« よろしく令和 | トップページ | 独り言集’19 5月 »

雑草魂

巨人の上原浩治投手が現役引退を発表されました。
自分は阪神ファンですけど、彼の生き方とか日本代表としての活躍とかが大好きだったので残念です。

 上原投手は高校時代は無名の選手でした。
同級生に日本ハムやメジャーで活躍した建山投手がいた為、控え投手として3年間を終え
その後、体育教師を目指して大学受験するも失敗。アルバイトで学費を稼ぎながら浪人生活を過ごします

実はこの19歳という年齢で過ごした苦しい経験を忘れないように、背番号が19番になったとも言われています。

 ここから這い上がった上原投手は大学進学と共にメキメキと頭角を現し、大学日本代表としても国際大会で最優秀投手賞を獲得したこともありました。
そして1998年のドラフトで巨人に入団―
当時は巨人か即メジャーかの選択肢で話題になりましたが、まずは巨人に入団。
1年目から20勝を挙げて巨人のエースとなりました。
特にこの年は見ていて打てる気がしなかったですね(^^ゞ

 その後も巨人のエース、そして、日本代表として活躍。先発だけでなく中継ぎ、抑えと様々な役割を担いました。
そしてFA権を行使してメジャーリーグに挑戦
当初は先発にこだわっていましたが、特にリリーフとしての活躍が印象に残っています。
ストレートやスプリットを駆使し、そして何よりも野村監督が絶賛した外角低めへのコントロール
メジャーの強打者を抑えるその投球で2013年にはレッドソックスの抑えとしてワールドシリーズを制覇
日本人初の胴上げ投手になりました。

 メジャーを渡り歩いた上原投手は2018年に巨人に復帰
『日米通産100勝100ホールド100セーブ』の達成するも翌年は開幕から2軍暮らし…
開幕当初から最後のシーズンと考えていたこともあり、今回、現役引退を決断されました

 上原投手は負けず嫌いな性格で、ルーキーシーズンの終盤にチームメイトのタイトル争いで敬遠のサインが出たときに真っ向勝負をできない悔し涙を流すほどの熱い男です。
また後輩思いの一面もあり、巨人時代のこんなエピソードもテレビで語られたことがあります。
自身が先発した試合でリードするも後輩のリリーフ投手が打ち込まれて勝ち負けつかず…
試合後にその後輩から謝罪を受けて 「打たれることは誰でもあるから気にするな」 とかばうも、後にその投手が前日の晩遅くまで飲んでたことが分かると激怒―
この経験から目が覚めた久保投手はその後、巨人の抑えを任されるほどの活躍をしました。

 また自分が上原投手の活躍で印象に残っているのは北京五輪ですね。
星野監督から全幅の信頼を寄せられ”日本の守護神”として1枠しかないアジア予選を突破―
本戦前は絶不調に陥るも、監督からの信頼は変わらず、「必ず選ぶ」と宣言され、それに応えた上原投手は外野からの不安視する声を黙らせるかのように各国の代表バッターをねじ伏せる投球で活躍してくれました。



 上原投手の座右の銘『雑草魂』―決してエリートではなかった高校時代から這い上がり、踏まれても枯れることなくより丈夫に成長していき、遂には世界を制したその姿に球団を問わず魅了されたファンはたくさんいます
実は自分もそんな一人で、座右の銘に『雑草魂』を使わせていただいております(^-^)

しばらくはゆっくりされると思いますけど、将来的に自身の経験を後輩に伝えていって熱い投手を育ててほしいですね。

長い間、お疲れ様でした。

|

« よろしく令和 | トップページ | 独り言集’19 5月 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« よろしく令和 | トップページ | 独り言集’19 5月 »