« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

わたしはここで生きている。

映画『この世界の片隅に』を見てきました。(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

広島市江波に住む浦野すずのん )。絵を描くことが大好きな彼女は幼少期から座敷わらしや化け物に会うなど不思議な経験を積み重ねます―

 そんな彼女も18歳になり、突然縁談が持ち上がります
自分で結論を出せないまま話は進み、1944年2月 軍港の街として栄える呉へとお嫁にやって来たすずさんは、見知らぬ街で新しい生活が始まります―

 心優しい両親や厳しい義姉、そして、かわいらしい姪っ子の晴美に囲まれるすずさん。
配給物資が減らされる中でも工夫し、食卓をにぎわせ、毎日の暮らしを積み重ねていきます―

 しかし、戦局は徐々に悪化…すずさんも次々と大切なものを失っていきます。
そして迎えた1945年の夏―

果たしてすずさんたちの運命は?

といった感じです。(^^ゞ

 うまく説明はできないのですがいい映画でした。

戦争映画は正直苦手な分野なんですがそんな中でも懸命に楽しみながら生きる方々の様子がよく分かりました。
また全てを一瞬で失う残酷さもね。

 主人公の声を務めた、のんちゃんの声もすずさんのほんわかした雰囲気にうまくマッチしていて良かったです。
また、この子の演技を見たくなりました。

 満足度の高さも納得の映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆

いつまでも戦後であってほしいものです。
先人の方々の思いを受け継ぐことは今を生きる者の義務ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’17 5月

色々と書きたいことはたまってるんですけどね…

若干昇進したこともあってか時間が…

せめて小ネタ集だけでも<m(__)m>

(5/1)

○G大阪・遠藤、19年ぶりにベンチで幕。

ベテランの域に達しましたけど、まだまだ日本サッカーに必要な存在だと思います。

○辰吉丈一郎7月に初孫誕生へ

まだ現役にこだわる姿は自分は好きです。応援しています。

(5/2)

○ココリコ田中・小日向しえ離婚

おしどり夫婦の印象があったのでびっくりです。
田中さんの番組にサプライズでしえさんがメッセージを送っていたりしていたので…

(5/3)

○こういう日に特に思います。作られた方々が子孫たちにどういう世の中にしてほしいと思ったのかを―

少なくとも東京五輪をこの目安に利用されるのは決して気分はよくありません。

(5/4)

○ローマの王子・トッティ引退へ―

中田選手が在籍時から活躍されていましたが、長い間お疲れさまでした。

(5/6)

○9点差逆転!!

今の打線は状態がいいですね。ただ、この先に投手力に頼るときが訪れるでしょうから、その時に向けて状態を上げてほしいです。

(5/7)

○楽天・岸、ブーイングに負けず勝利

ライオンズファンからしても愛あるが故の行動だと思います。

(5/8)

○文章を熟読するだけで全てが伝わるのなら、LINEやメールが原因のトラブルは何故起きるのでしょうか?

(5/9)

○のん、美大への進学を検討中

またこの子の演技を見たいです。プラスになる経験を色々してほしいです。

(5/12)

○ガリガリガリクソン飲酒運転容疑で逮捕

誰かがケガをする事故がなくてよかったということだけです。

○ロッテ涌井、6被弾

ちょっとロッテの歯車が狂っていますね。誰かが流れを変える活躍をしてほしいな。
個人的に一度噂があったゴメスを獲得してほしいかな?!

(5/14)

○KinKiドラマ20年ぶりに復活

見てたドラマだけに続編は嬉しいですね。宝生舞さんは引退されましたけど、ワンシーンぐらい出てくれたら…
何気にもう20年経ってたなだね(-_-)

○セ初 2度目のサヨナラ満塁ホームラン

苦労人・大松選手の活躍はチームを超えて嬉しいですね。

○アキラ100% 週5のバイト卒業

色々と言われることもあるようですが、真似させないようにするしつけは誰がするのでしょうかね?

(5/15)

○高野連、初の女性理事誕生へ―

今や女性ファンも多くなってますからね。
ただ、何でも頭ごなしに否定するようなことはしてほしくないので、いいアイデアを出してほしいです。

(5/16)

○「FA大和残留」をトラ総帥厳命

2015年の日本シリーズでの守備力を見てもわかるように、大和は必要な戦力です。
個人的にも残ってほしいです。

○「LOVELOVE愛してる」16年ぶりに復活

懐かしいですね。シノラーの女子がクラスにいました。
もう16年も経ってたんだ…(-_-)

○眞子さま、ご婚約へ―

おめでとうございます。一般人のようにデートしていたことに驚きです。

(5/17)

○トップの意向で何でも方向は決まるんですね。
「道徳」が教科としてこれから評価されるようになるんですよね?!

(5/19)

○池脇千鶴、14年ぶりに民放連ドラ

映画では見る機会が多かったので、正直、驚きました。
個人的に好きな女優さんです。

○日ハム・大田、自己最多の5号

巨人でのプレッシャーがいい意味で軽くなりましたね。

(5/20)

○ボクシング村田、判定負け

実況・解説が共に勝利を予想していただけに驚きました。
審判の採点については分かりませんが、再戦でリベンジしてほしいです。

(5/22)

○ご自身の立場を踏まえた上での「いいね」なんでしょうか?

また個人的に怖いのは、これが事実ならネット上での意見の中に関係者が大量に投稿していて、世論を操作している可能性が少なからずあるということです。

(5/23)

○オリックス奥浪、免停中に人身事故

期待していた選手だけに残念です。しっかりと反省していただきたい。

○頭のいい皆さんなんで、問題点を残しているまま通過したときに起こりうる事態は予想できそうなんですけどね。

(5/24)

○鳥谷、顔面にデッドボール

連続出場記録が途切れなくてよかったということだけです。
事故なので吉川投手もきちんと謝罪していただきましたし、長引かないようにしてほしいですね。
過去には自分のエラーを「ちゃんと取ってます。カメラが壊れてたんじゃないですか?」などと言っていた選手もいたので少し心配しました。(^^ゞ

(5/25)

○陣内智則、結婚へ―

結婚式であの曲は流れるのでしょうか?

(5/26)

○吉本新喜劇史上初の女性座長誕生へ―

酒井藍さんはスペシャルでも主役されていたりしたので、この抜擢は良かったと思います。
女性ならではの新喜劇を見たいですね。

○宮里藍、今季で引退へ―

ゴルフにあまり詳しくない自分でもその挑戦や優勝を嬉しく思える存在でした。
長い間お疲れさまでした。

(5/27)

○藤浪、再調整へ

日本一になるためには、藤浪の成長は不可欠です。
再昇格して成長した姿を見せてください。

○Bリーグ初代王者は栃木

これからどんどん盛り上がってほしいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »