« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

スタンド震わす気迫の一撃

日本シリーズも終わり、侍JAPANも終わり、今年の野球関係のことが大体終わったので、最後に今年引退された選手の中で一番寂しかった選手を紹介したいと思います。

阪神タイガースの新井良太選手が今シーズンをもって現役を引退しました。

自分と同い年でもあり、”力強い打撃””泥臭いプレー”が大好きでした。

 新井良太選手は2006年中日ドラゴンズへ入団
最初は2軍暮らしが続きますが、徐々に出場機会が増え、右の代打として活躍し始めます。
その後、スタメンの機会も増えていきますが、特に守備面で問題視されることもあり、1・2軍を行ったり来たりの日々が続きます。

 そして2010年のオフ水田選手とのトレード阪神タイガースへ移籍します。
当時の落合監督は「自分たちでは新井良太を育てきれなかったが、兄・新井貴浩と、慕っている金本のいる阪神だったらより育ててもらえるかもしれない」 良太選手のためを思ってのトレードでもありました。

その期待に応え、2012年一気に頭角を現します
チーム全体が不調で優勝戦線から脱落してしまいますが新井良太選手はシーズン途中から4番に定着。その長打力でチームを引っ張ってくれました
泥臭いプレースタイルは当時の和田監督好みの選手でしたね。

しかしその後のシーズンはケガに悩まされ、安定感に欠け、1・2軍を行ったり来たりが続きます…

ただ、そんな中でもその長打力や泥臭いプレイでファンに愛されました

自分が印象に残っているのは2015年の試合です。

チームが中日のバルデス投手に抑えられ、なかなか点が取れずにいた中、8回に代打で登場した新井良太選手が反撃ののろしを上げるホームラン!
9回は一丸となって同点に追い付き、最後は新井良太選手の泥臭いセンター前タイムリー逆転サヨナラ勝ち!!
良太選手が流れを変え、勝利をもぎ取った試合でした。

そして迎えた現役最終試合

チームの先輩である安藤優也投手の引退試合でもあるこの試合に水を差したくないと正式発表はされませんでしたが、最後まで代名詞の”フルスイング”を貫きました

『泥臭いプレイスタイル』、そしてその人柄から多くのファンに愛された選手でした

今年の夏に倉敷で行われたファームの試合で、最後に新井良太選手を思いっきり応援できたことは一生忘れません。

スタンド震わす気迫の一撃!
行け新井良太 お前の出番だ!!

今までお疲れさまでした。
次はコーチとして泥臭い選手を育ててください。
ありがとうございました。

さて、これでシーズンオフになりましたね。
んっ?!シーズンオフ
ということは…
あっ、ペンギン
ツバメがやってきた―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’17 11月

もう12月になるんだね(^^ゞ

去年の紅白をこの前見た気がするんだけどね(^^ゞ

今月の小ネタ集です。<m(__)m>

(11/4)

○ソフトバンク日本一

終わってみれば圧勝でしたね。
やっぱり強いチームはミスをするような気配が全くありません。
ただ、横浜の粘りも見事でした。

(11/7)

○ソフトバンク白戸家卒業なし

どういう決着をつけるのか気になってましたが、結婚するとは思わなかったな…(^^ゞ

○次期月9『海月姫』

芳根京子さん好きだし、原作もレンタルで読んでいるので楽しみなんですが…
能年ちゃんの映画版が個人的に好きだったので、それと比べてしまうかな?
興行的なあまり良くなかったみたいですが、個人的に面白かったです。(^^ゞ

(11/9)

○ユーキャン新語流行語大賞候補発表

『このハ…(以下自粛<m(__)m>)』は”忖度”で選ばれなかったんでしょうね。

○フィギュア羽生結弦ケガ

平昌にベストを合わせてほしいです。

(11/13)

○紅白歌合戦司会者発表

『LIFE』好きなんで総合司会のウッチャンが楽しみです。
オープニングはやっぱりディレクターのあの人かな?(^^ゞ
白組の二宮くんは自分と同い年…もうそんな年齢になったか…

(11/14)

○イタリア60年ぶりにW杯出場逃す

まさかでした。
W杯優勝も経験しているだけにね。

○中田翔、日本ハム残留

清宮くんに先輩の意地を見せてほしいです。

(11/16)

○紅白出場歌手決定

安室さんは出てほしい気はしますが、ちょっと難しいかな?
過去のこともあるし…出るのなら五輪テーマソングを歌った去年に出てるはずだと思うんでね。

○実写版『銀魂』続編決定

今年の映画は世界観が出てて面白かったので、是非作ってほしかったです。

(11/17)

○声優・鶴ひろみさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

ブルマ、ドキンちゃん…本当に昔からよく聞かせていただきました。
ありがとうございました。

○松井稼頭央、西武に復帰

一番いい形になったんではないでしょうか?

(11/18)

○板尾創路さん不倫報道

ワイドナショーで松ちゃんが言ってた「自分たちとは住む世界が違う、アメージングな人だ」というのが、人柄をよく表わしてると思います。
ケータイ大喜利でも無言のまま終わったときもあったしね(^^ゞ

(11/19)

○春香クリスティーン無期限休業

真面目すぎる方なのかな?
自分の人生を歩んでほしいです。

○稲葉JAPAN初代アジア王者

1試合ごとにまとまっていく感じがしました。
2020年に向けてチームとしてのレベルアップをしてほしいです。

(11/20)

○2019年朝ドラ100作目は広瀬すず

個人的に好きな女優なので楽しみです。
ただ好き嫌いの分かれる方なのでちょっと心配かな?
99作目はオーディションで選ばれそうな気がする。

(11/21)

○「るろうに剣心」作者が書類送検

新章が始まったばかりで楽しみにしていただけに残念です。

○セ新人王、中日の京田

1年を通じて活躍しましたからね。
2位が大山になったのが疑問を持たれている意見もありますけど、「1人1票」だとこういうことが起こるのかな?と思います。
”それぞれが思うTOP3を投票”だと結果が変わったのかな?

(11/22)

○吉木りさ結婚

泣きたい…
おめでとうございます。<m(__)m>

○清宮の背番号21に内定

活躍を期待します。

(11/26)

○白鵬、観客と万歳三唱

観客・力士を問わず仲間意識を強く持たれてることを感じました。
ただ品格面では批判されますよね。

(11/27)

○元サッカー日本代表・加地選手引退

ファジアーノ岡山を昇格争いをするまでに育てていただきました。
ありがとうございました。

○何故か貼りたくなったので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョレーーイ!

ガッキーと卓球したい!!\(*`∧´)/

やかましいわ!(* ̄0 ̄)ノimpact

 気を取り直して…<m(__)m>

映画『ミックス。』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

母からのスパルタ教育により”天才卓球少女”と呼ばれた多満子新垣結衣 )。
母の死後、彼女は卓球から解放された平凡な日々を送っていた

就職した多満子は会社の卓球部のイケメンエース江島瀬戸康史 )から告白され付き合うことに。このまま幸せな結婚生活が―
と思った矢先、新入社員の美人選手愛莉永野芽郁 )と江島に浮気が発覚!!
傷心の多満子は逃げるように田舎へ戻っていきます…

実家に戻った多満子は亡き母が経営していた卓球クラブへ
しかし、クラブにかつての面影はなく、残ったメンバーも全く期待が持てない者ばかり…
それでも多満子はクラブ再建打倒 江島・愛莉ペアに燃えメンバーと共に全日本卓球選手権のミックスダブルス部門への参加を決意。

 元ボクサーの萩原瑛太 )と組んで予選に挑んだ多満子だったがぶつかり合ったままの二人の結果は散々なものに…

 再びバラバラになるメンバー…しかし、それぞれの素性を語り合ううちに再びまとまりだし、来年に向けて始動!

果たして彼らの運命は?―

といった感じです。(^^ゞ

 王道の映画でしたね。(^^)
リーガルハイシリーズのスタッフがされる映画なので安心して見れました

ガッキーを始め、本当に個性豊かなメンバーを俳優さん達が見事に演じていました。
蒼井優の中国人役がすごかった…(^^ゞ

たくさん笑えてスッキリする卓球映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

天才卓球少女のモデルってやっぱりあの人だよね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっふ

いいよ!good

( ̄○ ̄;)!

あっ、失礼。無意識に広瀬すずに返事してました。(;´Д`A ```

※今回の映画とは一切関係がありません。<m(__)m>

映画『斉木楠雄のψ難』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

生まれた時から、ありとあらゆる超能力を身につけている斉木楠雄山崎賢人 )。
彼はこの超能力を駆使してバラ色の人生が… 待っているわけではなかった!
テレパシーで自然に他人が考えていることが分かり、透視によってどんなものの裏側も見れてしまう…

そんな楠雄の願い、それは超能力を使わず目立たずひっそりと普通の生活を送ること
しかし、そんな願いもむなしく、彼のクラスメイトは体力バカ燃堂力新井浩文 )、中二病海藤瞬吉沢亮 )、元ヤンを隠す窪谷須亜蓮賀来賢人 )、そして学園一の美少女で妄想しがちの照橋心美橋本環奈 )とトラブルメーカーばかり…

そして迎えた文化祭―
毎年問題が起こっていることから、今年1つでも問題が発生すれば来年から文化祭は行わないことが決定。
果たして楠雄たちの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 原作は自分の大好きなマンガで全巻集めています。(^^)
「静かな笑い」が結構好きです。
ちなみに自分が集めているマンガが実写化されるのは初めてかな?(^^ゞ

「銀魂」で見事な世界観を作り上げた福田監督が撮影されたこともあって楽しみにしていました。

見た感想としては、
斉木楠雄の世界をここまで再現していただければ大満足です☆(^O^)/
役者もこれ以上ないようなキャスティングでした
やっぱり福田監督さすがでしたね。

ただやっぱり思い入れのある作品なんで…1つ思ったのは、
他人に干渉しない楠雄が人の優しさに触れて心を少し開くときがあるのでそこも描いてほしかったかな?(^^ゞ

でも、自分の大好きなマンガを実写化してくれて、ここまで再現してもらえたことが何より嬉しかったです。(^^)

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

アニメ版も映画になってほしいな(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放課後の遊び場

 一部のマスコミで噂はあったので覚悟はしていたのですが…やっぱり寂しいですね。

「めちゃイケ」の終了が正式に発表されました。

番組がスタートした1996年―自分はまだ中学生でした
それ以来、21年間たくさん見ましたね。(^^ゞ

 印象に残った企画も一つに絞れないぐらいたくさんあります。
”桐堂学園”など浜口さんのドッキリ加藤浩二の出産ドキュメント
また大学時代の友人と飲み会でよく遊んだ「しりとり侍」「数取団」もありました。
矢部っちの披露宴中継岡村さんのオファーシリーズなんてのもありましたね。(^^)

 もちろん、楽しいだけではなく悲しい出来事もありました。

山本さんの不祥事や岡村さんの休業―

ただ、そんな事件もメンバーのチームワークで乗り切って行きましたね

27時間で加藤さんが相方への思いを吐露し、岡村さんの休業の時もメンバーの本気の話し合いをしていました。

そんな深い関係があったからこそ岡村さんは「めちゃイケ」で仕事復帰―
メンバー同士の友情を見ながら泣きました。

 総監督から番組終了を告げられたとき…
これほどまでに番組愛のある岡村さんはあえて冷静にふるまったんだと思いました
来週はメンバーに報告していく流れです。それぞれのメンバーがどういう表情をするのかが気になります。最後の極秘プロジェクトの内容も気になりますね。

特に近年は視聴率に苦戦して色々と言われていましたが、
最後はめちゃイケらしく、”全力でアホなこと”をやってほしいですね。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »