« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

独り言集’18 5月

忙しいよね~。そだね~。(^^ゞ

…今月の小ネタ集です。<m(__)m>

(5/3)

○イチロー”スペシャルアシスタントアドバイザー”就任

今シーズン試合で見れないのは残念です。ただ、来季の日本での開幕戦も想定した契約でしょうね(^^ゞ

(5/5)

○ドラマ「この世界の片隅に」主演は松本穂香さん

『海月姫』の例があるので、現時点で評価はできません。
ただ、アニメ映画を見てのんちゃんの演技をもう一度見たくなったのは事実です。
全く触れずに話が進むのもちょっと違和感がありますね。
あっ、「ひよっこ」の澄子は好きでしたよ。(^^)

(5/7)

○山口達也 契約解除

メンバーが会見する姿を見てこれ以上迷惑は掛けられないと感じたんでしょうかね。
TOKIOの曲、自分は結構好きでしたよ。
ここからどう動くかが大切ですね。

(5/8)

○Aqua Timez 年内解散

ベスト盤も持っていて、よく聞いていたので残念です。
いい形で次のステップに進んでほしいです。

(5/15)

○松岡茉優 事務所移籍

演技はもちろんですけど、バラエティーでも本当に楽しんでいる笑顔が印象的です。
映画の会見の時に泣いてたので、何かあったのかな?と思っていたのですが、このことがあったのかな?

(5/16)

○西城秀樹さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

なんか本当に今でも信じられないように感じます。
自分は「ちびまるこちゃん」で初めて知ったかな?
今の人で例えるなら?と考えてみたんですけど、上手く思いつきませんでした。
それほどまでに偉大な方だったんだなと改めて感じます。

(5/17)

○渡辺謙さん、南果歩さん離婚

今から思えば不倫疑惑が報じられた頃からだったのかな?
お二人とも偉大な俳優さんなのでいい方向に向かってほしいです。

(5/18)

○マーリンズ 田沢に戦力外通告

まだまだ戦力として必要とされると思います。
日本のドラフトで田沢ルールがあるのを初めて知りました。(^^ゞ

(5/19)

○宮崎あおい第1子妊娠

なんか久しぶりに明るいニュースを聞いた気がする(^^ゞ
お二人とも好きな俳優なんでどんなお子さんが生まれてくるのか楽しみです。

(5/20)

○『万引家族』パルムドール受賞

日本映画は「うなぎ」以来なんですね(^^ゞ
これから公開されるので楽しみです。

○朝丘雪路さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

津川さんとのおしどり夫婦が印象的でした。

○内村航平、逆転でNHK杯10連覇

やっぱり王者ですね。東京五輪の活躍も期待しています(^O^)/

(5/22)

○日大タックル問題

現役大学生にあんな会見をさせては教育機関としてダメでしょう。

(5/23)

○安室奈美恵さんに沖縄県民栄誉賞

9月には引退されるということにまだ実感がわかないです。
最後まで安室ちゃんらしく進んでください。

○普通はあんな会見したらこうなりますよね。

どこかの国の偉い方は似たような感じで話してるのにそうならないのだろうか?

(5/24)

○イニエスタ J1神戸加入

サッカーにそこまで詳しいわけではないのですが、現役スペイン代表選手が来ることは何となくわかります。(^^)
世界レベルのプレイを見る機会があるのは嬉しいですね(^^ゞ

○ハリル氏、サッカー協会を提訴

慰謝料1円とかを考えると、名誉の問題なんだろうな~と思います。
W杯直前の日本代表に対しての配慮もしていただけているんでしょうね。

(5/25)

○よゐこ濱口,南明奈結婚

めちゃイケの中で発表するかな?とも思ってたのですが、このタイミングになりましたね。
おめでとうございます!

(5/27)

○栃ノ心 大関昇格濃厚

先場所の優勝から波に乗ってますね。ちょっと色々ある角界なのでそれを吹き飛ばす活躍を期待したいです。

(5/29)

○鳥谷連続出場ストップ

正直に思っていることを言うと、この戦犯は首脳陣だと思います。

就任以降、打撃フォームを変えさせて調子を著しく崩させ、サードでゴールデングラブ賞を獲得してチームトップの打率をマークしたにも関わらず、今年はそのサードをはく奪。
昨年のキャンプでセカンドとサードを比べてみてサードに据えたにもかかわらずです。
新井選手が阪神時代にファーストでGG賞を獲得した翌年にサードにコンバートされて調子を著しく崩した姿を監督は忘れたのでしょうか?
こんな起用をしていれば調子が上がるはずがありません。
若手を育てるためなのもあるのかもしれませんが、長年チームを引っ張ってきた鳥谷選手をここまで潰すような起用は納得できません。
こんな采配でなければもっと活躍できたのではないかとさえ思います。
結果論ですが、サードのままなら衣笠選手の偉大な記録を塗り替える可能性も十分にありました。
鳥谷選手クラスなら右左は関係ありません。右投手限定で起用する方針は納得できませんでした。

本当のことを言うと今では優遇されている若手選手を素直に応援できず、凡退しろとさえ思うことが何度もあります。競争して実力で奪い取ったとは思えません。育てたいなら2軍できっちり鍛えるという考えはなかったのでしょうか?今季は自身の考えを優先してもらい、2軍監督も変わりましたよね?!
今年活躍している巨人の岡本選手は何年も2軍で鍛えられ、フレッシュオールスターでMVPを獲得し、満を持してレギュラーを獲得しました。将来を考えるなら、監督の一存でレジェンド選手をセカンドに追いやって使うよりもこういう方法があったのではないでしょうか?

長文になってしまいましたが、それだけ自分の中でチームを愛するが故にモヤモヤした気分があるんだとご理解いただければ幸いです。(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…54

” ハリ・タカ ” シリーズ第54弾!

今回は…Mr.Children の「himawari」

今年に入ってから色々な有名人の訃報を伺います。
星野監督や西城英樹さんなど今でもちょっと信じられないような悲しいお知らせを聞きました。

自分の身近でも子供の頃からよく面倒を見ていただいた近所に住むおばさんが先日、天国へと旅立たれました。
最近は会うことも少なくなっていたんですが、それでも年末に親戚で集まってついたお餅を届けたりして定期的に会う機会もありました。
会うときはいつも笑顔でいてくれて優しい太陽のような方でした。

これから自分はずっともらっていた優しさを忘れずにそれを周りに与えていけるように過ごしたいと思います。

ご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ジジイVS高校生

映画『いぬやしき』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

会社からも家族からも疎まれる初老の男性・犬屋敷壱郎木梨憲武 )。
ようやく購入した一戸建ても家族からは不評。更に医師からは胃ガンで余命3カ月と告げられてしまう…

家に迷い込んできた愛犬ハナコを飼おうとするも妻からは猛反対。
泣く泣く再び捨てようと深夜の公園を通ったところ…
UFOによる謎の光に包まれ、強い衝撃を受けて気を失ってしまい、目が覚めた犬屋敷の体は機械になってしまっていた

機械の体になってしまったことにより、家族や会社から疎外される自分の存在意義を改めて悩む犬屋敷…しかし、生物の命を助ける能力が備わっていることに気付いた犬屋敷はその能力を駆使し、重病人の治療を繰り返し、やがて彼の存在は ”奇跡の男” として世間で話題になり始め…

一方、UFOの事故に犬屋敷と共に巻き込まれていた人物がもう一人。
高校生の獅子神皓佐藤健 )。彼は犬屋敷よりも早い段階から攻撃能力を自覚し、同級生でイジメを受けて不登校になってしまった安堂直行本郷奏多 )を連れて登校。いじめっ子を力で屈服した獅子神。しかし、彼は自分と違い、恵まれた家庭を疎ましく思って民家に押し入り、無差別殺人を犯してしまう

獅子神の犯行に気付き、助けを求める直行。その声を聞き、彼の前に現れた犬屋敷。
しかし獅子神は、自らを匿ってくれた同級生・しおん二階堂ふみ )が警察による射撃から身を呈したことにより殺され日本に対して無差別で殺戮を行うことを宣言し

果たして彼ら、そして日本の運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 例のごとく原作を読んでない作品だったのですが…面白かったです。(^^)

CGが本当にすごかったんですが、役者の皆さんの演技もよかったですね
主演のノリさんもコントで培った細かい表情などの演技力を発揮してましたし、佐藤健の悪役も初めて見たんですが、静と動の両方の演技ができる役者なのでクールなタイプの演技で見事に演じてましたね(^^)
あと二階堂ふみさんは終わるまで本人だと気づきませんでしたけど、やっぱりこの人も女優なんですね(^^ゞ

あと自分に子供がいて、更に反抗期になっていたらもっと感じることがあるんだろうな~と思いました。(^^ゞ

大人から子供まで色々な見方で楽しめる映画だと思います。

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

前から思ってるんですが、ノリさんにはロケ番組か相棒の脇役をやってほしいな~って…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本気の夏、100回目。

第100回全国高校野球選手権記念大会キャッチフレーズ、並びにABC夏の高校野球応援ソングが発表されました!!

例年より発表が早い印象があるんですがきっと100回目の夏を盛り上げるためでしょうかね?!

 まずは、キャッチフレーズ果たして何かな?(^^ゞ

それは…

『本気の夏、100回目。』―

毎年恒例・タイトル通りです。(笑)<m(__)m>

キャッチフレーズ通り、選手たちには”100回続いている”という歴史をかみしめて、それに恥じないように全力プレーを見せてほしいです。(^^)

 そして…今大会を彩る応援ソングは…

嵐の『夏疾風』―

熱闘甲子園のスペシャルコメンテーター相葉くんが就任した時点でそういう予感がしていましたが(笑)、まさかの起用でしたね。(^^)
これまでセンバツの行進曲に選ばれそうで選ばれておらず、何となく甲子園とは縁がないような印象も受けていた嵐ですが、満を持して100回目の記念大会を彩ることになりましたね
解禁は来月になりますが、作詞・作曲はゆずの北川さんです。きっとこの夏をより熱くする爽やかな応援ソングになるでしょうね(^^ゞ

これまで数々の名勝負が生まれ、熱い戦いを繰り広げてきた甲子園―
歓喜の涙、そして一歩及ばずに流れた悔し涙…数え切れないほどの色々な思いがこの地で生まれました。
100回目の夏…今から楽しみです☆(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1000年先に残る物語

映画『ちはやふる ―結び― 』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

幼い頃、太一野村周平 )、新田真剣佑 )と共に競技カルタを始めた綾瀬千早広瀬すず )。
瑞沢高校入学後、太一と再会し、上白石萌音 )、肉まんくん矢本悠馬 )、机くん森永悠希 )と共に競技かるた部を結成した千早。ぶつかり合いながらも1年目で全国大会出場を勝ち取りました―

 あれから2年…

3年生となった千早たち瑞沢高校競技かるた部には新入部員として、経験者でありながら生意気な筑波秋博佐野勇斗 )、太一に一目ぼれした恋愛能でカルタに興味のない花野菫優希美青 )の2名が加入。全国大会出場を目指し、練習を重ねます

一方、福井の新もクイーン戦で千早を破り、準クイーンとなった我妻依織清原果耶 )らと共に全国大会で瑞沢高校と戦うことを目指し、かるた部を結成。

近江神宮で行われた名人位・クイーン位決定戦で再開した千早と新。
新のかるた部結成を聞き喜んだ千早だったが…

「好きや、千早」―

思わず自分の気持ちを吐露した新に動揺する千早―
そんな中迎えた東京都予選…

太一の姿がない!!―

新の告白を知り、受験に専念するために退部した太一
苦戦を強いられながらも辛くも全国大会出場を勝ち取った瑞沢高校かるた部だったが、それぞれが複雑な気持ちを抱えていた…

迎えた全国大会
決戦の地・近江神宮に着いた千早、新、そしてカルタを辞められず、ひょんなことから出会った周防名人賀来賢人 )に弟子入りし、京都を訪れた太一
果たして彼らの運命は?―

といった感じです。(^^ゞ

 えっと…メチャクチャ良かった(T_T)

主要キャストの皆さんがこの2年間で成長してたりして、もう”役を演じる”というよりも”その人そのもの”になってましたね。
映画オリジナルキャラクターが今回は出ていて心配はあったんですけど、見事にはまってました。

原作マンガが好きで、映画もずっと見てきたんですけど、終わりごろになると
終わってほしくないな~という思いも出てきました。(^^)

『青春マンガの金字塔』の名にふさわしい、熱くなる映画でした。

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

松岡茉優ってやっぱり女優なんだよな~(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今ありて

100回目の夏に向けて着々と準備が進んでいるので、ここらで春の選抜の決勝の話でも(^^ゞ

第90回選抜高校野球大会決勝戦―

90回目の頂点を決める戦いに進出したのは…

’81‐’82 のPL学園以来の”春連覇”を目指す大阪府代表・大阪桐蔭高校―

そして

2試合連続の延長戦を制し波に乗る、古豪復活を印象付けた、和歌山県代表・智弁和歌山高校―

『2000年代最強チーム』 VS 『’90年代最強チーム』という、90年の節目を飾るにふさわしい対決になりました。

 先制したのは智弁和歌山高校
準決勝の東海大相模との壮絶な打ち合いを制した勢いそのままに2点を先制します

しかし、”ディフェンディングチャンピオン”大阪桐蔭高校も相手のミスに付け込み、すぐに追い付き、試合は膠着状態に―

 均衡が破れたのは… 7回裏!

連覇を目指す大阪桐蔭高校がフォアボールを足がかりに1番宮崎選手のタイムリーで勝ち越し!!

その後、2点を加えた大阪桐蔭高校が粘る智弁和歌山高校を振り切りKKコンビを擁したPL学園以来となる36年ぶりの”春連覇”を達成しました!!

 終わってみれば ”本命校による予想通りの優勝” という形になっていましたが、その道のりは決して楽なものではなかったと思います。
特にBEST4に残った三重高校東海大相模高校優勝してもおかしくないような実力の持ち主でした。これから夏に向けてどれだけ成長してくるのか楽しみです。

 地元のおかやま山陽高校は残念ながら初戦敗退となってしまいましたが、昨夏は取れなかった甲子園初得点も取れました。この経験を活かしてほしいです。
ただ、岡山県はここ最近は新鋭校が続けて甲子園に出場しています
そろそろ伝統校も意地を見せてくる頃だと思いますよ。
100回目の夏、果たしてどこが甲子園の土を踏むのか楽しみです。

 さていよいよ100回目の夏が近付いてきました。
果たして各都道府県の代表校はどこが選ばれるのか?
そこから始まるドラマを楽しみたいと思います(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »