« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

独り言集’15 9月

なんか今年は例年以上に忙しく感じる…何でだろう?

えっと…今月の小ネタ集です。<m(__)m>

(9/5)

○吉澤ひとみ婚約

モーニング娘。は学生時代のアイドルで4期生はデビュー当時から見てたんですけど、もうこういう年齢になったんだな~。おめでとうございます☆

47歳中山雅史 JFL沼津入りへ

なんかゴンさんらしい熱い展開ですね。

(9/7)

○ドラマ「釣りバカ」スーさん役は西田敏行さん

なんとなくそんな感じもしてました。
亡くなられた三國連太郎さんも喜んでるような気がします。
どんなドラマになるか楽しみです。

○里田まいさん妊娠

おバカキャラだったんですが、結婚されてからはマー君を支えられている印象が強いですね。
元気なお子さんを生んでください。

(9/9)

V6学校へ行こう! 7年ぶり復活

懐かしいですね。
B-RAPとか好きでした。軟式グローブが特にね。(^^ゞ

(9/11)

TOKIO国分 元TBS社員と結婚

おめでとうございます☆
ジャニーズで結婚できるのは1グループに1名のみという都市伝説は崩れましたね。(^^ゞ

(9/13)

○「デスノート」映画続編来年公開

ドラマも色々とありましたが、主演の窪田くんの演技とかも結構好きでした。
映画は前作からどうつなげるのか楽しみです。

(9/14)

セ・リーグ「誤審」認め謝罪

ここまで混戦だとこの1点は大きいですね。
”幻のホームラン”といい、今年はよく92年のシーズンを思い出すような出来事が多いですね。

(9/17)

○ソフトバンク、パ・リーグ史上最速の優勝

セ・パを通じてぶっちぎりでしたね。
CSはどうなるかな?

(9/20)

○ラグビー日本代表・南アフリカ撃破

大金星ですね。
自分は小学校の時の担任の先生がラグビーをしていたこともあって色々と縁があることもあったのですが、すごいですね。

(9/21)

○谷繁監督、お疲れさまでした。

横浜時代、大魔神・佐々木投手と共に日本一に輝き、中日時代は黄金期を支えてくれました。
また、兼任監督になってからは岡山で試合があるときは毎試合「代打オレ」をしてくれてうれしかったです。

○小笠原選手、お疲れさまでした。

勝負強い打撃は相手からしたら脅威でした。
日本ハム時代、移籍した片岡選手の後を継いで3番バッターを務め続けるなどの男気も印象的です。

(9/23)

○中村GMのご冥福を心よりお祈りいたします。

自分が野球を見始めたときの阪神の監督が中村監督でした。
92年暗黒時代だった阪神が奇跡的に優勝争いをした年です。
クラス中の男子が阪神を応援していました。
自分に野球の魅力を教えていただいてありがとうございました。

○西武・西口投手、お疲れさまでした。

ノーヒットノーラン未遂を3回もした投手は後にも先にも西口さんぐらいかな?(^^ゞ
レオのエースとしての活躍すごかったです。

(9/24)

○川島なおみさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(9/26)

○中日・山本昌引退。

トラさんチームはよくやられました。
50歳まで現役で登板されるのは並大抵のことではありません。
お疲れさまでした。

今年は特に名選手の引退が多いですね。寂しい限りです。

(9/27)

○初代・磯野フネを演じた麻生美代子さん、長い間お疲れさまでした。

○森本ひちょり選手、お疲れさまでした。

最後の攻撃「ひちょりに回せ!」というベンチからの思いでチーム一丸でつないだ姿は印象的でした。新庄さんから魂を受け継いだ選手がいなくなるのは寂しいですね。

○ヤクルトM 3点灯

ここまできたら行ってほしいですね。
トラさんの可能性はなくなったので。(T_T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第3のS

映画『S-最後の警官- RECOVERY OF OUR FUTURE』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

SAT,SITに続き、生きたままの確保を目的とする”第3のS”として創設されたNPS
発足以降、数々のテロ事件や捜査で実績を積み上げてきた…

そんな中、都内でバスジャック事件が発生
そのバスには”ポセイドン”こと海上保安庁所属特殊警備隊『SST』の倉田隊長の息子が―

犯人からの要求はなく、違和感を覚える一號向井理 )、林イルマ新垣結衣 )らNPSの面々。
そんな時、太平洋沖で巨大輸送船が何者かによって乗っ取られた!
しかも、その輸送船には日本全土を焼き尽くすほどの核燃料が―

隊長の息子のバスジャックの件が解決していないSSTに代わるべく蘇我伊織綾野剛 )らSATがSSTの船に乗り込むが主導権をめぐって対立

そんな中、閣僚が集まる官邸に犯人と名乗る人物からの電話が。
その声は…
一號の因縁の相手・国際テロリストの正木圭吾オダギリジョー )―

果たして彼らは事件を解決し、日本を救うことができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 ドラマは途中から見ていました
ただ見てなくても最低限の設定さえ知っていたら十分楽しめる映画だと思います。

生身のアクションシーンも迫力があって面白かったです。
向井理さんって何でもできますね。(^^)

見た後スッキリする映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆

(自分が「合同」の授業でよくやること)

「これは合同かな?」(^^)

【自分の写真】    【向井理さんの写真】

…(・_・)エッ....?

「これ合同?」(^^)

…(・_・;)

「これ合同?」(^^)

…(゜_゜)

「これ合同よな?!」(`Д´)

…合同です。(ノ_-。)

失礼しました。<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小さなガッツマン

阪神・オリックスで活躍した平野恵一選手が現役引退を発表しました。
好守に渡り活躍してくれた闘志あふれる選手でした。

 2002年にオリックスに入団。
俊足を活かしたバッティングや好守でチームに貢献しました。

 しかし、2006年の試合でファウルフライを深追いしフェンスに激突選手生命を脅かしかねない重症を負いながらも捕球したボールは離しませんでした。

 このケガでシーズンを棒に振った平野選手は2007年オフに濱中選手らとのトレードで阪神へ。
当時の岡田監督が濱中選手をトレードで放出することに難色を示しながらも「交換が平野だったら…」 と要求をしたこともその要因です。

移籍後は主に2番として活躍。また赤星選手の負傷後は1番バッターを任されることもありました。
また二塁手や外野手としてファインプレーで何度もチームを救ってくれました
2008年にはカムバック賞も受賞しました。

 その後、上本選手らの台頭や西岡選手の獲得もあり2013年からはFAでオリックスに復帰。
しかしケガの影響もあり出場機会は激減。
今季をもっての引退を決意しました。

 オリックス時代に練習見学に来た子供たちに対して

「こんな小さな身体のボクを見て、頑張れば自分もプロ野球の選手になれるんじゃないか、と思ってくれているチビッコたちにひとこと言いたいと思います……そんなに甘かねぇぞ!

と発言したことがありました。
小柄ながらも目一杯のプレーをし続けて活躍してきた平野選手だからこそ言えることだと思います。

白球とらえて
突撃だ平野
期待にこたえる
ガッツでいこうぜ!

長い間お疲れさまでした。
ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

On Your Side

終わってから1か月近く経ちますが、100年目を迎えた今年の高校野球選手権大会色んなドラマがありましたね。

 特にベスト4に残った学校はどこも個性的な選手が多く、特色のあるチームでした。
オコエ選手らを擁する関東第一高校清宮選手が旋風を巻き起こした早稲田実業高校
正直、どこが優勝してもおかしくなかったです。

 そんな最終決戦に進出したのは…

開幕前より”優勝候補”の呼び声も高かった小笠原・吉田の2枚看板を擁する神奈川県代表・東海大相模高校―

そして

東北地方悲願の頂点を目指す佐藤世那投手を擁する宮城県代表・仙台育英高校―

 序盤に主導権を握ったのは45年ぶりの優勝を目指す東海大相模高校

初回から佐藤投手を攻め、一時4点のリードを奪います。

しかし、徐々に反撃を開始する仙台育英高校

6回。小笠原投手を攻め、2アウト満塁
追い込まれながらも粘る1番佐藤将太選手―

応援の輪が球場中に広がり…

走者一掃の同点タイムリー3塁打!!

必死の粘りが甲子園を味方につけ、遂に6-6の同点に追い付きます!

 その後は両エースによる投手戦

東北の歴代球児たちの届かなかった悲願への思い、そして、激戦の神奈川県を長年争い、この夏をもって勇退された横浜高校・渡辺監督への敬意

そんなものも背負っていたのかもしれませんがもうここまで来たら両投手のなかにあるのは”優勝したい!”という一心でしょう。

 迎えた9回表
東海大相模の先頭バッターは小笠原選手

その初球!!!

チームの思いを乗せたフルスイングの一打は伸びてスタンドへ―!!!

このホームランが決勝点となり、東海大相模高校が10-6で100年目の甲子園を制しました!!!

 ”優勝候補”と目された中での戦いは本当に大変だったと思います。
ですが、チーム一丸となって掴んだ45年ぶりの栄冠本当におめでとうございます!

 また準優勝の仙台育英高校も堂々とした戦いぶりでした
またしても東北の悲願まであと一歩届きませんでしたが、きっとその日が近いということを感じさせる戦いでした。お疲れさまでした。

 その後に行われたW杯での活躍を見ていると、この選手たちがプロに入って世界と戦っていく―
そんな将来が楽しみになってきました。

球児の皆さん、本当にお疲れさまでした。
これからの活躍に期待します!!(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Close your eyes

一言だけですけど。

70年間守ってきたことって、こうやって変えていいのかな?という思いがあります。
根幹を変えるようなことなので、専門家の中でも意見が分かれるようなことをリーダーの方が勝手に約束をして押し切るというやり方はちょっと思うところがありますよね。
中には教え子の声を無視した方もおられますが、主権者の声を聞いてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あるよ。

映画『HERO』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

ネウストリア公国大使館の裏通りでパーティーコンパニオンの女性が死亡する交通事故が発生。
東京地検城西支部の久利生公平検事( 木村拓哉 )は事務官の麻木千佳北川景子 )と共に事故を起こした運転手を取り調べたところ…かつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子松たか子 )が現れた。

この事故の被害者は検事になった雨宮が追っていた広域暴力団による恐喝事件の重要な証人だったのだ。
久利生と雨宮は合同捜査を開始するが…大使館には日本の司法が及ばない「治外法権」が存在し、大使館は全く応じない。
それでも諦めずにアプローチを試みる久利生。
すると事態を重くみた外務省の松葉圭介佐藤浩市 )からの圧力が…

果たして彼らはこの事件を解決することができるのでしょうか?!

といった感じです。(^^ゞ

 『HERO』らしいチームワークの良さが出てましたね。(^^)

松たか子さんも産休前の撮影でしたが、久しぶりのコンビも健在でしたね。
また続編を作ってほしいです。(^^ゞ

HEROらしい、爽快感の残る映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆

牛丸次席(角野卓造)そっくりの娘さんやっぱり、あの人でしたね。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »