは今回はこのあたりで失礼しま~きのっ(^_-)-☆
失礼しました。<m(__)m>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇宙一バカな侍だ!このヤロー!!

映画『銀魂』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

江戸時代末期、宇宙から来た”天人”の台頭によりかつてこの国を支配していた侍は衰退の一途をたどっていた…

かつて”白夜叉”と呼ばれて恐れられ、最後まで攘夷志士として戦った坂田銀時小栗旬 )も、今では腰の刀を木刀に変え、彼を慕う剣術道場の跡取り息子・志村新八菅田将暉 )や宇宙最強の戦闘部族”夜兎族”の神楽橋本環奈 )と共に、かぶき町で『万事屋銀ちゃん』を営む日々を過ごします。

そんなある日、かつての仲間・桂小太郎岡田将生 )が辻斬りに襲われる事件が発生。
更に、盗難された「妖刀・紅桜」を探してほしいという依頼も舞い込み、事件の調査に乗り出す万事屋メンバーたち。

調査が進むと、この事件の裏にはかつて銀時と攘夷戦争を共に戦った高杉晋助堂本剛 )による幕府転覆計画があることが判明し…

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 原作漫画はずっと読んでいます
なので見に行く前は”楽しみでもありながら不安もある”状態でしたが…
面白かったです!!

久しぶりに映画館で声を少し出して笑いました(^^ゞ

銀魂のストーリーも再現していたのですが、それ以上に”銀魂らしさ”を追及していったような映画でした。(^^)

いまの日本の実力派の方々が全員でキャラクターになりきって、その”銀魂らしさ”を再現してくれました。

 秋には、自分が単行本を集めている『斉木楠雄のΨ難も、この映画と同じ福田監督が撮られるので今から楽しみです。(^^ゞ

 原作ファンも納得して楽しめるような映画でした。
興味のある方は是非どうぞ!

長澤まさみが看病してくれるなら別に切られても… 失礼<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誰のための仕事

ちょと今から仕事やめてくる―!?

…!!(゚ロ゚屮)屮

…w(゚o゚)w

…Σ( ̄ロ ̄lll)

という映画を見てきました。(^^ゞ(公式サイトはコチラ

あっ、引退宣言ではありませんので<m(__)m>

 ストーリーを…

ブラック企業で働く青山隆工藤阿須加 )。
残業が続き、休みも取れない、更に上司には毎日のように理不尽な怒られ方をする…
そんな毎日を過ごす青山は、ある日疲労のあまり駅のホームで電車にひかれそうになり

しかし、すんでのところである男に助けられます。

「久しぶりやな。俺や俺!ヤマモトや!」
幼馴染のヤマモトと名乗るその男( 福士蒼汰 )。しかし青山はその男のことを覚えていません…。

ヤマモトと出会ってからというもの、的を射たアドバイスをもらうようになった青山は明るさを取り戻し、仕事も順調に。憧れの先輩・美紀黒木華 )からも一目置かれるようになります。

そんなある日、青山はふと思い立ち、ネットでヤマモトのことを調べたところ

何と3年前に自殺していたことが判明!
更に仕事でも身に覚えのない大きなミスが発覚し…

果たしてヤマモトは何者なのでしょうか?そして、青山の運命は…?!

といった感じです。(^^ゞ

 自分は社会人になって何年か経ちましたけど、見ながら改めて働く意味を考えた映画でした。
原作を読んだことがなかったんですが、働き始めの頃に読んでいたら色々と考えていたかな~と思います。(^^ゞ
まあ、両親を大事にしようかとも思いました

工藤阿須加さんお父さん譲りの真面目さが出ていて良かったです。(^^)

 働く人が共感して感動する映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆

福士蒼汰がライダーだった頃の出家されたヒロインの方をちょっと思いだしたり…(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わたしはここで生きている。

映画『この世界の片隅に』を見てきました。(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

広島市江波に住む浦野すずのん )。絵を描くことが大好きな彼女は幼少期から座敷わらしや化け物に会うなど不思議な経験を積み重ねます―

 そんな彼女も18歳になり、突然縁談が持ち上がります
自分で結論を出せないまま話は進み、1944年2月 軍港の街として栄える呉へとお嫁にやって来たすずさんは、見知らぬ街で新しい生活が始まります―

 心優しい両親や厳しい義姉、そして、かわいらしい姪っ子の晴美に囲まれるすずさん。
配給物資が減らされる中でも工夫し、食卓をにぎわせ、毎日の暮らしを積み重ねていきます―

 しかし、戦局は徐々に悪化…すずさんも次々と大切なものを失っていきます。
そして迎えた1945年の夏―

果たしてすずさんたちの運命は?

といった感じです。(^^ゞ

 うまく説明はできないのですがいい映画でした。

戦争映画は正直苦手な分野なんですがそんな中でも懸命に楽しみながら生きる方々の様子がよく分かりました。
また全てを一瞬で失う残酷さもね。

 主人公の声を務めた、のんちゃんの声もすずさんのほんわかした雰囲気にうまくマッチしていて良かったです。
また、この子の演技を見たくなりました。

 満足度の高さも納得の映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆

いつまでも戦後であってほしいものです。
先人の方々の思いを受け継ぐことは今を生きる者の義務ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心根ひとつで―

岡山県倉敷市児島が舞台のアニメ映画『ひるね姫』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

岡山県倉敷市児島に住む森川ココネ高畑充希 )はいつでもどこでも眠れることが特技(?)の女子高生。幼い時に母親を亡くし、今は小さな自動車修理工場を営む父・モモタローと2人で暮らしています。

そんなココネは最近不思議な夢を見るようになりました。その夢の中では、小さい頃に父親が話してくれた機会作りの国”ハートランド”の姫君・エンシェンとして冒険し、鬼を退治しようとしています―

 そして東京五輪開幕を3日後に控えたある日…なんと突然モモタローが警察に逮捕!
そこまでの悪事を父親が働いたとは信じられないココネ―疲れ果てて家に帰った彼女が眠ると、また”ハートランド”の夢が!!

 そして目覚めたココネのもとには夢の中に出てきた人物とそっくりな謎の来訪者が…

「今朝からこの夢、現実と繋がっとる」―

そう思った彼女は、幼馴染の大学生モリオと共に父親を救うために東京へと向かうことを決意。

果たして彼女たちの運命は?―

といった感じです。

 やっぱり地元・岡山が舞台の映画ということで見に行きました。

スクリーンから岡山弁が聞こえるのはちょっと不思議な感覚でしたね。(^^ゞ
あと見たことある風景をアニメで綺麗に描いてもらえたのは嬉しかったです。

 予想していたストーリーとは違った感じの物語でしたが、それも新鮮味があって面白かったです。(^^)
あとから確認したら意外に豪華なメンバーが声優されてましたね。(^^ゞ

 児島の風景や親子の絆が描かれた映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

東京五輪…果たして現実ではどうなるのかな?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るく素直に美しく

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を見てきました!(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

県立福井中央高校に入学した友永ひかり広瀬すず )は、中学時代から憧れる同級生の孝介真剣佑 )を応援したいという目的のためだけにチアダンス部に入部する

しかし彼女を待ち受けていたのは鬼顧問の早乙女薫子先生天海祐希 )による厳しいスパルタ指導だった―
『全米制覇』を目標とするチアダンス部での毎日の厳しい特訓に早々と退部していく部員たち…
「踊っているときの笑顔」だけは褒められるひかりはチームメイトの彩乃中条あやみ )の存在もあり、何とかチアダンスを続ける決意をします。

 厳しい指導に耐え、時にはぶつかり、励まし合っていく仲間たち…

果たして彼女たちは目標とする『全米制覇』を達成することができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 自分の好きな王道の青春映画でした。
ベタな展開もあったのですが、それでも結構楽しめました
自分の中学校の時の部活の顧問の先生が体育の先生でハードな練習もあったので、それも思い出したかな?(^^ゞ

 広瀬すずちゃん『ちはやふる』の好演の印象もあってか、やっぱりこういう王道青春映画のヒロイン役が似合いますね。(^^)

 元気をもらえて救われる映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

今回はまった一言…「セカンドです。」 映画で確認を<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧