« 相手にとって不足なし’17 | トップページ | R-1 2017 »

侍たちの軌跡

WBCが終わりました。

色々な意見もありますが、日の丸を背負って堂々と戦った選手たちにまず「お疲れさまでした。」という言葉を贈りたいです。

それぞれが普段はあまり慣れないポジションや打順を務めたり、ケガをおしての出場などチームのために一丸となって戦う姿は感動的でした。1戦1戦まとまって行くチームはやっぱり強いです。

 準決勝のアメリカ戦ではたしかに菊池選手や松田選手のミスから得点を許す場面もありましたが、ここまでの快進撃は彼らの活躍のおかげです。菊池選手の守備にはどれだけ助けられたことか…

また小林捕手の成長もかなり大きかったです。広陵高校時代に佐賀北のがばい旋風にやられた印象もありましたが、本当に今回の活躍は嬉しかったです。これから手ごわい相手になりそうです。

 負けてしまった悔しさはありますが、4回目にしてようやく各国が本気になってきてくれたことは嬉しいです。開催前は今回限りかという噂が出るほどでしたが、過去最高の盛り上がりを見せて次回開催を前向きに検討されるようになった一因は侍JAPANの活躍もあったと思います。
WBCを初めて開催するときに賛否両論があっても王監督が”第1回目”をすることに意味がある」といっていた言葉の重みが出てきました。

 また今回初めて日本代表を常設するようになり、小久保監督のプレッシャーはかなり大きかったと思いますが、その姿や覚悟を見た選手はまとまることができました。

 次回のWBCまでにはメジャーリーガーの積極的な参加外国のムービングボールへの対策をきちんと解決して世界一を奪還してほしいですね。

侍JAPANの皆さん本当にお疲れさまでした。

|

« 相手にとって不足なし’17 | トップページ | R-1 2017 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/70051903

この記事へのトラックバック一覧です: 侍たちの軌跡:

« 相手にとって不足なし’17 | トップページ | R-1 2017 »