« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

風のしっぽアワード’14

2014年も最後は”風のしっぽアワード”で☆

アクセス数をもとに今年最も読まれた記事を決定☆
漫画でいう、1話使っての人気投票結果発表だと思ってください。

 ここでおさらい。

このブログの3本柱は、”映画”,”高校野球”,”お笑い賞レース”―
もちろん過去の年間1位も全てこの中から出ています
殿堂入りした『安井一平』も…(^^ゞ

しかし!!

ココログのアクセス解析の変更により、年間アクセス数を全てカウントするようになった今年、

まさかの事態が―!!

 では10位からです。<m(__)m>

第10位 『祖父の託した未来

「永遠の0」はいい映画でした。
今年は色々なことで平和について考えさせられた1年でしたが、もう一度見つめなおしてみたいと思います。

岡田くんの演技も光ってました(^^)

第9位 『今、咲き誇る花たちよ

ソチ五輪の記事が入りました。
冬季五輪の中でも今回は印象的なシーンが多かったです
自分としてはやっぱり葛西選手の悲願の個人ラージヒル銀メダルが印象的でしたね。(^^ゞ

第8位 『独り言集’14 10月

色々とプロ野球界での話題が多かったですね。(^^ゞ
引退や移籍…来シーズンは一体どうなるかな?
狩野英孝の離婚もこの月だったんですね。(^^)

第7位 『駆けあがれ!夏のテッペン

えっと…一昨年の夏の甲子園のキャッチコピー・統一テーマソングの記事なんですが…
何で今年?大阪桐蔭の関連?
やっぱり高校野球は人気がありますね。(^^ゞ

第6位 『野球が僕らを一つにする

去年の夏の甲子園のキャッチコピー・統一テーマソングです…
今年のキャッチコピーは入ってないんですが、何故か過去のものは入っている…(^^)
来年に来るのかな?(^^ゞ

 そろそろ疲れてきた…(^^ゞ

第5位 『進学校の挑戦

7年前の記事です。(^^ゞ
ここ何年かはランキングに入ってなかったのですが、アクセス解析の変更で再び入ってきました。(^^)
山崎監督は岡山の高校野球の名監督です。来年はどう盛り上がっていくのでしょうか?
楽しみです。

第4位 『独り言集’14 11月

ストーブリーグが盛り上がっていた頃ですね。(^^ゞ
今年は特にオフシーズンも盛り上がりましたね。
来シーズンは勢力図が一気にひっくり返る可能性もありますね。
とりあえずキャプテンの動向と若手投手の躍進に期待です。(^^)

ようやく ここからTOP 3 です☆

第3位 『応援団の心得

6年前の映画「フレフレ少女」の記事です。(^^)
本当の応援団の方々が調べられたのかな?
ちなみにガッキーは来年「くちびるに歌を」音楽教師役に挑戦。
予告編を見ましたけど、見てみたいです☆(^O^)/

第2位 『開拓者~全米に巻き起きたトルネード旋風~

特に去年あたりからアクセス数が増えているのですが何でだろう?
知ってる方がおられたら教えてください。
野茂投手から始まったメジャーリーグでの日本人選手の活躍。
日米間の移籍も増えてきておりますが、個人的には国際大会でメジャーの一流選手が活躍できるようになったらもっと盛り上がりそうな気がします。(^^)

 いよいよ第1位!!

果たして3本柱以外で初めて頂点に立った記事とは一体…

 2014年3月31日― 日本のテレビ界にとって本当に伝説的な1日になりました…
自分もバラエティーを見てあんなにワクワクしたのも何年ぶりだろうか?と思うぐらい見ていて興奮しました…

第1位『日本のお昼

笑っていいとも最終回の記事が今年のNO1になりました☆

この記事は自分は少し時間を置いてから落ち着いて書こうとしていたのですが、最終回を見終えてどうしても書きたくなってすぐに書きました。
あの日、日常にあって当然だったものが終わり、改めてタモリさんの凄さや愛される方だということを認識しました。本当にありがとうございました。

 そして、この1年もブログを見てくれた皆さんありがとうございました。<m(__)m>
来年のアクセス解析はどうなるかな?(^^ゞ

最後の1曲―

人間って弱いところを持ちながら、いろんな人と補い合って、支えあって生きているんだと改めて思った1年でありまして…
そういった思いを1つにして、時には何かを犠牲にしながら成し遂げようと進んでいます。
それは先輩も同じで、そういった方々から思いを受け継いで、また、後輩に伝えていく―
そうやって色んなことを続けていこうと思います。

というわけで…関ジャニ∞の『オモイダマ』

1年間ありがとうございました。<m(__)m>
また来年もお願いします☆(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…43

今年最後の”ハリ・タカ”シリーズ!第43弾!!

歌と共に雑談を少々…
ラジオのDJ気分で書いております。<m(__)m>

今回は…自分としては懐かしい曲!時給800円『たまには泣いてもいいですか?』

昔あったバラエティーの「ココリコ ミラクルタイプ」が大好きで、カラオケに行ったらよく歌ってましたね。(^^)

特に苦しいときによく聞いていました。
まあ、苦しいとき周りに隠そうとしても出てしまうのは自分の悪いところだと思いますが…(^^ゞ

 特にこれと言って書くことはないのですが、見つけて懐かしかったので思わず貼りました。<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑門来福25

さあ行くぞ!

何故か毎年恒例・クリスマスイブのお笑い動画!!(T_T)

今回は…”ものまね四天王”栗田貫一さんの『2億4千万の瞳モノマネメドレー』

最後はアドリブのように感じますが、さすがの完成度の高さです。(^^)

 年末のモノマネ番組は交流戦のような感じでフジテレビと日本テレビで出演者が交代してましたね。

 フジテレビの方は特にクリカンさんの四天王の格の違いと意地を見ました。
それに引っ張られてハイレベルな戦いだったと思います。
さすがでした。

何年かに1回でいいので、またやってほしいです。(^^ゞ

 さて今年も色々とあった1年ですが、最後は笑って終われたらいいですね。(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

31

31…

31…

三十一…

”ミスタータイガース”掛布雅之さんの背番号は31

その後、広沢克己濱中治林威助と受け継がれてきた背番号は31

ヤンキースのイチローの背番号は31

アイスクリーム屋は31

31か~…

31ねぇ~…

あっ!今日は自分の31歳の誕生日だ!?(^^ゞ

毎年恒例の記事です。<m(__)m>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ダルマさんがころんだ

映画『神さまの言うとおり』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

退屈な日常に不満を抱く高校生高畑瞬( 福士蒼太 )。
そんなある日の授業中―突然現れたダルマにより”命がけの「ダルマさんがころんだ」”がスタート!

次々と命を落とすクラスメート辛くも生き残った瞬と幼馴染の秋元いちか( 山崎紘菜 )―
休む間もなく体育館に集められた彼らの前に現れたのは…招き猫?!

ダルマ→招き猫→こけし→白クマ→マトリョーシカ…

次々と襲いかかる命がけのゲーム…

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 原作は自分も読んでた人気漫画です。現在は第2部を連載中です。(^^)
白クマ以降は映画のオリジナルでしたが、マンガの世界は壊してなかったと思います。

 ただ、一言だけ言うと…ラストは原作を読んでいないとわからないでしょうね。(^^)
自分も前・後編の2部作だったっけ?と思いました。(^^ゞ

 R15+指定でしたが、面白かったです。(^^ゞ

興味のある方は是非どうぞ☆

 福士さんは今年大活躍でしたね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’14 12月

もう今年も12月か…

早いですね…(^^ゞ

それでは今年最後の小ネタ集です☆

(12/1)

○レジェンド・葛西、最年長優勝!

この人は本当にすごい。(^^)

○DeNA藤井投手、引退。

ヤクルト、日本ハム、巨人、横浜と何球団も渡り歩かれて活躍されましたね。
お疲れさまでした。

○菅原文太さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(12/2)

○橋本環奈、映画「暗殺教室」で兵器役

好きなマンガなんで、どういう話になるのか楽しみです(^^)

(12/3)

○好きな女子アナ、水卜アナV2

身近に感じる人が強くなってるのかな?
個人的にも好感を持てる方ですけどね(^^)

○鹿島DF・中田浩二引退

ここまでの日本サッカー界を支えてきてくれた選手の1人です。
トルシエJAPANでの”フラット3”忘れません。
本当にお疲れさまでした。
自分の大好きな女優さんの結婚相手が中田選手でよかったです。

(12/4)

○『図書館戦争』続編決定

前作が好きだったので楽しみです(^^ゞ

○元日本代表・柳沢、引退。

日韓共催の時の活躍が印象的です。
お疲れさまでした。

(12/5)

○中島、オリックス入団。

トラさんも獲得を狙っていましたが、個人的には良太と今成で競った方がいいと思います。

(12/6)

○福山雅治『魂のラジオ』終了へ

20年以上もラジオを続けられていたことに驚きです。
今年はこういう交代が多い1年でしたね。
お疲れさまでした。

○松坂、SB入団。

同世代の新垣が背負っていた18番をつけるのに運命的なものを感じますね。

(12/7)

○バドミントン、17歳山口が日本一

将来が楽しみですね。
オリンピックでいずれ活躍してほしいです。

(12/8)

○日本版『ゴジラ』復活!

小さい頃に平成ゴジラを見ていた世代としては嬉しいです。(^^)
3D映画の普及、ハリウッド版公開がいい刺激になったんですね。

○AKB高橋みなみ卒業へ―

あれだけの大人数のグループをまとめるのは並大抵の努力ではなかったと思います。
残り1年でしっかりバトンを渡してください。

○野球とソフトボール、五輪復帰に光

復活してほしいですね。
あと、小学生の頃の経験者としては空手も気になります。

(12/9)

○ものまね王座で日本テレビ系のモノマネ芸人参戦。

こういう戦いも好きですね。
やっぱり長年支えてきた四天王としては燃えるものがあったように感じました。

○JリーグMVP、遠藤が獲得

初受賞ということが驚きです。

○今年の漢字は『税』

消費税が上がったからね。

(12/10)

○秋山前監督夫人・千晶さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

長年、内助の功で支えられたのですね。
今年ソフトバンクが圧倒的に強かったはずです。

(12/12)

○長澤奈央、妊娠。中田浩二パパに。

本当に昔から長澤奈央さんのファンなので嬉しいような…(^^ゞ
元気なお子さんを生んでほしいですね。(^O^)/

○坂本勇人、巨人の主将へ―

同級生は日本一のエースになりましたからね。(^^ゞ
新旧交代ですね。

(12/13)

○ガンバ大阪、天皇杯制覇で3冠!

J2から復活して波に乗った1年でしたね。

○藤川球児、レンジャーズへ

日本復帰ならまたタテジマのユニフォームを着てほしいという思いもありましたけど、
ダルビッシュとの日本人リレーを見たいですね。(^^ゞ

○一応、予想(希望?)

THEMANZAI2014、磁石に行ってほしいね。
ワイルドカードは三拍子で。(^^ゞ

○また後日。<m(__)m>

(12/16)

○ロッテ、成瀬の 人的補償 ”鳥的補償”でつば九郎を指名?!

まさかのルールの盲点!?
たしかにプロテクトリストには載っていない…(^^)
果たしてどうなる?

こういうシーズンオフっぽい話題、大好きです☆

(12/24)

○つば九郎“鳥”的補償拒否でヤクルト残留

代理人と相談したそうです。(^^)
やっぱりオフシーズンっぽい話題、大好きです☆

(12/29)

○今年の独り言集はここまで。<(_ _)>

最後はやっぱり何故か毎年恒例・音楽ネタ動画。

ものまねオールスターズ『LET IT GO』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マスコット先生5

プロ野球の今シーズンも終了し、日米野球も終わりストーブリーグも一段落しつつあります…
キャプテンはどうなるかな?(^-^;

 というわけで、今シーズンオフもやりましょう!

『マスコット先生シーズンⅡ』☆

球場を盛り上げてくれている癒し系のマスコット動画シーズンオフ限定で今回も書いていきます。(とりあえず目標4回で)<m(__)m>

 シーズンⅡの幕開けは、シーズンⅠのアクセス数で一番人気だった、

”当企画不動のエース(?)”東京ヤクルトスワローズのつば九郎先生による『熱くなれ』

2013年に甲子園前でのマスコットイベントトラッキーラッキーと共に登場。
見事に盛り上げていました。(^^)

まあ、この企画を思いついたのも2012年のFA宣言がもとでマスコット動画を見るようになったことがきっかけなので、トップバッターということで…(^^ゞ

また登場するかな?

 こんな感じで書いていきます。<m(__)m>

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バカだね~、お前さんは。

新垣結衣…ゴホッ

映画『トワイライト ささらさや』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

売れない落語家ユウタロウ( 大泉洋 )は自分の寄席を見に来た、育ての親である叔母を亡くして途方に暮れていたサヤ( 新垣結衣 )と結婚し、生まれてきた息子・ユウスケと共に幸せな家庭を築いたはずが、事故で亡くなってしまい、この世を去ります。

 葬儀で涙にくれるサヤ…そこに死んだと聞かされていたユウタロウの父親( 石橋凌 )が現れ、ユウタロウの遺体に対して「バカモノ!」と怒鳴り、サヤに対して孫のユウスケを自分の世継ぎとして引き取ると一方的に宣言。

 突然の出来事に唖然とするサヤ…するとそこへユウタロウの師匠( 小松政夫 )が「自分はユウタロウだ」と名乗り出ます!
最初は質の悪い冗談だと思ったサヤもユウスケをあやす姿を見てユウタロウだと確信
夫に言われるまま義父から逃げ、自分を育ててくれた叔母と住んでいた”ささら”の街へユウスケと共に向かうのでした。

ささらの街での一風変わった住人と触れ、また、自分を見える人間にのみ一度きり乗り移れるユウタロウの助けも借り、成長していくサヤとユウスケ。

しかし、その場所も義父に見つかり、ユウタロウが乗り移れる人間もいなくなり…

果たしてサヤの運命は―?!

といった感じです。(^^ゞ

 いい映画でしたね
自分にも子供がいたらもっと考えることがあったかと思いますけど。(^^ゞ

ガッキーにとっては初めて母親役に挑戦しました。
数年前は、まだ学生役の方が似合うかな~?と思っていたのですが、すっかり大人の女性の役も似合うようになりましたね。(^^ゞ
ちなみに次の映画は音楽の教師役(『くちびるに歌を』(’15))です。(^^)

ユウスケが乗り移った人本当に大泉洋さんが乗り移ったように思えました
子供が特にすごかった…(^^)

家族や色々な人との絆が描かれた暖かい映画でした。

興味のある方は是非どうぞ☆

姪っ子に会いたくなった…(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »