« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

独り言集’19 1月

もう1月も終わるんだね(^^ゞ

年末年始に寝込んでいたためか年が変わった気がしない…(^^ゞ

今月の小ネタ集です。<m(__)m>

(紅白歌合戦)

ここ最近見た紅白歌合戦の中では一番面白かったです。
大トリのサザンオールスターズの盛り上がりは凄かったです(^O^)/
ただ、それだけで終われないのが紅白なんでしょうね。
色々と言う人は少なからずいますから(^^ゞ

広瀬すずちゃんは”人生初司会”ですから不慣れなところがあってウッチャンや桜井くんに助けられる構図はあらかじめ予想できなかったのでしょうか?
初めてにしては奮闘されたと思います。
あの中居くんでさえ司会を始めた頃には周りに相当助けられてましたよ。
じゃあ、「アナウンサーの方を司会に」という意見もありましたけどNHKアナウンサーが司会の年に過去最低視聴率が出たということも事実ですのでね。

(1/1)

○テレ朝 宇賀アナ退社へ―

宇賀ロス再燃…(´;ω;`)ウウ・・・

○「格付けチェック」を見るとお正月だな~と思う(^^ゞ

今年は個人的に志村けんさんが一流になったことにちょっと感動…(^^)
レギュラー放送の頃からほぼ「映す価値なし」だったので。
そういえば12問目にして初正解(しかも独り勝ち)のときの放送をセンター試験前に見てテンションを上げてたな…(^^ゞ

(1/2)

○「とんねるずのスポーツ王」を見てるとお正月だな~と思う(^^ゞ

やっぱり『スポーツ選手×とんねるず』は面白い(^^)

(1/3)

○箱根駅伝 東海大悲願の初V

今年も色々とドラマがありましたね。
青山学院がここまで注目を集めていただけに色々と思うところはここ数年あったでしょう。
おめでとうございます(^O^)/

ただ「ケガした選手に何故そこまで走らせる?」という方もいますが、選手の気持ちを最大限までくんでの判断です。ここで初めて見たような外野がとやかく言う問題ではないと思います。先週の気持ちを大切にすることも必要です。

(1/6)

○大河ドラマ「いだてん」

まあ視聴率どうこう言われるのは大河も同じですね。
普段あまり見ない自分が見ても面白かったです(^^ゞ
2ケタの視聴率があれば十分な今の時代にしたら高い視聴率だと思いますけどね。

(1/7)

○広島、FA丸の人的補償に長野

2回ドラフトを拒否して巨人に入団したほど巨人愛にあふれていた長野選手だっただけに移籍は意外でした。
「選手冥利に尽きる」という言葉はカープファンの心を掴んだでしょうね。
鯉さんは来季も手ごわそうですね(^^ゞ

(1/8)

○西野カナ 活動休止

また充電して戻って来てください。

○GK楢崎選手、現役引退

名古屋がJ2に降格したときに「移籍したら公式プロフィールから前所属先の”横浜フリューゲルス”という名前がなくなる」と残留されたことは忘れません。
横浜フリューゲルス最後のGKが楢崎選手でよかったです。
長い間お疲れさまでした。

(1/10)

○レスリング吉田沙保里引退

最近はCMとかバラエティーでも顔を見てると戦いから離れてるような表情だったような気がします。
最後まで完全燃焼されました。
お疲れさまでした。

(1/11)

○「カメラを止めるな」地上波初放送へ―

なんか早いね(^^ゞ
見に行ったんですけど、ネタバレしてはダメなので深くは言えない…(^^ゞ

○純烈・友井 芸能界引退

夢だった紅白歌合戦初出場を果たしたメンバーやファンの気持ちを考えるとやり切れません。

○52歳 三浦カズ 横浜FCと契約更新

まさに日本サッカー界のレジェンドです。
カズさんには自分自身が納得するまでやってほしいですね。

(1/13)

○市原悦子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

日本昔話とか子供の頃からよく見ていました。ありがとうございました。

(1/14)

○市川海老蔵 十三代目團十郎 を襲名

海老蔵さんがここまでの役者さんになられたのは、今は亡き奥様の力があったと思います。
きっと天国でも喜ばれているでしょうね。

(1/15)

○元サッカー日本代表・巻 引退

「効き足は”頭”」―ドイツW杯でのサプライズ選出は忘れません。
また熊本地震のときは熊本の選手として地元を支えてくれました。
お疲れさまでした。

(1/16)

○稀勢の里引退

これまで数々の困難を乗り越えて横綱になられたので、今回も乗り越えてくれると信じていました。
ケガさえなければ…という思いはやっぱりあります。
ただこれまで相撲界を支えてきていただきました。これからは稀勢の里関のように粘り強く立ち向かっていく力士を育ててください。
お疲れさまでした。

(1/17)

○ゴチ新メンバーはノブ&土屋太鳳

ノブさんは顔を隠していたときから話し声が岡山弁のニュアンスに聞こえたので何となく気づきました。
太鳳ちゃんは寺門ジモンさんの下りをラジオで話していたので分かりました(^^ゞ
色々と言う人はいますけど個人的には応援しています。

(1/21)

○「たいむとんねる」で元モーニング娘。保田圭登場

”けめこ”はこういうイジられキャラだったな~と思いだして懐かしく見ました。
「淋しい熱帯魚」を入れたのは狙いかな?
貴さんの愛のあるイジリがまた見れてよかったです(^^)

(1/22)

○アカデミー賞候補 日本から2作品

「万引き家族」も「未来のミライ」も本命作品があるみたいですけどノミネートされた時点ですごいことですので授賞式を楽しんでほしいです。

(1/23)

○錦織圭 ジョコビッチ戦棄権

それほどまでにここまでの道のりがハードでした。
また次の機会にリベンジしてください。

○セパ交流戦 賞金総取り復活。

昨年の交流戦の結果はたしかに不可解でしたからね。
ただあらかじめ想定していなかったのかな?という思いもあります。

(1/24)

○辻&加護コンビ再結成へ―

モーニング娘。からWまで懐かしいですね。
あれから互いに色々あって成長した姿を見たいです。

○サッカー アジア杯 森保Jベスト4

VARが左右した試合でしたね。
ただこれから試合のリズムに影響することもあるかな?

○阪神・原口 ガン手術へ

としあえず今は治療に専念してください。
大変だとは思いますが阪神ファンはずっと戻ってくるのを待ち続けます(^O^)/

○ロッテ福浦 今季で引退

こんなに長くファンから愛された選手ってなかなかいないですよね。
いつまでもファンが忘れられないシーズンにしてください。

(1/25)

○とりあえずほっとした。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

M-1 2018

年末年始はドタバタだったので、忘れた頃に M - 1 の感想でも…(^^ゞ

まあ審査に関して色々と騒動がありましたけど、自分は審査員の評価を聞いていても違和感はありませんでした。
モヤモヤした気持ちを発散したかったのでしょうが、審査員の大先輩方はもちろん、チャンピオンに対しても影響を与えてしまったような気がします。
周りでいたずらに騒ぎたてる人々も出てきてしまってここまで大きくなったのは残念でしたね。
ただ大会自体は本当にいい大会だったと思います。

では気を取り直して<m(__)m>

(ファーストラウンド)

見取り図…トップバッターではなくて後半の出番だったらもっと点数が伸びたかな?

スーパーマラドーナ…ラストイヤーで気負いすぎたかな?一昨年が良かっただけにちょっと残念。田中さんの終了後の小ネタは自分の足跡を残すためか?他のコンビにやり易い空気を作る狙いがあったのか? とりあえず重たい空気を払拭してくれました。(^^ゞ

かまいたち…序盤から展開が変わっていくのかと思ったら、そのまま走りぬきました。これができたのはコント王者の実力があったからでしょうね。(^^)

ジャルジャル自らの信じた道をラストイヤーまで走りぬきましたね。中毒性のあるネタで自分も好きでした(^^)

ギャロップてっきり15年はとっくに超えていたのかと…(^^ゞ久しぶりにネタを見ましたけど落ち着いていたという印象が強かったです。

ゆにばーす…去年の評価が良かったことが悪い方に出てしまったかな?南海キャンディースが2回目の決勝進出で振るわなかったことも思いだしてしまいました。

ミキ(敗者復活)…何で敗者復活にまわったのだろうか?というぐらい面白かったです。兄弟ならではの掛け合いが見事でしたね(^^)

トムブラウン何だコイツら?!理由なく笑った。ただ”漫才”というカテゴリーでみたら評価しづらいでしょうね(^^ゞ

霜降り明星爆発起きた!終わったからいうわけではありませんが、2人とも別々にR1決勝に進出したこともあって、自分の中ではダークホースでした。

和牛…霜降り明星の直後のラストが彼らではなかったらプレッシャーで潰れてたでしょうね。最後の展開はやられました。

 最終決戦進出者…ジャルジャル、和牛、霜降り明星

(ファイナルラウンド)

①ジャルジャル『優勝』よりも『自分達の爪痕を残す』ためのネタに感じました。彼らが15年間挑戦してきた M - 1 の最後のネタに選んだ理由が何となく分かりました。

②和牛…さすがの巧みな掛け合いでしたね。笑いと共に「おー」という驚きの声も上がりました。

③霜降り明星ファーストステージの勢いそのままに突っ走りましたね。恐れることなく最後までやりきりました。

 ファイナルラウンドが終了。
3組ともそれぞれの自分らしさを出し切った決戦だったと思います。

結果…優勝は『霜降り明星』

やっぱりファーストラウンドで爆発を起こしたのが全てでしたね
せいやさんのコミカルな動きと粗品さんの切れ味鋭い一言ツッコミが見事にマッチした結果です。
ただ、惜しくも1票差で3年連続の準優勝になった和牛も優勝してもおかしくない出来だったと思います。
それだけではなくて順番など少し変化があったら全体の結果は変わった可能性があったと思います。
今年の年末がどうなるのかが今から楽しみです(^O^)/

 あと個人的に終了後の岡村さんのラジオにNONSTYLEの石田さんがゲストで出演してM-1の解説をされていたのが面白くて興味深かったです。
かいつまんで幾つか紹介すると…

○ジャルジャルのネタの入りは幾度か指摘された「漫才らしさ」を意識していた。
○ゆにばーすは自分達の演技力にあった展開だったらもっと点数が良かったかもしれない。
○トムブラウンが反則スレスレの漫才で会場の「きちんとした漫才で笑いたい」という欲求がたまっていた。そこに上手く霜降り明星が着火して笑いの爆発が起きた

こっちもこれから恒例にしてほしいです。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…58 ”岡山魂”特別編

”ハリタカ”シリーズ 第58弾

今回は…いよいよセンター試験!!

ということで…THE BLUE HEARTS の 『TRAIN-TRAIN』

個人的な思い出を言うと、大学時代に学科の友人たちでカラオケに行くと必ずラストに全員で歌ってました(^^ゞ

 さていよいよセンター試験ですね。
もうここまで来たら仲間たちとこれまでやってきたことを信じて臨んでほしいです
真剣勝負の緊張感をしっかり楽しんでベストを尽くしてください!(^O^)/
健闘を祈ります☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

虎のエンターテイナー

阪神タイガースの今成亮太選手現役引退を決断されました

 今成選手は2006年に日本ハムに入団
高卒新人ということで最初はファームでじっくりと育てられ、3年目から1軍に昇格して徐々に頭角を現します。

 そして迎えた2012年
阪神の正捕手であった藤井選手のケガもありシーズン途中に若竹投手とトレードで阪神へ移籍します

2013年には持ち前の巧みなバッティングを活かすために外野手や一塁手として出場
スタメンに定着するときもあり、阪神には欠かせない選手になりました。

その後も複数のポジションをこなし、特に掛布さんが現場に復帰してからは三塁手としての出場も増え、また、3番手捕手として出場することもありました。

しかし、金本監督の就任後は若手起用の方針もあり、出場機会が減り、2軍生活を余儀なくされます…

そして迎えた2018年ファーム日本一に貢献するもチームから戦力外通告を受け、トライアウトを受験。
捕手を含めて複数ポジションを守れることもあり、他チームの獲得を自分も願っていたのですが、獲得意思を表明したチームはなく、現役引退を決意されました…。

 今成選手は持ち前の打撃力はもちろんのこと、選手のモノマネを得意としており、雨天中止やファン感謝デーでも活躍をしてくれました。

プレーだけでなく、こういった面からもファンに愛された選手ではないかと思います。

今後は阪神の球団職員として「タイガースアカデミー ベースボールスクール」の専属コーチとしても活躍されます。
今成選手のような選手をこれから育ててほしいと思います。

無敵のパワーで さあ打ち砕け―
みなぎる闘志と鋼の魂
猛虎の雄叫びあげろ今成!!
かっとばせー!今成!

長い間お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結果発表’19

第91回選抜高校野球大会の入場行進曲が決定しました☆(予想はコチラ

平成最後のセンバツとなる今回の行進曲は…コチラです!

分かるかーーーっ!!!(゚ー゚;

槇原敬之さん作詞作曲「世界に一つだけの花」「どんなときも」です。

”平成最後”というところを持ってきましたね(^^ゞ
平成を代表する曲を選ばれたことに何の文句もございません
ただ、”SMAPの―”と言えないところには寂しさを感じます。

 さて行進曲も決まり、次はいよいよ出場校ですね
果たして「平成最後の春」にはどんなドラマが待ってるのでしょうか?!
今から楽しみです(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行進曲予想’19

さて、新春恒例・センバツ行進曲予想です(^^)

何故かここ最近は当たり外れを交互に繰り返しており…(^^ゞ

昨年は90回記念ということで大会歌「今ありて」(予想ハズレでしたが…

 今年の予想は…

DA PUMP の「U.S.A.」

 去年1年間を考えてみたらダンスも流行って、尚且つ懐かしのディスコサウンドということで幅広い世代に浸透したとみなされるかなと思い、この曲にしてみました。(^^ゞ

あと考えたのは星野源の「アイデア」や米津玄師の「Lemon」で
特に「アイデア」は悩んだんですけど、2年前に星野源くんの「恋」が採用されたのでちょっと今回は見送りました。

果たして今年はどうなる?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風のしっぽアワード’18

まあ、少しずつ更新していきたいのですが…
ここらで去年の振り返りでも(^^ゞ

果たして2018年最も読まれた記事は何なのか?

風のしっぽアワード’18―

 年を越えましたが毎年恒例なので(^^ゞ

ちなみに3回優勝で殿堂入りとなります。<m(__)m>
今のところコチラがそうです(^^ゞ

では10位から!

第10位 そして三度伯父になる―

いきなりの身内ネタ(^^ゞ
甥っ子が生まれたという記事でした。
大丈夫か?このランキング…(^^)

第9位 趣味車いじり、職業車いじり

映画「8年越しの花嫁」…今見ても感動する(T_T)
今年はどんな映画を見るかな?(^^)

第8位 独り言集’18 2月

何があった?平昌五輪?
久しぶりに見たら改めて色々あったな~と…(^^ゞ

第7位 オンバト+ 第1回チャンピオン大会

毎年思う…何で?
こういうお笑い番組がこれからも出てきてほしいですね(^^)

第6位 爆笑オンエアバトル 決勝 ’10

そして再び思う…何で?
再びお笑いブームが訪れるときまで若手芸人の皆さんには力をつけていてほしいですね。

第5位 なんか貼りたくなったので…54

ハリ・タカが入るのも久しぶりね(^^ゞ
まあ、気持ちは胸に生きていきます。

第4位 顔しか取り柄がないので…

やっぱり思う…何で?
トラさんチームは最下位でしたが、梅野選手が成長したのがこれからの期待です(^O^)/

さて、ようやく いよいよベスト3です!

第3位 クリリンのことかーーーっ!

新作映画か?その時にあったテレビ放送か?
自分が子供の頃からあったドラゴンボールが今でもこうやって映画が作られているということを改めて考えてみるとやっぱりすごい作品なんですね(^^ゞ
ちなみに2位と1票差でした(・_・;)

 ここまで来ました…(^^ゞ
ここ数年TOP2は変わっていません!!
”平成最後の直接対決”!!
果たして勝ったのは―?

第2位 応援団の心得

3年連続の銀メダル―
10年前の映画なんですよね(^^ゞ
毎年強いですね…
やっぱりガッキーは色あせないということで…(*^。^*)

 ということは…

第1位 ありがとう、安井一平選手

ぶっちぎり―
今回で3連覇ということで、2つ目の殿堂入りとなりました。<m(__)m>
高校野球も夏は100回を越えました。
地元を背負って戦うヒーロー達…これからどんな選手が出てくるのでしょうか?
今から楽しみですね。

 さて毎年恒例・最後の1曲です。
2018年は『災』が示すとおり災害の多い年でした。
ただ、そんな中でも被災地はもちろん、日本中から助けて下さる方々がいて、その中にはかつての被災地の方も「次は支える番」と力を貸して下さる場面がありました。
自分も学校の地域の防災研修に参加したのですが、「自助・公助・共助」が大事だと学びました。
この先の未来にどんなことが起こるのか分かりません。
ですが、人間は一人ではありません
周りと助け合いながら少しずつでも進んでいきましょう(^^)

というわけで最後の1曲

ももいろクローバーZの『笑一笑』

2019年もよろしくお願いいたします。(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

謹賀新年’19

皆さま、新年明けましておめでとうございます☆
本年もよろしくお願いします。<m(__)m>

年末にインフルエンザになりまして…
ここまで寝ていた年末年始も記憶になかったですね(^^ゞ
イノシシは”無病息災”の象徴でもあるそうなので今年は健康に気をつけて1年を過ごしましょう(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »