岡山県民としての気持ち

愛する地元・岡山のことなので、多少感情的な部分も出てくるかもしれませんが、どうかご容赦いただければと思います。

 ネット上で警報等が出た時に自治体がきちんと迅速に動いたのか?と、詳しい事情を知らずに疑問に思う声もあったのですが、岡山県にいる自分からしたら、伊原木県知事や伊藤倉敷市長を始め、ほとんどの各首長の方々は迅速に動いていただいたと思います。また、SNSで県民や市民の気持ちに寄り添った情報発信もしていただいています。

 なかなか情報が分からずに疑問に思われる気持ちも分かりますが、そこは心配されなくても大丈夫ではないかと思います。

 むしろ、避難が始まっていた中で飲み会をされて、楽しそうにSNSにアップいた偉い方々に対して”あきれてものが言えない”を通り越して『失望』しています。

参加していた一番偉い方は「我々は迅速に動きました。」と被災地の視察を終えた後で発言されました。

もちろん、迅速に動いていただくことは大事だと思います。
ですが、それと同じぐらい”被災された方の気持ちに寄り添って動いている”ということを示すことも大切ではないでしょうか?
大雨の日以来、倉敷市・総社市の洪水警報が未だに消えません。
長くなるかもしれない避難生活に対して大きな不安を抱えています。

ネット上の支持者からは「他の人たちもパーティーをしていた。」、「以前にこんな発言をしていた人がいた」などの発言も出ていますが、論点はそこではないと思います。
他と比べるのではなくて、被災地の方々の気持ちを考えていただきたい。
その姿勢を示していただくだけでも、人々の不安がどれだけ救われるでしょうか?

あの写真を見て悲しみや憤りを感じた被災地は少なからずいます。
「誤解を生んでしまい、不快な思いをさせてしまった皆さまには本当に申し訳ございません。ただ、被災された皆さんが少しでも元の生活に戻れるように一生懸命やります。」―

こういう一言を出すのって、そんなに難しいことですか?
家が被災した様子を見てショックで食欲がなくなってしまった子供や友達の前では強く見せてるけど一人になったら気分が滅入ってしまうような子供たちを目の当たりにしても、今と同じような発言や態度ができますか?

 被災地の方々のことをまず第一に考えていただきたい―自分はそう思います。

 普段はこういう風なことはなるべく書かないようにしていたのですが、ちょっと今回ばかりは書かせていただきました。
ただ、今自分ができることはこういう記事を書き続けることではありません。
専門家の皆さんのおかげで少しずつ体制も整いつつあります。
自分ができることを少しづつやっていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これならできる

本日から仕事が再会しました。

 週末の大雨を受け、臨時休校となった今日は子供たちの状況把握が主な仕事です。
うまく言葉にできないのですが、一人一人の無事を確認できたことは良かったのです。ただ、これからのことに不安は感じています。

また通勤途中に被災地に向かう自衛隊のトラックやヘリを目にし、正直、頼もしく思い、一礼をしました。

 一つ情けない話になりますが、自分の住む地域は被害が少なかったのですが、コンビニやスーパーでの食品の棚がガラガラだったり、夜になって普段は点いているお店の看板の電気が消されているのを見て、改めて今回の被害が大きかったことを実感しました。

 今、自分にできることは本当に小さなことだと思います。
でも、熊本地震のときに学んだんですが、”これしかできない” と思うのではなくて、”これならできる” と思って、その『自分ができること』をやっていきます。
各分野のエキスパートの方々が我々にもできることを増やすべく、日夜動いてくれています。
準備態勢が整い次第、すぐに動けるように今はちょっとしたことを続けていきます。

改めまして、この度の大雨の被害に遭われた皆さまに心よりのお見舞い申し上げます。
不安な日々を過ごすかと思いますが、決して孤独ではありません。
1つになって乗り越えていきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大豪雨

一昨日からの大雨で岡山県では初めて特別警報が出ました。

とりあえず自分の住むところは近くの用水路が家の玄関まであふれていましたが、幸いにも特に大きな被害がなくて済んでいます。

今回の豪雨で被害に遭われている皆さんに心よりのお見舞いを申し上げると共に、今後雨がどうなるか分かりませんが、正しい情報をしっかりと把握していただいて、これ以上の被害が出ないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして三度伯父になる―

えっと…またなりました(笑)<m(__)m>

熊本に住む妹に子供が生まれました(^^ゞ
上の2人は女の子でしたが今回は男の子です。
不思議なことに3兄弟の年齢差は自分達と全く同じになってしまい…(笑)
こういうことってあるんですね(^^)

自分と会うのはもう少し先になるかもしれませんが、しっかり可愛がってあげたいですね(*^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木曜21時

自分が物心ついた時から今まで毎週木曜日の21時同じチャンネルを付けて同じ番組を見ていました。

小さい頃、何も分からなくてもタライとか池落ちとかお約束の笑いをビデオで何度も見てゲラゲラ笑い、
また、大人になってからも後輩を少しでもおいしくしようという悪ふざけに笑い気分が落ち込んだときに何度も見返して元気をもらいました。

思えば30年間自分の側に必ずあった番組でした―

 そんな「とんねるずのみなさんのおかげでした」が本日最終回を迎えました。

最後の企画は”おかげでした”の初回で放送した企画の1つである「最後のうたばん」です。
ゲストは当時のスタッフで結成した野猿松田聖子さん。
仲間を大切にする2人らしいゲストでしたね(^^)

”おかげです”の頃の映像もあり、まだまだ小さかった頃の記憶だったはずなのですが、不思議と覚えていましたね。改めて30年続く番組のすごさを感じました。

また、当時の裏話や同い年の松田聖子さんとの思い出話楽しそうに話す2人の姿が印象的でした。

こういう番組の雰囲気が大好きです。

そして迎えたラストシーン

小さい頃この曲を聴いて、家族でカラオケで行くとよく歌ってました(^^ゞ
「バラエティーを滅ぼすな」「フジテレビをおちょくるな」…
若手だった自分達を育ててくれたバラエティーであり、フジテレビ。
今は苦戦が続きますが、まだまだ力はあるはず
この番組は終わりますが、これからの作り手が時代を言い訳にして諦めずにしっかりとしてほしいという叱咤激励のように感じました。

30年間自分に笑いと元気を与えてくれたとんねるずのお2人と番組「みなさん」…
最高にかっこいいです!!(^O^)/

最終回が通常放送ということに放送前は物足りなさを感じていましたが、最高に内容の濃い1時間でした。

今回は終わってしまいますがまたいつか戻ってきてほしいですね

タカさん、ノリさん、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。
30年間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.3.11

東日本大震災から7年が経ちましたね。

まあ、ほんの少しでも風化を防ぐ手立てになれたらという思いもあって毎年この日に更新させていただいています。

 今日自分は倉敷マスカットスタジアムで楽天のオープン戦を見てきました。
星野監督が亡くなられた年の3月11日に倉敷で試合をすることに何か運命的なものを感じました。

今は亡き闘将が2013年に栄冠をもたらしたチームです。
これからも地元のヒーローであり続けてほしいと思います。

 地元の英雄といえば、昨年のGWに自分は岩国で行われた航空祭に行き、初めてブルーインパルスを見ました。
『空飛ぶ広報室』というドラマを見て以来、一度は見てみたくて、ようやく機会を得ることができました(^^ゞ

 ブルーインパルスは宮城県の松島基地に所属。
震災の日は九州新幹線開通の記念式典のために機体は九州の基地に移動していました。
発生から3日後、機体を残してパイロットらは被災した松島基地に帰隊。基地の隊員らと共にすぐに被災者の支援に乗り出します。
そして8月に行われた松島での復興イベント―
ブルーインパルスの姿に集まった人たちは空を見上げ、大歓声が上がりました。

 ”復興の象徴”となるべく、色々なところで立ち上がり続けている人もいます。
7年は経ち、様々なことが起こっていますが、まだまだ日本が1つになる必要がありますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年’18

新年明けましておめでとうございます☆

本年もどうぞよろしくお願いします。<m(__)m>

今年も嵐から年賀状が届きました(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風のしっぽアワード’17

早いね1年って…

センバツの行進曲が当たって喜んだのがつい最近のように…(^^ゞ

というわけで、毎年恒例・果たして今年一番読まれたのはどの記事か?

風のしっぽアワード’17!!―

何気にこの記事も10回目です<m(__)m>

 それでは早速参りましょう!

…の前に、殿堂入りのコチラは今年も変わらずたくさんの方に読んでいただきました。<m(__)m>

じゃあ今度こそ!

第10位『顔しか取り柄がないので…

早くも言わせていただきます。<m(__)m>

(* ̄0 ̄)ノimpactナンデヤネン!!

阪神の藤井捕手が引退されたのは2年前ですよね…
何故今年?(^^ゞ

第9位『独り言集’17 4月

改めて見返したら”鵜久森選手の満塁ホームラン”があったんですね。
あとこの時は賭博疑惑で止まってたんだね…

第8位『独り言集’17 7月

青木選手が投げてたんだ!?w(゚o゚)w
改めて見返すと色々起こってたんですね(^^ゞ

第7位『ガム食べる?

正直に言うと、見てから1ヶ月後ぐらいに書いた記事だったのですが…
予想以上に読んでいただきました。(^^ゞ
今年一番泣いた映画でした。(T_T)
ただ、また後日書こうと思うのですが、先日見た映画「8年越しの花嫁」も相当泣きました(ノд・。)

第6位『独り言集’17 12月

えっと…実は今年は年末から妹の家族が帰省することになっていたので、例年と違って早めに下書きを書いていまして…その関係でこの記事はアップしてから3日間しか経ってなかったのですが…この順位に…(笑)(^^ゞ
野村監督には早く元気になってボヤキが聞きたいです。

第5位『オンバト+第1回チャンピオン大会

さあ、2回目行くよ

(* ̄0 ̄)ノimpactナンデヤネン!!

何故か毎年「第1回」だけ読まれてんだよね。(^^ゞ
今年は何故だろう? 「かまいたち」 かな?(^^)

第4位『進学校の挑戦

…学芸館が秋の中国大会に進出したからかな?
この記事もコンスタントにランクインしますよね。(^^ゞ

 さて、 やっと いよいよTOP3

第3位『走れ!走れ!赤星!!

さあ、みんなお待たせ☆

(* ̄0 ̄)ノimpactナンデヤネン!!!

本当に何故か8年前の記事が入りました。
赤星さんは今では日本テレビで解説している姿をよく見ます。
昔、掛布さんがそういう立場だったので、赤星さんもまたいずれ阪神に指導者として戻ってきてほしいですね。
来季からはルーキーの島田選手が背番号53を継承します。
プレッシャーを感じすぎずに思いきったプレーをしてほしいです。(^O^)/

 さあ、いよいよTOP2―
過去2年と同じく、TOP2の記事は変わっていません!!
3年連続の直接対決 ― 果たして勝つのはどっちだ?!

第2位『応援団の心得

今年も2位でした。(^^ゞ
昨年末の「逃げ恥」からガッキーの活躍が続いています。
ただ自分はこの時期からすでにその魅力に引き込まれ(以下省略<m(__)m>)

さあ、というわけで今年の1位は…

第1位『ありがとう、安井一平選手

えっと…ぶっちぎり(^^ゞ

Googleで「安井一平」と検索すればこの記事が…(^^ゞ
考えてみたら10年書いた中で半分は安井選手の記事が1位なんですね(^^)
来年はいよいよ第100回の高校野球が行われます。
どんなヒーローが現れるんでしょうか?
今から楽しみです(^O^)/

 ランクインしなかった記事もありましたが、今年も色々な方にブログを読んでいただき、ありがとうございました。<m(__)m>

 では毎年恒例今年最後の1曲

人生って怖いですよね。何が起こるか分かりませんから。
「トータルで5割か勝ち越せても8勝7敗ぐらいだろう」 という話を聞いたことがありますけど、それでもやっぱりできたら勝っていきたいですよね。
何度も転んで立ち上がり、今度こそ―と思って立ち向かうんですが、また転び―
そんな繰り返しですけど、そんな中でも少しずつ前へ進んでいくんですよね
”連戦連勝で勝ちっぱなし”の人生なんてあり得ない
傷つきながらも周りと助け合って進んでいくぐらいがちょうどいいのかもしれませんね―
なんてことをつい最近考えました。(^^)

と言う訳で今年最後の1曲 ”今年このブログで最も触れた曲” です。

高橋優さんの『虹』

2018年―どんな1年になるかな?来年もよろしくお願いします。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

34

以上、オープニングはトラッキーの『1、2、3、4(三枝) いらっしゃ~い』でした。(^^)

34…

34…

三十四…

スローカーブを武器に活躍した阪神時代の星野伸之投手の背番号は34

今季引退した阪神・高宮投手の背番号も34

来季からはルーキーの谷川投手が背負います。<m(__)m>

中日のレジェンド・山本昌投手の背番号は34

伝説のサウスポー・金田正一投手の背番号も34…(調べました。<m(__)m>)

小宮さんと相田さんのコンビは「三四郎」…

3×4=12…

34か~

34ね~…

…Σ( ゜Д゜)ハッ!

あっ、今日は自分の34歳の誕生日だった(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

数の力

「数の力」で押し切って決めたらなんでもいいんでしょうか?

正直見ていて気分は良くないし、何か隠しているんじゃないかという不安は募ります。
もっと重要なことを隠すために早く終わらせたいんでしょうね。

何でも「多数決で勝てる=正しい」とは自分は思いません。
人数の多い方たちの力ではなくて本質を考えてほしいです。
自分たちにはできないので、頭のいい方々にはしっかりと将来に正しいバトンを渡せるかということを考えて納得できる説明をしてほしいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧