« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

所詮この世は弱肉強食…

映画『るろうに剣心 京都大火編』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

動乱の幕末を伝説の暗殺者・”人斬り抜刀斎”として生きた緋村剣心( 佐藤健 )。新時代を迎えて神谷薫( 武井咲 )ら仲間たちと平穏な日々を過ごしていた…

 そんな中、剣心に新政府から依頼が―
剣心の後継者として”影の人斬り役”を務めた志々雄真実( 藤原竜也 )を討て―

志々雄はかつて新政府に裏切られ焼き殺されたはずだったが、奇跡的に蘇り今では京都で戦闘集団を作り上げ、日本制服を狙っていた…

志々雄一派のやり方を知った剣心は止める薫に別れを告げ、京都へと向かう

 その道中で出会った巻町操( 土屋太鳳 )と共に京都を目指す剣心。

志々雄の支配する村を訪れ、その残忍さに怒りを覚える剣心はその仲間・瀬田宗次郎( 神谷隆之介 )との戦いで、なんと剣心の逆刃刀が真っ二つに―

 時を同じくして剣心を倒すべく現れた、元御庭番衆四乃森蒼紫( 伊勢谷友介 )。
そして剣心の元へと駆けつける薫ら仲間たち…

果たして彼らの運命は―?!

といった感じです。(^_^;)

 「るろうに剣心」はよく読んでいたマンガで、特にこのあたりから自分は連載を読み始めました。
思い入れがあったらいけないかと思ったので、あえて特に読み直すことはせずに見に行きました。(^^)

率直な感想としては面白かったです

 やっぱり原作がマンガなので、多少のアレンジはあったのですが
前作と同様に俳優さんがはまり役を選ばれていたので特に大きな違和感は感じませんでした。(*^_^*)

 前回も書いたんですけど、剣心のONとOFFを演じるのは、やっぱり佐藤健ですね。(^^)

 次回はいよいよ完結編。
”謎の男”として現れた福山雅治さん…やっぱり剣心の師匠でしたね。(^_^;)
剣心と蒼紫が原作と大きく異なって初対面というところが気になるのですが楽しみに待ってます!

興味のある方は是非どうぞ☆

 スマホのアプリで自分の顔を芸能人で例えたら福山雅治さん50%(実話)!!(゚ロ゚屮)屮

ごめんなさい。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’14 8月

何年かぶりの夏バテ…(-.-)
とりあえず食生活から改善しましょうか?!(^^ゞ

それでは今月の小ネタ集です。<m(__)m>

(8/1)

土建屋よしゆきさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(8/2)

○藤川球児、マイナーで復活!

全盛期には及ばずとも、持っている力を発揮してほしいです。

○能見が今季は波に乗れませんね…

8,9月は真価を発揮してほしい時期です。

(8/3)

○雨の試合で、マートン傘さしキャッチボール、今成はゴメスのものまね。

こういうファンサービスも嬉しいですよね(^^)

(8/4)

○アーチェリー山本氏、資格停止。

注目される存在だということを理解してほしかったです。

(8/5)

○ドアラに会いたい、半裸男が球場乱入。

最低限のルールは守りましょう。

(8/6)

○広陵-佐賀北 も見たかったな。

○ほっしゃん。改名

うまくはまればいいですね。

(8/7)

○甲子園でのタイブレーク制の議論がありますが、個人的には球児の納得するようになってほしいです。

○ライオンさんチームの選手ってもてますね。(^^ゞ

(8/10)

○タモリさん、10月からフジテレビで新番組

いいともが終わってから改めてその偉大さを感じました。楽しみにしています。

(8/11)

○交流戦、来季は18試合に削減。

トラさんチームの成績を見たら削減はいいのですが、球界全体のことを考えれば盛り上がっていたので減らしてほしくなかったですね。代わりに年末に侍ジャパンの試合をするらしいので、それが全体にいい影響を与えてほしいですね。

○ロビン・ウィリアムスさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

温かい演技が大好きでした。

(8/12)

○大垣日大8点差大逆転。

勝った大垣日大に対してはもちろんですが、敗れた藤代に対しても温かい拍手が送られました。これを次の糧にしてほしいですね。

(8/13)

○鹿屋中央、サヨナラ勝ち

市和歌山の選手にとって最後のセカンドゴロは焦ったんでしょうね。
この悔しさを糧にしてほしいです。

(8/14)

○西武・森、1号ホームラン

後輩たちの試合を見て黙ってられなかったんでしょうね。(^^)
将来的に藤浪との対戦を見てみたいですね。

○仲里依紗、出産後初連ドラ主演。

演技も好きだったので、より深みも増したことを期待します

(8/15)

○カズ、アドバイザーで代表入り?!

今の中心の世代はカズの活躍も知ってると思うので、そのカリスマ性を見られてのことでしょうね。
個人的には期待します!

(8/17)

○阪神、今オフに中島調査。

若手を使えよ!

(8/18)

○「地獄先生ぬ~べ~」ドラマ化へ

昔読んでたマンガです。うまくはまってほしいですね。

(8/19)

○北乃きい、ZIP!の司会へ

好きな女優さんなんで、慣れるまで大変かと思いますが、自分の色を出してほしいです。
ちなみに自分の朝は「めざましテレビ」です。(^^)

(8/20)

○女子バレー、新戦術でロシアを破る!!

ロンドン五輪銅メダルの勢いをもったまま進んでほしいですね。
個人的には石井優希選手をずっと応援しています☆

○テレ東紺野アナ、卒業後初めてモー娘。歌う

個人的に嬉しかったですね。世代なので。(^^)

(8/22)

○カズ、氷水チャレンジで岡田監督を指名。

少なからずあったわだかまりも解いてほしいですね。
これでALSの知名度も上がってますね。

○ナイナイのANN、9月で幕。

衝撃が大きいですね。自分ぐらいの世代にとっては「オールナイトニッポン=ナインティナイン」というイメージがありますからね。
何気に15年近く自分も聞いてましたからね。
残り1カ月、しっかり耳に残したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不屈の振り子打法

阪神,日本ハム,オリックスで活躍し、アメリカの独立リーグでプレーされていた坪井智哉選手が現役引退を表明されました。

 暗黒時代の阪神タイガースを支えてくれた選手だけに残念ですね。

 坪井選手は1997年にドラフト4位で阪神タイガースに入団
1年目から首位打者争いを繰り広げ、打率・327で球団新人選手の史上最高打率をマーク
また、この年のルーキーは 高橋由伸(巨人),川上憲伸(中日),小林幹英(元広島) と後の各球団を支える選手も多く,熾烈な新人王争いが繰り広げられました
結局、川上投手が新人王を獲得しましたが、他の選手も十分値するということで特別表彰を受けました。

 翌年からは野村監督が就任。主に1番バッターとしてチームを牽引しましたが、
強打者であるが故の厳しい攻めや、それに伴うデッドボール・ケガの影響でスランプに陥る時期も増え、また、野村監督が育てた赤星選手らの台頭で徐々に出場機会も減っていきました…。

 2003年からは日本ハムへトレードで移籍
移籍1年目に自己最高打率をマークするも、やはりケガの影響や、稲葉選手の移籍、若手の台頭により出場機会も減り、日本一になった2006年オフに戦力外通告。その翌年には再び日本ハムと契約し、主に代打として活躍。ただ、今度は坐骨神経痛を発症し、出場機会も再び減っていきます…
同じ振り子打法ということで親交のあるイチロー選手にも相談する時期もあったそうです。

 2011年にはオリックスに移籍。
若手の模範としての役割も期待されたのですが、その年を最後に日本を離れ、野球のできる環境を求めてアメリカの独立リーグへと旅立ちます
たび重なるケガもあり、その度に出場機会を求めてきたものの、自分の限界を感じ、遂に現役引退を表明しました…

 坪井選手は本当にファンに愛される選手でした。
打席に立つときのファンファーレで所属してきたチーム名を言うのですが、特に日本ハム時代の阪神戦では、阪神ファンから合いの手を入れられることがありました。

PL~!青学~!東芝~!(阪神!)坪井~!

俊足とばして!
グラウンドを駆け抜けろ!
魅せろ今だ坪井!
勝利へ導け~!
かっとばせ!坪井!!

 本当に野球を愛した、ファンの記録よりも記憶に残るような選手でした。

長い間、本当にお疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

69回目の終戦記念日

あまり難しいことは書けないので一言だけ。

自分は日本で戦争があった時代を経験していません。

ですが、先人の皆さんが後の世代のためにも争いのない平和な世の中を築き、守ろうとしてきたことは理解してるつもりです。

そして自分たちよりも後の世代の為にも、これからも守らなければならないことも微力ながらわかっているつもりです。

先代の皆さんの思いによって築かれた平和な世の中に改めて感謝したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

King of Monsters

映画『GODZILLA』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

1999年、フィリピンの炭鉱を調査していた芹沢博士( 渡辺謙 )らはそこで巨大な生物の化石を発見する。その化石には繭のようなものが寄生しておりそこから「何か」が誕生して海へと這い出た痕跡があった―

同年、日本の雀路羅(じゃんじら)市にある原子力発電所に勤務するブロディ夫妻謎の振動を探知する。妻・サンドラは原子炉の調査へと向かうが直後、振動による事故が発生。
夫・ジョーは妻の救出に向かうが間に合わずサンドラは死亡、その直後ジャンジラ原発が倒壊する―

 それから15年後の2014年。
ブロディ夫妻の一人息子だったフォード( アーロン・テイラー=ジョンソン )は結婚し、一人の息子をもうけていた。

軍での任務を終えて家族のもとへ戻ってきたところ、
”日本に残っている父・ジョーが日本で立入禁止区域となったジャンジラ原発跡地に侵入したため、逮捕されてしまった”
という連絡を受ける。

再会後、反対するフォードも連れて再びジャンジラ原発跡地に侵入したジョー。
すると、なんと立ち入り禁止区域のはずが、放射線反応がないことに気づく。

現地パトロールに見つかり、研究施設に連行される2人。

そこで取り調べ中に15年前のような振動が―

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。(^^ゞ

 ストーリーを書いたのですが、ゴジラが出てくるまでは書いてないですね。(^^ゞ
ネタバレの可能性があるので、とりあえずここまでにしておきます。<m(__)m>

 ゴジラは小さい頃、お正月によく見に行っていて、自分にとっては2004年に最後なので見に行った『ゴジラ FINALWARS』以来のゴジラ映画でした。

以前にハリウッド版のゴジラを見たときは姿から違和感を感じていたのですが今回はそれはなかったです。
ストーリーも日本のゴジラを踏襲しているところもあって、面白かったです。
監督もゴジラへの大きな愛情を持って作られたのを感じました。

昨年『パシフィック・リム』を見たときに「ゴジラも3Dで見たいな~」と思っていたのですが、やっぱり迫力がすごいですね。圧倒されました。(^^ゞ

 ただ映画の中には原発の事故など、見るのをためらいたくなるようなシーンもあるのですが、
これもある種のメッセージなのかもしれませんね。

 世界的に有名なキャラクターであるが故にプレッシャーもあったかと思いますが、面白かったです。

興味のある方は是非どうぞ☆

続編も作られるようです。次はどの怪獣が出てくるのかな?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄冠は誰に輝く?! ’14

第96回全国高校野球選手権大会―

台風の影響で史上初の開幕から2日間連続の延期となりました。

 今大会は初日から注目の対戦の目白押しですね

春の覇者・龍谷大平安(京都)―春日部共栄(埼玉)
        坂出商業(香川)―敦賀気比(福井)
      日大鶴ヶ丘(西東京)―富山商業(富山)

初戦からいきなり龍谷大平安の登場…今年の夏も盛り上がりそうですね。

 何故こういった話から始めたかというと…

岡山県代表・関西高校の対戦校は…この6校の中のいずれかの学校です!

 2回戦で代表校の最後に出場するため、初戦の相手は決まっていません
昨年から2戦目以降が抽選になったので、6校の中から決まります
それ以前なら龍谷大平安か春日部共栄のどちらかでした。(^^ゞ

 ただ、どこが来ても強敵です1回戦をしっかり研究して臨んでくれたらと思います
日程による試合勘の影響も考えられますが2010年のセンバツの興南戦の時に雨で2日間の順延を経験しました。その時の経験を活かしてもらえればと思います。
岡山大会を制した力を発揮してほしいですね。(^.^)/~~~

他にも今大会は初戦から実力校同士の戦いが目白押しです
明徳義塾―智弁学園大阪桐蔭―開星沖縄尚学―作新学院,…

優勝経験のある学校,全国区の実力校,初出場の学校,…
目指すところはただ一つです。

2日間の水入りを終えて,いよいよ明日から開幕ですね☆(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Edge of Tomorrow

日本原作、トム・クルーズ主演映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

近未来。地球は「ギタイ」と呼ばれる宇宙からの侵略者により、滅亡の危機に晒されていた…
防衛軍は劣勢を跳ね返すべく、様々な作戦を立てるが、何故かその作戦はすべてギタイに読まれているかのごとく、失敗に終わってしまっていた
しかし、敗戦の中でも「ヴェルダンの女神」「戦場の牝犬」の異名で知られる英雄リタ・ヴラタスキ( エミリー・ブラント )の活躍によって反撃の糸口を掴みかけていた。

 そんな中、軍属の報道官であったウィリアム・ケイジ少佐( トム・クルーズ )に戦場の現地取材の命令が下る。上官の弱みにつけこみ、拒否したケイジ。
しかし地位をはく奪され、ヨーロッパの殲滅作戦に参加することに…

 戦場の経験のないケイジ。その作戦もこれまでと同じように何故かギタイに先読みされているかのごとく、圧倒的な劣勢を強いられる。
ピンチに陥ったケイジは最後の力を振り絞り、敵と共に自爆…

 思った次の瞬間、なんとケイジは作戦前日の朝に戻っていた!
しかも、次々と起こることは前日に経験したことばかり…
なにかの間違いかと思うも、戦場で力尽きるとまた前日に戻るタイムループの繰り返し―

 そんな中、戦場でリタに出会い、助けたケイジ。すると彼女から驚きの一言が…

「今度前日に戻ったら私を探して!」―

 果たして彼女から告げられる真実とは?そして、彼らの運命は?―

といった感じです。

 原作が日本の小説ということもあって、洋画なんですが、邦画にも近い感じがあって、面白かったです。
主人公の成長も描かれていたと思います。(^^ゞ

 久しぶりにこういうジャンルの映画を見たんですが、やっぱり迫力もありましたね

興味のある方は是非どうぞ☆

トム・クルーズって去年もエイリアンと戦ったよね。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴れの国からいざ参る! ’14

第96回全国高校野球選手権記念岡山大会決勝戦―

 岡山県代表のたった1枚の切符を賭けた最終決戦に進んだのは…

ここまでの試合をコールドで勝ち進んできた3年ぶり9度目の出場を目指す関西高校―

そして、

1999年に岡山県勢夏最高の準優勝を果たした7年ぶり5度目の出場を目指す岡山理科大学附属高校―

 決勝は横綱同士のぶつかり合いになりました。

 この2校の決勝戦は奇しくも10年前の2004年―

大会NO1ピッチャーを擁する理大付属が先手を取り、2-0と試合を優位に進めます
その後、無死満塁のピンチを迎えた関西高校リリーフでエースを投入
降雨による中断を経てピンチを乗り切った関西1点を返します…

しかし反撃もここまで。2-1で逃げ切った岡山理大付属が代表の切符を勝ち取りました
ちなみにこの時の悔しさを晴らすべく力をつけた関西は、この次の世代から、県勢最高の5季連続の甲子園出場を果たすのでした…

 あれから10年の時を経て再び決勝で相まみえた両校。
試合は序盤から動きます。

1回表、先発逢沢の立ち上がりを攻めた理大附属が1点を先制
しかし、その後に続くピンチを無失点に抑えた関西高校その裏にすかさず追いつき、2回には相手のミスに乗じて3点を勝ち越します。

追い上げる理大附属に引き離す関西…

9-4の関西リードで迎えた最終回
前日の準決勝で倉敷商業から9回に5点を奪って大逆転勝ちを収めた理大附属高校もさすがの粘りで2死満塁―

最後は関西高校キャプテン・逢沢選手がセンターフライを取り、試合終了。

関西高校が10年前のリベンジを果たし、岡山県代表の切符をつかみ取りました!

 終わってみれば本命校の優勝で終わったのですが、今大会も色々なドラマがありました。
全国的に波乱の多い年でしたが、岡山でもシード校が早々と姿を消したり、初勝利を挙げる高校があったり…と色々なドラマが起こりました。

 ただ、そんな中でも関西高校は攻守に圧倒的でしたね
コールドで勝ち上がり、昨春から続く県内9連勝…
まさに、なるべくしてなった岡山県代表校です。

全国大会での活躍を期待します!!(^.^)/~~~

 さて、全代表校がそろいました。
8/9の開幕まであと少しです。果たしてどんなドラマが待っているのか…?
聖地・甲子園は静かにその時を待ちます―

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »