« 行進曲予想’18 | トップページ | なんか貼りたくなったので…52 »

熱き男

正直、今でも信じられません。

倉敷商業,明治大学,中日ドラゴンズで活躍し、監督として中日,阪神,楽天を優勝に導いた”闘将”星野仙一監督が膵臓ガンでこの世を去られました。

 星野さんは闘志を前面に押し出したプレイスタイルで”燃える男”,”闘将”として戦っていきました。
特に”宿敵”巨人に対しては並々ならぬ闘志でぶつかっていきました。

 ただ厳しい一面を持ちながらも彼はたくさんの人に慕われていました
それは、幼少期に体が弱くて不登校気味だったクラスメイトを背負って登校したり、ミスをした選手に対して再びチャンスを与えたりという、相手に寄り添った姿があったからです。
また、監督としても非常にアメとムチの使い分けが上手い監督でした。
スタッフに厳しい仕事を要求する反面、そのスタッフの奥さんの誕生日に花束を贈ったり、マスコミを上手く利用して選手をやる気にさせることもあったそうです。

 自分としてはやっぱり忘れられないのは阪神の監督時代です。

暗黒時代の真っただ中、そして、名将・野村克也監督をしても再建できなかった―
そんな中、家庭の事情で退任する野村監督の推薦もあり、阪神の監督に就任。
実は野村監督は1年目から「甘え体質」のチームを変えられるのは自分ではなく、星野監督の方が適任ではないかと思っていたそうです。
 野村監督が「種をまいた」選手たちを育て、大胆な「血の入れ替え」で戦力を整え、
迎えた2003年―
開幕からの快進撃で18年ぶりのリーグ優勝に導いてくれました。

「あぁ、しんどかった。」

満員の甲子園で行われた優勝会見での一言は忘れません。

 退任後もシニア・ディレクターとして村上ファンドとの問題の時も組織をまとめていただき、楽天の監督に就任したあとは何と言っても2013年の日本シリーズでの激闘…今でも覚えています。

 そんな星野監督が最後に願っていたこと、それは

「未来の野球界へ恩返しをしたい」―

野球をする子供たちが増えて、ますます発展させていく…
その願いは、選手や球界関係者、そしてファンで受け継いでいきたいです。

”闘将”星野仙一監督のご冥福を心からお祈りいたします。
ファンにとっても最高の監督でした。ありがとうございました。

|

« 行進曲予想’18 | トップページ | なんか貼りたくなったので…52 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

クニさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
クニさんの記事の通りですね。
本当に残念です。
部下を上手に使う上司、一般社会でも少なくなりました。
いま感じるのは、飴も鞭も使わない上司が多いのではないでしょうか。
強いものに向かっていく姿勢大好きでした。

投稿: kazu | 2018年1月 9日 (火) 09時27分

>kazuさん、こんにちは。

先頭で戦いに立ち向かっていく姿が負け癖のついていたトラさんチームを救ってくれました。

そんな星野監督が亡くなられて正直、今でも寂しいですが、その意思を継いで金本監督にはチームを率いてほしいです。

投稿: クニ | 2018年1月21日 (日) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/72637550

この記事へのトラックバック一覧です: 熱き男:

« 行進曲予想’18 | トップページ | なんか貼りたくなったので…52 »