« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

眼福だったー!

映画『ヲタクに恋は難しい』を見てきました☆(公式サイトはコチラ





誰だ!?<`~´>
今、『やっと自覚したか』って言った奴は(笑)―(^^ゞ

 ストーリーを…

桃瀬成海高畑充希 )は一見普通のOLだが、マンガ・アニメ・BLをこよなく愛する「ヲタク」であることを隠しながら生きる隠れ腐女子
そんな彼女が転職先で再会した幼馴染二藤宏嵩山崎賢人 )…ルックスも良く仕事ができるが、実は彼も廃人クラスの重度のゲームヲタクだった

周りの人々にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を恐れる成海だが、お互いにヲタクだと分かっている宏嵩の前では素の自分をさらけ出すことができる
仕事終わりの居酒屋でヲタク話に意気投合し、付き合うことになった2人
お互い充実した ” ヲタクカップルライフ ” が始まる―

―かに思えたが、互いの好きな分野が微妙に違い少しずつすれ違って行く2人
そんな中、悩んでいるお互いの前に会社の先輩である樺倉太郎斎藤工 )、小柳花子菜々緒 )が現れ…

果たして ” 恋愛不適合 ” な2人は待ち受ける試練や困難を乗り越えることができるのでしょうか―?

といった感じです。(^^ゞ

 なんかいい意味で力を抜いて見れる面白い映画でした。
久しぶりに映画館で声が漏れそうなくらい笑いました。(^-^)
斎藤工にやられたね(^^ゞ

ドラマ「同期のサクラ」を見ていた頃から思っていたんですけど、
高畑充希さんってまさに『 ” 憑依型 ” の女優』で、今回の映画も凄かったですね(^-^)
あとやっぱり賀来賢人も…(^^ゞ

続編も作れそうな展開だったんで、もしあればまた見たいですね。

 ゆっくりと見れる、福田監督らしいミュージカル映画でした。(^^ゞ
興味のある方は是非どうぞ☆

何シーンか俳優さんたちが素で笑いそうになってたね(^^ゞ

| | コメント (0)

独り言集’20 2月

もう2カ月経つんだね。(^^ゞ
徐々に東京五輪が近づく…
それでは今月の小ネタ集です(^O^)/

(2/1)

○江頭2:50 YouTuber デビュー

実はもう登録していたり…(^^ゞ
色々とハチャメチャなことをするけど、憎めない存在なのは人柄でしょうね(^-^)

ついでに言えば、宮迫さんの方はテレビでの復帰を目指してほしかった…

○豊ノ島、現役続行

気持ちが続いている限りは燃え尽きるまでやってほしいです。

(2/3)

○川崎麻世・カイヤ夫妻に離婚判決

一時期、テレビで仲睦まじい姿を見せていた印象がまだ残っているので寂しいですね。
子供がどう思うかも考えてほしいかな?!

(2/4)

○桐谷美玲 第1子妊娠

テレビ番組で三浦翔平さんが出たときに「結婚してから顔が優しくなったね」って発言されて、確かにその通りだな~って思いました。
どんな子が生まれるだろう?元気なお子さんを産んでください。

(2/5)

○鈴木杏樹さん不倫報道

受けた印象としては被害者側の気がするんですが…やっぱり叩く人は何があっても叩くんですね。
朝のラジオ番組はタイミングがあったときに何回か聞いたことがあるんですが、失くしてしまうのは惜しいかなと思います。
今の時代、集団になってスポンサーに抗議する人たちもいるみたいですけど、自分たちが良ければいいのではなくて、楽しみにしている人たちもいるということを分かってほしいです。

(2/7)

○阪神、ジェット風船の応援自粛要請

現状、仕方ないです。ただ、状況が変われば盛り上がりたいですね。

(2/8)

○「有吉の壁」レギュラー化

最近、体を張るバラエティーがどんどんなく失くなっていて寂しい思いをしていたので楽しみですね。

○バドミントン桃田、右眼眼窩底骨折

焦る気持ちはあるでしょうが、とりあえずはケガを治してください。それが近道だと思います。

(2/9)

○エガちゃんYouTube 登録者100万人突破

やっぱり愛される存在ですね。(^^ゞ

(2/10)

○「にじいろジーン」3月で終了

土曜日は仕事なんで、タイミングがあったときに見てたぐらいなんですけど、寂しいですね。
ちなみに自分が見たときに色々起こっていたり…(^^ゞ

○前田健太ツインズへ―

環境を変えて、これからも輝いてほしいです。

(2/13)

○映画「るろうに剣心」雪代縁役は新田真剣佑

原作でも最終シリーズなので、今から楽しみです(^-^)

○槇原敬之、逮捕

自分が高校生のときに逮捕されて、それから「世界に一つだけの花」や「チキンライス」で徐々に信頼を回復してきただけに残念です。
ただ作品には罪はないですよ。

(2/14)

○元ヤクルト・村中恭兵投手、琉球ブルーオーシャンズ入団

もう一花咲かせてほしいですね。
自分だけではなくてこれからの若い選手にも経験を伝えてほしいです。
昔、自分は村中投手に似てると言われたことがあるので応援します(^O^)/

(2/15)

○水泳コナミオープン萩野公介400m個人メドレー4位

色々と無責任に意見を言う人もいますが、自分みたいに最後まで信じて応援するファンもいます。
周りの意見は気にせずに自身が思うように今持ってる力を尽くして下さい。

○祝え!ポッピーが目標としていた朝ドラ出演を果たした記念すべき瞬間である―!

(2/18)

○「豆柴の大群」ナオ、未成年時の飲酒報道

○か×かで言わないといけないのであれば、×でしょうが、これで謹慎になるのなら誰もテレビに出られませんよ。
本人は反省しているとクロちゃんとかよく知っている周りの人が言ってるので、今回を教訓に精進してほしいと思います。
週刊誌に写真を打った人は当時未成年だったのかな?あと飲ませた責任ってあるよね。

○東京マラソン、一般ランナー参加中止。

今の状況を考えれば致し方ない。
批判的な意見も出ることが予想されながらも決断された小池都知事の判断を尊重したいです。
上の人にもこういう判断をずっとしてほしいんですけどね、

(2/19)

○「たいむとんねる」終了報道

同じような番組しかない中で大好きな番組です。
もし報道が本当なら生まれてからすっと続いている「フジテレビっ子」を卒業します。
こういった情報やギャラを簡単に教えるテレビマンがいる放送局がいい番組を作れるはずがありません。

(2/20)

○厚生労働省副大臣の正義感溢れる内部告発に甚だ感銘いたします。

偉い人には自分たちの立場やプライドよりも、国民のことを第一に考えた行動や指示をしていただきたいです。

(2/21)

○中居正広、3月でジャニーズ退所

これまで色々な経験をしてきたので、それを活かしてこれからも活躍してほしいです。

(2/22)

○柔道・阿部一二三・詩兄妹V

妹の詩さんは確実。こうなったら一層燃えるのが兄ですよね(^^ゞ

| | コメント (0)

AIは人を幸せにできるのか?

仮面ライダーゼロワン

映画『AI崩壊』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

 2030年―AI技術が進化し、医療AI「のぞみ」が人々の生活を支えるようになった時代開発者である桐生浩介大沢たかお )は「のぞみ」の開発が間に合わず命を落とした妻・松島菜々子 )との間に生まれた一人娘の心と共に海外で暮らし、「のぞみ」の管理は望の弟・西村賀来賢人 )に任せていた…

そんなある日、「のぞみ」開発の功績が認められて表彰のために久しぶりに日本に帰国した桐生。
英雄のような扱いを受けて戸惑いながらも表彰式へと向かう途中―なんとAI「のぞみ」が暴走!

今や国民の生活になくてはならない存在になってしまった「のぞみ」の暴走により、日本中がパニックに陥る。
その対策に乗り出す警察庁の天才捜査官桜庭岩田剛典 )。彼の捜査により、今回のテロリストと断定されたのは―なんと開発者である桐生?!

真相を探るべく逃走を続ける桐生に対し、AIを駆使した捜査、更にベテラン刑事合田三浦友和 )と新米刑事奥瀬広瀬アリス )による足を使った調査徐々に追い詰めていく警察

そんな中、暴走を続けるAI「のぞみ」が遂に人間の命を選別し、大量殺りくへのカウントダウンが遂に始まる―
果たして彼らの運命は―?

といった感じです(^^ゞ

 設定が近未来で、本当に起こりそうな話だったこともあってかリアリティーがありました。
最後まで引きつけられて面白かったです。(^-^)

 現実世界でもどんどん技術が進化していて、便利な世の中になっているのですが、それを悪用されることもあって、どう使うかは人の成長にかかってるんだな~と思いました。やっぱり、どんな時代になっても人間教育って大事なんですよね(^^ゞ

 今回のタイトル 「AIは人を幸せにできるか?」映画の中で何度も繰り返される問いでした。
まあ、この答えってこれからしっかり考えていかないといけないことですね。

 最新技術の話ですが、中身はいろんな感情のあふれるヒューマンドラマでした。(^-^)
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

”AI”だけに「家族AI(愛)」あふれるドラマでした…


はいっ!アルトじゃ~ないとっ!!<(_ _)>

| | コメント (0)

役者はそろった’20

第92回選抜高校野球大会の出場校が決定しました☆

岡山県から選ばれたのは…

8年ぶり4度目の出場・岡山県立倉敷商業高校

 ここ近年は創志学園、学芸館、おかやま山陽など力を付けてきた新しい勢力が甲子園に出場していましたが、
今回は伝統校が意地を見せました☆

 昨夏、準決勝で後に阪神からドラフト1位指名される中国地方NO1投手とも言われていた西投手を擁する創志学園との死闘を制して決勝進出するも学芸館に敗れて悔しい思いをした倉敷商業高校
森光監督が退任し、梶山監督が率いる新チームはそんな先輩方の無念を晴らすべく立ち上がりました。
岡山県大会を2位で中国大会に進出した倉敷商業は各県の代表校との接戦を制して見事に優勝
センバツ出場は確実視されていながらも、今回正式に出場が決定しました。

夏のイメージが強いのでまだセンバツは4回目の出場でしかも未勝利というのは、正直意外でしたが、今年のチームはこれまでとは違います。
伝統の粘り強さ手堅い攻撃に加え、偉大なるOB・星野仙一さんにちなんだ ” 1日1001スイング で打撃力を上げ、強行策もできます。
昨夏の敗戦後も裏方としてチームを支えてくれた3年生や森光前監督も一丸となり掴んだ切符です。
きっと甲子園で活躍してくれるでしょう(^O^)/
また主将の原田選手は一昨年に豪雨被害を受けた真備町出身です。
その活躍が被災地の力となってくれるでしょう(^-^)

各地区を代表する32の代表校が揃いました。
果たしてこの春はどんなドラマが待っているのでしょうか?
今から楽しみです☆(^O^)/

| | コメント (0)

キンキンに冷えてやがる―

映画『カイジ ファイナルゲーム』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

2020年 東京五輪閉幕後、日本はその反動から景気は急速に失速し、貧富の差は拡大の一途を辿っていた…
そんな時代に自堕落な生活を送り続けていた伊藤カイジ藤原竜也 )。そんな彼の前に、かつて地下で労働していたときのハンチョウが現れる。
「ワシと組まないか?」―

運命の歯車が動き出し、再びギャンブルの世界に足を踏み込んだカイジ
『バベルの塔』『最後の審判』『ドリームジャンプ』『ゴールドジャンケン』…
彼に協力する大富豪東郷滋伊武雅刀 )や桐野可奈子関水渚 )らと共に臨む ” 命を賭けたギャンブル ” は遂に国家を揺るがす事態に―

果たして彼らの運命は―?

といった感じです(^^ゞ

 『カイジ』は大好きでシリーズは大体見に行きました(^-^)
今回も ” カイジらしさ ” は出ていたと思います
懐かしいキャラクターも何人か出ていたのは嬉しかったです。
ただ過去の作品と比べたら、もう一捻り欲しかったかな~という気もします。(^^ゞ
実は見ながら展開を当ててしまっていたり…(^^ゞ

 まあでも、やっぱり藤原竜也はこういう役が似合いますね(^-^)
見ていて安心感がありました。

 シリーズの完結編ということでこれまでのキャラクター総出演の豪華な映画でした。
利根川香川照之 )さんも出てほしかったですけどね(^^ゞ
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

 藤原竜也さんのモノマネ芸人たちは黙認されているそうです(笑)(^^ゞ

| | コメント (0)

ありがとう、天下の名将―

朝、ネットニュースで第一報を知ったとき、ガセネタであってほしいと思ったのですが、それは叶いませんでした。

 プロ野球の南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務めそれぞれのチームの礎を築いていただいた” 天下の名将 ” 野村克也監督が亡くなられました。

 自分が野球を見始めたのは1992年暗黒時代の阪神タイガースが奇跡的に優勝争いを行っていた年です。
その時に最後までペナントを争い、最終的に抜かれてしまった相手こそ野村監督が率いるヤクルトスワローズでした。
ですので最初は正直、あまりいい印象はなかったのですが、それから数年後、低迷を続ける阪神が再建を託した人物こそ野村監督でした。

 阪神監督就任後、チームはそれまでにない動きが出てきました。
「ピッチャー心理を読め」とどんなに教えても感覚で打ってしまう新庄選手は実際にピッチャーとして登板―
経験と度胸のある遠山投手をサイドスローにして” 松井キラー ” として再生
後に『遠山―葛西―遠山―葛西』というリレーもありました―
ロッテから戦力外通告を受けて入団テストを受けに来た成本投手は「球団と揉めたのか?監督から嫌われたのか?」と声をかけられてそのシーズンのストッパーとして復活―
相手の隙を突いた”ツーランスクイズ”
巨大戦力に機動力を武器に戦おうと結成した” F1セブン ”―

結果的には3年連続の最下位でしたが、” 弱者の戦い方 ” を知る野村監督ならではの野球理論は確実にチームに浸透していたと思います。
その証拠に星野監督が就任時のインタビュー阪神の再建を聞かれたときにこう話されています。

「あの野村監督をしてもダメだった…。ただ、野村監督がしてくれたおかげで一筋の光が見えた」―

その光をたどって星野監督の下、チームは2003年に18年ぶりのリーグ優勝を果たします。

また、野村監督がインタビューでこうも仰っていました。

「他のチームは打撃や試合巧者といった特徴を持っているが阪神にはそれがない…。”阪神と言えば投手力”というチームを作りたい。」―

あれから数年がたち、今阪神タイガースはまさにそういうチームに育っています。

 10年以上ずっと最下位争いをしていた、どうしようもないチームを立て直す種を植えていただいたのは、間違いなく野村克也監督です。

また教え子の中には侍JAPANの稲葉監督阪神の矢野監督を始め、何人も監督・コーチとして野球界に貢献し続ける方がいます。
ボヤキで辛口なイメージもありましたが、本当に選手たちから慕われる方だったと思います。



 自分も社会人になってから人を教える立場になって、野村監督の著書を何冊も読ませていただいております。
自分も決して一流の人間ではありません。ただ、弱者なりの戦い方ならできます。
選手の性格を理解して、なんとか活かす方法を考える姿勢は自分も見習っていきます。

野村監督、阪神タイガースの再建の基礎を築いていただきまして本当にありがとうございました。
天国で最愛の奥様とどうか安らかに―

”天下の名将”野村克也監督のご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0)

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »