« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

独り言集’15 8月

毎月思うんですよね。もう少し早めに書こうって…

でもできないんですよね。(^^ゞ

という訳で今月の小ネタ集です。<m(__)m>

(8/4)

○泉政行さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(8/5)

○ソフトバンク、優勝マジック点灯

セはどうなるかな?
どこかで流れを決める試合が来るんでしょうね。

(8/6)

○吉本新喜劇の花紀京さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(8/9)

○yuiさん、双子出産

またこの人の音楽が聞きたいですね。

ハリルJ 屈辱の東ア杯最下位

ちょっと悪い流れが続いているのでどこかで立て直してほしいですね。

(8/10)

新相棒 反町の名は「冠城亘」

一応、名前のルールがあるようです。(”か”で始まって”る”で終わる)
どんなコンビになるかな?

(8/11)

澤穂希が結婚発表 一般男性と

おめでとうございます☆
ただ全国の独身にとっては肩身が狭くなるわけで…(^^ゞ

上原 右手首骨折で今季絶望

じっくり治してまたクローザーとして活躍してほしいです。

(8/13)

○テレ朝・大木アナ妊娠

バラエティー番組でのくりぃむしちゅーとのコンビが好きでした。
元気なお子さんを生んでください。

岩隈 ノーヒットノーラン達成

おめでとうございます☆
ただ久しぶりに達成する選手が出てきて改めて野茂投手のすごさを感じました。

(8/14)

菅野美穂、第1子男児を出産

おめでとうございます☆
どう成長するほだろう?将来が楽しみです。(^^)

○バドミントン男子単、桃田選手日本人初メダル

経験者ですけど、バドミントンは体力が必要です。
風が入らないようにして速いシャトルを追うと…
来年のオリンピックでの活躍も期待したいですね。

(8/16)

釣りバカ連ドラ化 濱田岳主演

スーさんは誰になるかな?
西田敏行さんも何かの役で出てきてほしいですね。(^^)

(8/17)

楽天・斎藤隆 今季限りで引退

横浜、ドジャース、そして地元に帰っての楽天。それぞれでの活躍が印象に残っています。
長い間、お疲れさまでした。

(8/18)

○ビビアン・スー 第1子出産

ウリナリが懐かしいですね。(^^ゞ

アンタッチャブル山崎が結婚

明るい家庭になりそうですね。

(8/19)

○少年サンデー新編集長、異例の宣誓文

モリタイシさんという自分の好きな漫画家さんがいるのですが、その方が新人のときに担当をされていて生活費の面も助けていただいた話を単行本に書かれていました。
サンデーを愛さえている方なので何とかしたい思いが強いと思います。
どういう改革になるかな?

上戸彩 第1子女児を出産

最近ラッシュですね。(^^ゞ
どんな子供だろう?

(8/20)

○「まれ」撮影終了。

設定が同い年ということもあって見てます。
土屋太鳳ちゃんのこれからの成長にも期待したいですね。(^^)

(8/22)

堀北真希と山本耕史が結婚

Σ( ̄ロ ̄lll)
交際0日なのにもビックリ。(+o+)

上地雄輔が結婚 地元同級生と

同級生ということが上地さんらしいですね。

○「ヨルタモリ」終了

力を抜いてのんびり見られる好きな番組だったんですけどね。
元々1年の予定だったそうです。タモリさんらしいですね。

ヤクルト山田4打数連続本塁打

俊足バッターのイメージだったんですけどパワーもあるんですね。(^^ゞ
ますます優勝が読めないセ・リーグ。
どうなるかな?

○バレーボールW杯開幕。

女子が思った以上に善戦している印象です。
オリンピックに出場してほしいですね。

(8/23)

○24時間テレビ

笑点でのこん平師匠の「ちゃら~ん」は感動しましたね。
DAIGOのマラソンも良かったです。(T_T)

レオ18歳 高橋光がプロ初完封

また楽しみな投手が出てきましたね。
甲子園優勝投手の成長に期待です。

(8/25)

○台風の影響で9月に10連戦

かかってこいや!
今年は最後まで優勝が読めないかな?
藤浪がどれだけ成長できるかも注目ですね。

(8/28)

○「笑神様」終了

好きな番組だったんですけどね。
特番になるのかな?

(8/29)

○柔道・野村忠宏選手、お疲れさまでした。

五輪3連覇は間違いなく偉業です。
ピークを過ぎても戦い続ける姿から後輩は色々と学んでほしいです。
長い間本当にお疲れさまでした。
国民栄誉賞は検討してほしいですね。

○楽天デーブ監督、今季で退任。

フロントとの関係もあるのかな?
一部ファンからのアレルギーもありましたけど、自分としてはコーチとして西武で渡辺監督を支えた手腕をもっと見たかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

70年目の終戦記念日

今年で戦争が終わって70年が経ちました。

70年間も”戦後”であり続けたことは、やはり戦争を経験された方々が、その悲惨さや恐ろしさを後世に伝え続けてきていただいたおかげだと思います。

自分も特に中学生時代は戦争や原爆についての恐ろしさを先生方から教わりました。

 あれから数年が経った今年、広島を訪れる機会があったので生徒を連れて原爆ドームに行きました。
外国の方も多く、世界中から注目されていました。

改めてその悲惨さを学んで、まだまだ力不足ですが、自分の次の世代でもある生徒に少しでも伝えられたような気がします。

 そんな戦争を経験された方々から今の時代を危ぶまれる声をよく聞きます。

”何を話すのか”ということを注目された方がいましたが、それだけではなくて、”どういったことをするのか”でもきちんと世間が納得するような道を示してほしいと個人的には思います。

 いつまでも戦後であり続けるように、これからもずっと先人の意思を受け継いでいきたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

駆逐してやる

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

100年以上前、巨人たちの餌となり絶滅の危機に瀕した人類

生き残った人々は、巨人から身を守るために巨大な壁を築きいて生き延び、巨人のことは伝説となりつつあった…

壁に囲まれた世界での生活に物足りなさを感じていたエレン三浦春馬 )、ミカド水原希子 )、アルミン本郷奏多 )たち。

壁を乗り越え、外の世界に出ようとした次の瞬間―

想定外の超大型巨人が出現!壁に穴をあけ、人々を捕食し始めます!!

命からがら生き延びたエレンたち。しかし、それぞれが大事な人を亡くしてしまい

 数年後、青年になったエレンたちは、巨人への復讐を胸に秘め、訓練兵団に入団。
人類を巨人から救うべく、命がけの作戦が始まります!

果たして彼らの運命は?―

といった感じです。(^^ゞ

 見に行く前の「進撃の巨人」に関する知識

『巨人が現れて人間を食べる!』

以上です。<m(__)m>

ただ周りから話を聞いていたら不安があったのですが
原作を知らないからかもしれないのですが、ハラハラドキドキで面白かったです!

豪華な俳優の皆さんがそろっているのですが、特にハンジ役の石原さとみが印象的でした。
本郷奏多の影のない役は初めて見ましたね。(^^)

CGも変な使われ方をしてなくて迫力がありました

後編を早く見たいですね。(^^ゞ
興味のある方は是非どうぞ☆

巨人がアンガールズの田中さんに見えた…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

I'll be back

映画『ターミネーター:新起動/ジェニシス』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

 「審判の日」から30年以上に渡る人類とスカイネット率いる殺人機械群との戦いは、未来を知る男ジョン・コナーに率いられた人類側の勝利に終わった。
窮地に陥ったスカイネットはジョンの母親サラ・コナーを殺害することで彼の存在自体を抹消すべくタイムマシンでターミネーターT-800を1984年に送り、人類側もそれを阻止すべく志願したカイル・リースを送り込み―

と思った次の瞬間!ジョン・コナーが何者かに襲われた!!

 更に1984年に到着したカイル待ち伏せていたターミネーターに襲われる!
ジョン・コナーから聞かされた過去と違い戸惑うカイル。

そんな彼の窮地を救ったのは…サラ・コナー!
自分が守るはずの存在が屈強な女戦士となっていたことに驚きを隠せないカイル、
更に彼女が「おじさん」と呼び慕うのは…ターミネーターT-800アーノルド・シュワルツェネッガー )!!

彼女達の活躍により、ターミネーターを撃退したカイルはサラと共に新たな『審判の日』”ジェニシス”が起動する2017年にタイムスリップ

 2017年に到着した彼らを待っていたのは…ジョン・コナー!!

更に合流した「おじさん」が突然ジョン・コナーを銃撃!!
しかし…ジョン・コナーは何事もなかったかのように復活。
なんとジョン・コナーはターミネーターに改造されていた!!!

果たして、カイル達は”ジェニシス”の起動を阻止し、人類を救うことができるのでしょうか?―

といった感じです。(^^ゞ

 ターミネーターは設定や流れは知っていたのですが、きちんと見たのはほぼ初めてでした。
久しぶりにアクション映画を見たのですが、面白かったです

今までのターミネーターを知っていても知らなくても楽しめると思います。

 先日、広島に行く機会があって原爆ドームを見たり当時の様子を改めて聞くことがありました。
それもあってか冒頭の核爆弾のシーンは怖かったです。
もう映画のワンシーンで終わらせないといけませんね。

 3部作の続きもとても楽しみです。
興味のある方は是非どうぞ!(^O^)/

字幕が和訳でなくて「アイル ビー バック」だったのは、なんだか嬉しかった(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄冠は誰に輝く?! ’15

いよいよ開幕しました、第97回全国高校野球選手権大会―
初日から熱戦が繰り広げられていますね。(^^)

今回は夏の甲子園が始まってから100年目ということで、選手宣誓は第1回優勝校の京都二中の流れをくむ鳥羽高校の主将が、そして、開幕試合の始球式に王貞治さんが務められました。

 そんな今大会、岡山県代表・岡山学芸館高校の対戦相手は―

選手宣誓を務めた京都代表・鳥羽高校です!

100年目の今大会、初代優勝校の流れをくむ学校と対戦できることにまずは敬意を表したいです。

 激戦の京都大会を制し、15年ぶり6度目の出場となる鳥羽高校は出場選手が10人でしたが全員が3割を超え右腕松尾投手と左腕山田投手の二枚看板を中心とした伝統の堅守も健在です。

さすがは第1回優勝校の流れをくむ学校です。あなどれません。

 ですが、学芸館高校も負けてはいません。
特に準決勝・決勝と終盤で見せた大逆転劇が表すような、ここ一番での打力は強力です。
名将・山崎監督の久しぶりの甲子園での采配も注目です。

学芸館は私立の学校なので、県外の子が多いかなとも思ったのですが、ほとんどが県内の選手でした。

5日目の第2試合、日程的にはどうかな?
熱戦を期待します☆(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

晴れの国からいざ参る! ’15

いよいよ開幕が迫ってきた第97回全国高校野球選手権大会―

その1枚の切符をかけた岡山県大会。
逆転勝利が多く、県内有数の進学校である朝日高校のノーヒットノーラン、そして、関西や倉敷工業といった強豪校が早い段階で敗れるなど波乱の多かった今大会を制したのは…

岡山学芸館高校

決して高くなかった下馬評を覆し、県内では2002年の玉野光南高校以来、13年振りの夏の甲子園の初出場校となりました。

あの頃は自分も高校生だった…(-_-;)

 特に準決勝からの勝ち上がりが印象的です。

準決勝の玉野光南高校戦は8回まで0-0の接戦。
9回表に光南が2点を先制するも、そのウラ、2アウトから3点を返し逆転勝利!

決勝の相手は創志学園
大会屈指の好投手・高田投手を擁し、準決勝で倉敷商業を撃破。同じく初出場を目指す相手とも激戦が繰り広げられました。

0-3から8回に3点を返すも、そのウラに2点を入れられ、迎えた9回―

満塁から4番・喜納智選手の逆転の3塁打で試合をひっくり返し6-5で甲子園行きの切符を掴みました。

この勝負強さが甲子園でも発揮されることでしょう。

 チームを率いるのは、山崎慶一監督

自分もこの記事で書いたのですが、以前は岡山城東高校を率いて、甲子園でも帝京・明徳義塾などを破ったり松坂世代のPL学園をあと一歩まで追いつめた名将です

公立の進学校でありながら、沖縄の古武術を練習に取り入れる等、岡山県の強豪校と長年戦い続けてきました。

そんな”岡山の名将”山崎監督が作り上げた新たなチームが今年、甲子園に参ります!

 そして対戦相手も決まりましたが…それはまた次回。<m(__)m>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »