« 独り言集’14 8月 | トップページ | オモイダマ »

所詮この世は弱肉強食…

映画『るろうに剣心 京都大火編』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

動乱の幕末を伝説の暗殺者・”人斬り抜刀斎”として生きた緋村剣心( 佐藤健 )。新時代を迎えて神谷薫( 武井咲 )ら仲間たちと平穏な日々を過ごしていた…

 そんな中、剣心に新政府から依頼が―
剣心の後継者として”影の人斬り役”を務めた志々雄真実( 藤原竜也 )を討て―

志々雄はかつて新政府に裏切られ焼き殺されたはずだったが、奇跡的に蘇り今では京都で戦闘集団を作り上げ、日本制服を狙っていた…

志々雄一派のやり方を知った剣心は止める薫に別れを告げ、京都へと向かう

 その道中で出会った巻町操( 土屋太鳳 )と共に京都を目指す剣心。

志々雄の支配する村を訪れ、その残忍さに怒りを覚える剣心はその仲間・瀬田宗次郎( 神谷隆之介 )との戦いで、なんと剣心の逆刃刀が真っ二つに―

 時を同じくして剣心を倒すべく現れた、元御庭番衆四乃森蒼紫( 伊勢谷友介 )。
そして剣心の元へと駆けつける薫ら仲間たち…

果たして彼らの運命は―?!

といった感じです。(^_^;)

 「るろうに剣心」はよく読んでいたマンガで、特にこのあたりから自分は連載を読み始めました。
思い入れがあったらいけないかと思ったので、あえて特に読み直すことはせずに見に行きました。(^^)

率直な感想としては面白かったです

 やっぱり原作がマンガなので、多少のアレンジはあったのですが
前作と同様に俳優さんがはまり役を選ばれていたので特に大きな違和感は感じませんでした。(*^_^*)

 前回も書いたんですけど、剣心のONとOFFを演じるのは、やっぱり佐藤健ですね。(^^)

 次回はいよいよ完結編。
”謎の男”として現れた福山雅治さん…やっぱり剣心の師匠でしたね。(^_^;)
剣心と蒼紫が原作と大きく異なって初対面というところが気になるのですが楽しみに待ってます!

興味のある方は是非どうぞ☆

 スマホのアプリで自分の顔を芸能人で例えたら福山雅治さん50%(実話)!!(゚ロ゚屮)屮

ごめんなさい。<(_ _)>

|

« 独り言集’14 8月 | トップページ | オモイダマ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/57165890

この記事へのトラックバック一覧です: 所詮この世は弱肉強食…:

« 独り言集’14 8月 | トップページ | オモイダマ »