2019.3.11

今年もこの日がやってきましたね。
あれからもう8年ですか―

特に最近になって風化させないような動きをされているようになってきたのを強く感じます。
復興に向けて少しずつ前進はしていますが、まだまだ道半ばだと思います。
この震災を知らない世代の人たちにも伝えていかないといけませんね。

 昨夏、仕事の関係で仙台に行きました。
きれいな風景や海産物などの名産品も堪能しましたが、地元の方に岡山から来たことを伝えると 「大雨は大丈夫でしたか?」 と逆に心配していただきました。
その温かさが忘れられません。

 被災地の方も全国で災害が起きたら次は支える番と思って動いていただいています。
この先、何が起こるか本当に分かりませんが、1つになって乗り越えていくことが大切ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風のしっぽアワード’18

まあ、少しずつ更新していきたいのですが…
ここらで去年の振り返りでも(^^ゞ

果たして2018年最も読まれた記事は何なのか?

風のしっぽアワード’18―

 年を越えましたが毎年恒例なので(^^ゞ

ちなみに3回優勝で殿堂入りとなります。<m(__)m>
今のところコチラがそうです(^^ゞ

では10位から!

第10位 そして三度伯父になる―

いきなりの身内ネタ(^^ゞ
甥っ子が生まれたという記事でした。
大丈夫か?このランキング…(^^)

第9位 趣味車いじり、職業車いじり

映画「8年越しの花嫁」…今見ても感動する(T_T)
今年はどんな映画を見るかな?(^^)

第8位 独り言集’18 2月

何があった?平昌五輪?
久しぶりに見たら改めて色々あったな~と…(^^ゞ

第7位 オンバト+ 第1回チャンピオン大会

毎年思う…何で?
こういうお笑い番組がこれからも出てきてほしいですね(^^)

第6位 爆笑オンエアバトル 決勝 ’10

そして再び思う…何で?
再びお笑いブームが訪れるときまで若手芸人の皆さんには力をつけていてほしいですね。

第5位 なんか貼りたくなったので…54

ハリ・タカが入るのも久しぶりね(^^ゞ
まあ、気持ちは胸に生きていきます。

第4位 顔しか取り柄がないので…

やっぱり思う…何で?
トラさんチームは最下位でしたが、梅野選手が成長したのがこれからの期待です(^O^)/

さて、ようやく いよいよベスト3です!

第3位 クリリンのことかーーーっ!

新作映画か?その時にあったテレビ放送か?
自分が子供の頃からあったドラゴンボールが今でもこうやって映画が作られているということを改めて考えてみるとやっぱりすごい作品なんですね(^^ゞ
ちなみに2位と1票差でした(・_・;)

 ここまで来ました…(^^ゞ
ここ数年TOP2は変わっていません!!
”平成最後の直接対決”!!
果たして勝ったのは―?

第2位 応援団の心得

3年連続の銀メダル―
10年前の映画なんですよね(^^ゞ
毎年強いですね…
やっぱりガッキーは色あせないということで…(*^。^*)

 ということは…

第1位 ありがとう、安井一平選手

ぶっちぎり―
今回で3連覇ということで、2つ目の殿堂入りとなりました。<m(__)m>
高校野球も夏は100回を越えました。
地元を背負って戦うヒーロー達…これからどんな選手が出てくるのでしょうか?
今から楽しみですね。

 さて毎年恒例・最後の1曲です。
2018年は『災』が示すとおり災害の多い年でした。
ただ、そんな中でも被災地はもちろん、日本中から助けて下さる方々がいて、その中にはかつての被災地の方も「次は支える番」と力を貸して下さる場面がありました。
自分も学校の地域の防災研修に参加したのですが、「自助・公助・共助」が大事だと学びました。
この先の未来にどんなことが起こるのか分かりません。
ですが、人間は一人ではありません
周りと助け合いながら少しずつでも進んでいきましょう(^^)

というわけで最後の1曲

ももいろクローバーZの『笑一笑』

2019年もよろしくお願いいたします。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年’19

皆さま、新年明けましておめでとうございます☆
本年もよろしくお願いします。<m(__)m>

年末にインフルエンザになりまして…
ここまで寝ていた年末年始も記憶になかったですね(^^ゞ
イノシシは”無病息災”の象徴でもあるそうなので今年は健康に気をつけて1年を過ごしましょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お知らせ

16年ぶりにインフルエンザにかかってしまいました。😷
回復次第再開しますが、それまで少し更新を休みます。m(_ _)m
皆様体調には気をつけてよいお年をf(^_^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

35

…まあ、動画はストレートでいいか?!

そういえばブルゾンちえみも岡山出身でしたね(^^ゞ

35…

35…

三十五…

7×5=35

元・阪神タイガースの船木聖士投手の背番号35

現在は期待の若手速球派・才木投手の背番号となっております。<m(__)m>

今年引退した巨人の西村健太朗投手の背番号35

ソフトバンクから東京ヤクルトスワローズに移籍した寺原投手の背番号35

楽天の島内選手の背番号35

Age,35 恋しくて…

35か~…

35ねぇ~…

あっ!今日は自分の35歳の誕生日だ!!(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山県民としての気持ち

愛する地元・岡山のことなので、多少感情的な部分も出てくるかもしれませんが、どうかご容赦いただければと思います。

 ネット上で警報等が出た時に自治体がきちんと迅速に動いたのか?と、詳しい事情を知らずに疑問に思う声もあったのですが、岡山県にいる自分からしたら、伊原木県知事や伊藤倉敷市長を始め、ほとんどの各首長の方々は迅速に動いていただいたと思います。また、SNSで県民や市民の気持ちに寄り添った情報発信もしていただいています。

 なかなか情報が分からずに疑問に思われる気持ちも分かりますが、そこは心配されなくても大丈夫ではないかと思います。

 むしろ、避難が始まっていた中で飲み会をされて、楽しそうにSNSにアップいた偉い方々に対して”あきれてものが言えない”を通り越して『失望』しています。

参加していた一番偉い方は「我々は迅速に動きました。」と被災地の視察を終えた後で発言されました。

もちろん、迅速に動いていただくことは大事だと思います。
ですが、それと同じぐらい”被災された方の気持ちに寄り添って動いている”ということを示すことも大切ではないでしょうか?
大雨の日以来、倉敷市・総社市の洪水警報が未だに消えません。
長くなるかもしれない避難生活に対して大きな不安を抱えています。

ネット上の支持者からは「他の人たちもパーティーをしていた。」、「以前にこんな発言をしていた人がいた」などの発言も出ていますが、論点はそこではないと思います。
他と比べるのではなくて、被災地の方々の気持ちを考えていただきたい。
その姿勢を示していただくだけでも、人々の不安がどれだけ救われるでしょうか?

あの写真を見て悲しみや憤りを感じた被災地は少なからずいます。
「誤解を生んでしまい、不快な思いをさせてしまった皆さまには本当に申し訳ございません。ただ、被災された皆さんが少しでも元の生活に戻れるように一生懸命やります。」―

こういう一言を出すのって、そんなに難しいことですか?
家が被災した様子を見てショックで食欲がなくなってしまった子供や友達の前では強く見せてるけど一人になったら気分が滅入ってしまうような子供たちを目の当たりにしても、今と同じような発言や態度ができますか?

 被災地の方々のことをまず第一に考えていただきたい―自分はそう思います。

 普段はこういう風なことはなるべく書かないようにしていたのですが、ちょっと今回ばかりは書かせていただきました。
ただ、今自分ができることはこういう記事を書き続けることではありません。
専門家の皆さんのおかげで少しずつ体制も整いつつあります。
自分ができることを少しづつやっていきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

これならできる

本日から仕事が再会しました。

 週末の大雨を受け、臨時休校となった今日は子供たちの状況把握が主な仕事です。
うまく言葉にできないのですが、一人一人の無事を確認できたことは良かったのです。ただ、これからのことに不安は感じています。

また通勤途中に被災地に向かう自衛隊のトラックやヘリを目にし、正直、頼もしく思い、一礼をしました。

 一つ情けない話になりますが、自分の住む地域は被害が少なかったのですが、コンビニやスーパーでの食品の棚がガラガラだったり、夜になって普段は点いているお店の看板の電気が消されているのを見て、改めて今回の被害が大きかったことを実感しました。

 今、自分にできることは本当に小さなことだと思います。
でも、熊本地震のときに学んだんですが、”これしかできない” と思うのではなくて、”これならできる” と思って、その『自分ができること』をやっていきます。
各分野のエキスパートの方々が我々にもできることを増やすべく、日夜動いてくれています。
準備態勢が整い次第、すぐに動けるように今はちょっとしたことを続けていきます。

改めまして、この度の大雨の被害に遭われた皆さまに心よりのお見舞い申し上げます。
不安な日々を過ごすかと思いますが、決して孤独ではありません。
1つになって乗り越えていきましょう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大豪雨

一昨日からの大雨で岡山県では初めて特別警報が出ました。

とりあえず自分の住むところは近くの用水路が家の玄関まであふれていましたが、幸いにも特に大きな被害がなくて済んでいます。

今回の豪雨で被害に遭われている皆さんに心よりのお見舞いを申し上げると共に、今後雨がどうなるか分かりませんが、正しい情報をしっかりと把握していただいて、これ以上の被害が出ないことを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして三度伯父になる―

えっと…またなりました(笑)<m(__)m>

熊本に住む妹に子供が生まれました(^^ゞ
上の2人は女の子でしたが今回は男の子です。
不思議なことに3兄弟の年齢差は自分達と全く同じになってしまい…(笑)
こういうことってあるんですね(^^)

自分と会うのはもう少し先になるかもしれませんが、しっかり可愛がってあげたいですね(*^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木曜21時

自分が物心ついた時から今まで毎週木曜日の21時同じチャンネルを付けて同じ番組を見ていました。

小さい頃、何も分からなくてもタライとか池落ちとかお約束の笑いをビデオで何度も見てゲラゲラ笑い、
また、大人になってからも後輩を少しでもおいしくしようという悪ふざけに笑い気分が落ち込んだときに何度も見返して元気をもらいました。

思えば30年間自分の側に必ずあった番組でした―

 そんな「とんねるずのみなさんのおかげでした」が本日最終回を迎えました。

最後の企画は”おかげでした”の初回で放送した企画の1つである「最後のうたばん」です。
ゲストは当時のスタッフで結成した野猿松田聖子さん。
仲間を大切にする2人らしいゲストでしたね(^^)

”おかげです”の頃の映像もあり、まだまだ小さかった頃の記憶だったはずなのですが、不思議と覚えていましたね。改めて30年続く番組のすごさを感じました。

また、当時の裏話や同い年の松田聖子さんとの思い出話楽しそうに話す2人の姿が印象的でした。

こういう番組の雰囲気が大好きです。

そして迎えたラストシーン

小さい頃この曲を聴いて、家族でカラオケで行くとよく歌ってました(^^ゞ
「バラエティーを滅ぼすな」「フジテレビをおちょくるな」…
若手だった自分達を育ててくれたバラエティーであり、フジテレビ。
今は苦戦が続きますが、まだまだ力はあるはず
この番組は終わりますが、これからの作り手が時代を言い訳にして諦めずにしっかりとしてほしいという叱咤激励のように感じました。

30年間自分に笑いと元気を与えてくれたとんねるずのお2人と番組「みなさん」…
最高にかっこいいです!!(^O^)/

最終回が通常放送ということに放送前は物足りなさを感じていましたが、最高に内容の濃い1時間でした。

今回は終わってしまいますがまたいつか戻ってきてほしいですね

タカさん、ノリさん、スタッフの皆さん、本当にお疲れさまでした。
30年間ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧