« 栄冠は誰に輝く?! ’14 | トップページ | 69回目の終戦記念日 »

King of Monsters

映画『GODZILLA』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

1999年、フィリピンの炭鉱を調査していた芹沢博士( 渡辺謙 )らはそこで巨大な生物の化石を発見する。その化石には繭のようなものが寄生しておりそこから「何か」が誕生して海へと這い出た痕跡があった―

同年、日本の雀路羅(じゃんじら)市にある原子力発電所に勤務するブロディ夫妻謎の振動を探知する。妻・サンドラは原子炉の調査へと向かうが直後、振動による事故が発生。
夫・ジョーは妻の救出に向かうが間に合わずサンドラは死亡、その直後ジャンジラ原発が倒壊する―

 それから15年後の2014年。
ブロディ夫妻の一人息子だったフォード( アーロン・テイラー=ジョンソン )は結婚し、一人の息子をもうけていた。

軍での任務を終えて家族のもとへ戻ってきたところ、
”日本に残っている父・ジョーが日本で立入禁止区域となったジャンジラ原発跡地に侵入したため、逮捕されてしまった”
という連絡を受ける。

再会後、反対するフォードも連れて再びジャンジラ原発跡地に侵入したジョー。
すると、なんと立ち入り禁止区域のはずが、放射線反応がないことに気づく。

現地パトロールに見つかり、研究施設に連行される2人。

そこで取り調べ中に15年前のような振動が―

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 ストーリーを書いたのですが、ゴジラが出てくるまでは書いてないですね。(^^ゞ
ネタバレの可能性があるので、とりあえずここまでにしておきます。<m(__)m>

 ゴジラは小さい頃、お正月によく見に行っていて、自分にとっては2004年に最後なので見に行った『ゴジラ FINALWARS』以来のゴジラ映画でした。

以前にハリウッド版のゴジラを見たときは姿から違和感を感じていたのですが今回はそれはなかったです。
ストーリーも日本のゴジラを踏襲しているところもあって、面白かったです。
監督もゴジラへの大きな愛情を持って作られたのを感じました。

昨年『パシフィック・リム』を見たときに「ゴジラも3Dで見たいな~」と思っていたのですが、やっぱり迫力がすごいですね。圧倒されました。(^^ゞ

 ただ映画の中には原発の事故など、見るのをためらいたくなるようなシーンもあるのですが、
これもある種のメッセージなのかもしれませんね。

 世界的に有名なキャラクターであるが故にプレッシャーもあったかと思いますが、面白かったです。

興味のある方は是非どうぞ☆

続編も作られるようです。次はどの怪獣が出てくるのかな?(^^ゞ

|

« 栄冠は誰に輝く?! ’14 | トップページ | 69回目の終戦記念日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/57052660

この記事へのトラックバック一覧です: King of Monsters:

« 栄冠は誰に輝く?! ’14 | トップページ | 69回目の終戦記念日 »