« マスコット先生23 | トップページ | 2019.3.11 »

鬼が来る―

映画『七つの会議』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

都内にある中堅メーカー・東京建電
”鬼”と恐れられる営業部長北川誠香川照之 )による”結果主義”の定例営業会議が今日も行われていた…

ノルマを達成できずに激しい叱責を受ける、営業二課の課長原島万二及川光博 )に対して、
営業部のエースとして着実に結果を残している営業一課の課長坂戸宣彦片岡愛之助 )―

かなりピリピリした空気のまま続いていく営業会議…

しかしそんな中、いびきをかいて居眠りをする男が―
営業一課の万年係長の”ぐうたら社員”八角民夫野村萬斎 )。
しかし、北川部長も何故か彼には注意をしない―

その後も勤務態度が不真面目な八角を注意し続ける坂戸課長
に我慢の限界を迎え、暴言を吐いた坂戸課長であったが、なんと八角はそれを”パワハラ”として社内で訴えることに―
誰もが坂戸課長に対して簡単な注意で終わると思っていた案件だったが…

下された処分は『坂戸課長の左遷』

訳のわからないまま営業一課の課長となった原島。
その後も八角に関わった者に対する不可解な人事が続き、寿退社直前の浜本優衣朝倉あき )と共に独自調査に乗り出すことに―

調べるうちに次々と分かっていく事実に戸惑う2人…
果たしてその真相とは―?

といった感じです(^^ゞ

 

『さすが池井戸作品』という感じの映画でした。
野村萬斎さんの現代劇はあまり見たことないんですけど独特の味があってよかったです。(これまで殿様か怪獣がほとんどだったので…(^^ゞ)

あと、今回の俳優さんって歌舞伎や狂言の方が多かったんですけど、やっぱり伝統芸能って現代とも繋がってるんだなということも感じました。(^-^)

終盤で役所広司さんとのやり取りがあるんですけど、それが結構印象に残りました。

全ての働く一般市民に捧ぐような映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

豪華メンバーの中でもやっぱり北大路欣也さんの存在感はハンパなかった…(^^ゞ

|

« マスコット先生23 | トップページ | 2019.3.11 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼が来る―:

« マスコット先生23 | トップページ | 2019.3.11 »