« 独り言集’16 1月 | トップページ | 役者はそろった’16 »

幸せのトンボよどこへ

この人の名前に”容疑者”がついていることに寂しさを感じます。

 清原和博容疑者が覚せい剤所持で逮捕されました。

このブログでも何度か書きましたが、

敵・味方を問わず、野球ファンを魅了してきた選手だけに衝撃は大きいです。

 PL学園での『KKコンビ』の活躍はたくさんの甲子園を目指す球児たちの憧れの的でした。
「甲子園は清原のためにあるのか!!」という名実況も生まれるほどの大活躍は当時をリアルタイムで見ていない自分もわかるようなことです。

 その後、ドラフトで西武ライオンズへ。
1年目から4番バッターを務め、西武の黄金時代を築きました。
日本シリーズでの巨人戦で日本一寸前に流した涙は今でも語り継がれています。

 そしてFAで憧れの巨人へ。
ケガやプレッシャーとの戦いでもありました
それでもファンには愛され、オールスターではノミネート外の選手でありながら票を集め、その年のセントラルの監督である星野監督が推薦して出場。
その男気に応えてMVPも獲得しました。

また、藤川投手に対してストレートを要求。これを機に藤川はバッターに対して開き直ってストレート勝負をするようになりました。
そのカリスマ性から色々な選手に影響を与えるような存在でした。

 晩年はオリックスに移籍。
故・仰木監督から「お前の花道は俺が作ってやる」という言葉に誘われて久しぶりに地元・関西での野球。”逆転サヨナラ満塁ホームラン”を打ったこともありました。

そして引退―多くのファンが涙し、仲間たちが駆けつけてその花道を飾りました。

 現役時代には敵・味方関係なしに後輩をかわいがっていた印象です。
引退試合の対戦投手である杉内投手には、その時のボールに「最高のストレートをありがとう」というメッセージを添えてプレゼント。
また、ドラフトで意中の球団でない西武から指名された松坂投手には「西武に入団するべきだ」とメディアを通してアドバイス。
引退した選手には、「テレビで話す用に球界の裏話を教えてあげようか」と言ったこともありました。
仲間からも愛されるような選手でした。

 それだけに週刊誌でウワサが出たとき真実ではないように信じていましたが、今回の逮捕となりました。

捜査時に抵抗しなくてすぐに認めたことは、もしかしたらどこかで誰かに止めてほしかったのかもしれません。

本当に衝撃が大きくて寂しい限りですが、
今回の逮捕で人としてやり直せるようにしてほしいです。

|

« 独り言集’16 1月 | トップページ | 役者はそろった’16 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

クニさん (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゜☆]
PL学園時代からのファンでした。巨人へ移籍した時は悲しかったです。西武で最後を飾ってほしかった。
元巨人の清原といわれるのがすごく嫌いです。背番号5は似合わなかったです。
本当は寂しがり屋なのかもしれませんね。
お子さんが野球をしていると聞きましたが、負けないで続けてほしいです。

投稿: Kazu | 2016年2月 4日 (木) 21時25分

>Kazuさん、こんばんわ。

自分が野球を見始めた頃は清原は西武の4番バッターでした。
そんなに野球を知らなくても、その名前だけは知ってるような存在でした。

西武一筋だったら変わってたのかもしれなかったなと思います。

お子さんにはやっぱり続けてほしいですね。

投稿: クニ | 2016年2月13日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/63779626

この記事へのトラックバック一覧です: 幸せのトンボよどこへ:

« 独り言集’16 1月 | トップページ | 役者はそろった’16 »