« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »

独り言集’23 5月

和菓子屋さんの前で草花に話しかけてたら浜辺美波が隣りに来て話しかけてくれるなら毎日…(゚Д゚)

失礼m(_ _)m

今月も終わる前に小ネタ集です☆(^_^)/

(5/7)

○中川翔子「ポケモン」情報番組卒業

ご結婚されたのもきっかけになったかな?
17年間お疲れさまでした。

祝え!我らが ” お嬢 ” 久保史緖里ちゃんが大河デビューを果たした記念すべき瞬間である!!

(5/10)

○高見のっぽさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

自分は「できるかな」世代です。
最終回に突然話し出した時はリアルタイムで見ていました。
この事が、その数年後に放送された深夜放送時代の「トリビアの泉」で99へぇーを獲得した時は自分も嬉しかったです(^^)
実はおしゃべりだったのも意外でしたね。
亡くなられたから1年後に公表されたのもなんだかノッポさんらしいです。
お悔やみ申し上げます。

(5/14)

○ジャニー喜多川氏、性加害問題

自分も詳細は分からないので細かいことは言えないのですが、
ただ、現場のタレントに迷惑がかかるようなことはあってほしくなかったですね。
そういった面の対応をしやすいように上の方には動いて欲しかったとは思います。
根拠の薄い憶測でタレントを批判するのもどうかと思いますけどね。
言いたいことを好きに言う人もいれば、その後でバランスを取る人もいることは分かってほしいです。

(5/18)

○齋藤飛鳥、卒業コンサート

白石麻衣さん卒業後、ここまで ” 乃木坂46のエース ” を堂々と勤め上げたアイドルでした。
これからも活躍が期待できそうですね。
ありがとうございました。

○市川猿之助さん騒動

色々な憶測がありますが、猿之助さんが無事だったこととご両親が亡くなられたことが事実です。
詳しいことはこれから調べられるんだと思うのでそれを待ちましょう。
ただ、自分には週刊誌の記者は無理だろうなとは思いました。

○石川佳純選手、引退会見

長年、日本の卓球界を支えてくれた選手です。
オリンピックでのピョンピョンジャンプやスポーツ王での活躍が印象的でしたね。
お疲れさまでした。

(5/19)

○小島瑠璃子、結婚

おめでとうございます☆
人の幸せは素直に祝福してほしいですね。
わざわざ声に出して嫌なことを言う件でもないのでね(^^ゞ

○阪神・青柳、2軍降格

ここから先の戦いで絶対に力が必要になる選手です。
今はしっかり調整してまた1軍に上がってきてほしいです。

(5/20)

○THESECOND初代王者にギャロップ

おめでとうございます☆
まだ全部は見ていないんですが、決勝の漫才は芸歴を積んだからこそできるものだったと思います。
大会自体もM1ほどピリピリしていない温かい雰囲気がありましたね。


(5/22)

○King&Prince 5人体制終了。

2年前の紅白でパフォーマンスを見たときに、これからSMAPや嵐のようなグループになっていくんだろうなと思っていただけに残念な気持ちがありますが、
全員にとっていい方向に進んでくれたらと思います。

○乃木坂46 北川悠理、卒業発表。

最初に見た時に当時の教え子に似てるな~と思ってしまった子で…(^^ゞ
クイズ番組でもよく見かけていたほどの学歴なので、これからはそれを活かして留学するのかな?
だんだん乃木坂を見ていると教え子が頑張っているような感覚になっている…(^^ゞ

○巨人・菅野、記者への「ぶち切れ」報道をスポーツ報知が否定

デイリー新潮の記事だったそうですが、
ライバルチームで苦しむ藤浪君から「一緒に自主トレをさせてほしい」という希望を聞いて快諾してくれました。
それほどの選手がこんなことをするとは自分は思えません。
じゃれ合いをそう取ったんだと思いますが、見ただけの情報を書くのはどうなんでしょうね。
もちろんもし意図的にされたのなら論外ですけどね。

(5/23)

○西武・山川穂高、書類送検

一言で言えば残念です。
品行方正が求められすぎな現代ではありますが、少なくともここまでのトラブルになるようなことは起こすべきではないと思います。
とりあえずは事の経過を見守って考えないかなと思います。
あと悪ふざけでファン投票はしてほしくないですね。

(5/27)

○照ノ富士、復活優勝

横綱の意地でしたね。
これから出てくる新しい力士にとって超えるべき高い壁であり続けてくれるような気がします。

(5/28)

あまり触れると良くない気もするので少しだけ…

とりあえずこれからの交流戦を勝ち越してほしいですね。
首位ということでマークがきつくなると思いますが、それをはねのけられたらリーグ戦復帰後も勢いがつくと思います。
岡田監督の就任時に若い選手とのコミュニケーションを不安視する声もありましたが、球児さんの「平田ヘッドがいるから大丈夫」という言葉が大きいかと思います。
今は色々なヒーローが出てくるいい状況ですが、この先も続く保証はありません。
2年前の経験を糧に今季はアレを目指して進んで欲しいです(^_^)/

【近況報告】

自分は数年前からニュースサイトを見る時にコメント欄を閉鎖しています。
ただそれでもたまに読む時もありますが、ちょっと攻撃的なコメントを見るとすぐに閉じています。
今月はそういった「毒」のようなものが世の中に多かったように感じます。
最初のきっかけになった人は覚悟を持って言われたと思うんですが、それが広がりすぎてしまうと本来の希望とは異なった形になりかねません。
まして、色々なことを考えてバランスを取ろうとしている方々を攻撃対象にするのは違うように感じます。
本当に最初の人を思っているのであれば、そこはきちんと考えて欲しいなと思います。
好んでいる方もいますが、自分のように毒されるのが嫌な人もいますからね。
ちょっと毒に犯されすぎると昔の嫌なことも思い出してしまいます。
これから先もこういうことと付き合っていかないといけないかなと覚悟しています。

まあ今月、覚悟を持って新しい道を進んだ皆さんは応援していきますよ☆(^_^)/

| | コメント (0)

仮説検定

2021年から毎年行っているGW中の毎日分更新
今日がラストです。(*^_^*)
今年が一番長かったね(^^ゞ

今年は去年からの新企画「とりあえず語ってみた(通称:トリカタ?)」や、ここ数年あまり書いてなかった旅行記事などの挑戦的な記事を意識的に中心にして書いてみました。

ただ…やっぱり最終日は毎年書く内容がなくなってしまうものであり…(笑)(^^ゞ

 何を書こうか?と悩んでいましたが、
まあ、自分は一応数学を教える仕事をしていまして…
ただ、教科書の内容って数年に一度変わるものであって自分たちが習っていない内容も時には教えないといけなくなります。
最近教えたものとなると「仮説検定」というものがありました。

 ある仮説を立てて、「背理法」と同じく、『そうではない』と仮定し、統計学的に検証する方法です。

一応、やり方としては…

①ある事象が起こった状況や原因を推測し、仮説を立てる。

②有意水準を定め、仮説に基づいて棄却域を考える。

③確率変数の値が棄却域に入れば仮説を棄却し、入らなければ棄却しない。




…(?_?)

 自分なりの解釈でザックリと言いますと、

 ①起こったことから仮説(数学では主張したいこととは反対のことを考えます)を立てる。

→②成立するかどうかの基準(有意水準)を決める。

→③計算した確率を基準と比べて、成立するかどうかを考える。

…といった感じですかね?(^^ゞ

 一応、自分でしっくりきた例を使うと…

例.とある日の登校風景

朝、学校に遅刻しそうになり
 食パンをくわえて走ると曲がり角で女の子とぶつかった


 「痛いな~、何するんだよ!!」

 「そっちこそ何するのよ!!」

 そして学校に行くと、

 「今日から転校生が来ます。」

 「はっ!君は!!」

 これは運命の出会い!?

 【仮説】これは ” 運命の出会い ” と言いたい
 → 言いたいこととは反対の『ただの偶然である』という仮説を立てる。

基準(有意水準)の確率(低い数字、仮に1%とする)を考える。

※ 本当に ” 偶然 ” ならば、まあまあ発生することなので
基準の1%以上の確率ならば『ただの偶然だった』ということが成立することになる。


確率を計算すると1%よりも低い(はず)

基準を満たしていないので
 仮説『ただの偶然である』成り立たな

『偶然ではない』

『運命の出会いである』


…といった感じですかね?!(^^ゞ

もちろん、自分なりの解釈で考えたことなので実際は異なる部分があるかもしれませんが
こういうイメージということで伝えています。

他の内容や共通テストの問題を見ても、習ったことをどれだけ覚えているかという勉強からどう活用するかという勉強へと今は変わっていますね。
その点は今の学生の方が大変だと思いますが、
自分としても一緒に勉強しながらうまく伝えていきたいなと思います。

以上、ほぼ初めて書いた数学の記事でした(^_^)/

連休が終わって明日から仕事か…(-_-)

| | コメント (0)

なんか貼りたくなったので…83

 昨日、石川県の能登地方で大きな地震が発生してしまいました。

自分は数年前の年末に金沢に旅行に行って、
兼六園21世紀美術館金沢神社尾山神社を訪れました。
雨の中に訪れた兼六園の雄大さ
21世紀美術館に展示された斬新な美術品の数々
それらはもちろんのこと、旅館や地元の皆様に本当に優しくしていただいたことが印象的です。

余震が続き、雨の予報もあり、不安な日々が続くかと思いますが、どうか独りにならずに周りと協力し合っていただければと思います。
自分たちもできることをやっていきます。

 今回の曲は、
中田ヤスタカ(石川県金沢市出身)プロデュース
浜辺美波(石川県出身)主演映画『屍人荘の殺人』の主題歌

Perfume の『再生』




自分が苦しかった時にこの映画を見て色々な感情を思い出し、
この主題歌にも助けてもらいました。
仮に直接行ったことがなくても人はどこかでつながっています。
その繋がりを大切にして、少しでも何かの助けになることをしていきます。

| | コメント (0)

真相解明の時間です

『映画 ネメシス 黄金螺旋の謎』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

天才探偵助手美神アンナ広瀬すず )、ポンコツ探偵風間尚希櫻井翔 )、ベテラン社長栗田一秋江口洋介 )による
探偵事務所『ネメシス』ー
人気事務所となっていたが、突如探偵依頼がピタリとなくなり、経営難になるという異変が起きていた…

 時を同じくして一人暮らしを始めたアンナにも異変がー
夜寝る度に奇妙な夢を見ていた…
その夢の中ではアンナと栗田社長が何者かに捕まっており、そこに現れる風間の裏切りにより、社長が殺される
そしてその夢は 彼らにとどまらず、他の仲間達も悲惨な死を遂げるものに…

 そんなある日、夢の中でアンナ達を拘束していた男が
突然アンナの目の前に現れるー

” 窓 ” と名乗る正体不明のこの男( 佐藤浩市 )はアンナに対してある要求を伝える…

『私たちが握手をしなければ、夢は一つずつ現実になっていく』ー

 真相を解き明かすべく行動を開始するアンナであったが、
風間の怪しい行動に気づき、不信感を抱いてしまう…

果たして彼女は悪夢の連鎖を断ち切ることができるのか?
そして、この事件に隠された驚くべき真実とはー?

といった感じです。(^^ゞ



 『ネメシス』はドラマから見ていました(^^ゞ
なんかメンバーの関係性がいいな~と思います。(^^)
今回の映画もネメシスらしさが全開でしたね(^_^)/

 今回の話も果たして夢の中なのか?それとも現実の話なのか?
真実がどうなのかというのが最後まで分からなくて面白かったです(*^_^*)

 あと、すずちゃんもですけど、橋本環奈も難しい役柄を演じてるなと思いました。
やっぱり演技力も高いですね(^^ゞ

ドラマ版を見た人も見ていない人も十分楽しめる映画でした(*^_^*)
興味のある方は映画館の感染症対策に従って是非どうぞ☆(^_^)/

夢の中にすずちゃんが出てきてくれるなら…(以下自粛)(^^ゞ

| | コメント (0)

R-1 2023

Q. M1にあってR1にないものは?

A. 夢

 昨年末に誰かがネタで話した、この発言がピン芸人の魂に火をつけました

いつにない緊張感で始まった『R1グランプリ2023』
優勝候補不在の感じもある今大会、果たしてピン芸人の頂点は?

(FIRST STAGE)

①Yes!アキト

昨年の決勝で一発ギャグの連発だけではダメだということを知った上で、今年は決勝に進出してきました。
始まる前、自分は密かに優勝候補の一人かな?とも思ったのですが…トップバッターは難しいですね(^^ゞ
順番がもう少し後で会場が温まっていたらもっと点数が上がったかな?とも思います(^^)
バカリズムさんの意見も聞きたかったかな?

②寺田寛明

3年連続決勝進出なんですが、ちょっとここまでは印象を残せてなかったかな?
ただ今回は現代的な設定のネタで面白かったですね(^^)
もう一展開、リズムを変えるものがあればもっとウケたでしょうね。

③ラパルフェ都留

モノマネでR1を制するためには、コントの設定も大切(華丸さん、じゅんいちダビッドソン、ハリウッドザコシショウ(?))ー
面白かったんですけど、「コント」として見たときの点数かな?
阿部寛さんのマネは好きなんですけどね(^^ゞ

④サツマカワRPG

なんか10年間の集大成を見た感じですね(^^ゞ
自分のワールドを作って色々なキャラクターが出てきたのが面白かったですね。
色々とセットや小道具を使う人がいる中で自分の素手で戦っている姿が好感触でした。(^^)

⑤カベポスター永見

独特の世界観のネタでしたね。
観客の想像力に大きく影響されるネタなので好き嫌いが分かれた気もします。
ただ1つ前の方が独特な世界観を残したので、影響もあったでしょうね。

⑥こたけ正義感(敗者復活枠)

期待値を超えなかったかな?
フリップネタの方は、もうR1では結構出られているので、評価される為には相当な工夫が必要になるような気がします。
敗者復活に回っていのもそこが理由かな?「法律」という設定は新しかったのでもう一工夫あれば点数はもっと伸びたかな?

⑦田津原理音

静かな立ち上がりから尻上がりに会場を盛り上げましたね(^^ゞ
よく見るとネタでは触れていないんですが、カードの一言とか細かい部分もこだわっていてそこも評価が上がった気がします。
独自の世界観に巻き込みましたね(^^)

⑧コットンきょん

コンビ名を変えてからキングオブコントでも2位になって流れが来てますね。
「警視庁カツ丼課」はコンビで見たネタなんですが、きょんさんのキャラクターはやっぱり凄いです。(^^)
ピンネタ用に決め顔やポーズを作っているなと思いました。
「コンビネタの設定だ」と批判している芸人さんもいたんですが、それを言うならニューヨークもコンビの自信のあるネタをR1で披露すればいいんじゃないですか?
審査員の皆さんがそれだけで高得点を出すと思えませんけどね(^^ゞ

 FIRST STAGE が終了ー

ここまで見て思ったのが、他のコンテストもなんですけど、もう今やありきたりな設定だと点数が出なくなってしまいましたね
どの芸人さんも点数が高くなっているので、面白くないから点数が出ないんじゃなくてみんな面白くて、その中でより面白い芸人かどうかなんですよね。

というわけでチャンピオンを決める FINAL STAGE です(^^ゞ

( FINAL STAGE )

①田津原理音

ちょっと見せ方を変えてきましたね。
まず言葉を教えてから内容を想像させるのが面白かったです。
フィクションの設定とノンフィクションのあるあるネタが混じっていて良かったです(^^)

②コットンきょん

きょんさんは憑依型のコント職人ですね(^^ゞ
演技力の高さとリモートを使った最近の設定が面白かったです。
ハッピーエンドが感動的でしたね(^^)

FINAL STAGE が終了ー

果たして勝つのは?

2VS2 のまま審査員長・陣内智則さんの投票は…

田津原理音!!

見事にピン芸人の頂点に立ちました!!

 接戦でしたね。
本当にレベルの高さが際立ちました
個人的な好みでいうときょんさんが好きだったんですけど
納得のチャンピオンです。

 どの賞レースもそうなんですが、作ったことによって競争力が上がって、正直、お笑いブームの頃よりも今の方が若手芸人の技術は上がっていると思います。
創設した意味はここにあるんでしょうね。

これからもたくさん笑わせてもらいます☆(^_^)/

| | コメント (0)

道のりと時間を花束に変えてー

時間ができたので書きましょうか(^^ゞ

第95回選抜高等学校野球大会ー

BEST8の戦い(コチラ )を勝ち抜き、
今大会の頂点を決める決勝に進んだのはー

県勢初優勝を目指す『関東大会の覇者』、
山梨県代表・山梨学院高校ー


そして…

21年ぶりの優勝を目指す『復活した古豪』、
兵庫県代表・報徳学園高校ー


 今大会はここまで山梨学院は投手を中心とした守備力、そして、報徳学園は ” 逆転の報徳 ” という異名通りの打撃力で勝ち進んできた印象です。

” 最強の盾 ” VS ” 最強の矛 ” 果たして勝つのは?

 序盤を0-0で終えて迎えた4回表…
先手を取ったのは報徳学園でした。

1アウト二,三塁から6番西村選手のタイムリーで2点を先制
山梨学院のエース・林投手が今大会初めて1イニングに複数得点を失います

報徳学園は準決勝では連覇を目指していた大阪桐蔭に最大5点差を跳ね返したチームです。
決勝でも持ち前の打撃力を発揮し、3度目の頂点を目指し、主導権を握ります!

 しかし…山梨学院の吉田監督試合前に選手に対してこういうプランを語っていました

「5回で2点差以内なら最高」…

 そのプランを信じて戦う山梨学院…

遂に迎えた5回裏ー

7番大森選手の四球を足がかりに投手・林選手から始まる5連打で逆転!
そして…仕上げは5番佐仲選手のツーランホームランで一挙7点!!
一気に試合をひっくり返します!!

 その後、報徳学園も1点を返しますが、反撃もここまで

7-3で山梨学院が勝利し、紫紺の優勝旗が初めて山梨県に渡りました!!

 山梨学院の吉田洸二監督2009年の清峰高校時代に続く2校目での甲子園制覇です。

印象的な話で、2・3回戦の氷見高校、光高校といった公立校との戦いを通して勝敗よりも甲子園で戦うことを楽しむことを思い出したそうです。
そしてここまでの試合で選手のミスに対して顔が引きつっていた監督である自分自身の姿に気づき
選手がノビノビと戦えるように常に笑顔を心がけたそうです。

野球に打ち込む私立の高校が公立校との対戦を通して ” 野球を単純に楽しむ ” という大事なことに気づき、県勢初の頂点まで駆け上がるということがドラマチックでしたね(^^ゞ

山梨県勢としての初制覇、本当におめでとうございます☆(^_^)/

 準優勝の報徳学園の快進撃も圧巻でしたね。
新たな ” 魔曲 ” 「アゲアゲホイホイ」の演奏も誕生し、
『逆転の報徳』も健在でした(^^)

 他にも今回から観客制限もなくなり、吹奏楽部の演奏も復活できました
甲子園にもまた日常が戻ってきましたね(^_^)/

 あと今回どうしても思ってしまったのが
やっぱり地元の高校が見たいですね(^^ゞ
今回の出場は逃してしまいましたが、岡山県では創志学園には門馬監督が就任され関西高校にはOBで元ヤクルトの上田コーチも指導されています。
春季大会ではそんな各校以外の学芸館や倉敷工業、山陽、玉野光南がBEST4に進出し、注目校に負けじと力をつけています。
これからもう1ランク成長した岡山の学校が甲子園で優勝する姿を見たいですね(^_^)/

 今年の夏も熱くなりそうですね☆(^^)

| | コメント (0)

そうだ!(日帰りで)京都へ行こうー④伏見稲荷

(あらすじ)アクシデントを乗り越えて京都御所を満喫した自分たちは予定のルートに戻り、最後の目的地へと向かうのでしたー

今回、京都市内を観光するにあたり、自分が一番最初に行きたいと思った、この旅の最後の目的地はコチラー

P1090041

伏見稲荷大社です!(公式サイトはコチラ

何故か千本鳥居を見たいなと思いつきました(^^ゞ

到着したのは夕方ということもあってか、本当に沢山の参拝客がおられました。
コロナも収まりつつあり、徐々に日常が戻ってきていますね。

本殿でのお参りを済ませていよいよ千本鳥居へと向かいます(^^)

P1090047

通る前からその数に圧倒されましたね(^^ゞ

P1090050

いざ入ってみると更に感動。
本当にパワースポットでしたね(^^)

P1090053

鳥居の途中には注意書きがー
右側通行をきちんと守りましょう(^^ゞ

P1090055

さすがに沢山の参拝客がおられたので、パンフレットに出てくるような鳥居だけの写真は撮れませんでしたが、それでも自分は満足でした。
鳥居は最後までまだまだ続いていましたが、時間の都合で残念ながら断念
また別の機会があれば行ってみたいですね。(^^)

P1090058

所々にはキツネの像もたくさんありました(^^ゞ

P1090061

こちらでももちろん御朱印を頂きました
一緒に行かれた方もここで御朱印帳を購入されていました(^^)
これからも集めていきましょうか(^^ゞ

以上で27年ぶりの京都市内観光も終了。
特に今回思ったのが、外国の観光客の方を沢山見かけました
もしかしたら、東京五輪などで日本を知った皆さんがコロナが収まったら行きたいと思われていたのかな?とも感じました。(^^ゞ

特にこの3年間は我慢することが多かったのですがこれからも色々な土地を訪れてみたいなと思います☆(^_^)/

| | コメント (0)

そうだ!(日帰りで)京都へ行こうー③京都御所

(あらすじ)小学校の修学旅行以来の京都市内観光に訪れた自分たちー
前回、北野天満宮を参拝した後、バスに乗ったまでは良かったのですが、降りるバス停を間違えてしまうという大事件が発生ー
果たして IKKO 一行の運命は?ー

 バス停は間違えたものの、京都の道路は「碁盤の目」と言われており、まっすぐ行けば目的地に着くので、
天気も良かったこともあって、とりあえず歩くことにー
旅行って案外こうやって迷った時に訪れる予定外の場所の方が良かったりしますからね(^^ゞ

 歩いている途中で同志社大学周辺に出くわしたところ、
何やら大きな入り口がー
何だろうかと思い、近づいてみたところ…
そこは京都御苑!!
特に詳しいことは知らずに中に入ると明治維新まで天皇陛下のお住まいであった京都御所がー(公式サイトはコチラ

せっかくなので入ってみることにしました(^^ゞ

皇室関連施設なので、やはりセキュリティーは厳重で入る際には手荷物検査があり、チェックが終わると番号札が渡されます。

P1090006
【御車寄】
高位の貴族などが、天皇陛下との対面のために使用した玄関だそうです。

P1090009_20230502093201
【建礼門】
天皇陛下および国賓が来られた際にのみ使用される格式高い門です。

P1090013
【紫宸殿】
即位の礼や「五箇条の御誓文」発布の舞台ともなった歴史的な建物です。
外から見ても厳かな雰囲気を十分感じました(^^)

P1090019_20230502093301
【清涼殿】
平安時代中期から、天皇陛下の日常のお住まいとして定着した御殿です。
今で言うセカンドハウスかな?と自分は理解しました。

P1090025_20230502093301
【蹴鞠の庭】
休憩中に貴族の方々が蹴っている姿が想像できました(^^)

P1090028_20230502093401
【御内庭】
皇族の皆様のお住まいだけあって、しっかりと整備されたお庭の様子が見られました。
それは今でも変わらないんですね。

 思わぬアクシデントで予定外の行動となりましたが
そのおかげで普段生活しているだけでは決して触れられない皇族の皆様の生活に少しですが触れることができました(^^)

今回の旅行で一番印象に残った場所でしたね(^^ゞ

そして無事にルートに戻った自分たちは最後の目的地へと向かうのでしたー (つづく)

| | コメント (0)

« 2023年4月 | トップページ | 2023年6月 »