« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

なんか貼りたくなったので…69 ” 心をひとつに ” ― Keep going! 特別編

4月から動画ネタを
『” 心をひとつに ” ― Keep going! 特別編』
として書いてきましたが、
非常事態宣言も解除されましたので、
今回で特別編は最後になります。

 改めまして、志村けんさんや岡江久美子さん、
勝武士関をはじめ、
この度のコロナウィルスにより亡くなられた
皆様のご冥福を心よりお祈りいたします。

また、今も苦しんでいる皆様の
一日も早い回復をお祈りいたします。


そして、他国に比べて被害を少なくするためにご尽力していただき、今も懸命に働かれておられる皆様、
特に医療従事者の皆さまには心より感謝いたします。
本当にありがとうございます。

 日本人の勤勉さもあってか、自粛要請に従い、皆さんの普段よりも注意した行動のおかげでコロナウィルスも現在は治まりつつあります
ですが、まだ完全に終わったわけではありません。
未知のウィルスだけに、完全なワクチンが開発されていない状況ではどうなるかは分かりません。
非常事態宣言は解除されましたが、
まだまだ注意深く行動する必要はあると思います。
長い戦いになることは覚悟しないといけませんね。

 ただ、我々はこの期間を乗り切ることができました。
苦しい時期ではありましたが、色々なことを学んだと思います。
この学んだことを第2波や第3波が来たときだけでなく、これからの生活に活かしていきたいですね。

 解除されて ” 虹 ” はかかりましたが、これまでの ” 雨 ” の期間に育った草木を虹が消えたあとにどう活かすか―
それがこれからの自分たちの生活に大切なことではないでしょうか?―

 というわけで、
『 ” 心をひとつに ” ― Keep going! 特別編』
最後の1曲


SEKAI NO OWARI の『Rain』



さあ、明日から学校も再開されます。
また慌ただしい日々が始まるかな?!(^^ゞ

| | コメント (0)

笑門来福45 ” 心をひとつに ” ― Keep going! 特別編

特別編としての最後のお笑い動画
そして、45回記念の今回は、
この度のコロナウィルスの犠牲になられた
偉大なるコメディアンに飾っていただきます―

イザワオフィスさんより期間限定公開していただいております、志村けんさんの『だいじょうぶだぁ』



いきなりド下ネタから始まってますが、どうか勘弁してください。(^^ゞ

 子供の頃から大好きで毎週見ていましたし、
また、バカ殿様でも食べるのを逆再生しているシーンなんて
ビデオに録画して何回も見てゲラゲラ笑っていました。
大人になってからも放送を見させていただいて、楽しませていただきました。

自分が教員免許を取るときに、デイサービスで職業訓練をされている障害者の方々と研修を受けたのですが、
休憩時間になると職員の方がドリフのDVDを見せられていました。
一緒に働かれていた障害者の皆さんは何度も見られているみたいで、この後のコントの展開をたくさん自分に教えていただきました
本当に老若男女を問わず、たくさんの皆さんに愛される笑いをドリフタ―ズより受け継いで発展された方だと思います。

 また、(アレが起こる前に)99の岡村さんがラジオで志村さんの訃報に際して
「我々は皆さんに ” 笑われている ” けど、志村さんは ” 笑わせていた ” 」 と言われていました。
そして以前にも触れましたが、
自分の好きな「ちょっと盛りました」というルポマンガでインタビューを受けた際には
「『だっふんだぁ』や『アイーン』だけがギャグだとは思っていない。
面白くするように考えた、それを出すまでの一連の流れ全てを含めてギャグだと思う。」

と言われたことが印象に残っています。
本当に笑いを愛して、たくさんの日本中の人々に愛された、”笑いの神様”だと思います。

 師匠であるいかりや長介さんは晩年、渋い演技派の俳優さんになられました。
朝ドラ『エール』を見ていても、志村さんもこれからそういう演技派としての俳優としても活躍されたかもしれないと思ってしまいます
これからも志村さんにたくさん笑わせられ続けたいと思っていただけに、残念でなりません。

 改めまして、志村けんさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
たくさん笑わせていただき、ありがとうございました。
また、笑わせていただいた皆さんの心の中でこれからも生き続けていただきたいと思います。

| | コメント (0)

ファンタスティックスポーツ25 " 心をひとつに " ― Keep going! 特別編

今回はスポーツ動画です。

今回は…日本の国技・相撲です。
『痛みに耐えてよく頑張った!感動した!
おめでとう!!』―

平成13年夏場所より横綱・貴乃花関の優勝―



13日目までトップを独走するも、14日目の武双山関との一番で大けが
迎えた千秋楽。
周囲の反対を押し切って強行出場するも本割では力が入らず、
横綱・武蔵丸関にあっけなく敗れてしまいます…

もはやこれまでか… と周囲が棄権を再度迫るも、
” 横綱の意地 ” で優勝決定戦に強行出場―
実は四股を踏んだ際にヒザの関節が外れたそうですが、
取組直前の所作で奇跡的にハマったそうです。

 そして始まった優勝決定戦―
持っている全ての力を使い、攻め続ける貴乃花―
渾身の力を込めて放った上手投げ―
横綱・武蔵丸を豪快に投げ飛ばし、
鬼の形相で花道に待つ付き人たちに闘志を見せつけ、奇跡の優勝を果たしました!!


 この一番でケガを悪化させてしまった貴乃花関はこの後、1年間休場を余儀なくされてしまいました
引退をかけて出場した、この次の場所では優勝争いに絡んだりもしましたが、
結局、ヒザは最後まで治ることはなく、この2年後に現役を引退されました。

もし、この時に無理をせずに棄権していたら横綱の相撲人生はもう少し長く続いていたと思います
ですが、横綱になってからの貴乃花関は、
ほとんどぶつかってくる相手を一旦受け止めて、そこから戦う相撲をされてきました。
ここで棄権することはきっと自身の貫いてきた相撲道を否定してしまうことになったのではないでしょうか?
最後まで”強い横綱”を貫き通した、本当に偉大な力士だったと思います。

 今年の夏場所は中止になりましたが、再開されたときには力と力の熱い戦いが見たいですね(^O^)/

| | コメント (0)

マスコット先生31 " 心をひとつに " ― Keep going! 特別編

前回めでたく(?)30回記念を迎えたマスコット動画ですが…
実はまだ登場していない(オールスターは除く)球団マスコットもいるわけで…(^^ゞ

今回はそんなキャラクター達から
オリックスバファローズのバファロー・ブル&ベルと日本ハムのポリーによる『BsStage』





特にポリーちゃんには将来の大物の片鱗が…(笑)(^^ゞ
今回オリックスの「BsStage」を初めて調べたんですけど、やっぱり各球団のファンサービスはすごいものがありますね(^-^)

プロ野球は今のところ6月19日に開幕する予定です。
まずは無観客の開催ですが、お客さんが入るようになったらきっとマスコットの皆さんが盛り上げてくれるでしょうね(^O^)/

| | コメント (0)

笑門来福44 " 心をひとつに " ― Keep going! 特別編

とりあえず緊急事態宣言が全国で解除されたので、
この『Keep going! 特別編』も今月いっぱいとさせていただきます。<(_ _)>

解除されたといっても、まだまだ完全に気は抜けないと思いますので、
皆さん注意しつつ日々の生活に戻っていきましょう(^-^)

 今回はお笑い動画です。
外出自粛期間になって、特に芸人さんで公式Youtubeチャンネルを開設される方が多くなったように感じます
そんな方の中から…
マツモトクラブさんの「おさいせん」



自分が初めて知ったR-1の決勝でされてたネタです。
ただオチが変わっているので、あの時から改良されたんでしょうね。(^^ゞ
個人的にはオチはこっちの方が好きかな?

自分も神社とか行くことが多くて、この人のお願いの仕方がなんとなくわかることも…(^-^)

 自粛期間中はなかなか動けなかったんですが、
また感謝の気持ちを持って色々と動いて行きたいものです。

| | コメント (0)

独り言集’20 5月

緊急事態宣言も解除され、一定の収束が見えてきたかな?
ただ油断は大敵ですよね。
気にしつつ、少しずつ普段の生活に戻っていきたいです。

では今月の小ネタ集です。

(5/2)

○さすがの芸能人も我慢の限界なんでしょうね。

「黒幕が―」なんていう意見もネットにはありますが、
むしろ、こういうことを言う方々の方にいそうな気が…

○降板署名

自分は教員なので、ミスを犯してしまった人間がどういう風に立ち上がっていくかを子供たちに見せたいように思います。
これでいなくなったら、子供たちが学ぶのは、「一度でもミスを犯したら何もかも失う」「自分の親に言えば嫌なことはなくなる」ということになる懸念もあります。

(5/7)

○ダレノガレ明美、薬物報道に抗議

これはさすがにダメなことだと思います。
今の時代、こういう噂がずっと残る可能性もあるので慎重にしてほしかったですね。

(5/8)

○イモト、森三中、「イッテQ」降板?

否定するときのメンバーのやり取りがほっこりしていて良かったです。(^-^)
ウッチャンは仲間を大切にする人なので、自ら言い出すことはないと思います。

(5/11)

○プロ野球オールスターゲーム中止。

去年の盛り上がりがあっただけに残念ですが仕方ありません。
レギュラーシーズンで盛り上げてほしいです。

(5/13)

○勝武士関のご冥福を心よりお祈りいたします。

存じ上げてはなかったのですが、「初っ切り」はテレビ放送でよく見ていました。
ファンを盛り上げることに全力を尽くしていただいた方が亡くなられるのは悲しいです。
コロナが憎い…



(5/14)

○「ナイナイのANN」復活

矢部さんが乱入して公開説教した頃から、また2人に戻ってほしいという思いが心の中にありました。
きっかけは決してよくはありませんが、2人が向き合って復活したことは嬉しいです。
青木裕子さんの話も素敵でした。
矢部さんの家庭もあるので収録放送になってしまいますが、自分も長く続いてほしいと思います。
ただ、たまには生放送のときもあってほしいかな?(^^ゞ

(5/16)

○ボビー・オロゴン逮捕

ちょっとショックが残りますね。
子供たちが心配です。
あと年齢サバ読みを言われてますが、以前に五輪で金メダルを取った人が同じように年齢が違うときがあって、
その時にアフリカの方は誕生日や年齢を気にしないというような話を聞いたような気がします。
今はどうか分かりませんけどね(^^ゞ

(5/19)

○「逃げ恥」特別編放送開始

ガッキーと契約結婚できるなら…<`~´>

デジャブかっ!!(`^´)/☆

(5/20)

○夏の甲子園中止

1点だけ言わせていただくと、「特別扱いはダメ」という批判だけはやめていただきたい。
どの競技も最後まで開催の可能性を考えた上での結論です。
他の競技がやらないからという理由で簡単に中止する競技なんてないと思います。
なんとか代替措置を考えてほしいと思います。
秋にセンバツ出場校と共にやってもいいんじゃないかな?

○梨田監督、退院。

とりあえず無事でよかったです。
また優しい口調の開設が聞きたいです。

(5/21)

○東京五輪、2021年も延期なら中止。

2020年に向けて死力を尽くしてきたアスリートはたくさんいます。
そうならないことを祈っています。

(5/22)

○黒川検事長、辞任。

賭けマージャンが判明したらもうダメでしょうね。
この情報を得たことが見送りにも影響したかな?
内調が動いたか?
これまでの動きをみると、マスコミとだけ関係を持っていたとは考えられないかな?!

(5/23)

○木村花さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

テラスハウスは見てないんですけど、いたたまれないです。
番組の構成を言う方もいますが、どんな番組を作ろうが、こういう方は誹謗中傷をします。
した方が最も悪いことに違いはありません。
自分も授業アンケートで匿名で感想を書かれたときに、「やめろ」「担当を変われ」とかキツイ意見を複数人に書かれたことがあったんですが、
そういうときって、誰が書いたのか分からないので、全員がそう思っているのではないかと考えてしまい、結構しんどかったです。
ネット上で匿名で意見を言われるということは、普通に街ですれ違う人々にも同じような考えを持たれて攻撃をされているように感じさせることです。
以前も何度か書きましたが、ネット上で激しい意見を言う方がいます。
その方々への対処法は「無視」しかないという現状はもう限界だと思います。
Yahooニュースのコメント欄を自分は閉じています。
レイプの被害にあった方が実名で告発したときにネット上に「誘ったんじゃないか?」「ハニートラップだ」なんて心ない意見が書かれたり、
コメント欄自体に政権を擁護する人が反対派に厳しく攻撃する意見を書かれているのを見て怖くなったからです。
「3年A組」ってドラマでもこういうネットの意見に対して呼び掛ける場面がありましたが、せめてもうこれ以上の被害が出ないように動くことを最優先にしていいただきたいです。

(5/25)

○フジテレビ27時間テレビ、放送休止

今年は仕方ないかな?
ただ、その分、来年は2年分の力を発揮してほしいと思います。(^-^)

【近況】

なんかネットの怖さを実感した1ヶ月でした。
ドラマ「3年A組」のセリフでありましたけど、
「ネットは使いようによっては楽しい道具にも人を傷つける道具にもなる。どうせなら楽しく使おう。」(うる覚えです。<(_ _)>)
あとこれは教員としての視点になるんですけど、指導をする生徒には「自分だけじゃない」とか「あいつの方が悪い」ということを言う子がよくいます。
そういう子を指導する際にその意見を聞くのも大事ですが、ただその前に「自分が悪いことをした」ということは認識させたいかなと思います。
これからの時代に生きる以上、ネットとはどうしても切り離すわけにはいけません。
人を傷つける道具の側面が強くならないようにルールを考えてほしいと思います。

今月はプロ野球開幕にも光が見えたので、こちらのキャッチボール動画です。(^^ゞ

| | コメント (0)

ファンタスティックスポーツ24 ” 心をひとつに ” ― Keep going! 特別編

学校の方も来月からの再会に向けて動き始めました。

そんな今回はスポーツ動画です。<(_ _)>

 今回は…昨年のオールスターゲームより、
「大腸ガンから復活した、
阪神タイガース原口文仁選手(+トラさん選手)のホームラン集」


まあ野球の話になるので、もし、見てくれている方でまだ心の整理ができてない方は、
今は無理せずに落ち着いてから見てください。(^^ゞ

 ドラフト下位で入団し、
ケガの影響から育成選手になっていた原口選手…
しかし、持ち前の勝負強さを金本監督から見出され、頭角を現します。
さあこれから― といった矢先、大腸がんが発覚
手術後、懸命のリハビリで復活しオールスターゲーム最後の一枠を争う、ファンによる『プラスワン投票』で出場権を獲得。

 そんな感謝の思いを込めた第1戦の9回裏―



みんなの思いに応えるホームラン!

 続いて翌日の本拠地・甲子園で行われた第2戦―
セ・リーグの5連敗で迎えたこの試合…
トラさんの選手たちが躍動しました!



オープン戦・オールスターゲーム・契約更改ペナントレース以上に活躍する暗黒時代のトラさんチームを思い出しました(^^ゞ
この活躍でセ・リーグは3年ぶりの勝利を飾りました(^-^)

 ちなみに原口選手は帝京高校野球部のOBです。
先輩のタカさんからは「タイトルを獲ったらリアル野球盤のオファーを出す。」とエールを送られていました。
そして ” セ・リーグ特別表彰 ” に輝き、
今年のお正月には約束通りリアル野球盤に出場し、活躍してくれました。(^-^)

 原口選手は入団以来、色々な逆境を乗り越えてきました。
野球界全体が逆境を迎えている今年、シーズンが開幕してからの爆発に期待します☆(^O^)/

| | コメント (0)

夏の甲子園中止

第102回全国高校野球選手権大会の中止が決定しました。

 記事を書こうと思ったのですが、正直、ただの1ファンである自分が当事者の高校球児にどういう言葉をかければいいのか正解が分かりません。
高校の3年間だけでなく、子供の頃から野球をしてきた多くの球児の皆さんにとって夏の甲子園は、その集大成となる場所です。
コロナウィルスによって子供の頃からの憧れで目指してきた場所を奪われてしまった球児の気持ちは自分にははかりしれません。

 ただ、一言だけ言わせていただくとしたら「前だけは向いていてほしい」ということです。
今は辛い、悲しい気持ちでいっぱいだと思います。
ですが、人生は続きます。
再び立ち上がったときにこの経験を活かせるような、そんな気持ちだけはどうか持っていてほしいと思います。
まあ、色々なことから完全に立ち上がったとは言い切れない自分が言うのもなんですけどね(^^ゞ

 それと、最後まで開催に向けて全力を尽くしていただいた高野連の皆さんには、
別の機会を何とか作っていただければと思います。
色々と厳しい意見を言う方は、この時代なんで、いると思います。
ですが、最後まで高校球児に寄り添った考えで動いていただきたいと思います
心の中では高校球児を応援している人はもっとたくさんいます
それだけは忘れずに何とか動いていただきたいです。

| | コメント (0)

マスコット先生30 " 心をひとつに " ― Keep Going! 特別編

とりあえず先日、登校日があって久しぶりに生徒と面と向かって会いました。
なんか久しぶりに会えたらホッとしました。(^o^)
早く当たり前だった日が始まってほしいですね。

そんな今回は、
マスコット先生まさかまさかの第30弾!!
まさかシーズンⅦで達成するとは…(^^ゞ

30回記念です。やっぱりこの方に飾っていただきましょう☆

開幕が延期になり、寂しい思いをしているファンのために…
再び先生が動いてくれました!
つば九郎先生&こなつお姉さんの
『テレワーク!?つば九郎TV』




実は今回のシーズンⅦは
「ありがとう、こなつお姉さん卒業SP」 として
こなつお姉さんの関連動画を最後まで集める予定だったのですが、
こういう状況になってしまったので、そこからは色々な動画を調べています。(^^ゞ
こなつお姉さんをもう見れなくなるのかな~と思っていたところ、今回の動画がありました。

寂しい思いをしているファンを楽しませるため―
コロナ収束に向けてご尽力されていただいている皆さんを少しでも勇気づけるため―
自分ができることを考えて実行する姿―

今一度言わせていただきます。<(_ _)>
『だからプロ野球ファンは
この鳥を ” 先生 ” と呼んだ―!』


パートⅡもあったら是非見たいですね(^O^)/

| | コメント (0)

なんか貼りたくなったので…68 " 心を一つに " ― Keep going! 特別編

さて、GWも終了ですね。
今年は外出自粛期間でもあり、旅行もできずにいましたが、
その分、普段できなかった大掃除や家や農作業の手伝いをすることがありました。
今まで気づかなかったことも色々あり、ちょっと思い直さないといけないこともありました。
それが分かったという部分では意味のある休みになったのではないかと思います。

 ちょっと自分自身、長期間人と話さなかったり、
買い物に行っても店員さんとの交流もできなかったりで、
メンタル的に不安定になってしまうこともありました。
そんな時、この曲を聞いて涙が流れそうになりました。

こんな ” 雨 ” に負けずに” 炎 ” が再び舞い上がるように

Superfly の 『フレア』



しんどい時期が続きますが、後の楽しみを信じて乗り越えましょう!(^O^)/

| | コメント (0)

笑門来福43 " 心をひとつに " ― Keep Going! 特別編

状況が状況なだけに殺伐としている世の中ですが、少しだけでも笑顔になれれば―
という訳で今回はお笑い動画です。<(_ _)>

今回は… 松村邦洋さん&ほいけんたさんの「さんまのまんまね」



昔から思ってましたけど、松村さんのたけしさんのモノマネはすごいですね(^^ゞ
咳払いや褒められた時の照れた表情まで似てる。
あと、ほいけんたさんを最初に見たときは衝撃的でした。
ちなみに地声はクリスペプラーさんみたいな渋い声です。<(_ _)>

自粛期間が続いていて、自分も人と話す機会がなくなって、
ちょっとメンタル的にしんどくなっています。
ただ、みんな一緒だと思っているので乗り越えていきましょう!(^O^)/

| | コメント (0)

DVD鑑賞記 Vol.2

まだまだ ” STAY HOME 週間 ” が続きそうなので、DVDの感想を書いていきます。<(_ _)>
(随時更新中)
尚、基本的にTSU○AYAさんで旧作を借りております。(^^ゞ

○映画「日日是好日」



遺作となった樹木希林さんが本当の茶道の指導者に見えました。
黒木華さんも技巧派の女優さんなので、この共演でしっかりバトンを受け継いでくれたと思います。

○映画「ビブリア古書堂の事件手帖」



特に意識したわけではないんですが、こちらも黒木華さんの映画でした。
原作もドラマも見てなかったんですが、黒木華、野村周平、成田凌がそれぞれのキャラクターに合った配役だな~と思いました。
ドラマの時に主演が剛力さんで「ちょっとイメージが…」っていう意見があった理由も何となく分かりました。
今になって見たから思うけど…東出さん…

○ドラマ「ST 赤と白の事件ファイル」VOl.3

今になって見てみたら、個性派俳優の皆さんが持ち味を発揮してたんだな~と思いました。
続きが気になる。

○映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」



何となく借りたんですけど、よかった。
自分ぐらいの年齢だと懐かしく思いますね。(^^ゞ
池田エライザもいいな~と思った。

○映画「ブルーアワーにぶっ飛ばす」



ミニシアター系の映画を久しぶりに見ました。
現実に悩むアラサー女性が田舎に帰る物語。
力を入れずにのんびり見える映画でした。
夏帆ちゃんはデビュー当時の美少女全開の感じも良かったけど、
今の演技派女優の感じもいいな~と思った。(^^ゞ

○ドラマ「ST 赤と白の事件ファイル」Vol.4

終盤になると、チームワークとかが強くなっているのを感じました。(^-^)
ドラマの形も固まってきたような印象も受けました。

○映画「地獄でなぜ悪い」



星野源出演作品のオススメで見かけたので借りてみました。
好き嫌いが別れるでしょうが、たまにはこういうワチャワチャした映画もいいかな?!(^^ゞ
二階堂さんも光ってたね(^-^)

○ドラマ「ST 赤と白の捜査ファイル」Vol.5

最終章だけに見ごたえがありましたね。
リアルタイムで見ていたらもっと興奮してたでしょう。
劇場版へと続く流れも分かりました。(^^ゞ

○映画「春待つ僕ら」



” 王道青春恋愛バスケ映画 ” ―
やっぱりまっすぐなヒロインは太鳳ちゃんだな~と思いました。
これから色々な役をやって伸び続けてほしいですね(^-^)
北村匠海くんも浜辺美波ちゃんと同じで「君の膵臓を食べたい」で見てからの好きな役者さんです。
「とんかつDJあげ太郎」も見たいですね(^^ゞ

 せっかく始めた記事なので、とりあえず年内は書いていこうかな~と思います。(^-^)
” STAY HOME ” ではなくなるので更新は減ると思いますけどね(^^ゞ

| | コメント (0)

リスナーとして

ここ数日、自分も取り乱しておりました。
大変申し訳ございませんでした。

昨日の『岡村隆史のallnightnippon』を聞かせていただきました。
正直、自分も大失言をしてしまった岡村さんがどういう放送をされるのが正しいというのが分からないまま、この日の放送を迎えました。

冒頭は当然、岡村さんからの前回の失言に対する謝罪。
言葉を選びながら話されているのがよく分かりました。

そして中盤に差しかかると久しぶりに相方の矢部さんが登場。
いつかまた2人揃っての放送を聞きたいとは思っていたのですが、こういった形は望んでいませんでした。

矢部さんからは岡村さんへの愛ある公開説教。
これまで目立たなかった岡村さんのプライベートでのいけない点をビシッと指摘され続けました。

今のコロナウィルスが蔓延している状況…
そして岡村さんの失言に関わることで矢部さん自身にも飛び火する危険性…
矢部さんは色んなリスクを背負って来られました。

自身もコンビ仲が決して良くはなかったということを認めておられましたが、
こういう時に駆けつけてくれるのはやっぱりコンビとしての絆が最後にはあるということを実感しました。

 矢部さんの公開説教を聞いて、長年リスナーを続けている自分も思うところがありました。
放送を聞いている自分みたいなリスナー自身にも今回の騒動は責任があったと思います。
岡村さんを甘やかしていたのではないか…
どこかで指摘していたら…
以前「めちゃイケ」で極楽とんぼの山本さんが久しぶりに出演されたときにロンブーの淳さんが、涙ながらに周りにいた自分の至らなさを懺悔していたことを思い出しました。
自分はリスナーとしてそういう状況だったと思います。

また、自分も独身をこじらせています。
矢部さんが岡村さんに指摘されたような状況が気付かないうちにこれまでの自分自身にもあったのではないかと思います。

 今回の騒動で傷ついた人が多々おられることは事実です。
また、今も岡村さんに対して怒りを感じている方々もおられます。

ですが、それはリスナーのこちらも至らなさがあったと矢部さんの公開説教を聞いて感じました。
大変申し訳ございませんでした。

 ただ、これまでの人生で彼らのラジオが自分の心の拠り所になっていたのは事実です。
何度も支えていただき、また、立ち直るきっかけを与えていただきました。
これからもリスナーは続けます。
もちろん、岡村さん、スタッフ、リスナーも今回の至らなかった部分を反省します。
その上でこれからの放送を聞いていきたいです。

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »