晴れの国の王者

全国高校野球選手権大会の中止に伴い
その代替試合として行われた、
2020夏季岡山県高校野球選手権大会―

コロナの影響で奪われた甲子園出場の夢…
しかし、” 岡山県最強チーム " の称号を得るため
そして、集大成を見せるために全力プレイで戦う各チーム…
その決勝に進んだのは…

センバツ出場を決めていた、
秋の中国大会王者・倉敷商業高校


そして、

今や岡山県の高校野球をリードする存在にもなった、創志学園高校

 特別な年の決勝戦は、
まさに ” 横綱同士のぶつかり合い ” となりました。

夏に両校が戦うのは3年連続
一昨年は、「星野仙一2世」の異名を持つ
現・楽天の引地投手との投げ合いを制した
当時2年生の現・阪神の西純矢投手を擁する
創志学園が勝ち

昨年は、「中国地方NO1投手」とも言われるまで成長した
西純矢投手に対して
チーム全員で向かっていった
倉敷商業がリベンジを果たしました


 そして始まった決勝戦。

先手を取ったのは創志学園高校
1年生の頃から主力として活躍する
森田選手のタイムリーで先制

その後は一進一退の攻防が続き
迎えた6回表―
試合は大きく動きます。

 追いかける倉敷商業の先頭バッター
キャプテン・原田選手
昨夏あと一歩で敗れた岡山県大会決勝戦―
一打同点の場面で三振してしまい
最後のバッターになったのはでした。
そこからキャプテンに就任し、
チームをまとめ、中国大会も優勝することができました。

「ここで塁に出なきゃ、キャプテン失格」―

そんな思いで打席に入った原田選手。
簡単に追い込まれるも、球に食らいつき、
粘りに粘った11球目
まさに突破口を開くセンター前ヒット!
この一打がきっかけとなり、波に乗った倉敷商業
相手投手陣の制球難にもつけこみ、
この回一挙に6点を奪い、
試合をひっくり返します!!


対する創志学園
ベンチ入り25人を全員起用する総力戦で食らいつきます。
しかし、一度火のついた倉敷商業をなかなか止めることができず、
11-1で倉敷商業の勝利!
2012年以来、8年ぶりの夏の県大会を制しました!!

 結果的に10点差はつきましたが、
両校の差はそこまでなかったように感じます
両チームとも無失策で好プレイも多く、
やっぱり強いチームは守備のミスがないということを改めて感じました。

この先もこの2校が岡山県の高校野球を引っ張っていくでしょう(^-^)

 あと準決勝からテレビ中継があったんですが、
ベスト4に残った岡山理大附おかやま山陽
本当にいきいきしたプレイが印象的でした。

甲子園がなくなって球児はどんな気持ちで戦うんだろう? 
と少し心配だったんですが、
中継を見ていると、

コロナに負けるか!

俺たちをなめるな!!

というような強い気持ちを持ってプレイしているような印象を受けました。

今大会を戦いきった高校球児はこれからの人生もきっと強く生きていくと思います。

高校球児の皆さん、お疲れさまでした。

そして名実ともに『岡山県の王者』となった倉敷商業ナインの皆さん
交流試合の相手は言わずと知れた強豪校仙台育英です。

みんなの思いを胸に全力でぶつかってください!(^O^)/

| | コメント (0)

相手にとって不足なし’20

史上初めて春夏ともに中止となった高校野球…
そんな中、センバツ出場予定だった32校に甲子園の土を踏ませてあげよう―
と開催されている2020年高校野球交流試合
まずは、開催にご尽力していただいた高野連や阪神甲子園球場の皆さんに感謝の意を表明します。

 岡山県からは中国大会を制した倉敷商業高校が出場。

不思議なもので1試合だけとなれば
「どうせなら強い学校と勝負だ!」と思うもので…(^^ゞ


そして選ばれた対戦相手は…

宮城県代表・仙台育英高校

 言わずと知れた全国屈指の強豪校
今年も宮城県大会、東北大会を制しました

注目すべきは大会屈指の豊富な投手陣
秋に実質的なエースとして活躍したのは背番号8の向坂選手
他にも昨夏の甲子園を経験した笹倉投手に伊藤投手など最速140kmを超える投手を7人も擁しております
また打撃陣も元U15日本代表選手も在籍している手ごわい相手です。

 対する倉敷商業高校はキャプテン・原田背番号5のエース・福家を中心に非常にまとまったチームです。
持ち前の粘り強さで強豪校に全力でぶつかっていってほしいです。

どの学校も各地区の高校球児の思いを胸に、これまでの野球人生の全てを1試合に懸けて悔いのないプレイをしてほしいですね。(^O^)/

| | コメント (0)

夏の甲子園中止

第102回全国高校野球選手権大会の中止が決定しました。

 記事を書こうと思ったのですが、正直、ただの1ファンである自分が当事者の高校球児にどういう言葉をかければいいのか正解が分かりません。
高校の3年間だけでなく、子供の頃から野球をしてきた多くの球児の皆さんにとって夏の甲子園は、その集大成となる場所です。
コロナウィルスによって子供の頃からの憧れで目指してきた場所を奪われてしまった球児の気持ちは自分にははかりしれません。

 ただ、一言だけ言わせていただくとしたら「前だけは向いていてほしい」ということです。
今は辛い、悲しい気持ちでいっぱいだと思います。
ですが、人生は続きます。
再び立ち上がったときにこの経験を活かせるような、そんな気持ちだけはどうか持っていてほしいと思います。
まあ、色々なことから完全に立ち上がったとは言い切れない自分が言うのもなんですけどね(^^ゞ

 それと、最後まで開催に向けて全力を尽くしていただいた高野連の皆さんには、
別の機会を何とか作っていただければと思います。
色々と厳しい意見を言う方は、この時代なんで、いると思います。
ですが、最後まで高校球児に寄り添った考えで動いていただきたいと思います
心の中では高校球児を応援している人はもっとたくさんいます
それだけは忘れずに何とか動いていただきたいです。

| | コメント (0)

センバツ中止

センバツ高校野球の中止が発表されました。

色々な感情がありますが、
ただの高校野球ファンの自分たちのような外部の人間以上に、
出場予定だった高校球児の皆さんの方が色々な感情を持っていると思うので、ここでの軽はずみな発言は控えておきます。

 ただ少し触れておきたいのが、早い段階で「他の競技に合わせて中止しろ」という意見を強く言う方々がいましたが、それはどうかと思います。
発言をしない人たちの中には、” せめて彼らだけでも開催を― ” と思っていた他の競技者もきっといたでしょう。

今月の初めの段階では開催の可能性は残っていました。
他の競技以上に注目度が高いが故に、たとえ無観客でも前年までの収益を切り崩せば費用面は何とかなる。
それに当初の自粛要請期間は2週間程度で開幕には間に合っていました。
その状態で、高野連は批判覚悟で高校球児にとっては一生に一度しかないかもしれないチャンスを最後まで模索していただきました。

 仮に他の競技が同じ状態であればどうだったでしょうか?

高い注目度、
費用面は何とかなりそう、
日本一を目指して全国大会に勝ち上がった高校生の心境…

間違いなく、同じように開催の道を模索していたと思います。
むしろ各連盟のえらい方々は、そういう人たちになってほしいです。

 もちろん、最初から中止を前提に考えていた競技はないと思います。
何とか最後まで選手の夢をかなえてあげたい―
そういう思いを持って話し合った結果、高校野球だけが最後まで可能性が残っていたということだと思います。
その中での有名な方や匿名の方々の「中止しろ」という発言は全国大会に出場予定だった選手たちの胸に痛く突き刺さる言葉になります。
この発言の矛先は高校球児たちに向かっているということをしっかり考えた上で発言していただきたかったと思います。

 また、偉い方が催し物の自粛期間の延長を少し曖昧な言い方で忖度されるように言われましたが、
子供たちのことを考えたら「申し訳ないが今の事情を考えたら…」とご自身の責任の下での決断としてほしかったと思います。

 センバツは中止にこそなりましたが、各都道府県を代表して地区大会に臨み、甲子園への切符を掴み取った彼らは地元のヒーローです。
この事実は絶対に変わりません。

そして、最後まで批判と戦って彼らの夢を叶える道を模索し続けてくれた高野連の皆さんに自分は感謝します。

願わくば彼らに別の機会を与えてもらえたらな―と思います。

| | コメント (0)

役者はそろった’20

第92回選抜高校野球大会の出場校が決定しました☆

岡山県から選ばれたのは…

8年ぶり4度目の出場・岡山県立倉敷商業高校

 ここ近年は創志学園、学芸館、おかやま山陽など力を付けてきた新しい勢力が甲子園に出場していましたが、
今回は伝統校が意地を見せました☆

 昨夏、準決勝で後に阪神からドラフト1位指名される中国地方NO1投手とも言われていた西投手を擁する創志学園との死闘を制して決勝進出するも学芸館に敗れて悔しい思いをした倉敷商業高校
森光監督が退任し、梶山監督が率いる新チームはそんな先輩方の無念を晴らすべく立ち上がりました。
岡山県大会を2位で中国大会に進出した倉敷商業は各県の代表校との接戦を制して見事に優勝
センバツ出場は確実視されていながらも、今回正式に出場が決定しました。

夏のイメージが強いのでまだセンバツは4回目の出場でしかも未勝利というのは、正直意外でしたが、今年のチームはこれまでとは違います。
伝統の粘り強さ手堅い攻撃に加え、偉大なるOB・星野仙一さんにちなんだ ” 1日1001スイング で打撃力を上げ、強行策もできます。
昨夏の敗戦後も裏方としてチームを支えてくれた3年生や森光前監督も一丸となり掴んだ切符です。
きっと甲子園で活躍してくれるでしょう(^O^)/
また主将の原田選手は一昨年に豪雨被害を受けた真備町出身です。
その活躍が被災地の力となってくれるでしょう(^-^)

各地区を代表する32の代表校が揃いました。
果たしてこの春はどんなドラマが待っているのでしょうか?
今から楽しみです☆(^O^)/

| | コメント (0)

ありがとう、天下の名将―

朝、ネットニュースで第一報を知ったとき、ガセネタであってほしいと思ったのですが、それは叶いませんでした。

 プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めそれぞれのチームの礎を築いていただいた” 天下の名将 ” 野村克也監督が亡くなられました。

 自分が野球を見始めたのは1992年暗黒時代の阪神タイガースが奇跡的に優勝争いを行っていた年です。
その時に最後までペナントを争い、最終的に抜かれてしまった相手こそ野村監督が率いるヤクルトスワローズでした。
ですので最初は正直、あまりいい印象はなかったのですが、それから数年後、低迷を続ける阪神が再建を託した人物こそ野村監督でした。

 阪神監督就任後、チームはそれまでにない動きが出てきました。
「ピッチャー心理を読め」とどんなに教えても感覚で打ってしまう新庄選手は実際にピッチャーとして登板―
経験と度胸のある遠山投手をサイドスローにして” 松井キラー ” として再生
後に『遠山―葛西―遠山―葛西』というリレーもありました―
ロッテから戦力外通告を受けて入団テストを受けに来た成本投手は「球団と揉めたのか?監督から嫌われたのか?」と声をかけられてそのシーズンのストッパーとして復活―
相手の隙を突いた”ツーランスクイズ”
巨大戦力に機動力を武器に戦おうと結成した” F1セブン ”―

結果的には3年連続の最下位でしたが、” 弱者の戦い方 ” を知る野村監督ならではの野球理論は確実にチームに浸透していたと思います。
その証拠に星野監督が就任時のインタビュー阪神の再建を聞かれたときにこう話されています。

「あの野村監督をしてもダメだった…。ただ、野村監督がしてくれたおかげで一筋の光が見えた」―

その光をたどって星野監督の下、チームは2003年に18年ぶりのリーグ優勝を果たします。

また、野村監督がインタビューでこうも仰っていました。

「他のチームは打撃や試合巧者といった特徴を持っているが阪神にはそれがない…。”阪神と言えば投手力”というチームを作りたい。」―

あれから数年がたち、今阪神タイガースはまさにそういうチームに育っています。

 10年以上ずっと最下位争いをしていた、どうしようもないチームを立て直す種を植えていただいたのは、間違いなく野村克也監督です。

また教え子の中には侍JAPANの稲葉監督阪神の矢野監督を始め、何人も監督・コーチとして野球界に貢献し続ける方がいます。
ボヤキで辛口なイメージもありましたが、本当に選手たちから慕われる方だったと思います。



 自分も社会人になってから人を教える立場になって、野村監督の著書を何冊も読ませていただいております。
自分も決して一流の人間ではありません。ただ、弱者なりの戦い方ならできます。
選手の性格を理解して、なんとか活かす方法を考える姿勢は自分も見習っていきます。

野村監督、阪神タイガースの再建の基礎を築いていただきまして本当にありがとうございました。
天国で最愛の奥様とどうか安らかに―

”天下の名将”野村克也監督のご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0)

結果発表’20

センバツ高校野球の行進曲が決定しました☆(行進曲予想はコチラ

2017年の「恋」(星野源)を最後に2連敗中…(/_;)

3連敗か…はたまた3年ぶりの正解か…

今年の行進曲はこの曲です!!





(ToT)
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーーーーーーっ!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/
連敗ストップじゃあああああああああああああーーーーーーっ!!!\(ToT)/

いや~、もう本当に『超気持ちいい』ですね。
嬉しすぎて『何も言えねぇ』っていう状態です。
『初めて自分で自分をほめたくなりました』。
さすがに2年間外していたので『手ぶらで帰るわけにはいかない』と思い、
嬉しさのあまり披露した(?)『伸身の新月面が描く放物線は栄光への架けは…』

(`^´)/エエカゲンニシナサイ!

以上、3年ぶりの正解記念並びに開催記念オリンピック名言集で喜びを伝えました。<(_ _)>

 さて行進曲も決まり、次はいよいよ出場校ですね
順当にいけば地元岡山からも2年ぶりに選ばれると思います。
出場校の皆さんには地域を代表して悔いのない試合をしてほしいですね(^-^)

| | コメント (0)

行進曲予想’20

新春恒例・センバツ高校野球行進曲予想!!

2連敗中…(/_;)
ここ2年は特に ”記念大会””平成最後” を意識された行進曲だったからね(^^ゞ

連敗を止めるべく選んだ今年の予想は…

『パプリカ』

大人から子供まで幅広い世代に歌だけでなくダンスも浸透している曲なんでこれにしました。
五輪テーマソングは選ばれないんですが、一応、テーマソングではないのでこの曲はアリかな~と…(^^ゞ

とりあえず今年はこの曲で勝負!<(_ _)>

今年こそは当てたいな~…
結果は如何に?!(^^ゞ

| | コメント (0)

マスコット捌きの達人

千葉ロッテマリーンズのイベントMCを務められた庄司こなつさん入籍並びにMC卒業を発表されました。
千葉だけではなくてオールスターや侍JAPANのイベントでも個性豊かなマスコット達( つば九郎 とか ドアラ とか…(^^ゞ)を見事に捌いてきた名MCです。



自分もマスコットの動画を見るようになってから知った方なんですが、もう14年もMCをされてたんですね。(^^ゞ
球団は違いますが、つば九郎やドアラとの絡みが特に大好きでした(^-^)
結婚発表時にバンザイ三唱が起こったように、ロッテファンだけでなくてプロ野球ファンみんなから愛される方だったと思います
マスコットのステージは球団とファンを繋ぐ架け橋のような役割だと思うんですが、この14年間こなつお姉さんはその役割をこなして大きな仕事をしてくれていました。

正直、卒業は本当に寂しいです。
ですが、ご自身で決められたことです
きっと、こなつお姉さん本人にも続けたいという思いはあったと思いますがこれからの人生成長してきている後輩のことを考えられたのでしょう。
これからの新しい道を応援していきましょう。

ご結婚おめでとうございます☆(^O^)/

―と書きながら…やっぱり訪れつつある”こなつロス”…(/_;)

この流れで今年も始めようか…ペンギンさん出番ですよ(笑)(^^ゞ

| | コメント (0)

海を越えてきたエース

我らが阪神タイガースにエースとして貢献してくれたランディ・メッセンジャー投手が今季をもって現役を退くことになりました。

 2010年、メジャーリーグのシアトルマリナーズから中継ぎとして加入してきたメッセンジャー投手。
マリナーズでのチームメイトで同時期に日本球界に復帰してきた城島健司捕手からも日本に合う投手として太鼓判を押されていました

ですが、セットアッパーとして期待された開幕当初は思うような結果がでず、2軍に降格―
しかし、日本に来てから投げてなかった大きなカーブを活かして先発として調整この転向が彼の運命を変えました。
1年目こそ結果は出ませんでしたが、次のシーズン以降の可能性を感じた首脳陣はメッセンジャーの残留を決断。
その期待に応えて2011年はチームトップの12勝を上げました。

 そして2013年には、第3回WBCメンバーだった能見投手に代わり初めて開幕投手を務めます。
チームの外国人投手としてはキーオ投手以来26年ぶりの快挙を達成したこのシーズンは来日初タイトルであるリーグ最多奪三振を達成しました。

 2014年はポストシーズンでも大活躍
チーム初のクライマックスシリーズ制覇にも貢献し、日本シリーズ初戦ではかつての同僚であるスタンリッジ投手との投げ合いを制し、第5戦でもソフトバンク打線を最後まで苦しめてくれました。

 その後も5年連続で開幕投手を務め、登板間隔も中4日、中5日と短く、トラさんチームにはなくてはならない投手となりました。
その活躍から昨年FA権を獲得日本人扱いとして2019年のシーズンを迎えました。

 しかし、思うような成績を残せなくなり、2軍での調整登板も結果が出ず今季限りでの引退を決断されました…。

 メッセンジャー投手は日本を理解して日本を愛してくれた投手でした。
特にラーメンはお気に入り各地方でお気に入りのラーメン店を作ってるほどです。
ちなみに甲子園でも自身がプロデュースしているラーメンが売られていました。(^^ゞ
また、日本で次女が生まれた際『ジジョ』というミドルネームをつけてくれました。
こういった姿勢がファンにも愛される一因になっていたと思います。

 そして迎えた引退登板―



長年チームを共に支えてくれた鳥谷選手との熱い抱擁は感動的でしたね。
大島選手にも感謝です。

 正直、年齢からか不調が続いていた昨シーズンの終わりから もう一度中継ぎに配置されたら全力投球でまだまだ活躍してくれるのではないか と思っていたんですが、ご自身で決められたことなんで受け入れたいです。

メジャーから異国の地に来てからの10年間
阪神タイガースを支えていただいて本当ありがとうございました。
お疲れさまでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧