« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

独り言集’17 4月

やっぱり新年度は忙しいね。(・_・;)
若干昇進もしたし…(^^ゞ

じゃあ、終わる前に小ネタ集です。<m(__)m>

(4/2)

○ヤクルト鵜久森、代打サヨナラ満塁ホームラン

済美高校の4番としてセンバツ優勝した頃から見ていたので嬉しいです。
ツバメさんでもう一花咲かせてほしいですね。

(4/3)

○2019年大河ドラマ、中村勘九郎&阿部サダヲW主演

大河ドラマはあまり見てないんですけど、興味がありますね。

○「山の神」柏原、引退

彼の箱根駅伝の走りにどれだけの人が魅了されたことか…
お疲れさまでした。

(4/4)

○吉本新喜劇の中山美保さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

「若さが吸い取られる~」の下りが好きでしたね。(^^)
たくさん笑わせてもらいました。ありがとうございました。

○阪神-ヤクルトで乱闘

一昔前ではよくあったんですけどね。
後に残らないことを願うだけです。

(4/9)

○ケータイ大喜利、12年で幕

毎週録画して見てました。ラジオみたいな感覚で見れる番組でした。
ただ驚くほど普通どおりに終わったので、またひょっこり始まりそうな感じもしますね。(^^ゞ
スマホ版に生まれ変わってね。(^^)
長い間ありがとうございました。

○アンジャッシュ渡部&佐々木希 結婚

前日の報道の様子から「行列―」で発表するのかと思ってたらその通りでしたね。(^^ゞ
「行列―」でのイジリが好きだったけど、もう見れないのかな?
分かり切った上でのサプライズ発表だったので、司会がアノ人のままだったらどう切り込んでいたかな~と思ったり…

○元ヤクルト岩村引退

本当に燃え尽きるまで戦う姿、自分は好きです。
お疲れさまでした。

(4/11)

○芳賀優里亜さん結婚

丸顔美人の方で好きでした。おめでとうございます!

○浅田真央、引退

ここまで日本中から愛されたアスリートがいたでしょうか?
本当に長い間お疲れさまでした。
指導者になって次のエースを育ててほしいですね。

(4/13)

○清水良太郎 賭博報道で謹慎

応援していただけに残念です。また反省して復帰してほしいです。

○「人は見た目が100%」

色々と言われていますが、「あなたは美人じゃないので主演して下さい」なんてオファーを出せるはずはなく…個人的には見続けるような気もするドラマです。(^^)

(4/17)

○「チア☆ダン」連続ドラマ化

映画が面白かっただけに楽しみです。

(4/18)

○来年の夏の甲子園、福岡から2校

気がつけば来年は第100回なんですね(・_・;)
改めて第80回大会で優勝した松坂ってすごいんだな~と思いつつ、どんなドラマが待っているのか楽しみです。

(4/19)

○鳥谷連続出場記録単独2位

おめでとうございます。
トラさんチームの頼れるリーダーです。
サードの守備はまだまだ慣れないところも多いので、ある程度は織り込まないといけませんが、宮本選手のように選手生命はまだ続いていけると思います。

○高校野球タイブレーク11月に結論

個人的には反対かな?
一生に一度かもしれない晴れ舞台でもしタイブレークの点数で負けてしまった選手の気持ちを考えるとやりきれないでしょうね。
もし導入となっても、少なくとも準決勝以降は導入してほしくないかな?

(4/22)

○「スマステ」香取&中居共演

なんか見てて嬉しかったです。(^^)

○フィギュア日本、3大会ぶり団体V

今回は特に負けられない理由がありましたからね。(^^)
おめでとうございます!

(4/23)

○フィギュア村上佳奈子、引退表明

”ポスト浅田真央”というプレッシャーが本当に大きかったと思います。
お疲れさまでした。

(4/26)

○MLBで華麗な走塁

映画『メジャーリーグ2』を思い出したのは自分だけでしょうか?(^^ゞ

(4/27)

○高校野球春季東京都大会 早稲田実業優勝

歴史に残る乱打戦でしたね。やっぱり清宮は千両役者。
ただ、日大三高がエースを温存していたことが気になりますね。甲子園を2度制した小倉監督だけに不気味ですね。夏を見据えたかな?

○中村紀洋 高校野球コーチに就任

波乱万丈な野球人生を送っただけにどんな選手を育てるのか楽しみです。

(4/28)

○ソフトバンク川崎、1軍昇格

やっぱりムードメーカーは必要ですね(^^ゞ

○シジマール登録抹消

カズさんの最年長記録を超えるかと注目されましたが、やっぱり話題だけなら出るべきでないという敬意があったんでしょうね。同じ時期を現役で戦っただけにね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

胸の中にあるもの

終了から1カ月近く経ちましたね…<m(__)m>

第89回選抜高校野球大会―

その決勝戦に進出したのは…

大阪府代表・大阪桐蔭高校

そして…

大阪府代表・履正社高校

 史上初の大阪決戦となった今大会―ベスト4に残った学校も報徳学園、秀岳館と関西の選手の多い学校でした。ここ数年、春は関西勢が強いですね。(^^ゞ

 試合は序盤、大阪桐蔭高校ペースで進行。
先制から追加点を挙げていき、3-0とリードします。

 しかし、神宮大会の覇者・履正社高校も反撃!
8回裏に3点を挙げ、試合を振り出しに戻します

同郷対決なだけに互いに知り尽くした相手です。
今まで以上に負けたくない意地があったことでしょう。

 迎えた9回表…
1アウト2塁で大阪桐蔭高校は代打・西嶋選手

レフトスタンドに飛び込む!ツーランホームラン!!

結局、この一打で勝負あり。
その後も追加点を挙げた大阪桐蔭高校が8-3で見事に藤浪投手を擁した2012年以来の2回目の優勝となりました。

 ”春は投手力” とも言われますが、今大会は特に注目のスラッガーが多かったためか打力が目立った大会となりましたね。また、”大阪同士の決勝戦””2試合連続引き分け再試合” など史上初の出来事も多かった印象があります。

引き分け再試合が連続で起こったことから、ちょっと議論が巻き起こりつつある「タイブレーク制の導入」ですが、個人的にはあまり賛成ではないですね。
もちろん、投手の体を考えることも大事ですが、タイブレークで取られた点数で負けてしまった学校の球児の中には納得しきれない思いが生まれてくると思います。青春全部かけて白球を追いかけた当人たちが納得するような勝負の決め方を考えることも大切ではないでしょうか?

 さて、センバツが終わり、いよいよ夏に向けて各チームが動いていますセンバツ決勝で戦った2校ですが、夏に大阪代表になれるのはたった1校です。
また、決勝が大阪対決となったことで各地区で代表になった学校も思うところがあると思います。
また、テーマソングも自分の好きな高橋優さんが担当することが決まりました
今年は曲作りの様子も配信されます。(コチラ)毎年名曲が戦いを彩ってくれます。
どんな曲になるのか楽しみですね。

今年の夏も熱くなりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

がまだせ!くまモン7

 あの地震からもう1年が経ちましたね。

前回の記事「旅に出る」と一言残したまま終わっていました―

どこに行ったのか?というと…熊本です。

 本当はもっと早く行きたかったんですが、生徒の受験のこともあってなかなか時間が取れませんでした。
地震から約1年経った3月にようやく訪れることができました。

 妹はお正月に帰省してくれたのですが、実際に熊本で会うのは実は結婚式以来だったりします。
久しぶりに会う姪っ子たちも元気いっぱいでした。(^^)

 妹の住む地域は比較的被害も少ない場所だったのですが、それでも未だに屋根にブルーシートが掛かってある家も目に留まりました。

 そしてみんなで一緒に行った熊本城

P1070632


離れた場所からしか見れませんでしたが、やっぱり震災の傷跡が残っています
ただ、たくさんの人が訪れており、バスの中では熊本出身のコロッケさんの”モノマネアナウンス”も流れていました。
熊本県の方にとって、このお城がどれだけ大きな存在なのかということを改めて感じました。

 そして今回、 ”少しでも自分にできることを”― と考えた結果、事前に調べて復興城主にならせていただきました。
「大切に使わせていただきます」―係の方に言われた言葉が印象的です。

もらったパンフレットに書かれていた言葉…

もういちど、立ち直る。
今よりもっと、強くなる。

 今回、出発前の自分には 「少しでも助けになれれば…」 という思いがあったのですが、実際に訪れてみて、逆にこっちが助けられることばかりでした

熊本駅のバス案内の方に丁寧に行き方を教えていただき、また、バスの中では前の席に座っていたお祖母さんが、咳が止まらなかった自分に咳止めをくれました

本当にこの街には、たくさんの温かい人がいるということに改めて気付きました。

 復興にはまだまだ時間がかかるかもしれません。
ですが、熊本は必ず立ち直ります。
そのために自分もできることを少しずつやっていきます

そして、また機会があれば熊本を訪れたいと思います。
姪っ子ともまた来て遊ぶと約束しましたのでsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心根ひとつで―

岡山県倉敷市児島が舞台のアニメ映画『ひるね姫』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

岡山県倉敷市児島に住む森川ココネ高畑充希 )はいつでもどこでも眠れることが特技(?)の女子高生。幼い時に母親を亡くし、今は小さな自動車修理工場を営む父・モモタローと2人で暮らしています。

そんなココネは最近不思議な夢を見るようになりました。その夢の中では、小さい頃に父親が話してくれた機会作りの国”ハートランド”の姫君・エンシェンとして冒険し、鬼を退治しようとしています―

 そして東京五輪開幕を3日後に控えたある日…なんと突然モモタローが警察に逮捕!
そこまでの悪事を父親が働いたとは信じられないココネ―疲れ果てて家に帰った彼女が眠ると、また”ハートランド”の夢が!!

 そして目覚めたココネのもとには夢の中に出てきた人物とそっくりな謎の来訪者が…

「今朝からこの夢、現実と繋がっとる」―

そう思った彼女は、幼馴染の大学生モリオと共に父親を救うために東京へと向かうことを決意。

果たして彼女たちの運命は?―

といった感じです。

 やっぱり地元・岡山が舞台の映画ということで見に行きました。

スクリーンから岡山弁が聞こえるのはちょっと不思議な感覚でしたね。(^^ゞ
あと見たことある風景をアニメで綺麗に描いてもらえたのは嬉しかったです。

 予想していたストーリーとは違った感じの物語でしたが、それも新鮮味があって面白かったです。(^^)
あとから確認したら意外に豪華なメンバーが声優されてましたね。(^^ゞ

 児島の風景や親子の絆が描かれた映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

東京五輪…果たして現実ではどうなるのかな?(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明るく素直に美しく

映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』を見てきました!(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

県立福井中央高校に入学した友永ひかり広瀬すず )は、中学時代から憧れる同級生の孝介真剣佑 )を応援したいという目的のためだけにチアダンス部に入部する

しかし彼女を待ち受けていたのは鬼顧問の早乙女薫子先生天海祐希 )による厳しいスパルタ指導だった―
『全米制覇』を目標とするチアダンス部での毎日の厳しい特訓に早々と退部していく部員たち…
「踊っているときの笑顔」だけは褒められるひかりはチームメイトの彩乃中条あやみ )の存在もあり、何とかチアダンスを続ける決意をします。

 厳しい指導に耐え、時にはぶつかり、励まし合っていく仲間たち…

果たして彼女たちは目標とする『全米制覇』を達成することができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 自分の好きな王道の青春映画でした。
ベタな展開もあったのですが、それでも結構楽しめました
自分の中学校の時の部活の顧問の先生が体育の先生でハードな練習もあったので、それも思い出したかな?(^^ゞ

 広瀬すずちゃん『ちはやふる』の好演の印象もあってか、やっぱりこういう王道青春映画のヒロイン役が似合いますね。(^^)

 元気をもらえて救われる映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

今回はまった一言…「セカンドです。」 映画で確認を<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…51

新学期早々仕事がたてこみ…(-_-)

いつも通り遅くなりましたが、今年度のスタートは ” ハリ・タカ ” で―

51回目となる今回は…SPEEDの『Breakin'out to the morning』

まあ、50回記念がモーニング娘。だったので、新たなスタートとなる51回目同じく自分ら世代のアイドルであるSPEEDで行こうと思いました。(^^)
大好きだったな…(^^ゞ

新年度が始まりました。
1つ学年を送り出したので、今年からは新しい学年を見ることになりました。
実際に絡むのは初めての子も多いので、どんな風になるかは分かりませんが、色々と”とりあえずやってみよう”と思います。

また、新しい立場にもなって色々と大変なこともありそうですが、

先日のWBCで日本代表を率いた小久保監督は現役時代に王監督から
「困難が訪れたら”成長する機会を与えてくれてありがとう”と考えよう」―
という言葉を頂いたそうです。

悩むこともあると思いますが、楽しみながらやっていこうと思います。

では明日からの新学期、自分らしくやっていきましょうか?!(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »