« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »

独り言集’20 8月

忙しさだけが印象に残る…(^^ゞ
まあ、ある程度忙しい方が嫌なことも忘れられるんですけどね。

今月の小ネタ集です。<(_ _)>

(8/1)

○いきものがかり吉岡聖恵ちゃん結婚

おめでとうございます☆
ラジオを聞いていた人間からしたら嬉しいかぎりです(^-^)

(8/2)
○照ノ富士、復活V

一度地獄を見た人間は強いですね。
素直に感動しました。

(8/5)

○ワッキー退院

とりあえず無事でよかったです。(^^ゞ

(8/6)

○巨人・野手の増田が登板。

メジャーではイチローや青木もファンサービスで投げたことがあって、
また、日本でも昔、西武のデストラーデが投げた記憶があります。
ただ、今回の登板はそういった意味合いではない気がするのと、
ウサギさんの「紳士たれ」というスローガンが物議を醸す要因だろうね(^^ゞ

(8/7)

○瀬戸康史&山本美月 結婚

おめでとうございます☆
とりあえず結婚したかったら俳優になって
桜井翔や松坂桃李と共演すればいいのか(^^ゞ

(8/8)

○マンガ「アクタージュ」原作者逮捕

ジャンプの中でも好きな作品だったので、
正直、残念ですが被害者のことを考えると仕方がありません。

(8/13)

○阪神・藤川、登録抹消。

大事なところで戻ってきてくれると信じています。

(8/14)

○伊野尾慧、コロナ感染。

めざましテレビを欠席していたので心配でした。
もう誰が感染してもおかしくない状況なんでしょうね。

○極楽とんぼ山本さん、コロナ感染。

対策を怠ったことは反省ですが、感染したことは仕方がないと思います。
とりあえず今は回復に努めてほしいです。
加藤さんとの絡みもまだまだ見たいので。

○おぎやはぎ小木、初期のがん公表

正直、最初はおぎやはぎのスローな漫才は苦手でしたが、
バラエティーでの活躍を見てたら好きになりました。
今はゆっくり回復されてまた活躍してほしいです。
ラジオでナイナイさんとの共演も見たいですね(^-^)

○渡哲也さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

自分はドラマは世代ではないのですが、
その活躍よりもバラエティーに出演されたときが印象的でした。
ドッキリで貴さんにマジギレの演技されたり、
「食わず嫌い」でジャンボ尾崎さんと対決して圧倒的不利な状況から一発で正解して引き分けに持ち込んで、
麦とろ御飯が苦手な理由を「ハナミズ食べてるみたいじゃないですか?!」と豪快に言われたのを今でも覚えています。
渋さと優しさを兼ね備えた名優だったと自分は思います。
お悔やみ申し上げます。



(8/15)

○ライアン小川 ノーヒットノーラン

なんかエースが帰ってきたって感じがしますね(^^ゞ

(8/17)

○朝ドラ「エール」9/14から放送再開

盛り上がってきたところだったので嬉しいです。
ここからは戦時中~東京五輪の話になるんでしょうね。
志村けんさんの演技もまた見たいです。

○山下智久、活動自粛。

昔から好きな俳優なので残念ですが、今は反省してほしいです。
色々と憶測はありますが、真実は分からないのでとやかくは言えないかな?!

(8/19)

○バドミントン高橋礼華 現役引退

自分がやってた競技ということもあって、
リオ五輪での金メダルは感動しました。
お疲れさまでした。

(8/20)

○オリックス西村監督辞任

オリックスだけ波に乗れていない状況でしたからね。
ただ西村監督が育てた選手は大きく育っています。
ここからもう1つ成長してほしいですね。

○36イニング連続無得点…

打てないだけじゃないんだよね。
今回の継投は素人ながら違うかな?と思った…
前監督から「右VS左」にこだわりすぎるんだよね…
「坂本VS馬場」より「坂本VS岩貞」の方が相手は嫌だった気がする…
まだまだ馬場君は経験がね…

○元サッカー日本代表・内田篤人引退

個人的に印象に残っているのは東日本大震災のあとに
ユニフォームにメッセージ書いて被災地に送られていたことです。
日本代表には不可欠な選手でもありました。
お疲れさまでした。

(8/21)

○藤浪、692日ぶりの勝利

会心の投球とは本人は思っていないと思います。
ただ、泥臭くてもよくリードを守り切りました。
これをいいきっかけにしてほしいです。
守備のうまいチームならもう少し早く勝てたのにね(^^ゞ

○渋野日向子 予選落ち

期待に応えられなかった悔しさがあると思います。
ただこれを糧に大きく成長してほしいです。

(8/23)

○24時間テレビ

色々と意見はありますが、自分は文句を言って何もしないよりはいいと思います。
今年は色々と大変でしたが、いまの状況にあった放送をされた印象がありました。
志村さんのドラマの良かったです。
この1年で一番泣いたかな(T_T)
やっぱり愛される方の人柄がにじみ出てました。

(8/24)

○貴さんYouTubeで24分間テレビ。

昔のとんねるずののりでしたね。
今のテレビではできない内容になっちゃったのかな?!
清原さんは天然の発言なんでしょうね(^^ゞ

(8/26)

○小倉優香ラジオ降板

長年ラジオを聴いている人間からしたら、発言は正直残念です。
パーソナリティーになったけどこの人はあまりラジオが好きじゃないんだろうな~というのは何となく放送を聞いていたら分かるときがあります。
そういう方は放送が短期で終わっていたので、何も言わなくても降板してたんだろうなと思います。
周りにも迷惑がかかっていたので社会人として残念だったな~と思います。
やりたい仕事ばかりじゃありませんからね。
ケンコバさんは優しかったですね(^^ゞ

(8/28)

○安倍総理退陣

時に強引なやり方もあって、自分は賛否でいうと否の意見を言う方が多かったです。
ただ、8年近く日本を背負ったその責任は計り知れなかったと思います。
お疲れさまでした。

(8/30)

○人気シリーズの令和第1作―

大きなプレッシャーもあったかと思いますが、見事なトップバッターでした。
1年間お疲れさまでした。
各役者さん達のこれからの活躍にも期待です。(^-^)

【近況】

忙しいのもメンタルも相変わらずですかね。
ちょっと自分の調子がいいときを見極めてブログも書いています。
こういう状態が1年続いているんで、今後も続いて行くんでしょうね。
自分をこういう風にさせるのが目的だったんでしょうから。

またコロナ感染者が増えてきてどうなるか分からず不安でいっぱいですが、
せっかくの8月なんで最近よく聞く夏っぽい歌を<(_ _)>

backnumberで「高嶺の花子さん」

| | コメント (0)

バモス!!

獣電戦隊キョウリュウジャー 仮面ライダービルド

映画『ぐらんぶる』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

キラキラした大学生活を夢見て、国内でも珍しい離島の大学に入学した北原伊織竜星涼 )。
登校初日…
目が覚めた彼は…
なんと裸で大学キャンパスにいた

現場から逃げ出し、記憶をたどる伊織…
前日、彼は島に到着してから下宿先であるおじさんのダイビングショップ「グラン・ブルー」を訪れた。
そこで謎の美女千紗与田祐希 )と出会い…

ここで記憶が途切れていた―

記憶を確かめるために「グラン・ブルー」に戻った伊織。
そこで再び千紗と出会った伊織だったが…

…気がつけばまたキャンパスで裸で寝ていた!?

 体に書かれていた謎のメモに従い、キャンパス内を進む伊織。
するとそこには同じく裸で目覚めたアニメオタク今村耕平犬飼貴丈 )が―

共に行動し、謎を解明する2人。
そんな彼らが行き着いたのは…
超ぶっ飛んだダイビングサークル『ピーカブ―』…

果たして彼らは理想の大学生活を送ることができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 原作を読んでなくて、
あまり情報を頭に入れずに見に行きました
どんな感じにストーリーが進んでいくんだろうな~? と思ってたんですが…

見ている途中で気付きました。

あっ!この映画はいい意味で何も考えずに明るく楽しむ映画だ!?(^-^)

見終わった後、明るい気持ちになりました。(^^ゞ
映画ほど弾けてはいませんでしたが、みんなと過ごした大学生活の楽しさを思い出すこともできましたね(^-^)

 ダイビングで見る海の綺麗さも撮影されていて、ハマる人の気持ちが少し分かった気がします。
もう少し早く見てたらダイビングにも挑戦してみたかもしれませんね。

 あと竜星涼さんはこれまでの役と一味違って、一皮むけて演技の幅が広がった感じがしました。
これからどんな役をしていかれるのか楽しみです(^-^)

 明るくスッキリする気持ちになれる映画でした。
興味のある方は映画館の感染症対策に従って是非どうぞ☆(^O^)/

肉まんくんと机くんが大学生になってたね(^^ゞ
特に肉まんくんは面白かった(笑)

| | コメント (0)

晴れの国の王者

全国高校野球選手権大会の中止に伴い
その代替試合として行われた、
2020夏季岡山県高校野球選手権大会―

コロナの影響で奪われた甲子園出場の夢…
しかし、” 岡山県最強チーム " の称号を得るため
そして、集大成を見せるために全力プレイで戦う各チーム…
その決勝に進んだのは…

センバツ出場を決めていた、
秋の中国大会王者・倉敷商業高校


そして、

今や岡山県の高校野球をリードする存在にもなった、創志学園高校

 特別な年の決勝戦は、
まさに ” 横綱同士のぶつかり合い ” となりました。

夏に両校が戦うのは3年連続
一昨年は、「星野仙一2世」の異名を持つ
現・楽天の引地投手との投げ合いを制した
当時2年生の現・阪神の西純矢投手を擁する
創志学園が勝ち

昨年は、「中国地方NO1投手」とも言われるまで成長した
西純矢投手に対して
チーム全員で向かっていった
倉敷商業がリベンジを果たしました


 そして始まった決勝戦。

先手を取ったのは創志学園高校
1年生の頃から主力として活躍する
森田選手のタイムリーで先制

その後は一進一退の攻防が続き
迎えた6回表―
試合は大きく動きます。

 追いかける倉敷商業の先頭バッター
キャプテン・原田選手
昨夏あと一歩で敗れた岡山県大会決勝戦―
一打同点の場面で三振してしまい
最後のバッターになったのはでした。
そこからキャプテンに就任し、
チームをまとめ、中国大会も優勝することができました。

「ここで塁に出なきゃ、キャプテン失格」―

そんな思いで打席に入った原田選手。
簡単に追い込まれるも、球に食らいつき、
粘りに粘った11球目
まさに突破口を開くセンター前ヒット!
この一打がきっかけとなり、波に乗った倉敷商業
相手投手陣の制球難にもつけこみ、
この回一挙に6点を奪い、
試合をひっくり返します!!


対する創志学園
ベンチ入り25人を全員起用する総力戦で食らいつきます。
しかし、一度火のついた倉敷商業をなかなか止めることができず、
11-1で倉敷商業の勝利!
2012年以来、8年ぶりの夏の県大会を制しました!!

 結果的に10点差はつきましたが、
両校の差はそこまでなかったように感じます
両チームとも無失策で好プレイも多く、
やっぱり強いチームは守備のミスがないということを改めて感じました。

この先もこの2校が岡山県の高校野球を引っ張っていくでしょう(^-^)

 あと準決勝からテレビ中継があったんですが、
ベスト4に残った岡山理大附おかやま山陽
本当にいきいきしたプレイが印象的でした。

甲子園がなくなって球児はどんな気持ちで戦うんだろう? 
と少し心配だったんですが、
中継を見ていると、

コロナに負けるか!

俺たちをなめるな!!

というような強い気持ちを持ってプレイしているような印象を受けました。

今大会を戦いきった高校球児はこれからの人生もきっと強く生きていくと思います。

高校球児の皆さん、お疲れさまでした。

そして名実ともに『岡山県の王者』となった倉敷商業ナインの皆さん
交流試合の相手は言わずと知れた強豪校仙台育英です。

みんなの思いを胸に全力でぶつかってください!(^O^)/

| | コメント (0)

目に見えるものが真実とは限らない―

映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

シンガポールにある世界有数の大富豪フー家の当主
レイモンドフーが亡くなった…
レイモンドの遺言で、その遺産を相続する後継者として
執事トニー柴田恭兵 )が発表したのは…
誰も存在を知らない隠し子 ” ミシェルフー ” だった―

ミシェルフー捜しが進む中10兆円ともいわれる遺産を狙い、
「自分こそがミシェルだ」と世界中から集まる詐欺師たち―


天才詐欺師ダー子長澤まさみ )、
ベテラン詐欺師リチャード小日向文世 )、
そして、奥さんに内緒で別の女優と不倫していた恋愛詐欺師
お人好しの詐欺師ボクチャン東出昌大 )の3人も
" 私たち史上最大のお宝 " を得るために、
悪徳詐欺師に育てられていた内気な少女コックリ関水渚 )を
ミシェルフーに仕立て上げ、後継者争いに参戦

 見事にフー家に入り込んだダー子たちだったが、
レイモンドの3人の子供からの嫌がらせも始まり、
時には命が狙われることも…
そして舞台はお披露目パーティーが行われる
” 伝説の島 ” ランカウイ島へ―
世界中から有数のお金持ちや詐欺師が集まる中、
そこには、ダー子たちに恨みを持つ赤星栄介江口洋介 )の姿も…

果たして彼女たちの運命は―?
そして、遺産は誰の手に―?


といった感じです。(^^ゞ

 連続ドラマの時から好きでずっと見てるんですけど
個人的には今回の映画はその中でも特に面白かったです。(^^ゞ
色々と予想しながら見てたんですが…
正直、見終わって『やられた』―と思いましたね。

 長澤まさみさんは以前に一時期、「清純派」に悩んでた頃があったように思うんですが、
この映画を見たら改めてそこからふっ切れたような印象を感じました。

 コックリ役の関水さんって「カイジ」でも見たんですけど、
その時とは一味違ってまた別の意味で良かったです
(^-^)

時折、広瀬すずちゃんにも見えた(^^ゞ

 あとどうしても思ってしまうのは、三浦春馬さんがこの先、
どんな俳優さんに成長してたのだろうということですね。
何とも言えない気持ちです。

 ラストはいい意味で「コンフィデンスマン」らしからぬ感動的な展開で、笑いあり涙ありの面白い映画でした。
興味のある方は映画館の感染症対策をしっかり守って
是非どうぞ☆(^O^)/


長澤まさみにだったら別に騙されても…(笑)(^^ゞ

| | コメント (0)

相手にとって不足なし’20

史上初めて春夏ともに中止となった高校野球…
そんな中、センバツ出場予定だった32校に甲子園の土を踏ませてあげよう―
と開催されている2020年高校野球交流試合
まずは、開催にご尽力していただいた高野連や阪神甲子園球場の皆さんに感謝の意を表明します。

 岡山県からは中国大会を制した倉敷商業高校が出場。

不思議なもので1試合だけとなれば
「どうせなら強い学校と勝負だ!」と思うもので…(^^ゞ


そして選ばれた対戦相手は…

宮城県代表・仙台育英高校

 言わずと知れた全国屈指の強豪校
今年も宮城県大会、東北大会を制しました

注目すべきは大会屈指の豊富な投手陣
秋に実質的なエースとして活躍したのは背番号8の向坂選手
他にも昨夏の甲子園を経験した笹倉投手に伊藤投手など最速140kmを超える投手を7人も擁しております
また打撃陣も元U15日本代表選手も在籍している手ごわい相手です。

 対する倉敷商業高校はキャプテン・原田背番号5のエース・福家を中心に非常にまとまったチームです。
持ち前の粘り強さで強豪校に全力でぶつかっていってほしいです。

どの学校も各地区の高校球児の思いを胸に、これまでの野球人生の全てを1試合に懸けて悔いのないプレイをしてほしいですね。(^O^)/

| | コメント (0)

« 2020年7月 | トップページ | 2020年9月 »