« On Your Side | トップページ | 第3のS »

小さなガッツマン

阪神・オリックスで活躍した平野恵一選手が現役引退を発表しました。
好守に渡り活躍してくれた闘志あふれる選手でした。

 2002年にオリックスに入団。
俊足を活かしたバッティングや好守でチームに貢献しました。

 しかし、2006年の試合でファウルフライを深追いしフェンスに激突選手生命を脅かしかねない重症を負いながらも捕球したボールは離しませんでした。

 このケガでシーズンを棒に振った平野選手は2007年オフに濱中選手らとのトレードで阪神へ。
当時の岡田監督が濱中選手をトレードで放出することに難色を示しながらも「交換が平野だったら…」 と要求をしたこともその要因です。

移籍後は主に2番として活躍。また赤星選手の負傷後は1番バッターを任されることもありました。
また二塁手や外野手としてファインプレーで何度もチームを救ってくれました
2008年にはカムバック賞も受賞しました。

 その後、上本選手らの台頭や西岡選手の獲得もあり2013年からはFAでオリックスに復帰。
しかしケガの影響もあり出場機会は激減。
今季をもっての引退を決意しました。

 オリックス時代に練習見学に来た子供たちに対して

「こんな小さな身体のボクを見て、頑張れば自分もプロ野球の選手になれるんじゃないか、と思ってくれているチビッコたちにひとこと言いたいと思います……そんなに甘かねぇぞ!

と発言したことがありました。
小柄ながらも目一杯のプレーをし続けて活躍してきた平野選手だからこそ言えることだと思います。

白球とらえて
突撃だ平野
期待にこたえる
ガッツでいこうぜ!

長い間お疲れさまでした。
ありがとうございました。

|

« On Your Side | トップページ | 第3のS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/61732719

この記事へのトラックバック一覧です: 小さなガッツマン:

« On Your Side | トップページ | 第3のS »