« マスコット先生6 | トップページ | 行進曲予想’15 »

THIS IS スモールベースボール

映画『バンクーバーの朝日』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

1900年代初頭、多くの日本人は新天地を求めてはるか遠く海を渡ってカナダへと移住していた
しかし、そこで彼らを待っていたのは差別、過酷な肉体労働、貧困という厳しい現実だった…

そんな中、日本人街に野球チーム「バンクーバー朝日」が生まれる。体格で上回る白人チーム相手に負け続け、万年リーグ最下位であったが、彼らのプレイは日本人街の希望の光となっていった。

ある年、キャプテンに就任したレジー笠原( 妻夫木聡 )は白人チームのパワーに対抗する策を考えていたところ、偶然打った内野安打を基にバントや盗塁を多用するスモールベースボールを思いつく。
彼らのその策は”ブレイン・ボール”と称され、”孤高のエース”ロイ永西( 亀梨和也 )の好投もあり、万年最下位のチームの快進撃は日本人だけでなく、現地のカナダ人をも徐々に魅了していきます。

しかし、ある試合で度重なる不可解な判定やレジー笠原へのデッドボールに対して憤慨したロイ永西による乱闘チームは出場停止に追い込まれ…

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^_^;)

 爽やかな感動も覚えて面白かったです

WBCも二度制した日本の”スモールベースボール”の原点を見たような気がします。(^^)

ホームランも確かに魅了するプレイなんですが、意外と盗塁や足を使ったプレイも魅了します。
自分が試合を見に行った時も赤星選手の内野安打に球場中が大興奮していたのを思い出しました。(^^)

 野球メインの話でしたが、それだけではなくて当時の日本人の過酷な生活や戦争に向かっていく様子もよく描かれていました。
そんな時代だったからこそ野球が日本人の娯楽になっていたんですね。

 興味のある方は是非どうぞ☆

 主演は妻夫木聡さん。仕事を始めた頃、一度授業中に「後姿が妻夫木くんに似てる!」と何故か言われ、ブログでよくネタにしていたな~と思い出しました。(^_^;)

今はどうかって?

ある日の授業中…

「一瞬、先生が羽生結弦くんに見えた!?」

Σ( ̄ロ ̄lll)

( Д) ゚ ゚

\(;゚∇゚)/

すいませんでした。<(_ _)>

|

« マスコット先生6 | トップページ | 行進曲予想’15 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

クニさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
野球をテーマにしたお話は好きです。
点をやらないのがいいのか、点を取るのがいいのか・・・今年のつばめさんは少し期待してもいいのではないかと、楽しみにしています。
今年も宜しくお願い致します。

投稿: kazu | 2015年1月 8日 (木) 09時29分

>kazuさん、こんばんわ。
今年もよろしくお願いします。

ツバメさんは大きく補強しましたね。
ただ相川の人的補償で将来性のある若手を育成することを選んだのにツバメさんらしさを感じました。(^^ゞ

セ・リーグをかき乱しそうですね。(^^)

トラさんはキャプテンが残ったことが最大の補強です。(T_T)

投稿: クニ | 2015年1月 9日 (金) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/58462098

この記事へのトラックバック一覧です: THIS IS スモールベースボール:

« マスコット先生6 | トップページ | 行進曲予想’15 »