« 笑門来福40 | トップページ | 独り言集’19 7月 »

守ってきたもの

映画『空母いぶき』を見てきました☆(公式サイトはコチラ  )

 ストーリーを…

20XX年12月23日未明―
クリスマスイブ前日で賑わう街をよそに初島に国籍不明の武装集団が上陸日本の領土が制圧された…
海上自衛隊は直ちに小笠原諸島沖で訓練航海中の第5護衛隊群を現場に向かわせるのであった。
その旗艦こそ、計画段階から『専守防衛』の議論の的にあった航空機搭載型護衛艦”いぶき”であった―

艦長は航空自衛隊出身秋津竜太西島秀俊 )、副艦長は海上自衛隊の生え抜きである新波歳也佐々木蔵之介 )。
そして偶然取材で乗り込んでいた記者本多裕子本田翼 )と田中俊一小倉久寛
現場海域へ向かう彼らを待ち受けていたのは…敵潜水艦からの突然の攻撃だった―

更に敵空母も現れし、想定を超えた戦闘状態に突入する第5護衛隊群―
思わぬ事態に、垂水慶一郎首相佐藤浩市 )をはじめとする政府はついに「防衛出動」を発令する。

更にいぶきを守るために被弾した護衛艦”はつゆき”が炎上…その映像が世間に流れ、日本国中がパニックに―

果たして彼らはこの国が保ち続けた平和を守ることができるのか?―

といった感じです。

 率直に感想を言うと、面白かったです。
過去にない事態に直面する自衛隊の皆さん一般人として関わってしまう本田翼さん達色々な視点がリアルに描かれて、それが絡んでいって凄かったです。

 あと、役柄の設定から一部の方で佐藤浩市さんを批判する方がいましたが、自分は素人ながらに凄さを感じました。
これまで戦後の日本が大切にしてきたものを変えることなく守り続ける一方で今の平和を考えないといけない…そんな人間らしい葛藤が描かれていたと思います。
こういうリーダーであってほしいものです。
この演技を”三流”と評する文化系の方が一流のものを作れるのか?ということが甚だ疑問です。

 一流の俳優の皆さんのリアリティーのある演技と戦後の日本が大切にしてきた”平和”に対する思いが印象的な作品でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

いつまでも ”IF” の話であり続けてほしいものです…

|

« 笑門来福40 | トップページ | 独り言集’19 7月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 笑門来福40 | トップページ | 独り言集’19 7月 »