« 2017年2月 | トップページ

相手にとって不足なし’17

いよいよ本日開幕する第89回選抜高校野球大会

岡山県代表・創志学園の対戦相手は…

福岡県代表・福岡大大濠高校

プロ注目のエース・三浦投手古賀捕手のバッテリーを中心に九州大会を劇的なサヨナラ勝ちで制したチーム
また打者も大型スラッガーの東選手など打力のある選手が揃っている総合力のかなり高いチームです。
ちなみに博多華丸さんの母校でもあるそうです。(^^ゞ

あなどれない相手ですね。

 しかし、創志学園岡山大会3位から勝ち上がってきた高校で、県大会1位の関西高校を中国大会で破りました。名将・長澤監督を中心に対策を講じて戦ってくれることでしょう
また、エースの難波投手など昨夏の甲子園を経験している選手が多くいるのは心強いです
昨秋からチーム自体もパワーアップしてきました。
好ゲームを期待します!!

 また、今大会は初日から”日大三-履正社”、更には”明徳義塾-早実”など注目のカードが目白押しです。

いよいよ数時間後には熱戦が始まります。
今から楽しみです☆(^O^)/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

マスコット先生15

早いものでマスコットの癒し系(?)動画15回目

シーズン4にして遂にある事実に気づいてしまいました!?

 

ウチのマスコットのこと書いてないじゃん?!(^^ゞ

というわけで、今回は…我らがトラさんチームのマスコットトラッキー師匠のチアダンス!

…まあ、人生色々で落ち込むことがありながらも進まなければならないときってありますよね(笑)( ̄▽ ̄)
失恋しながらも全力ダンス…
これがプロの仕事か…(笑)coldsweats01

球場ではスタメン紹介で選手のモノマネもしているので機会があればそちらもアップしようかな(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今更それ聞く?

映画『君と100回目の恋』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

日向葵海miwa )は瀬戸内に住む女子大生。
何でも完璧にこなす幼馴染長谷川陸坂口健太郎 )らと共にバンドを組み、海外留学を目前に控えています。

 7月31日― 自分の誕生日に行われたライブがうまくいかず落ち込む彼女は放心状態のまま歩いていると交通事故に!!
遭ったと思った瞬間、気がつくと教室にいた葵海。
日付は事故の1週間前。
しかも次々と起こるのは彼女が一度経験していることばかり

不思議に思っている中、陸が口を開く―

「秘密を教える。俺、時間を戻せる。」

実は陸は時間を遡るレコードを使い、何度も葵海の運命を変えるべく時を戻していたのだった。

 お互いの思いに気づいた二人。恋人としてやり直すために1年前に戻る
周囲が羨むカップルとして幸せな日々を送る2人。
しかし、陸のタイムリープには重大な秘密が隠されていた…

果たして2人の運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 miwaの曲をよく聞きます。オールナイトニッポン(miwaナイト)も聞いていました。(^^ゞ
それと舞台が岡山県の牛窓ということで見に行ったのですが…好きな映画でした。(T_T)

最近はこのタイプの映画はあまり見なくなっていたのですが、良かったです。
大学生活っていいな~と改めて思いました。(^^)

ライブシーンはさすがに本職ですから見ごたえがありましたね。

あと『orange』のときも思ったのですが竜星涼の一途な役が似合っていました

音楽や牛窓の魅力も満載の映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆

見終わったあと映画に出てきた場所を周ってみたり…(^^ゞ
ただ
近所のうどん屋が出てきたときはビックリした(゜-゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.3.11

 東日本大震災が発生してからもう6年が経つんですね。

この1年、熊本での地震もありましたが、東日本大震災の教訓を活かして行動して下さる方々がいて本当に嬉しかったです。
新聞の縦読みで「今度は支える番」と書いてくれたときは自分も感動しました。

 でもその反面、東北の被災地から避難してきた人たちに対するイジメや差別が明るみになるような悲しい出来事もありました。

自分たちに関係のないところで被害にあった方々がどういう気持ちで避難してきたかということをしっかり考えていただきたい。また、それをしっかりと教えていただきたいと思います。

 一定の時期に区切りをつけることも大切だとは思いますが、自分はまだまだ微力ながらも自分にできることをしていきたいと思うので、今年もこの日に記事を書かせていただきました。
まだまだ風化させるわけにはいかないと思います。
「これしかできない」ではなく、「これならできる」と考えて動いていきたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笑門来福31

今年初のお笑い動画です。<m(__)m>

WBCいよいよ開幕!

ということで今回は…とんねるずの細かすぎて伝わらないモノマネ選手権より『今日のホームラン』

それにしてもみんな完成度が高い…
山田哲人のモノマネの人は初めて見たけどすごいね…(^^ゞ

さて4年間って早いですね。
目標は”世界一奪還”―
ここにきてケガなどで心配事が増えましたが、そもそも今までのWBCだって万全で臨んだことはありません。
現段階での日本最強メンバーが揃いました。
1戦1戦まとまっていけば自ずと道は開けると思います!

何よりも日本の選手が一丸となって世界と戦う姿が楽しみです!
しっかり応援します☆(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

結 -ゆい-

前任校の卒業式にも行ってまいりました。(^^ゞ

 中等部の時の卒業式に出たので、高等部はどうしようかな~?と思っていたのですが、
たまたま外出先で出会った教え子に誘われたので出席することにしましたhappy01

 3年前の中等部卒業式(この時)では、後ろの方の席で人知れずこっそりと見送ろうとしたところ、着いてすぐバレてしまったので、今回こそはひっそりと…

と思っていたところ、前日の晩に突然の電話が―

「卒業式に来ると聞いたけど、”元職員”ということで、来賓として出席を

ラ・イ・ヒ・ン…?(゜-゜)

正式に参加させていただきました。<m(__)m>

まさか自分の人生で『来賓』として行事に参加する日が来ようとは…(^^ゞ

 翌日―『来賓』として参加させていただいた自分は、もちろん丁重に扱っていただきました。

「すみません、胸につける花を間違えたのでこちらと交換を…」(^-^;

 

「すみません、控室を間違えていました。こちらのお部屋に移動を…」(゚ー゚;

「ご来賓の紹介をさせていただきます。

 

………

 

………

 

『元職員』 ○× 様―」

名前マチガエラレタ…(;´д`)

来賓として丁重に扱っていただきました。(^^ゞ

 自分が転勤後もこの学年とは不思議な縁で繋がっていました
たまたま会った教え子に誘われたんですけど、なんだかそれも必然だったような気がします。(^^)

中学生の頃には毎日のように追いかけまわしていた彼らの成長した姿を見れて良かったです。

また、卒業式のあとに会った子に
「中学時代の苦しかった頃に先生が支えてくれました」嬉しい言葉をかけてくれる生徒もいました。

実は中学生を教えたのは彼らが初めてでした。
手さぐりの連続でしたけど、こういう風に思ってくれている生徒がいて本当に良かったです。

卒業おめでとう!
また会いましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青春賦

教えている生徒の卒業式がありました。

自分が赴任してから4年間ずっと教えていた学年です。
4年も教えることは中高一貫校でしか経験できないことですが、自分の中でも今までで最長ですね。(^^ゞ

 中学の頃から色々なことを一緒に経験してきました。
沖縄修学旅行、体育祭優勝、文化祭での模擬店成功…
担任も3年間もつことになりました。ほとんど担任の経験がなかったので、手さぐりで大変なこともありました。
もちろん叱ることも多く、悩むこともありましたが、こんなに関わることができて良かったです。

 卒業式直前まで実感が湧かず、まるでドラマのワンシーンを撮影しているような気分もしました。
ただ、さすがに本番になったら変わりましたね。

 予行練習までは慣れない雰囲気に戸惑っていたり、名前を呼ばれても返事をしんかったりと不安もつきまといましたが、最後はみんなこの式の意味をしっかり考えてくれました。
堂々とした姿に成長を感じました。

 送り出す立場なので最後まで泣かないようにはしていたのですけど…
答辞はやっぱりヤバいですね。(T_T)
特にずっと一緒にいた子だったので、涙ながらに思い出を話されたらもうダメでした。
自分が今までやってきたことが間違っていなかったような気もしました。

 式が終わったあとの最後のLHR―

「一番苦手なことをします…。ノープランで話します―。」

最後は正直な気持ちを伝えたかったので、そうしました。
あと正直、忙しくて考えがまとまっていなかったこともあったのですが…(^^ゞ

思いつくままに話したのですが、やっぱり思い出はたくさんあります。
話題には事欠かなかったですね(^^)

彼らのおかげで自分も赴任当初とは全く違う状態に今はいます。
彼らを教えられて本当に良かったです。

ただ生徒の人生はこれからが本番です。
これからも人との”縁”を大切に生きてほしいと思います。

卒業おめでとう!
また会いましょう☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ