« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

独り言集’15 11月

気がつけば今年もあと1カ月…

今月は気持ち早目な更新で。<m(__)m>

(11/1)

伊藤淳史がパパに 第1子誕生

やっぱりチビノリダーの印象がありますね(^^ゞ

(11/3)

学校へ行こう 復活放送でV6涙

やっぱり懐かしかったですね。(^^)
「未成年の主張」で出てきた先生の気持ちはわかります。
軟式グローブが好きでした。(^^ゞ

(11/4)

お笑い芸人チョコレートプラネット ひったくり犯捕獲

体が自然に動いたようですけど、前から知ってる芸人さんがこういうことをされるのは嬉しいですね。

(11/8)

7人制ラグビー リオ切符獲得

初めて見ましたけどスピード感もあって面白かったですね。
オリンピックでの活躍も期待します!

(11/10)

ムロツヨシ 喉の手術で入院

NHKのコント番組「LIFE」で診察を受けてましたよね。
役者としても好きな方です。(^^ゞ

巨人3選手は無期失格 NPB案

膿を出し切って再発防止に努めてほしい―それだけです。

(11/11)

○マートン退団。

赤星選手が引退してすぐに入団してきてトップバッターの穴を埋めてくれました。
正直、まだ見たかったのですが残念です。
次のステージがどうなるかはわかりませんが、応援しています。
ありがとうございました。

48歳カズ 11づくしの契約更新

この不屈の闘志はやっぱり自分の憧れです。

(11/12)

○360°モンキーズ杉浦、独立L合格

ものまねでよく見てますが、自身も経験者だったんですね。(^^ゞ

(11/14)

上原、来季はセットアッパー

これからも活躍を続けてほしいです。

○藤川球児、阪神復帰

とりあえずは再びタテジマのユニフォームを着てくれて嬉しいです。
若手の模範になってください。

(11/16)

○阿藤快さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

昔テレビで「団体でご飯を食べて会計のときに全員分を払わされるはめになったら…」というドッキリをかけられた時に、
ドッキリが始まる前に自らレジに行って支払われたことがありました。
ケータイ大喜利での声のお題も大好きでした。

中居の野球リポート 絶賛の声

内野5人を見つけて実況の邪魔をしないように伝えたのは見事です。
サヨナラタイムリーの価値も上がりましたね。

(11/17)

白鵬 まさかの猫だまし2発

ルール上は立派な技なんですが、横綱はやっぱりがっぷり組む余裕がほしいですね。

(11/18)

ごきげんよう終了へ 放送31年

最近は見る機会は減ったのですが、昔はよく見てました。
ごきげんようの前身の番組からね。(^^ゞ
最後まで完全燃焼してほしいです。

関根麻里が出産 勤は大喜び

おめでとうございます☆
仲のいい一家になりそうですね。

DeNA、G戦力外の久保を獲得

環境が変わればまだまだ活躍できるかもしれませんね。

(11/19)

有村架純&高良健吾 月9に主演

高良健吾さんは自分の大好きな俳優さんです。
どんなドラマになるかな?

○『M-1グランプリ』決勝進出コンビ8組が決定

個人的にはタイムマシーン3号を応援しています☆

オコエが入団合意 背番号は9

将来の侍JAPANを背負って立つような選手になってほしいですね。
オープン戦が楽しみです。

(11/20)

○北の湖親方のご冥福を心よりお祈りいたします。

(11/21)

○プレミア12終了

小久保監督としても初めての真剣勝負だったので、これを継ぎにつなげてほしいです。
2年後のWBCでリベンジです。

トラさんからも選ばれるような選手が育ってほしいです。

(11/22)

○明石家さんまさんへ1000円札にメッセージを書いた女性の話

テレビで初めてこの話を聞いたのですが、感動的でしたね。
学生時代にラブレターを書くのが恥ずかしくて千円札なら使われていくうちにいずれ本人に届くかもしれないと思い、書かれたのが本人の手元に…
ラストに一番盛り上がりましたね。(^^ゞ

(11/23)

○ゆるキャラGP、家康くん優勝

やっぱり地元は強い!
色々生まれてますね(^^ゞ

○FA高橋聡文 阪神入りで合意

左の中継ぎとしてだけでなく、その経験を若手に教えてほしいです。

(11/24)

○KAT-TUN田口淳之介が来春脱退

リーガルハイとかでの演技が好きだったのですが、
自分もアラサーなので何となく気持ちがわかる部分もあります。
納得する方向に進んでほしいですね。

○プロ野球ベストナイン発表。

やっぱり頼りになるキャプテンです。(^^ゞ
福留選手も今年の活躍は頼りになりました。

(11/25)

○「下町ロケット」で快さん追悼シーン

阿部寛さんの粋な計らい、阿藤快さんの誰からも愛される人柄を感じます。

(11/26)

○紅白歌合戦 出場歌手が決定

なんとなく去年から白組の司会はイノッチかな~?と思ってました。
総合司会は黒柳さんなんですね。(^^ゞ
久しぶりの小林幸子さんのステージも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコット先生9

日本シリーズもプレミア12も終わりました。

侍JAPAN、最後は悔しい結末になりました
イニング途中から投入できる中継ぎピッチャーを招集していたら… と素人ながら思いました。
今回のメンバーだったら牧田だったかな…(^^ゞ
でもまだまだこれからの選手が多いので、監督も含めて2年後のWBCへの糧にしてほしいです。

さて、シーズンオフになったので今年も参りましょう!
『マスコット先生”シーズンⅢ”』!!

シーズンオフの期間限定でマスコットの癒し系動画を…(目標4回更新)

 シーズンⅢの開幕を務めるのはもちろんこの方

”我らが大エース”つば九郎先生ジャビットとのイス取りゲーム対決

見事な”兄妹の連係プレー”での勝利(^^)

ヤクルトの日本シリーズ進出もあってフジテレビへ連日出演された今シーズン。
シーズンオフも話題を振りまいてくれることでしょうね(^^ゞ

こんな感じで更新していきます。<m(__)m>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

好きだーーーっ!

映画『俺物語!!』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

男が惚れる『男の中の漢』剛田猛男鈴木亮平 )。
いかつい外見から女子には敬遠されるが、心の中はピュアな高校1年生
その男気は男子から絶大な信頼を置かれます。

親友のイケメン砂川誠坂口健太郎 )と一緒にいたある時、街中で不良にからまれて危機に陥っていた女子高生・大和凛子永野芽郁 )を助けた猛男は、大和のかわいさに一目惚れ。
しかし後日、3人で再び会った際、大和は砂川のことが好きなのだと察する

落ち込みながらも大和と砂川の仲を取り持とうとする猛男。
そんな大和の本当の気持ちは…

果たして猛男の運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 何となく気になって見に行ったのですが面白かったです。(^^)
こういう映画も久しぶりに見ましたね。

鈴木亮平さんはすごいですね。
『天皇の料理番』では病気でやせていく兄の役をした後に、体を鍛えてこの役ですからね。

本当に見た後に元気になるような映画でした。

興味のある方は是非どうぞ☆

自分もどちらかと言えば猛男よりの人間なので…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

届けよう、本を―

映画『図書館戦争 THE LAST MISSION 』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

近未来の日本―
国家による思想検閲、メディア規制が横行する世の中になっていた…

それに対抗するために結成された『図書隊』”本を読む自由”を守るために彼らは戦うのであった。

そんな図書隊に属する笠原郁榮倉奈々 )は自身が入隊するきっかけを作ってくれた、憧れの教官・堂上篤岡田准一 )にしごかれながらも同期の手塚光福士蒼汰 )や柴崎麻子栗山千明 )らと充実した日々を過ごしていた。

 ある日、図書館内で焚書(本が燃やされる)事件が発生。
笠原にも共犯の疑いがかけられ、尋問を受ける事態に
そんな彼女に、手塚光の兄図書隊解散を目論む手塚慧松坂桃李 )が接近。すんでのところで堂上教官に救出されたものの、慧の計画はまだ序の口だった…

 そんな中、関東図書隊に新たな指令が―
”表現の自由”をテーマとする芸術展で展示される、この世に1冊しかない「図書館法規要覧」を全隊員で”メディア良化隊”から警備することに

しかし、これこそが慧の本当の計画であった。
次々と策略にはまり倒れていく図書隊員たち…

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 とても見ごたえのある映画でした。(^^)
前作は設定を理解するのにちょっと時間がかかりましたが、今回は前作と直前のドラマを見ていたのですんなりと話に入っていけました。

 24時間TVで亡くなられた高倉健さんが、岡田くんのことを「ようやく骨のある俳優が出てきてくれた」と評していただいたそうですが、映画を見ているとその評価も分かるような気がしました。

 ” LAST MISSION ”ですけど、続きがあったら見たいかな?^_^;

興味のある方は是非どうぞ☆

榮倉奈々はこういう明るい女の子役が似合ってますね(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

友情・努力・勝利

映画『バクマン。』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

高校生の真城最高:サイコー佐藤健 )は将来に夢を持たず、流されるままに日々を送っていた。
彼の叔父は、かつて週刊少年ジャンプで連載していた川口たろう宮藤官九郎 )。
叔父の仕事場は小さい頃のサイコーの遊び場だったが、川口たろうは過労がたたって亡くなってしまった…。

 そんなある日、思いを寄せているクラスメイトの亜豆美保小松菜奈 )を描いた似顔絵を見た、クラス1の秀才・高木秋人:シュージン神木隆之介 )に「俺と組んで漫画家にならないか?」と誘われるサイコー。
声優を目指す亜豆とも「お互いの夢が実現したら結婚する」ことを約束し、漫画家を目指すことを決めたサイコー。

 かつて川口たろうが連載していた週刊少年ジャンプへの掲載を目指し、初めて描いた漫画を集英社に持ち込んだ2人。
そこで出会った編集者の服部山田孝之 )に見出されるも、弱冠17歳で手塚賞入選を果たした天才新妻エイジ染谷将太 )が彼らの前に現れる。
エイジの作品「CROW」は連載が決まり、またたく間にジャンプの人気作品に―

 次々とライバルたちの連載も決まり焦るサイコーとシュージン…
そんな中、彼らは一筋の光を見つけます

「天才でない俺たちは”邪道”で勝負するんだ!」―

果たして彼らの運命は―?!

といった感じです。(^^ゞ

 原作はジャンプで連載していた頃から大好きな作品でした。

各キャラクターをイメージにあった演技派の役者さん桐谷健太さん、皆川猿時さん…)がされていたので違和感なく見れました。

ただ面白かったんですけど、やっぱり思い入れのある作品なので仕方がないと分かっていても設定変更にちょっと思うところがありましたね。

でもトータルで「バクマン。」の世界を十分に表してくれている作品でした。

興味のある方は是非どうぞ☆

エンドロールの演出が好きでしたね。
大場つぐみさんの正体は…暗黙の了解で。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »