« Close your eyes | トップページ | 小さなガッツマン »

On Your Side

終わってから1か月近く経ちますが、100年目を迎えた今年の高校野球選手権大会色んなドラマがありましたね。

 特にベスト4に残った学校はどこも個性的な選手が多く、特色のあるチームでした。
オコエ選手らを擁する関東第一高校清宮選手が旋風を巻き起こした早稲田実業高校
正直、どこが優勝してもおかしくなかったです。

 そんな最終決戦に進出したのは…

開幕前より”優勝候補”の呼び声も高かった小笠原・吉田の2枚看板を擁する神奈川県代表・東海大相模高校―

そして

東北地方悲願の頂点を目指す佐藤世那投手を擁する宮城県代表・仙台育英高校―

 序盤に主導権を握ったのは45年ぶりの優勝を目指す東海大相模高校

初回から佐藤投手を攻め、一時4点のリードを奪います。

しかし、徐々に反撃を開始する仙台育英高校

6回。小笠原投手を攻め、2アウト満塁
追い込まれながらも粘る1番佐藤将太選手―

応援の輪が球場中に広がり…

走者一掃の同点タイムリー3塁打!!

必死の粘りが甲子園を味方につけ、遂に6-6の同点に追い付きます!

 その後は両エースによる投手戦

東北の歴代球児たちの届かなかった悲願への思い、そして、激戦の神奈川県を長年争い、この夏をもって勇退された横浜高校・渡辺監督への敬意

そんなものも背負っていたのかもしれませんがもうここまで来たら両投手のなかにあるのは”優勝したい!”という一心でしょう。

 迎えた9回表
東海大相模の先頭バッターは小笠原選手

その初球!!!

チームの思いを乗せたフルスイングの一打は伸びてスタンドへ―!!!

このホームランが決勝点となり、東海大相模高校が10-6で100年目の甲子園を制しました!!!

 ”優勝候補”と目された中での戦いは本当に大変だったと思います。
ですが、チーム一丸となって掴んだ45年ぶりの栄冠本当におめでとうございます!

 また準優勝の仙台育英高校も堂々とした戦いぶりでした
またしても東北の悲願まであと一歩届きませんでしたが、きっとその日が近いということを感じさせる戦いでした。お疲れさまでした。

 その後に行われたW杯での活躍を見ていると、この選手たちがプロに入って世界と戦っていく―
そんな将来が楽しみになってきました。

球児の皆さん、本当にお疲れさまでした。
これからの活躍に期待します!!(^O^)/

|

« Close your eyes | トップページ | 小さなガッツマン »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

クニさん (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゜☆]
東北勢同士の対戦が・・抽選が少しずれていれば、東北勢同士の決勝戦もありうる展開でしたが、優勝旗を待ち焦がれていた東北の皆さんには残念でした。
小笠原投手への初球、握力が無くなっていたのでしょう・・・高めの棒玉に見えた瞬間・・・・
来年こそは東北の喜びを見たいです。

投稿: kazu | 2015年9月21日 (月) 22時09分

>kazuさん、こんばんわ。

もう来年のセンバツに向けて秋季大会が始まってますね。
全国的に強豪校と新鋭校が入り乱れているような気がします。
東北に優勝旗を持ち帰るような学校も近いうちに出てきそうな気がしますね。(^^ゞ

投稿: クニ | 2015年10月 3日 (土) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/61700120

この記事へのトラックバック一覧です: On Your Side:

« Close your eyes | トップページ | 小さなガッツマン »