« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

なんか貼りたくなったので…86

今年度も本日で終了です
なので、いつからか毎年恒例となった ” ハリ・タカ ” で締めます。m(_ _)m

 今年度は今まで以上に色々とありましたね。
自分にも息子が生まれるという、本当に嬉しい出来事もあった一方、
実家の愛猫など悲しいお別れも経験しました。
そういった意味では「命」に関することを考えた1年でもありましたね。

 年齢的にも40歳を迎えて、両親の年齢も考えたりすることもあり、年々恐さを感じているのは正直なところですが、

逆に、ちょっとネガティブシンキングなところがある自分は、今まで いつか波が引いてくる時があるだろう と考えて「幸せ」というものに恐さを感じていましたが、それが少なくなってきました

人間は普通に生きること自体がすごいことなんで、奥さんと子供がいてみんな健康で平和に暮らしている、今のささやかな幸せが一番なんだ と思うようになりました。

” 大きな幸せ ” はあるのか、もしあってもいつ来るのか分からないのが人生です。

ですが、今目の前にある ” 小さな幸せ ”いつまでも大事にしながら、しぶとく生きていきたいです。(^^)

 というわけで、今年度最後の1曲

SUPER BEAVER 『儚くない』



新年度も、新しい生活リズムを作りながら
のんびりまったりやっていきましょう☆\(^_^)/

| | コメント (0)

DVD鑑賞記Vol.21

基本的に3ヶ月に1回ぐらいのペースで更新しているようです(^^ゞ
生活環境が変わって、ここからどうなるかな?
とりあえず、たまったら書いていきます(*^_^*)

映画『はい、泳げません』



一応、水泳部の顧問なので興味があり見てみました。
あまり内容を知らずに見ましたが…意外と深い話でしたね(^^ゞ
練習方法も知ることが出来ました。

綾瀬はるかに教えてもらえるんだったら毎日通うわ!!!(゚Д゚)

ドラマNHK『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~Vol.3』

学期末なので生徒と一緒に見ました。
ワイン方程式の話だったので生徒は分かるかな~と思いましたが、推理ドラマとして楽しんでもらえたようです。
未来予知の話は連続ドラマで見た時は自分の中であまり響かなかったのですが、生徒と一緒に見たらリアクションも含めて面白かったですね(^^ゞ

ドラマNHK『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~Vol.4』

最終巻です。(^^ゞ
実際のドラマ放送はそれ以前だったのですが、ウィルス感染を題材にしていました。
コロナ禍を経て見方が変わりましたね。
続編を作ってほしかったんですけどね(^^)

ドラマTBS『表参道高校合唱部Vol.3』

いずれメンバーになるだろうな~と思っていたらやっぱり入部しましたね(^^ゞ
合宿の話も素敵でした。
ただ…ラストが気になりますね。
※今回初めて見ています(^^ゞ

映画『魔女の宅急便』



はい、その通りです。金曜ロードショーです。(^^ゞ
しっかりと全部見たのは子供の頃以来なんですが、大人になった今見ると感じ方が変わりましたね。
特に父親目線も入ったし、人生のスランプとかも分かるようになりましたから。(^^)
他の作品も子供と見たら感じ方が変わるかな?
※動画はユーミンの主題歌です。

映画『妖怪シェアハウスー白馬の王子様じゃないん怪ー』



あっ、動画配信です(^^ゞ
ドラマ版の魅力はそのままに、映画ならではのスケールの大きさでした。
やっぱり小芝風花ちゃんは好きですね(^^)
この子の朝ドラをいつか見たいです。
結構ぶっとんだ設定ですけど物語として成立させているのは俳優陣の演技力の高さですかね。

| | コメント (0)

マスコット先生48

明日からいよいよ2024年シーズンが開幕

ということで、シーズンⅪ最終回ー

そんな今回は…

新記録” 3年連続3回目の大トリ ”

セ・リーグのマスコット
による
『セ界を変える!裏セ・リーグ会議 SEASON4』




安定のワチャワチャ感…(^^ゞ

そして…意外にも感動的なラスト(T_T)

彼らは今年もきっと球場を盛り上げてくれるでしょうね(^_^)/

 さて、いよいよ今季がスタートしますね。
WBCから始まり、近年まれに見る盛り上がりを見せた昨季から
それぞれがどうチームを新しく作り上げたのか?
今から楽しみですね。
まあ、オープン戦はオープン戦で別に考えて、気持ちを新たに戦いましょう!(*^_^*)
果たして今季のシーズンオフはどうなっているのか?
球団史上初の『アレンパ』目指して進んでいきます☆\(^_^)/

| | コメント (0)

独り言集’24 3月

ちょっと実験的にはあるのですが…
今月は今までと書き方を変えてみようと思います。
ずっと月末にまとめて一気に書いていたのですが、こまめに下書きで保存していって月末にアップする形を試してみます。
息子が誕生して一気に長文投稿をするのが厳しくなるかもしれませんのでm(_ _)m
これからも独り言集は書いていきたいので、妥協できるベストな形を探してみようと思います。
果たしてどうなるかな?(ちなみに現在は3/4です。)(^^ゞ

それでは今月の小ネタ集です☆

(3/1)

○大谷翔平、結婚会見。

おめでとうございます☆\(^_^)/
リアルタイムで見ていたのですが、大谷選手らしい会見でしたね。
お相手がどういう方なのか気になるのは当然のことですし、実際に自分も気になります。
ただ、気になりすぎる方々のせいで別れることになった方もいますので、必要以上に踏み込まない世の中になってほしいです。
ちなみに自分の奥さんも日本の方です(^^ゞ

(3/7)

○侍JAPAN VS 欧州代表 完全試合

前回のWBCで世界一になった以上、野球の普及のための活動がより一層重要になってきますね。
まだまだ普及しきれていない欧州の国もチェコのように日本との戦いを通してメジャー競技になってほしいです(^_^)/

○トラさんチーム、2024年開幕投手は青柳。

昨年MVPの村上投手かなとも思ったのですが、開幕独特の緊張感を考えて「経験」を取りましたね。
昨季は全体的に不調でしたが、それも日本シリーズ最終戦でチャラになりました。
新たなシーズンのスタートダッシュを決めてほしいです☆(^_^)/

…オープン戦だということは分かっていますし、色々と試している時期だということは理解していますが…
正直、そろそろ白星を…(^^ゞ

(3/8)

○日本アカデミー賞

「ゴジラ-1.0」の最優秀作品賞、そして、安藤サクラさんの最優秀助演女優賞は率直に嬉しいです(^^)
この勢いで本家アカデミー賞でも旋風を起こして欲しいですね。
浜辺美波ちゃんにも個人賞を獲得してほしかったけど、彼女にはまだまだ伸びしろが残っているということだと思います。
これから更なる進化を遂げて日本を代表する女優さんになってほしいです(^_^)/

○鳥山明先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

ドラゴンボールは自分たちのバイブルです。
今まで色々なマンガを読んできましたが、ドラゴンボールの展開は最初から最後まで今でも覚えています。
お悔やみ申し上げます。



(3/9)

○TARAKOさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

「ちびまる子ちゃん」は、原作者・さくらももこさんが自身の声にそっくりなので抜擢されたそうです。
それ以来、30年以上に渡り日曜の夕方を飾っていただきましたね。
本当に突然のことで信じられませんが、長い間のご活躍、本当にありがとうございました。
お悔やみ申し上げます。



○菅田将暉&小松菜奈夫妻、第1子誕生。

おめでとうございます☆
2人とも大好きな俳優なので、自分の息子と同じ年に産まれたのは嬉しいです(^_^)/

(3/11)

○「君たちはどう生きるか」「ゴジラ-1.0」アカデミー賞受賞

おめでとうございます☆
こうやって日本映画が評価してもらえるのが素直に嬉しいです。(^^)
これで浜辺美波ちゃんも世界レベルの女優さんになったね(^^ゞ

(3/13)

○「となりのナースエイド」最終回

掛け合いが面白くて続編が見たいドラマでした。
川栄が本当にいい女優になったね(*^_^*)

(3/18)

○miwa、萩野公介さん離婚。

お互いにとっていい形になってくれたらと思います。
色々という人はいますが、ファンは絶対に応援してくれますので(^^)

(3/20)

○メジャーリーグ開幕戦 ドジャースVSパドレス

メジャーリーグの開幕戦が日本中で注目されて地上波で生中継されるー
なんか…すごい時代になりましたね(^^ゞ
韓国での試合で大谷に当たりが出てなかったのが気になってましたが、さすがに開幕に合わせてくれますね(^^)

○「水曜日のダウンタウン」ほぼ再放送

前の週の予告編が同じ者を流し、放送事故の謝罪もなかったので、自分も何かあるんだろうな~と思ってましたが…
こういう形だったんですね(^^ゞ
色々と言う人もいますが…こういう番組なんでこんな放送もいいんじゃないですか?!(*^_^*)

(3/21)

○水原一平通訳、電撃解雇。

賭博関与ということなんですが、これから詳しいことが分かってくるんでしょうね。
なので、ネットで好き勝手な憶測を書く人がいますが、今のうちは書かない方がいいのではないかと思います。
新年に入ってからの週刊誌の騒動から勉強してほしいですね。

○山本由伸、1回5失点。

ほろ苦いデビューになりましたが、ここから修正してくれるでしょう。
WBCみたいにボールが感覚的に違うのかな?
それにしても…備前にこんな子がいたとは信じられない(^^ゞ

あと、松井VS大谷は1球だけでしたが見応えがありました。
スアレスも久しぶりに見ましたが…よくこんな投手が阪神にいてくれたものだ(^^)

(3/24)

○トラさん、OP戦終了。

とりあえずOP戦は公式戦とは別ですからね(^^ゞ
なんとなく、映画「メジャーリーグ2」と似たような雰囲気を感じています(^^)
まあ、日本一自体が38年ぶりですし、「連覇」という球団史上初の偉業に挑むのでそもそも簡単な道のりではないですよ。

○尊富士、110年ぶりの新入幕優勝。

おめでとうございます☆
14日目の大けがからどうなるか心配でしたが、もう気持ちで取り切りましたね。
ただ、これからの力士でもあるので、とりあえずはゆっくりケガを治してほしいです。
貴乃花や稀勢の里も同じ状況から引退されましたからね。

あと、準優勝になった大の里関もまだちょんまげを結えないスピード出世からの快進撃でした。
地元・石川県のためにという気持ちもあったかと思います。
今の角界は本当に群雄割拠の時代で番付に関わらず、誰が優勝してもおかしくない状況ですね。
ここから誰が時代を作るのか楽しみです☆(^_^)/

ちなみに…
相撲を知らない奥さんに自分が言った例えー

初めて1軍に上がった野球選手が三冠王を取るみたいなこと

…いかがでしょうか?(^^ゞ

(3/25)

○ドラマ「春になったら」最終回

正直、ノリさんが出演されるから見始めたんですが…中盤からドラマ自体が好きになりましたね。
感動的なドラマでしたね。
今更ながら…奈緒ちゃんが好きになった(^^)
ここでお知らせです
実は現在(3/31)見ているのは第7話までです(^^ゞ

(3/30)

○「世界ふしぎ発見」レギュラー放送最終回

自分が子供の頃、よく週末はおばあちゃん家に泊まりに行きました。
そこでよく見ていた記憶があり、思い出深い番組です。
こういった番組が終わってしまうのは寂しいですが、スペシャル番組での放送を楽しみに待ってます。
お疲れさまでした。

○朝ドラ「ブギウギ」最終回

まさに大団円でした。
クライマックスのコンサートは半年間走りきった役者の皆さんの気持ちが溢れたように感じました。
趣里ちゃんにアッパレです(^^)
もしこれから彼女のことを「親のコネ」とかいう人がいたら、その人は一切彼女の演技を見ていない人だということが証明されましたね。
あと…淡谷先生がモノマネの審査員長で厳しい言葉を言われていた理由がなんとなく分かりました(^^ゞ
半年間お疲れさまでした。m(_ _)m

【近況報告】

退院後は奥さんの実家にお世話になっていた家族とも数日前から一緒に暮らし始めています。
自分の生活リズムも変わりつつあって、どうなるか不安はありますが、これから新しい形を作っていくと思ってやっていきます(^^)
ただ、奥さんに任せっきりにするのはいけないので、みんなで進んでいければと思います。

その一環として、これまで月末にニュースサイトをまとめて長時間見ながら書いていた独り言集も書き方を実験的に少し変えてみました。
昔、小籔さんがプロフェッショナルに出られた時に「いい流れが来ている今だからこそ、新喜劇の新しい形を作っていきたい」と、ボケ役が途中から増え続ける、これまでにないような新喜劇の台本を書かれていました。
急に大きく変えるつもりはありませんが、少しずつライフスタイルにあった形を探っていきたいと思います。

| | コメント (0)

マスコット先生47

韓国でのメジャーリーグ開幕戦も大盛況に終わり、
熱戦が繰り広げられているセンバツ甲子園。
そして遂に来週に迫ったプロ野球開幕ー

…何か忘れているような…?





あっ!マスコット先生があと2回残ってた!!(^^ゞ

 と言うわけで今回は…今や ” 年末の風物詩 ” 『マスコットの契約更改2023』です☆(*^_^*)

まずは…つば九郎先生



最初の「NGりすと」でもうやられました(^^ゞ
保留から一転、好条件で今回も契約完了
来季も変わらない活躍が期待できますね(*^_^*)

続きまして…ドアラ



…まあ、キックバックはね(^^ゞ
最後まで真摯なドアラさんでした(^^)

今年の年末はみんなどうなるかな?

| | コメント (0)

R-1 2024

時間があるうちに書いておきましょうか?!(^^ゞ

今年の大会から再び芸歴制限が撤廃され、ネタ時間も4分に伸びました
制限されていた期間が必要だったかどうかは正直思っちゃいますが、個人的には演技力や話芸は時間をかけて磨かれていく芸人さんもいると思うので、この形に戻ったのはいいと思います。
ただ、自分も似たような経験をしたことがあるのですが、一度ラストイヤーを迎えたことで気持ちが切れてしまうこともあるので、必ずしも今まで常連だった方々が戻られることではないんですよね。
果たしてこの変化がどう影響するのか?

【FIRST STAGE】

①真輝志

ここ数年で一番いいトップバッターだったと思います。
裏切りの連続が面白かったです。
どんなオチかな~と思ってたら意外なハッピーエンドでしたね(^^ゞ

②ルシファー吉岡

帰ってきたな~と思いました(^^)
芸歴制限があった頃の決勝のピン芸人さん達と比べても演技力の高さが光ってましたね。
納得の高得点です。
自分の婚活も思い出した(^^ゞ

③街裏ぴんく

独特の世界観を持った熱演でしたね(^^ゞ
漫談系の人はやっぱり芸歴を積み上げた方が磨かれますね。
ザコシショウさんの審査は納得しました(^^)
小薮さんはやっぱりこういうタイプの芸人を裁くのは天下一品ですね。

④kento fukaya

今までの彼のネタの中では一番好きですね。
これまでの無難なネタから冒険している感じがして良かったです(^^)
ただ…ここまでの方々に比べたら世界観が弱かったかな?
R1で優勝するには世界観の強さが必要なんだなと改めて思いました。
バカリズムさんのコメントも聞きたかったな(^^ゞ

⑤寺田寛明

設定は好きなんですけど…淡々としてた印象かな?
時間が4分に延びたことがちょっとマイナスになったかな?
順番もあったね(^^ゞ
野田クリスタルさんの審査に同意です。

⑥サツマカワRPG

始まる前に自分の中では優勝候補と予想していました(^^ゞ
独特の世界観はさすがでしたけど、M1でスーパーマラドーナのラストイヤーの時にサスペンス感が強かったのと同じ感覚でした。
オチが違ったらもっと伸びたでしょうね。

⑦吉住

ここまでの上位陣に割って入るぐらいの強い世界観を持っているのは、やっぱり吉住さんですね(^^ゞ
ドラマでも見せた演技力の高さを見せつけました(^^)
ここまで見てバカリズムさんの審査がポイントになっているような気がしました。

⑧トンツカタン お抹茶

実は…リアルタイムで審査まで全部見られたのは彼のネタだけでした(^^ゞ
クセになるメロディーでしたけど…賞レースには向いてなかったですね。
ただ、2時間弱あったらこういうネタも必要ですよね。(*^_^*)
終わったあとにちょっと色々とありましたけど、自分は嫌いではないですよ(^^)

⑨どくさいスイッチ企画

R1史上初のアマチュアからの決勝進出ー
ネタ自体の着眼点がすごくて面白かったですよ。
ただ、ピッチャーで言うとTOP3の芸人さんは超スローボールのような遊び心のある変化球を投げていたのに対して、彼のネタはずっと全力のストレートを投げ続けているような感覚でしたね。
そこの違いが差になったかな?

FIRST STAGEが終了ー

最終決戦に進んだのは…

ルシファー吉岡、街裏ピンク、吉住

特にここまで見て思ったのが、もう決勝進出者は一昔前と違って、全員面白いんですよ。
その中でTOP3に入るためには、やっぱり強力な武器が必要なんでしょうね。
今回は特に世界観の強いネタをする3人が勝ち残りました。
果たして結末はー?

(FINAL STAGE)

①吉住

やっぱり吉住さんの演技力はすごいですね。
豹変ぶりに圧倒されました(^^)
逃げ切り優勝も十分考えられるネタでした。
今大会はFIRSTもFINALもトップバッターからすごいですね(*^_^*)
ただ…審査員長の方が浮気ネタをどう思うか…(^^ゞ

②街裏ピンク

やっぱり世界観がすごいですね。
何か圧倒されました。
これが芸歴撤廃によって出てこられたんですね。
最後まで自分の突き詰めた道を進みきった姿が印象的でした。

③ルシファー吉岡

なんか…出演できなかった3年分の思いが詰まったネタのように感じました。
面白かったです。
ただ、今大会のレベルの高さから考えたら、もう一展開あってほしかったかな?(^^ゞ
あと順番ですね。2番手と順番が逆だったら…なんて思っちゃいました。

3組のネタが終了ー
果たして結果はー?

吉住
吉住
街裏ピンク
街裏ピンク

勝負を決する最後の一票

2016年王者・ハリウッドザコシショウの投じたその票は…

街裏ピンク!!

芸歴20年目の苦労人街裏ピンクさんがハイレベルな2024年大会を制しました!!

優勝の瞬間にあふれ出す涙…
支えてくれた奥さんへの感謝の言葉…

本当に感動的でしたね。(^^)

おめでとうございます☆(^_^)/

あと、特に近年のお笑い賞レースを見ても思うんですが、各大会のレベルがどんどん上がっているのを感じますね
だから、見てる人にとってもそれぞれに笑いのツボにはまる人が別になっていて、良い意味で見てる側の素人の好みでは決められなくなっているなというのを特に今回は感じました。

個人的には最終決戦は吉住さんのネタが好みでしたけど、街裏ピンクさんの20年間突き進み、築き上げてきた強力な世界観が圧倒するのも感じました。
だから、余計に審査員の皆さんの大変さも分かりました。
こういう状況の中でお笑いの発展のために重責を担っているので、あまり審査員を悪く言うのはやめていただきたいですね
少なくとも今回は講評を聞いて納得する場面も自分は多々あったのでね(^^ゞ

 さて、賞レースが終わったので、これからは各ネタ番組で何も考えずに芸人の皆さんに笑わせていただきましょうか(^^ゞ

皆さん、お疲れさまでした。m(_ _)m

| | コメント (0)

相手にとって不足なし’24

第96回選抜高校野球大会の組み合わせが決まりました☆

岡山県代表・創志学園高校の初戦の相手は…

北海道代表・別海高校ー

 北海道東部にある酪農の町・別海町唯一の学校として
日本最東端の出場となる学校。
” 牛が人口の8倍 ” とも言われており、酪農地帯にある練習場で活動しています。
そんな学校ということもあってか、地元漁師手作りの防球ネットコミュニティセンターを使っての屋内練習など町民も一丸で16名の野球部を支えてくれます。

 そんな別海高校は昨秋に地区代表となり、全道大会に出場
エース堺投手の2試合連続完投勝利主将・中道選手の逆転サヨナラホームラン等で旋風を巻き起こし、準決勝では強豪・北海高校と終盤まで互角の戦いを繰り広げ、残念ながら敗れたものの、この活躍が評価されて ” 21世紀枠 ” として甲子園初出場を決めました!!

 岡山県代表校が21世紀枠の学校と対戦するのは初めてです
また、思い出せば2011年に史上最速の初出場を決めた創志学園の対戦校は、北海道代表・北海高校でした…
今大会は岡山城東高校も県勢初の21世紀枠候補校となっていたことも重なり、何か運命的なものを感じますね(^^ゞ

 創志学園とすれば今まで対戦してきた学校とは異なるタイプの学校で、
序盤でペースを掴まないと流れを一気に持って行かれる可能性の高い相手です。
少しやりづらさを感じるかもしれませんが、
初陣となる門馬監督はチームの士気を高めてくれています。
” アグレッシブ・ベースボール ” で勝ち進んでほしいですね(^_^)/

 また、創志学園がもし勝ち進んだ場合、次に待ち受けているのは前回王者・山梨学院京都外大西の勝者です。

2005年夏…
当ブログで大変お世話になっている安井一平選手ダース投手を擁する関西高校甲子園の魔物にやられて逆転負けを喫した相手京都外大西高校でした…
是非勝ち進んで創志学園には岡山県代表としてあの時のリベンジで戦ってほしいです。

 他にも今大会の抽選で大阪桐蔭や作新学院といった甲子園優勝経験校が5校も同じブロックに入ってしまい激戦が予想されます
また、石川県代表2校は神宮大会王者・星陵高校21世紀枠の田辺高校と、そして、日本航空石川高校茨城県代表・常総学院高校との対戦が決定しました。
日本航空石川高校は練習拠点としている系列校のある山梨県からも熱いエールを送られています。

今年の春も熱いドラマがきっと待ってますね☆(^_^)/

(1回戦)
7-0で勝利☆
4回の攻防が全てでしたね。
敗れたとはいえ、別海高校は爽やかな戦いぶりでした(^^)
21世紀枠について色々と言われる方もいますが、今回の対戦でも創志学園ナインが学べたことはあると思います。
なので、自分は必要だと思います。
欲を言えば、一般枠32校とは別枠での選出がいいかなとも思いますけど(^^ゞ


…ここでお詫びがございます。
実は…中継が9:00開始だったので…ちょっと野暮用で出かけていまして…
終盤が見られるかな~と思って、テレビをつけたら…
甲子園の名場面集が放送されていまして…m(_ _)m
2回戦はきちんと見たいです(^^ゞ

次の相手は…前年度王者・山梨学院高校です。
1回戦を見ていても本当に ” スキのない野球 ” をする手強すぎる相手です。
まだまだ発展途上のチームなので全力でぶつかっていって欲しいです☆(^_^)/

| | コメント (0)

2024.3.11

13年目の3.11を迎えましたー

特に今年は新年早々、能登で大きな地震と津波が発生した特別な年になりましたね。
改めまして能登半島地震で亡くなられた方のご冥福をお祈りし、被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

 復興までにはまだ時間はかかるかと思います。
ですが、東北地方では2013年の楽天イーグルス日本一や2022年の仙台育英高校の甲子園初制覇が大きな力となりました。

石川県出身のアスリートも活躍し、星陵高校・日本航空石川高校もセンバツ出場を決めました。
彼らの活躍はきっとこれからの地元の力になると思います。

自分たちも本当に微力ではありますが、できることを少しずつやっていきます。
一人のできることは本当に小さいものだと思いますが、それぞれのできることを考えてみんなで一緒に進んでいきましょう(^_^)/

| | コメント (0)

« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »