« 独り言集’23 2月 | トップページ | マスコット先生43 »

役者は揃った’23

第95回選抜高校野球大会の出場校が発表されました。

今回は岡山県勢が中国大会で奮闘したもののBEST4には入れず、残念ながら出場校には選ばれませんでした
ちょっとここ数年、岡山県勢の苦戦が続いていますね。
ただ、創志学園の新監督に就任された門馬監督が「創志学園VS倉敷商業」という強豪校同士の練習試合など今までになかった動きも起きつつあります。
ここから県内の高校野球のレベルがワンランクアップしてサッカーのように全国制覇をする学校が出てくることを期待します!

 というわけで今回は
中国地方の出場3校を紹介しますm(_ _)m

○広島県代表・広陵高校

2年連続26度目の出場。
言わずと知れた中国地方の強豪校。特にセンバツは優勝2回、準優勝3回と伝統的に好成績を修めており、 ” 桜の広陵 ” という異名を持っています。
秋の中国大会も優勝し、神宮大会でも決勝での大阪桐蔭との激闘の末に準優勝
(ちなみに、広陵が優勝して神宮枠が中国地方に来れば地域性でちょっとは可能性が…とも若干思っていました(^^ゞ)
今大会でも快進撃が期待できます!(^_^)/

○山口県代表・光高校

初出場。
エース升田投手を中心に粘り強い戦いで中国大会では2回戦で創志学園に逆転勝ちし、準優勝に輝いたチーム
夏は2度の出場があるものの、未だに勝利はなく、まずは甲子園初勝利を目指します☆

○鳥取県代表・鳥取城北高校

2年ぶり4回目の出場。
三振の狙えるエース・新庄投手、そして、強力打線を武器に中国大会BEST4に進出
準決勝では敗れたものの、優勝した広陵との接戦が評価され、中四国最後の1枠を勝ち取りました。
能見さんの母校でもあり、相撲の強豪校としても有名です。

 客観的に見てすごくバランス良く地区代表3校が選ばれたなという印象です。
中国地方代表校の甲子園での活躍を期待します☆(^_^)/

 他にも史上初めて神宮大会連覇を果たした、まさに ” 絶対王者 ” というべき大阪桐蔭高校
そして、慶応高校では甲子園に ” 清原 ” が帰ってきます。お父さんの活躍が有名ですが、自分なりの野球をチームメイトと共に果たして欲しいです(^^ゞ

 出場校も決まり、組み合わせ抽選が今から待ち遠しいですね。
今年の春も熱くなりそうです!(^_^)/

|

« 独り言集’23 2月 | トップページ | マスコット先生43 »

スポーツ」カテゴリの記事

高校野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独り言集’23 2月 | トップページ | マスコット先生43 »