« 独り言集’20 7月 | トップページ | 目に見えるものが真実とは限らない― »

相手にとって不足なし’20

史上初めて春夏ともに中止となった高校野球…
そんな中、センバツ出場予定だった32校に甲子園の土を踏ませてあげよう―
と開催されている2020年高校野球交流試合
まずは、開催にご尽力していただいた高野連や阪神甲子園球場の皆さんに感謝の意を表明します。

 岡山県からは中国大会を制した倉敷商業高校が出場。

不思議なもので1試合だけとなれば
「どうせなら強い学校と勝負だ!」と思うもので…(^^ゞ


そして選ばれた対戦相手は…

宮城県代表・仙台育英高校

 言わずと知れた全国屈指の強豪校
今年も宮城県大会、東北大会を制しました

注目すべきは大会屈指の豊富な投手陣
秋に実質的なエースとして活躍したのは背番号8の向坂選手
他にも昨夏の甲子園を経験した笹倉投手に伊藤投手など最速140kmを超える投手を7人も擁しております
また打撃陣も元U15日本代表選手も在籍している手ごわい相手です。

 対する倉敷商業高校はキャプテン・原田背番号5のエース・福家を中心に非常にまとまったチームです。
持ち前の粘り強さで強豪校に全力でぶつかっていってほしいです。

どの学校も各地区の高校球児の思いを胸に、これまでの野球人生の全てを1試合に懸けて悔いのないプレイをしてほしいですね。(^O^)/

|

« 独り言集’20 7月 | トップページ | 目に見えるものが真実とは限らない― »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 独り言集’20 7月 | トップページ | 目に見えるものが真実とは限らない― »