ヒ~メヒメヒメ

映画『弱虫ペダル』(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

千葉県立総北高校に入学した小野田坂道永瀬廉 )。
運動が苦手で友達もいない彼の
心の拠り所は大好きなアニメ

千葉から秋葉原までママチャリで通い続ける彼だったが、
入部しようとしたアニメ研究会は現在休部中であり、
ショックを受ける…


そんな時、
学校前の急な坂をママチャリで平然と走る坂道を見た
同級生で自転車競技部の次期エース候補今泉俊輔伊藤健太郎 )から
上り坂に強い ” クライマー ” としての才能を見抜かれて勝負を挑まれる

 今泉との勝負で自転車競技の楽しさを知った坂道。
その後、秋葉原で出会った同級生で
関西では名の知れたレーサー鳴子章吉坂東龍汰 )に
誘われたこともあり、
坂道は自転車競技部への入部を決意。

今泉の幼馴染のマネージャー寒咲幹橋本環奈 )、
部長金城真護竜星涼 )ら頼れる先輩らとの出会いで
初めて ” 仲間 ” ができた坂道
仲間と時には励まし合い、時にはぶつかり合って成長していく
総北高校自転車競技部―

 そして迎えた県大会。
レギュラーメンバーに選ばれ、チームにとって重要な役割を担う坂道だったが
思わぬアクシデントが…


果たして彼らは県大会を制し、インターハイに出場できるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 いつも通り(?)原作は読んでおりません!(^-^)
なんか本当に王道の『スポーツ青春映画』面白かったです。

 正統派であるがために静かな展開でもあったんですけど、
レースが始まってからは一気に引き込まれました。
見てるだけで熱くなりましたね。(^^ゞ

 橋本環奈さんは久しぶりに正統派の役をされましたね。
他の映画でもそうなんですけど、彼女を見るだけで原作はこんなイメージだったんだろうな~というのが良く分かります(^-^)

 原作を見てなくても十分楽しめて熱くなれる『THE青春映画』でした。
興味のある方は映画館の対策をきちんと守って是非どうぞ☆(^O^)/

竜星涼って1つ前に見た映画で裸で弾けていたような…(笑)(^^ゞ

| | コメント (0)

バモス!!

獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダービルド

映画『ぐらんぶる』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

キラキラした大学生活を夢見て、国内でも珍しい離島の大学に入学した北原伊織竜星涼 )。
登校初日…
目が覚めた彼は…
なんと裸で大学キャンパスにいた

現場から逃げ出し、記憶をたどる伊織…
前日、彼は島に到着してから下宿先であるおじさんのダイビングショップ「グラン・ブルー」を訪れた。
そこで謎の美女千紗与田祐希 )と出会い…

ここで記憶が途切れていた―

記憶を確かめるために「グラン・ブルー」に戻った伊織。
そこで再び千紗と出会った伊織だったが…

…気がつけばまたキャンパスで裸で寝ていた!?

 体に書かれていた謎のメモに従い、キャンパス内を進む伊織。
するとそこには同じく裸で目覚めたアニメオタク今村耕平犬飼貴丈 )が―

共に行動し、謎を解明する2人。
そんな彼らが行き着いたのは…
超ぶっ飛んだダイビングサークル『ピーカブ―』…

果たして彼らは理想の大学生活を送ることができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 原作を読んでなくて、
あまり情報を頭に入れずに見に行きました
どんな感じにストーリーが進んでいくんだろうな~? と思ってたんですが…

見ている途中で気付きました。

あっ!この映画はいい意味で何も考えずに明るく楽しむ映画だ!?(^-^)

見終わった後、明るい気持ちになりました。(^^ゞ
映画ほど弾けてはいませんでしたが、みんなと過ごした大学生活の楽しさを思い出すこともできましたね(^-^)

 ダイビングで見る海の綺麗さも撮影されていて、ハマる人の気持ちが少し分かった気がします。
もう少し早く見てたらダイビングにも挑戦してみたかもしれませんね。

 あと竜星涼さんはこれまでの役と一味違って、一皮むけて演技の幅が広がった感じがしました。
これからどんな役をしていかれるのか楽しみです(^-^)

 明るくスッキリする気持ちになれる映画でした。
興味のある方は映画館の感染症対策に従って是非どうぞ☆(^O^)/

肉まんくんと机くんが大学生になってたね(^^ゞ
特に肉まんくんは面白かった(笑)

| | コメント (0)

目に見えるものが真実とは限らない―

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

シンガポールにある世界有数の大富豪フー家の当主
レイモンドフーが亡くなった…
レイモンドの遺言で、その遺産を相続する後継者として
執事トニー柴田恭兵 )が発表したのは…
誰も存在を知らない隠し子 ” ミシェルフー ” だった―

ミシェルフー捜しが進む中10兆円ともいわれる遺産を狙い、
「自分こそがミシェルだ」と世界中から集まる詐欺師たち―


天才詐欺師ダー子長澤まさみ )、
ベテラン詐欺師リチャード小日向文世 )、
そして、奥さんに内緒で別の女優と不倫していた恋愛詐欺師
お人好しの詐欺師ボクチャン東出昌大 )の3人も
" 私たち史上最大のお宝 " を得るために、
悪徳詐欺師に育てられていた内気な少女コックリ関水渚 )を
ミシェルフーに仕立て上げ、後継者争いに参戦

 見事にフー家に入り込んだダー子たちだったが、
レイモンドの3人の子供からの嫌がらせも始まり、
時には命が狙われることも…
そして舞台はお披露目パーティーが行われる
” 伝説の島 ” ランカウイ島へ―
世界中から有数のお金持ちや詐欺師が集まる中、
そこには、ダー子たちに恨みを持つ赤星栄介江口洋介 )の姿も…

果たして彼女たちの運命は―?
そして、遺産は誰の手に―?


といった感じです。(^^ゞ

 連続ドラマの時から好きでずっと見てるんですけど
個人的には今回の映画はその中でも特に面白かったです。(^^ゞ
色々と予想しながら見てたんですが…
正直、見終わって『やられた』―と思いましたね。

 長澤まさみさんは以前に一時期、「清純派」に悩んでた頃があったように思うんですが、
この映画を見たら改めてそこからふっ切れたような印象を感じました。

 コックリ役の関水さんって「カイジ」でも見たんですけど、
その時とは一味違ってまた別の意味で良かったです
(^-^)

時折、広瀬すずちゃんにも見えた(^^ゞ

 あとどうしても思ってしまうのは、三浦春馬さんがこの先、
どんな俳優さんに成長してたのだろうということですね。
何とも言えない気持ちです。

 ラストはいい意味で「コンフィデンスマン」らしからぬ感動的な展開で、笑いあり涙ありの面白い映画でした。
興味のある方は映画館の感染症対策をしっかり守って
是非どうぞ☆(^O^)/


長澤まさみにだったら別に騙されても…(笑)(^^ゞ

| | コメント (0)

7つの人格

映画『水曜日が消えた』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

幼い頃に交通事故にあった斎藤数馬中村倫也 )―
その影響で彼の中には性格も個性も異なる7つの人格が生まれ、
曜日毎に入れ替わるようになってしまった…

その7つの人格の中で最も地味で退屈な存在なのは
” 火曜日 ”
最もやんちゃな ” 月曜日 ” など、
別の曜日が残した雑務を引き受け、病院で診察も受け、
閉館日である図書館にも行けない損な役回りで、
彼の秘密を知る元同級生一ノ瀬石橋菜津美 )にも
毎回グチをこぼす日々―
いつも通りの単調な一日を終えた ” 火曜日 ” は、
1週間後に備えて眠りに就くのだった…

 ある朝目が覚めた ” 火曜日 ” だったが、
何故かいつもと違う街の雰囲気に戸惑いを感じる…

そして気づいてしまった…

「今日は『水曜日』だ」―

” 火曜日 ” に訪れるはずのなかった水曜日の生活がやってきた。
” 水曜日 ” の人格がいなくなったことに不安を感じるも、初めて過ごす水曜日の生活を満喫する ” 火曜日 ”

しかし、そんな彼にも徐々に異変が生じ…
果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 まず何よりも印象に残っているのは、
主演・中村倫也の圧巻の演技です。
1人で何役もこなしていたのですが、
それが自然で本当に説得力があって
特に別人格が対峙するシーンは鳥肌ものでした。

この人も ” カメレオン俳優 ” ですね(^^ゞ

 多重人格の話は色々あると思いますが、
自分の知る限りでそういった話とはちょっと違ったタイプの映画面白かったです。(^-^)

 興味のある方は『各映画館のコロナ対策にきちんと従われて』是非どうぞ☆(^O^)/

休日課長って自分よりも年下だったんだね(笑)(^^ゞ

| | コメント (0)

DVD鑑賞記Vol.3

STAY HOME 期間中にせっかく書き始めたので、年内は少なくともシリーズ化しておこうと思います。<(_ _)>

まあ、学校が再開してから色々とスピーディーに動いていてめまぐるしい日々が続いています。
ちょっとメンタル的に落ち込むこともあって、忙しいとどうしても色々なことを思い出して、また色々な予想をして感情的になったりしています。(+_+)
なるべくそうならないように気を付けていますが、こういった感情とは今後一生付き合っていくんでしょうね…(*_*;

まあDVDでも見てほんの少しでも気分を晴らしましょうか?!(^^ゞ

○映画『ST 赤と白の捜査ファイル』



映画だけは見に行ったんですが、ドラマを一通り見たあとでより世界観が分かりました(^^ゞ
続編とか作ってほしいですね(^-^)

○ドラマ『賭ケグルイSEASON2 Vol.1』

最後まで見たいような終わらせたくないような…
そんな感情が生まれるほどハマったドラマでした。
SEASON2になってもどのキャラクターも出来上がっていて凄かったです(^-^)

○映画『レインツリーの国』



以前に見たことある映画でその時は恋愛映画として見ましたが、
今回は聴覚障害の方と健常者との関係を考えさせられる映画として見てしまいました。
その時の思いで色々と変わるんですね(^^ゞ
西内まりや、かわいい…(^-^)

ドラマ『賭ケグルイSEASON2 Vol.2』

鬼気迫る演技にドキドキの頭脳戦、そしてまさかの展開…
本当にこのドラマを見ていなかったことを後悔するような気持ちです。
ドラマを最後まで見た上で、
もう一度劇場版を見たいですね(^-^)
最後まで見た結論…浜辺美波は天才!!(^^ゞ
この子の演技をこれからも見ていきたいです(^O^)/

○映画『アルキメデスの大戦』



改めて見たんですけど、
これまでのものとは一風変わった観点からの戦争映画でしたね。
当時もそれぞれの思いで日本のために動かれてたんでしょう。
菅田将暉もどんどんいい役者さんになってますね(^-^)

○映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』



原作は読んでないんですけど、
きっと再現度は高いんだろうな~と思いました。
こういう役はやっぱり橋本環奈が似合いますね(^^ゞ

○映画『空母いぶき』



改めて見たんですけど、
プロの中に入ってしまった本田翼さんの存在がいいアクセントなんですよね。
佐藤浩市さんはやっぱりいい役者だと思います。

○ドラマ『銀魂―ミツバ編―』



映画本編でも思ったんですけど、
やっぱり銀魂は再現度が高いですね。
個人的な思いですけど、実写化第3弾をやってほしいな(^-^)
いい思い出に移し変えたい…

○映画『くちびるに歌を』



少なくともこの10年見た中では一番感動した映画でした。(T_T)
ちょっと忙しい毎日で押しつぶされそうだったので久しぶりに見ました。
改めて見ると生徒だけでなくて教員も過去を乗り越えて成長しているのがよく分かりました。
ガッキーが乗り越えるまで笑顔を封印しているのも気づけました。
葵わかなも出てたんだね(^^ゞ

| | コメント (0)

映画まとめ

2月中旬から映画ネタを書くのは自粛していました。<(_ _)>
まあ、入口でアルコール消毒してマスクを付けたまま見に行ってはいました。

 映画館の営業も再開されましたので、
ここで書けていなかったネタをまとめさせていただきます。(^^ゞ

ただ再開されましたけど、各映画館で対策はきっちり取られています。
どうか見に行かれる皆さんもそれに従っていただければと思います。<(_ _)>
では(なるべく)一言ずつ(^-^)

阪神タイガース the movie ~猛虎神話集~



見る前から名作確定です(笑)(^^ゞ
自分が野球を見始める前からの出来事も知れたので、色んな世代のファンが楽しめる映画になってたかな~と思います。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
 (公式サイトはコチラ



続編ということだったんですけど、前作を更に超えた感じでした。
素直に楽しめました。(^-^)
白石麻衣やんが乃木坂のエースだった理由がなんとなく分かった気がした(^^ゞ

Fukushima50(公式サイトはコチラ



改めてあの日に起きてたことや日本を守るためにいのちをかけた方々がいたことを実感しました。
この出来事だけは風化させてはいけないと改めて思いました。
機会があったら、またこの映画の記事をしっかりと書きたいですね。

新聞記者



昨年度の日本アカデミー賞総なめの映画。
何が正しいのか―?何が正義なのか―?
色々と考えさせられる内容でした。
リアリティーを非常に強く感じたのは役者の演技なのか、それとも…?

仮面病棟(公式サイトはコチラ



こういうサスペンス系を久しぶりに見たけど最後まで予想できなかった…(^^ゞ
原作が評価されているだけあって、話がしっかりしていて面白かったです。
メイちゃんが朝ドラを通して女優としてワンランク上がったように感じました(^-^)

一度死んでみた(公式サイトはコチラ



思ったより話がしっかりしてて面白かった。
最後までつながるのは予想できなかった(^-^)
すずちゃんの新境地を見た気がする。(^^ゞ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒(公式サイトはコチラ



なんか派手なアクション映画を見てスッキリしたかったので…(^^ゞ
「心理学では復讐で心は晴れないって」―というセリフが印象的でした。(^-^)

カツベン!



昔実在した仕事・サイレント映画を実況する活動弁士の話。
周防監督映画常連の竹中直人さんたちもよかったけど、成田凌の演技が本物の活動弁士に見えた(^-^)
黒島結菜もええね~(^^ゞ

〈リピート上映〉
新作が上映延期だったので再上映されていた作品<(_ _)>

シン・ゴジラ(公式サイトはコチラ



久しぶりに見たけど、本当に実際にゴジラが出現したような設定とその対応が凄かったですね。
上映再開後初めて見た映画ということもあったけど、やっぱり映画っていいですね(^-^)

蜜蜂と遠雷(公式サイトはコチラ



実はこの映画を見るのは2回目なんですけど、ちょっと1回見ただけでは話が複雑だったので2回目の方がよく分かりました。
DVDで繰り返し見る方が楽しめる映画かな?
松岡茉優ちゃんが細かい表情の変化を作るのが上手くて、やっぱり女優だな~って思いました。(^-^)
ラストの演奏がアカデミー優秀作品賞受賞映画『セッション』を彷彿させる圧巻のシーンでしたね(^O^)/

 意外と見てるな…(^^ゞ
また新しく見たら書きます。<(_ _)>

| | コメント (0)

愛&ハローナイツ

映画ネタ復活☆(^o^)丿
非常事態宣言が明けて映画館も再び営業を再開されました
ただ、新作の公開予定は軒並み延期となり、
各映画館ではアイデアを出して作品の再上映を行っています…

 ローカルの話になりますが、
岡山県の駅前にある昔ながらの映画館岡山メルパ さんでは、『上映リクエスト企画』をされており…
自分もリクエストしてみましたところ…
リクエストが通って2週間限定で上映していただけることになり…

という訳で見に行かせていただきました。(^^ゞ
女優・のんさんの銀幕復帰作・『星屑の町』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

 地方回りの売れない昭和歌謡グループ ” 山田修とハローナイツ ”
彼らが訪れたのは、リーダーの山田修小宮孝泰 )の出身地である、東北の田舎町である山根村。
芸能人が来るということで、村はそれなりに盛り上がっていた―

 コンサート前日の歓迎会の2次会で
スナック「エアポート」を訪れたハローナイツの面々
その店の一人娘であるのん )は
歌手を夢見て上京するも挫折した過去を持っていた。
そんな愛に対し、酔ったメンバーの市村ラサール石井 )は 「ハローナイツに入れるようにリーダーにお願いしてあげる」 と約束をしてしまう…

 翌日、市村の言葉を真に受けた愛
ハローナイツの楽屋に現れる
芸能界の厳しさを代わる代わるメンバーから説かれるも、
決心が揺るがない愛―
そんな中、メンバー同士の秘密も明らかになり自体は思わぬ展開に…

果たして彼らの運命は?そして、愛は夢を叶えることができるのでしょうか―?

といった感じです。(^^ゞ
なんか久しぶり…(^-^)

 「この世界の片隅で」で、声優としての好演はあったのですが、
実際にのんちゃんの演技を見たのは「海月姫」以来、久しぶりでした。
ハンパない透明感に圧倒されましたね(^^ゞ
また、こういう「純情すぎるヒロイン」はやっぱりのんちゃんだな!?って思いました。(^-^)
出身は違いますが、この子には東北弁がやっぱり似合いますね。(^O^)

 のんちゃんがどうしてもクローズアップされてしまいますが、
物語自体は長年愛された舞台が原作なだけあってしっかりされており、
また劇中で流れる昭和歌謡も自分でも分かる曲が何曲もあり、楽しめました。(^-^)

 今回のリクエスト企画、見に行く前は正直、” 見るのがリクエストした自分1人だけだったらどうしよう?! ” ―
と心配でした。(T_T)
ただ幸い、他の方も一緒の回を見に来ていただけたのでリクエストして良かったと嬉しく思いました。(^-^)
また何作かお願いしたいですね(*^_^*)

 非常事態宣言が解除されたとはいえ、
まだまだ油断は大敵です
各映画館でしっかりとした対策を取られていますので、どうかそれに従ってください。<(_ _)>
色んな魅力の詰まったこの映画、
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/


昔、音声検索で『能年玲奈』って言ったら、『ごめんな』って検索された…(実話)(^^ゞ

| | コメント (0)

DVD鑑賞記 Vol.2

まだまだ ” STAY HOME 週間 ” が続きそうなので、DVDの感想を書いていきます。<(_ _)>
(随時更新中)
尚、基本的にTSU○AYAさんで旧作を借りております。(^^ゞ

○映画「日日是好日」



遺作となった樹木希林さんが本当の茶道の指導者に見えました。
黒木華さんも技巧派の女優さんなので、この共演でしっかりバトンを受け継いでくれたと思います。

○映画「ビブリア古書堂の事件手帖」



特に意識したわけではないんですが、こちらも黒木華さんの映画でした。
原作もドラマも見てなかったんですが、黒木華、野村周平、成田凌がそれぞれのキャラクターに合った配役だな~と思いました。
ドラマの時に主演が剛力さんで「ちょっとイメージが…」っていう意見があった理由も何となく分かりました。
今になって見たから思うけど…東出さん…

○ドラマ「ST 赤と白の事件ファイル」VOl.3

今になって見てみたら、個性派俳優の皆さんが持ち味を発揮してたんだな~と思いました。
続きが気になる。

○映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」



何となく借りたんですけど、よかった。
自分ぐらいの年齢だと懐かしく思いますね。(^^ゞ
池田エライザもいいな~と思った。

○映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」



ミニシアター系の映画を久しぶりに見ました。
現実に悩むアラサー女性が田舎に帰る物語。
力を入れずにのんびり見える映画でした。
夏帆ちゃんはデビュー当時の美少女全開の感じも良かったけど、
今の演技派女優の感じもいいな~と思った。(^^ゞ

○ドラマ「ST 赤と白の事件ファイル」Vol.4

終盤になると、チームワークとかが強くなっているのを感じました。(^-^)
ドラマの形も固まってきたような印象も受けました。

○映画「地獄でなぜ悪い」



星野源出演作品のオススメで見かけたので借りてみました。
好き嫌いが別れるでしょうが、たまにはこういうワチャワチャした映画もいいかな?!(^^ゞ
二階堂さんも光ってたね(^-^)

○ドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」Vol.5

最終章だけに見ごたえがありましたね。
リアルタイムで見ていたらもっと興奮してたでしょう。
劇場版へと続く流れも分かりました。(^^ゞ

○映画「春待つ僕ら」



” 王道青春恋愛バスケ映画 ” ―
やっぱりまっすぐなヒロインは太鳳ちゃんだな~と思いました。
これから色々な役をやって伸び続けてほしいですね(^-^)
北村匠海くんも浜辺美波ちゃんと同じで「君の膵臓を食べたい」で見てからの好きな役者さんです。
「とんかつDJあげ太郎」も見たいですね(^^ゞ

 せっかく始めた記事なので、とりあえず年内は書いていこうかな~と思います。(^-^)
” STAY HOME ” ではなくなるので更新は減ると思いますけどね(^^ゞ

| | コメント (0)

R-1 2020

忙しい毎日…

そういえば何か忘れているような…?





…(ー_ー)!!

R-1の感想を書くのを忘れてた(^^ゞ
という訳で忘れた頃のR-1の感想です。<(_ _)>

 今回は初の無観客開催。
これが結果にどう影響するのか?
個人的にはお客さんの反応を見る間がある、フリップネタの芸人さんには不利になるかな~と思いました

あと終わってから感じたのは、無観客以上に視聴者投票の結果が影響したような気がします。
データ放送とtwitterの投票って同じ人がしているので、大きく変化することはなく、結果的にポイントが2倍になりました
視聴者票の存在はある方がいいと思うのですが、第1回のM-1がそうだったように、それが大きすぎると当初の狙いからも外れてくるので、ちょっと改善が必要かな~と思いました。

そろそろネタの感想を―<(_ _)>

【Aブロック】

①メルヘン須長
… 「細かすぎて―」でお馴染みの沢口靖子さんのモノマネでした。トップバッターとしては上々の立ち上がりだったと思います。

②守安日和
… 個人的に面白かったのですが、落語のネタで文枝師匠が票を入れなかったのが全てでしょうね。

③SAKURAI
… お客さんがいたらもっと伸びたろうな~。

④マヂカルラブリー野田クリスタル
… ” 元祖・上沼怒られ枠 ” として有名な方(^^ゞ
 最初は陣内さんみたいに予め作った映像に声をあててるんだと思ったのですが、実際に操作してたんですね。

勝者 … マヂカルラブリー野田クリスタル

今までになかったネタが票を集めましたね。(^^ゞ

【Bブロック】

①ルシファー吉岡
… やっぱり常連だけあって場馴れしてましたね。ただそれ以上はなかったかな?

②ななまがり森下
… 終わった後の陣内さんの「無観客でよかったな」まで含めてのネタでしたね(^^ゞ

③パーパーほしのディスコ
… 良かったんですけど、ピンのネタというよりも、
 パーパーのコンビネタに見えました。

④すゑひろがりず南條
… M-1でネタのタイプは分かってたんですが、こちらの方がピンのネタとして仕上げられていたと思います。

勝者 … すゑひろがりず南條

3人が同票で並びましたが、視聴者票の差で決まりました。
ちなみに twitter を含まない去年までの審査方法だったらほしのさんだったんですよね(^^ゞ

【Cブロック】

①ヒューマン中村
… 久しぶりに帰ってきましたね。フリップネタかと思いきや一人芝居。新境地を開拓した感じですね。

②おいでやす小田
… 個人的に期待していました。悪くないと思ったんですが、
 これまでのネタと比べられたかな?
 毎回、敗戦後のコメントで持っていくのはさすがです。

③ワタリ119
… リアクション芸人だと思って見たのですが…意外に面白かった。(^^ゞ
 ただ、ハプニング系のネタなんでテクニックを見る審査員票は入りにくかったですね。

④大谷健太〈敗者復活枠〉
… 尻上がりに盛り上がっていきましたね。絡み合っていく展開が見事でした。

勝者 … 大谷健太

Cブロックが一番レベルが高かったですね。
正直、別のブロックなら結果が変わっていた可能性もあったな~と思います。

【最終決戦】

①マヂカルラブリー野田クリスタル
… 予選と同じ流れでしたけど、それでも笑いましたね。(^^ゞ

②すゑひろがりず南條
… M-1から3ネタ目なんで若干見るのに慣れすぎたかな?!
 もうひと展開あったらもっと盛り上がったかもしれません。

③大谷健太
… お客さんがいたら…
 反応待ちのところがあったのでそこが盛り上がったら…

優勝 … マヂカルラブリー野田クリスタル

終わってみたら、3人とも1本目にいい方のネタを持ってきた感じがしました。
その中で両方の完成度が近かった野田さんが栄冠に輝きましたね(^-^)

「恵美ちゃん、ありがとうーー!!」

結局、彼らをもうワンランク成長させたのは上沼さんの " 愛あるお叱り " だったんですね。(^^ゞ

おめでとうございます☆(^O^)/

 今回は急きょ無観客開催ということになって、なかなかやりにくい部分もあったと思います
そんな中でも、
こういう状況でテレビの前で見ている人々を全力で笑わせようとしてくれた芸人の皆さん、

お疲れさまでした。<(_ _)>

早く今の状況が改善されてお客さんの目の前でネタができる日々が来ることを祈っています。

| | コメント (0)

DVD鑑賞記

映画を全く見ていないと言えば嘘になります。
まあ、人が多くないような時間にマスクをつけて行って出入口でアルコール消毒をして見ます

ただ今の状況を考えて、映画ネタを書くのは自粛させていただきます。<(_ _)>
落ち着いたときに見ていた作品は一言ずつでもまとめて書きたいと思います。(^^ゞ
(随時更新中)

なので、その代わりにレンタルしたDVDを 書けるものだけ 一言ずつぐらいの感想を書いていこうと思います。

○ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル Vol.1 』

映画を数年前に見に行ったときから、いつかドラマも借りてみたいな~と思っていたので、この機会にね(^^ゞ
改めて見たらすごいメンバーでしたね。

○映画『劇場版 パワーレンジャー』

ハリウッドで日本の特撮がどういう風に作られるのか興味がありました。
アメリカのテイストがよく加わってましたね(^^ゞ

○映画『リベンジgirl』

いい意味で桐谷美玲っぽい役だな~と思いました。

○ドラマ『賭ケグルイ Vol.1 』

今年になって劇場版を借りて以来、
絶対見ようと思っていたドラマです。
浜辺美波はやっぱりすごい!
これからどんな女優になるんだろうか楽しみです。

○映画『パシフィック・リム:アップライジング』

前作は映画館で見たけど、今作は時間がなくて見れなかったです。
日本の特撮が作ってくれたのがよく分かりました。(^-^)

○ドラマ『賭ケグルイ Vol.2 』

やばい…今さらながらハマった…(^^ゞ
映画を見て?だったところの1つが分かりました。

○映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』

ただただ…吉岡里帆がかわいい…そんな映画でした(^^ゞ

○ドラマ『賭ケグルイ Vol.3 』

シーズン1の中では一番好きな巻かな?!(^^ゞ
浜辺美波と森川葵のコンビが痛快でした。(^-^)

○映画『君の膵臓を食べたい』

ここまで浜辺美波のドラマを見てたら…また見たくなって借りました。(^^ゞ
まだまだ無名だった浜辺美波と北村匠海を主役にして、小栗旬と北川景子が大人のシーンを演じるのが見事でした。(^O^)/

○ドラマ『賭ケグルイ Vol.4 』

完全にハマっちまった…(^^ゞ
リアルタイムで見なかったことを今さら後悔…
シーズン2もまた借りよう。(^-^)

○映画『君は月夜に光り輝く』

見に行ったんですけど時間がなくて書けていませんでした…<(_ _)>
朝ドラを通して、永野芽郁ちゃんが本当にいい女優さんに成長したな~と感じました。(^-^)

○映画『チア男子!!』

色んな意味で ” THE 青春映画 ” っていう感じでした。

映画『あさひなぐ』

映画館で見た作品だったけど、時間がなかったから感想は書けてなかったんだよね(^^ゞ
本当に「王道の作品」でした。
当時は乃木坂46のメンバーはほぼ知らなかったんですけど、
この映画で西野七瀬を知って、今ではラジオで新内真衣を知ってから何となくメンバーの顔も分かるようになりました。(^^ゞ
そうなってから見るとまた映画に別の魅力も感じるようになりました。

映画『キセキ―あの日のソビト―』

見る前のイメージと違って、メンバーを影で支えたお兄さんがメインの映画でした。
それにしても豪華なメンバーだ…(^^ゞ

映画『走れ!T校バスケット部』

青春映画を最近よく借りていたんで、そろそろ飽きてくるかな~と思ったのですが…
…やられた。
これぞ王道って感じでした。(^^ゞ

ドラマ『ST 赤と白の捜査ファイル Vol.2』

窪田くんはこの頃からすごいね(^^ゞ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧