« 2017年7月 | トップページ

栄冠は誰に輝く?! ’17

いよいよ開幕した第99回全国高校野球選手権大会

明日、初陣を飾る岡山県代表・おかやま山陽高校 その対戦相手は…

福島県代表・聖光学院高校

戦後最長の11年連続出場を続ける、言わずと知れた甲子園超常連校です。

今年の福島県大会でも全て3回までに先制し、先手必勝で勝ち進んできました。
層の厚い投手陣・長打力のある切れ目のない打線―

福島県大会11連覇の示す通りの強豪校だと思います。

 しかし、おかやま山陽高校は岡山県大会で岡山南玉野光南岡山学芸館創志学園といった甲子園出場校を直接倒して切符を勝ち取りました

7試合中6試合で2ケタ安打、そして、小松・大江の2枚看板で岡山県大会をまさに”下剋上”で制しました。

特に決勝戦で創志学園相手に5点差を追いつき、引き分け再試合を制した勢いを持って、
岡山県代表として、しっかりとぶつかってきてほしいです!(^O^)/

 今大会は開幕戦から熱戦が続いてますね。(^^ゞ
どの代表校も各都道府県を背負って戦っています
熱いドラマはまだまだ続きそうですね。(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

晴れの国からいざ参る!’17

いよいよ全代表校が出そろい、開幕を待つばかりの甲子園―

7月28日―

99回目の今大会の岡山県大会決勝に進んだのは…

4季連続出場を目指す創志学園高校

そして

悲願の初出場を目指すおかやま山陽高校

今や言わずと知れた甲子園常連校となった創志学園と、近年力をつけて大会によってはシードされることもあった、おかやま山陽高校―

相撲で言うなら、”東の正横綱に伸び盛りの小結がぶつかっていく”といった感じですかね(^^ゞ

 試合は序盤、創志学園のペース

5点を取り、試合を優位に運びます。

センバツの悔しい思いを晴らすべく、甲子園を目指す創志学園―
終盤には守備固めをし、盤石の試合運び…かと思いきや…

”挑戦者”おかやま山陽高校の打線が爆発します!!

8回に一挙6点を取り、一気に試合をひっくり返します!

勝負あったか?!―と思いきや、さすがの創志学園
土壇場9回に再逆転!
更に粘るおかやま山陽高校がその裏に追い付く!

激しい打撃戦となった決勝戦は8-8のまま、お互い譲らず延長戦へ―

しかし迎えた11回…

何と突然の雨が―

結局このまま降雨コールドとなり岡山県大会史上初の”決勝引き分け再試合”!!

迎えた7月29日―

勢いに乗っていたのは…”挑戦者”おかやま山陽高校でした!!

 前日に追い付いた勢いそのままに創志学園投手陣を攻め立て9点を挙げ、試合を優位に進めます。

更に前日も投げた大江投手が8回まで強力創志学園打線をノーヒット
8回を終えたところで足がつり、代わった有本投手も9回2アウトまでノーヒット

しかし…

さすがは3季連続出場の創志学園。
土壇場で意地を見せ、2点を返します!

ところが反撃もここまで。

その後を抑えた、おかやま山陽高校が悲願の春夏通じて甲子園初出場を果たしました!!

 正直、この結末を予想できた人はほとんどいないと思います
近年力をつけてきた学校とはいえ、自分も今年行くとは思っていませんでした。

 おかやま山陽高校は数年前に当時の監督による部活動中の不祥事があり、それを機にチーム作りを変更。部員全員を県内から集め、海外での指導経験もある堤監督による柔軟な指導により段々と力をつけてきました

 空手の強豪校としては全国的にも有名で、実は小中学校の時に空手を習っていた自分は夏に全国の小中学生を集めて行う合宿に参加したことがあります
その時に経験させてもらったのですが、メンタルトレーニングや高校生の部員の方による指導もありました。
当時の空手の監督も昔からチームを強くするために全国で練習試合を行ったり、色々な取り組みをされていたそうです。

ひょっとしたら、そのノウハウが伝わっているのかもしれませんね。(^^ゞ

全国大会でも”挑戦者”として思いっきりぶつかっていってほしいです!

おかやま山陽高校の皆さん、おめでとうございます☆
全国での活躍を期待しています!!

そして、岡山の高校球児の皆さんお疲れさまでした。
それぞれの思いを継ぎに活かしてください。

さて今年ももうすぐ熱い戦いが始まりますね。
どんなドラマが待ってるのでしょうか?!―

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ