« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

日本のお昼

タモリさん、32年間お疲れさまでした。

衝撃の発表から半年…本当にあっという間でした

 最終回の冒頭は、年末特大号でお馴染みの牧師姿
放送でも確認できましたが、アルタ前は本当にたくさんのファンが押し寄せていたそうです。

そして久しぶりにタモリさんが歌いながらの登場
小さいころ見ていた姿がまた見れて、レギュラーのさしこ同様、自分も涙が出てきました。
改めてあるのが当たり前だったものがなくなるのだなという思いが込み上げていました。

 最後のテレフォンショッキングは、盟友・ビートたけしさん
最初のゴーストライター作の表彰状は面白かったです。(^^)
いいともの伝説も懐かしかったですね
その後は、さすがとも言うべき掛け合い。最終回のゲストがたけしさんで良かったです

どこかでもう一人の”BIG3”が出てくるかな~?と思っていたら…
まさかのお友達紹介!(*^_^*)
こういう悪ふざけがあったのもいいともですね。

 そして最後のコーナー…ここまで1時間の最後を飾ってきた『曜日対抗いいともCUP』

最終回を飾るべく各曜日リーダーが、このコーナーに駆けつけてくれました
タモリさんが夏休みとか、ゴルフ中のケガで入院された時各リーダーを中心に曜日を守ってきました。そういうこともあったな~と思い出しました。
鶴瓶師匠のいじられ役も愛されてる証拠ですね。

 エンディング…32年間、日本の昼を守ってきたタモリさんやスタッフさんへの感謝を込めた、ギネス記録の表彰式
最後まで番組を撮り続けたカメラマンさんが涙を浮かべている姿には感動しました。

そして日本中が注目したタモリさんの最後の一言は…

「明日もまた見てくれるかな?!」「いいとも!!」

最後までいつも通りで行くのがタモリさんらしいですね。(^_^;)

 いいともが始まったのは1982年。自分が生まれる前の年です。
自分が生きてきた時間よりも長い間続いた番組が終わるのは寂しいですね。

学生時代は学校が休みの時に見るのが楽しみではありました。

 また、ここまで長く続いたのはタモリさんの人柄もあると思います
ナインティナインやSMAPはタモリさんを父親のように慕っています
SMAPの中居くんは、後輩からの「どうして司会がそんなに上手いんですか?」という質問に「いつも隣りに日本一の司会者がいるから。」と答えたことがあります。
司会を始めた頃は、正直自分も見ていて他の司会者に比べてまだまだ経験不足だな~と思ったこともありましたが、今では紅白の司会もできるようになりました。
彼らだけでなく、タモリさんは本当にたくさんの人に影響を与えたと思います。
今後、タモリさんが育てた人たちが大活躍してほしいですね。

 「いいとも」が終わったという実感は正直、まだありません。これから出てくるんでしょうね。
これから先、こんなに誰もが知っている国民的なお昼の番組は出てこないと思います
終わるから実感できたのですが、それだけ「いいとも」は偉大な番組でした
正に長い間、日常の風景の一部でしたね。

まだ今晩のスペシャルがありますが、

タモリさん、スタッフの皆さん、32年間本当にありがとうございました。

時間ができたらゆっくり旅行でも行ってください☆(^.^)/~~~

(追記)「いいとも」らしい豪華でにぎやかな同窓会でしたね。(*^_^*)
     あんな豪華なメンバー、見たことないです。
     みんな、タモリさんが大好きなんだというのを深く感じました。(^^)

     皆さん、本当にお疲れさまでした。ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコット先生4

いよいよ明日開幕ということで、期間限定で書いていた「マスコット先生」も今年は最後です。<(_ _)>

今回は…2013オールスターより、セパ対抗障害物競走

各マスコットのキャラクター,体格(?)の問題から怪しい部分もありますが(^_^;)
各球団マスコットの持ち味を発揮しました。

 年明けから4回マスコットの記事を書きましたが、テレビ中継ではあまり放送されません
楽天が星野監督になって倉敷でオープン戦をするようになってから特に感じるのですがあまり野球を見たことのない方でも楽しめるような催しがされてます。
球場での観戦ならではの楽しみ方もあります。
興味を持たれた方は是非球場に足を運んでいただければと思います☆(*^_^*)

 さて明日から2014年のシーズンが開幕ですね。
とりあえずトラさんは不安要素しか目につきませんが…(^_^;)
果たしてどんな秋が待っているのか?

ではまたシーズンオフに<(_ _)>

とりあえずは若手先発投手で誰かが出てこないと…(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

農業高校の青春

映画『銀の匙 Silver Spoon 』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

進学校に通いながらも受験に失敗し、夢も希望もなく、両親からも逃げるように寮のある大蝦夷農業高校(通称:エゾノー)にやってきた八軒勇吾( 中島健人 )。
クラスメイトは酪農家出身ばかりで将来に夢や目標を持つ同級生の御影アキ( 広瀬アリス )や駒場一郎( 市川知宏 )らに対してサラリーマン家庭に育った八軒は劣等感を抱きます。

そんな中、実習で出会った子豚”豚丼”と名付けて可愛がる八軒。
しかし、秋には出荷する家畜に中途半端な同情を見せる八軒に対してクラスメイトから非難の声が。

駒場とも衝突し、やり切れない思いを抱く八軒から 夢がないことへのコンプレックス を打ち明けられた校長先生( 上島竜兵 )は語りかけます。
「夢がない…それはいいですね。」―

夏休みに御影の家で農家のアルバイトを経験し酪農家の大変さを知った八軒

やがて秋になり、”豚丼”の出荷の時が迫ります…

果たして八軒の出した答えとは―?
そして、それぞれに悩みを抱えるエゾノーの仲間たち。
彼らの送る”最強に理不尽な青春”とは―?

といった感じです。(^_^;)

 原作は「鋼の錬金術師」荒川弘さんのマンガです。
自分も原作は読んでいます。

マンガの実写化は、上映時間の関係まだ完結してなかったり多少の違和感があるのは仕方ないことだと、ある程度割り切って見るのですが…

この映画はそんな違和感を感じませんでした。(*^_^*)
個人的には本当に面白かったです。(^^)
配役も合ってましたね。(^_^;)

青春映画は自分の好きな分野ということもあって、笑いあり涙ありで楽しめました。
続編もやってほしいですね。

 自分が原作の中で好きな話で、
学校の中で古いピザ窯を見つけて、ピザを食べたことのある八軒が先輩や先生から食材を集めてみんなで焼いて食べる。美味しいものを食べて自然と笑顔がこぼれるになれる。という話があります。
今回の映画では描かれてなかったのですが、もし続編があればやってほしいですね。(^_^;)

 映画で描かれている話の一つに家畜の命に関する話があります。
「ブタがいた教室」を見たときも思ったのですが、
他の生き物の命をいただいて生きているということは忘れてはいけませんね。
「いただきます。」「ごちそうさま。」は必ず言うようにしています。
改めてそういうことも教えてくれた映画でした。

大自然の中で笑いあり涙ありの青春映画です。
興味のある方は是非どうぞ☆(^.^)/~~~

ヒロインの子の声が北乃きいに似てたな…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オンバト+ 第4回チャンピオン大会

…終わりを始めましょうか。

オンバト+ 第4回チャンピオン大会が開催されました。
『爆笑オンエアバトル』時代から15年間、お笑いブームを陰で支えたこの番組遂に幕を下ろします。

果たして最後のチャンピオンになるのは誰なのか―?

(ファーストステージ)

①THE GEESE

「喫茶メロディー」

客の感情に合わせたBGMを流す喫茶店。段々とおかしな音楽になっていき…

やっぱり彼らはオンバトの舞台に慣れてますね
お客さんともしっかりマッチしていたと思います。
ただ、オチが弱かったかな…?(^_^;)

②ニッチェ

「スポブラ」

初めてスポブラをした親戚の子が来て…

ここ最近、力をつけてテレビでも見るようになりました。
今年は視聴者投票枠で出場です
ただ、ネタを間違えたかな…?票がうまく伸びませんでした。

③スーパーマラドーナ

「学校の思い出」

 

あまり学校に行かなかった生徒がやりたかった青春を…

自分も好きな漫才コンビです。
THE MANZAI でも決勝を経験したこともあってさすがの掛け合いでした
コントが続いてた分、特に感じました。
ただボケが単発だったかな?設定をもう少し限定して同じシチュエーションのボケを続けた方が票が伸びたかな?(^_^;)

④S×L

「美容師」

 

美容師が女性客の相談に乗ろうとするが…

この1年で最も成長した漫才コンビの1つだと思います。
少し変化したスタイルの漫才です。
たまに暴露するカッコつけた一言が好きです。(^^)
ここまでで1番の爆発力がありましたね。
ただ、中盤ちょっと息切れしたかな?

⑤うしろシティ

「捕まった組織員」

 

2人が敵に捕まったのですが、後輩だけが拷問され…

彼らも好きなコンビです。
昨年の準優勝コンビ。
学生コントが多かったのですが、キングオブコントの結果もあってか違ったタイプのネタでした
ただ、こういう大会では票の伸びにくいネタだったかな?

⑥風藤松原

「友達作り」

 

友達作りが苦手で相談になり…

昨年の THE MANZAI でも決勝進出したコンビです。
彼らのゆったりしたペースのネタはハマると大きいですね。
結構前から彼らを見たことがあるのですが、やっぱり成長してるんですね。(^_^;)

⑦学天即

「覚えてもらう方法」

 

お客さんに覚えてもらえるように考えて…

今年のNHK新人演芸大賞も獲得し、波に乗るコンビ。
漫才が”面白い”というより”上手い”という印象ですね。
ただ爆発力に欠けたかな?

⑧BLUE RIVER

「透明人間」

 

透明人間になったら?と考えているうちに…

福岡出身の漫才コンビ。
チャンピオン大会の経験のなさがもろに出てしまいました
独特の緊張感,普段よりも1ランク以上高いお客さんのハードル…
これまでも初出場コンビはよくハマってしまいました。
終わったあとに本人達も気づきましたね。

⑨ジグザグジギー

「席順」

 

席順の名前のつながりをことごとく転校生が止めてしまい…

昨年も決勝進出したコンビ。
このネタも一度見たことがあります。
計算されつくしたネタでしたね。(^^)
ここまでで一番の爆発が起こりました。
納得の1位に躍り出ました!!
健勘千…(^^)

⑩ボーイフレンド

「ミュージシャン」

 

ミュージシャンとして始まり歌いながら漫才が続き…

彼らもチャンピオン大会の経験のなさが出ましたね
ちょっと会場にもハマらなかったですね。
通常放送ならもっと票が集まったかもしれません。
途中で本人達も気づいたかな?

⑪ザンゼンジ

「ファン」

 

コンビニのアルバイトにファンが現れ…

年間1位のコントコンビ。
ちょっと爆発力に欠けましたね。
彼らもやっぱり、チャンピオン大会を経験していたらもっと伸びたような気がします
あと順番もありましたかね。
最後の2組はジグザグジギーの作った空気にもやられましたね。

ファーストステージ終了―

正真正銘の最終決戦に進出した3組は…

1位 ジグザグジギー

 

2位 風藤松原

 

3位 S×L

 15年続いた勝負も、泣いても笑ってもこれで最後。
これまで挑戦してきた芸人の思いも乗せた渾身のネタバトルです!

(ファイナルステージ)

①S×L

「カップル」

 

カップルになっていちゃつきたくて…

彼らのタイプのネタも好きです。
「メイクミラクル決めようぜ」は個人的に面白かったですね。
ただ、ファーストステージと似た感じのネタになったので、変化をつけたかったですね
1本目にいい方を持ってきたようです。
でも、この1年で彼らの成長は強く感じました。
これから伸びていって売れてほしいですね。(^.^)/~~~

②風藤松原

「小説」

 

風藤さんを主役にした小説を書いて…

相変わらずの独特な世界観。
ゆるい感じのネタはハマると大きいですね。
ただ彼らも1本目にいい方のネタを持ってきてましたね。
2本目に変化をつけてたらもっとうけていたような気もしました。

③ジグザグジギー

「卒業式」

最後のHRで担任の先生からのメッセージが…

本人達にすれば狙い通りの3組目でした。
この日のためにライブで何度も調整してきたそうです
メッセージがまさかの2パターンに、最後は15年間、史上最もシビアなネタ番組を作ってきた”NHK子”さんへのメッセージ…
最後の大会という雰囲気をうまく使いましたね。

 最後の3組のネタが終了―

結果…

3位 S×L

2位 風藤松原

1位 ジグザグジギー

 終わってみれば、1本目のネタで1位になった時点で勝負アリでしたね。
特に昨年から急成長を遂げたコンビが最後の王者に輝きました☆
おめでとうございます!

ただ、今大会も本当にこれから伸びてきそうな芸人の皆さんがたくさんいました
こうやって力を競ってきて何組も若手芸人が育ってきました
チャンピオン大会もそうですが、この番組で育った芸人の中から他の大会でも数々のチャンピオンが生まれました。

数年後、彼らの中から大ブレイクする芸人が出てきてほしい…
最後の戦いを見届けたファンとしてはそう思います。

 15年前、自分はテレビを見てたら偶然NHKのネタ番組を見つけました。
最初に見たのは数年後に大ブレイクを果たす、テツandトモの「なんでだろ~」でした
「NHKでも、こういうネタ番組をするんだー」と思ったのが、オンバトとの出会いでした。

以来15年間、本当にたくさんの芸人を見てきました。

タカアンドトシブレイク前に好きな芸人として友人と話した時は分かってもらえませんでしたが今では誰もが知っている人気コンビです
中には残念ながら解散、引退した芸人もいましたがほんの少しでも彼らに出会えてよかったです。

 そして今、その番組が役目を終えて幕を下ろします。
自分をお笑い好きにしてくれた番組が終わってしまうのは本当に寂しいです
ですが、これからもこの番組で育った芸人さん達がお笑い界を支えてくれると思います

 爆笑オンエアバトル、オンバト+が15年間育てた、その”魂”を受け継ぐのは、
お笑い芸人の皆さん、そして、笑いを愛する…

私たちです!!

本当に15年間ありがとうございました。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さあ、課外授業を始めよう

仮面ライダー凱武

映画『仮面ティーチャー』を見ました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

 20XX年、体罰が全面禁止され、無法地帯と化した教育界を是正するため、政府により力で生徒を制圧することを許された特別教師・仮面ティーチャー。

その仮面ティーチャーとして華空学院に派遣された荒木剛太( 藤ヶ谷太輔 )。
彼は他の仮面ティーチャーとは違い、力ではなく心で生徒たちと向き合いその情熱に心を動かされた生徒たちは徐々に心を開いていき学級崩壊していたクラスにも平和な日々が訪れていた…

 そんな華空学院に教育省から新たな刺客が送り込まれる-
それはかつて不良だった剛太を改心させた恩師羅門公平( 遠藤憲一 )と阿南塔子( 原幹恵 )。
恩師との再会に喜ぶ剛太だったが、羅門にはかつての面影はなく…
「指導」という名のもとで、恐怖により生徒を制圧する羅門たち。

果たして剛太は、かつての恩師に本当の姿を取り戻させ、学園に平和をもたらせることができるのでしょうか?―

といった感じです。(^_^;)

冒頭にドラマ版のダイジェストが流れるので、ドラマを見てなくてもある程度の設定さえ分かっておけば大丈夫です。(^^)

率直な感想を言えば、面白かったです。(^^)
特に遠藤憲一さんの演技の凄さを感じました。

原作は「GTO」の藤沢とおる先生のマンガです。
”らしさ”も強く感じました。

「いい教師になったな」―
自分も教わった先生方にそう言われるようになりたいですね。

興味のある方は是非どうぞ☆(^.^)/~~~

「3年C組金髪先生」はツボに入りました。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

R-1 2014

さて今年も開催されましたR-1グランプリ!

今年は特に本命不在の混戦が予想されましたね。(^^)

 ではAブロックから☆

(Aブロック)

① レイザーラモンRG

「iPadあるある」

さすがに大舞台に慣れてますね。
市川AB蔵ではなく、スティーブジョブズに扮した得意のあるあるネタで会場を沸かせました。
しょうもなさが笑いの原点ですね。(^^)

② ヒューマン中村

「形容形容詞」

前回のファイナリスト。今年で4年連続の決勝進出―
特に1年ごとに成長を感じられる芸人です。
”ダサかっこいい”などの組み合わされた形容詞での得意のフリップネタです。
ただ、最初の人が大きなインパクトを残したこともあってか、ややパワー不足の感じはありましたね。(^_^;)
2回目にいい方のネタを残しておいたのかもしれません。

③TAIGA

「お前誰だよ」

何気にこの人のネタは色んなタイプのものを見ました。
織田裕二のモノマネ,ツイスト漫談,トレンディ―ドラマのマネ…
とりあえずの形は見えたようですね。(^_^;)
繰り返して続けることでだんだん面白くなりました。
お客さんのノリもよかったですね。(*^_^*)

④スギちゃん

「ワイルド」

最初に決勝進出したときは、まさか3年連続で進出するとは思いませんでした。
やっぱり下積みが長い分、経験がありますね。
今回は「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」に乗せての漫談。
年々進化している感じがあって面白かったです。
途中の洗濯バサミは狙いか?ハプニングか?(^_^;)

Aブロックが終了。

結果…レイザーラモンRG決勝進出!

個人的な点数は視聴者投票と一緒で、スギちゃん2票,ヒューマン中村1票でした。
ただ、スギちゃんのネタはハプニング的な要素が大きかった感じがあったせいか審査員票は伸びませんでしたね。(^_^;)

(Bブロック)

①小森園ひろし

「こだわりのラーメン」

開店前にスープが次々となくなり…(^^)
”幻の店”として有名になったところは好きでした。(^_^;)
べたなネタの繰り返しでしたが、ちょっとべたすぎたかな…?
もう一展開あったら変わってたかもしれません。

②ミヤシタガク

「電車の車掌」

駆け込み乗車を続ける乗客の家までついていき…
独特の世界観でしたね。
ただ、ブラックなネタなのでこの時間帯では伸びにくいかな?
終始ブラックでした。

③やまもとまさみ

「物忘れ刑事」

刑事が取り調べをしてるのですが名前を思い出せない…
芸歴の長さと以前に決勝を経験したこともあって、こういった舞台に慣れている感じがありました。
直前のネタがブラックだったので、明るいネタがより映えましたね(^^)
こういった人いそうな感じも共感できました。
安定したネタでした。(^^)

④中山女子短期大学

「魔王」

シューベルトの『魔王』にのってシュールな紙芝居…
ハマる人にはハマる感じはしました。(ホームランか三振か)
ただちょっとシュールすぎたので今回の会場にははまらなかったですね。(^^)
順番もあったかな?

Bブロックが終了。

結果…やまもとまさみ決勝進出!

独特の世界を持った芸人が多かったですね。
その中で共感されやすい明るいネタだったやまもとまさみさんに票があつまりましたね。
自分の個人的な点数は、やまもとまさみ2票,小森園ひろし1票でした。(^^)

(Cブロック)

①バイク川崎バイク

「BKB漫談」

イニシャルでBKBになる言葉を集め…
たまにネタ番組で見るようになってこういう舞台に慣れた感じがありました。
途中で素に戻るところが面白かったです。
ただワンパターンだったかな?

 

②馬と魚

「想像曲作り」

もしも、このアーティストが桃太郎をテーマに歌を創ったら…
どのアーティストも作りそうで共感できましたね。(^^)
芸歴が浅いわりに、勢いに乗ってきた感じがありましたね。

③おぐ

「鏡」

鏡の前でメイクアップをするのですが、どこからかヤジが飛んできて…
若干、反則っぽいところもありましたが、個人的には面白かったです。(^^)
音に合わせた動きの練習もしてきたんだな~と思いました。(^_^;)

④じゅんいちダビットソン

「無回転なぞかけ」

本田圭祐のそっくり芸人が無回転ななぞかけを…
オンバトでこのネタ見たことありました。(^^)
変化をつけようとしたところは感じましたが、もう1展開あってもよかったかな?
順番もあったかな…?もう少し前半に…(^_^;)

Cブロックが終了。

結果…馬と魚決勝進出!

Cブロックも接戦でしたね。
ダークホースの若手が勢いに乗っていましたね。
発表後にスベった若手を全員でフォローしたところは好きです。(^^)
個人的な点数も接戦で、馬と魚、おぐ、じゅんいちダビットソンに1票ずつですかね。(^_^;)

(ファイナルステージ)

①レイザーラモンRG

「のりあるある」

1回戦に引き続き、スティーブジョブズに扮してのりあるあるを…
予想はしてましたが、同じ構成でしたね。
大勢のネタを見るときはいいんですけど、代表3名になったときは本来の面白さがでにくいネタでしたね。(^_^;)
やっぱり舞台に慣れてますね。ハートの強さは感じました。

②やまもとまさみ

「ファミレスのミーティング」

留学生の陳君におかしな日本語を教えた犯人を捜し…
やっぱり大舞台に慣れてますね。
世界観に引き込まれました。
幅広い世代に理解されやすいネタでした。

③馬と魚

「宮迫さんありがとう」

宮迫さんと仲が良かったら…と想像して…
若さが出ましたね。
1回戦にいい方を持ってきたかな?
まだまだ芸歴は若いので、これから伸びていったらと思います。

 以上で最終決戦が終了―

優勝は…やまもとまさみ!!

3人の中で一番浸透されてましたね。
全票を獲得しました!!

「やっとスタートラインに立てました。」―

下積みが長かった分、嬉しさも大きいと思います。
おめでとうございます☆

ネタ見せ番組が減ってきている中なので、こういった大会でチャンスをつかんでほしいですね。

皆さん、お疲れさまでした。

次はオンバトですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…39

久しぶりの元祖”ハリタカ”シリーズ第39弾

今回は…miwa『ホイッスル~君と過ごした日々~』

前の学校の卒業式に行ってきました。
見てた子たちの式だったので…(^_^;)

卒業生が入場する前に入っていて端っこの方でこっそり見ておこうと思い、到着したところ…

アレッ?卒業生ガモウ入場ノ準備デナランデイルナ~…(・・;)

即、全員にばれました。(^_^;)

 学校で見ていたときは子供の印象しかなかったのですが、離れて見ると本当に成長したな~と思います。

合唱もきれいにできていました。(^^)

 式終了後はクラスに戻ってのホームルーム。

1クラスずつ回っていると次々と声を掛けられました。
今から思えば怒ることばっかりでしたが、本当に大きくなりました。

卒業おめでとう☆(^.^)/~~~
高校になってもしっかりと進んでください☆

| | コメント (2) | トラックバック (0)

相手にとって不足なし ’14

第86回選抜高校野球大会の組み合わせが決まりました☆

 すでに書きましたが、今大会は残念ながら岡山県代表は選ばれませんでした
正直、悔しくて寂しいですね。
ただ、2000年に出場を逃した翌年には、関西,学芸館の2校が出場を果たしました。
これから悔しさを晴らすべく、猛練習を行う高校球児に期待します。

 中国地方代表の学校としては、

山口県代表の岩国高校は開幕戦で長崎県代表・神村学園と対戦します。
準優勝経験校との対戦ですが、中国大会を制した岩国高校に期待します!

また、広島県代表・広島新庄高校長野県代表・東海大三高校と対戦します。
神宮で準優勝した日本文理高校と地区大会で延長までもつれる好試合を行いました
あなどれない相手です。
主将の中林選手は選手宣誓の大役も務めます。
緊張すると思いますが、立派に務めてほしいですね。(^^)

 1回戦から注目のカードが目白押しです。
池田-海南伝統校同士報徳学園-沖縄尚学優勝経験校同士智弁和歌山-明徳義塾横浜-八戸学院光星強豪校同士
またノーマークながらも虎視眈々と頂点を狙う全国の代表校…

果たして今年の春はどんなドラマが待ってるのでしょうか?

聖地・甲子園は静かにその時を待ちます…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笑門来福23

今月はもう何回かお笑い動画を書きたいですね。(^^)

 今回は…

前回書こうとしたハマカーン『料理番組』

まだ「下衆の極み」を使う前です。(^_^;)

以前にも少し話しましたが、自分がブログで「オンエアバトル」の決勝を書き始めたときに、
いつかハマカーンが優勝したときにその記事を書くことを夢見ていました。

番組を卒業して形は変わりましたが、「THE MANZAI」 で彼らの優勝を書けたのは本当に嬉しかったです。
あんまりお姉ちゃんの名前も使いませんしね。(^^)

来週でオンエアバトルも最終回ですね。
先週の最後のバトルでの熱い思いを語る芸人さんの姿はすごかったです。

番組を支えた彼らのこれからの活躍を期待したいです☆(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’14 3月

もう3月か…(^_^;)

月日が経つのは早いですね。(^^)

それでは今月の小ネタ集です。<(_ _)>

(3/3)

○『風立ちぬ』アカデミー賞ならず。

ノミネートされたことが何よりすごいですね。

(3/4)

○朝ドラ初の外国人ヒロイン決定。

「あまちゃん」,「ごちそうさん」と好調な作品が続いています。
どんな作品になるのでしょうか?
その前に『花子とアン』ですね。

(3/5)

○ザックJAPAN、NZに4-2

3年越しの復興支援試合ですね。W杯に向けてのいい流れにしてほしいです。

(3/7)

○「佐村河内守はいなかった」―軽部さんの言葉が印象的です。

○「ロケみつ」3月で終了。

稲垣早希ちゃんのブログ旅が大好きで毎週の楽しみでした。
今年はこういう年みたいです。

○日本アカデミー賞。

真木ようこさんのW受賞は見事です。
『舟を編む』の作品賞も嬉しかったですね。

(3/8)

○甲子園で藤浪-大谷の投げ合い

これからのプロ野球を背負って立つ2人にはこれからも注目ですね。

初勝利はまだか…?(-_-;)

(3/8)

○浦和サポーター、横断幕問題

浦和レッズのサポーターは低迷時も熱くチームを応援していただけに、非常に残念です。
無観客試合になったことを重く受け止めて再発防止・愉快犯を出さないことを第一に考えていただきたいですね。

(3/9)

○miwa、映画で女優デビュー

オールナイトでもトーク力を見せました。
どんな演技になるのでしょうか?

○倉敷マスカットスタジアムにて楽天戦観戦

倉敷5連戦は5連勝で終わりました。
岡島のサヨナラタイムリーは燃えましたね。
今年はどんな活躍をするのでしょうか?(^_^;)

○阪神・呉昇桓投手の2段モーションOK

国際試合の基準でOKですからね。当然といえば当然かな?(^_^;)

もう一人の新外国人は大丈夫か?

(3/10)

○逆転満塁ホームランって…(-_-;)

(3/11)

○やっと勝った…(T_T)

新・代打の切り札はやっぱり関本選手で。<(_ _)>

○スキージャンプ岡部選手、お疲れさまでした。

長野五輪で金メダルを引き寄せた大ジャンプは忘れません。

○吉田沙保里選手の父・吉田栄勝さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(3/12)

○長野美郷、めざまし卒業…

毎朝の癒しの時間が…(T_T)
土曜日にしっかり早起きしましょう。(^_^;)

(3/14)

○宇津井健さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.3.11

もうあの日から3年が経ちましたね。

 これまでの2年間はこの日が休みだったので、マスカットスタジアムでの楽天戦,岡山駅での祈念集会といろいろなところに行っていたのですが、今年は仕事で職場にいました。

ただ、生徒に震災の話をしたときに授業中に少し黙とうをしました。

 この1年間は楽天イーグルスの奇跡の日本一や羽生選手の金メダルと東北の方々にとっては本当に嬉しいニュースがありました。

改めて誰かのために戦うことによる大きな力、一丸となって立ち向かっていく力を感じました。

 しかし、復興にはまだまだ時間はかかります。
瓦礫の山、仮設住宅で暮らす方も多く、また、原発事故の解決もできていません。
何をもっての”under the controle”なのか自分には分かりません。

 この3年間でいろいろなことが起こって、東北に対しての意識もあの頃に比べるとなかなか向きにくくなっているというのも事実です。

 ですが、この1年間で楽天や羽生選手から感じたことは大きいです。
今一度改めて自分たちにできることをしていきたいですね。

自分も本当に微力ではありますが、少しでも風化させないためにこれからもこういう記事をこの時期に書いていきたいと思います。

 改めまして、東日本大震災で犠牲になった方々に心よりご冥福をお祈りし、被害に遭われた方々へのお見舞いを申し上げます。

今一度、”ひとつになろう、日本!!”―

)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

指輪物語 エピソード2

仮面ライダーウィザード

あっ、これ前回も使った。(^_^;)

映画『ホビット 竜に奪われた王国』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

ストーリーを…

 恐るべき竜”スマウグ”に奪われた王国を取り戻すべく旅に出たドワーフ一行ビルボ・バギンズ( マーティン・フリーマン )。

スマウグのいる、はなれ山に近づく彼らが迷い込んだ森で行く手を塞ぐ巨大グモの群れと戦いのさなか、レゴラス( オーランド・ブルーム )ら、森を治めるエルフに捕えられてしまいます。

 一方、ビルボたちとは別行動で闇の勢力を追う、灰色の魔法使い・ガンダルフ( イアン・マッケラン )。
彼の身にも闇の勢力の罠が迫っており…

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。

 やっぱりスケールの大きな映画ですね。
巨大グモとの対決,川下りのシーン,オークとの戦い…
そして何よりも凶暴な竜・スマウグとの決戦は圧巻でした。(^^)
3Dではなかったのですが、圧倒されましたね。

 今回は3部作の2作目ということで、次回に続く形で終わっています
次の話の伏線になってそうなところが結構あったので、第3作を見る前に確認しておきたいですね。(^^)
第3作「ホビット ゆきて帰りし物語」…今から楽しみですね。

 興味のある方は是非どうぞ☆(^.^)/~~~

今回はゴラムは出なかったね。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マスコット先生3

さあ、目標の3回目になりました。(^_^;)

 ”球界のゆるキャラ” ことマスコットの動画です。<(_ _)>

今回は…中日のドアラ,ロッテのマー君(≠田中将大),COOL『すずめがサンバ』

ロッテの本拠地・QVCマリンフィールドではマスコットのステージがあるみたいですね。(^_^;)
交流戦の時期で”おわりのきょしょう”(つば九郎・談)ことドアラが参戦しました。

ドアラは過去にもバク転が不調で2軍落ちや骨折(?)も経験したりと話題を振りまいています。(^^)

しかし、3人とも芸達者ですね。(*^_^*)

体力を使い果たしてもやりきりました。(^_^;)

今年は一体どんな話題を振りまいてくれるのでしょうか?

それにしても打てない、勝てない…(-_-;)
オープン戦とはいえ、心配が…(゜o゜)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑門来福22

久しぶりのお笑い動画です。

オンエアバトルが終わる今月…いくつか書きたいですね。(^^)

 今回は…

本日、4月での解散を発表した、アームストロングの『ジョギング』

実は、昨日別のコンビのネタで笑門来福を書こうとしていたのですが疲れのため断念
また明日書こうかと思っていたところアームストロング解散のニュースが入ってきました。
運命ですかね。

北海道出身の幼馴染コンビで、オンエアバトルでも何度もチャンピオン大会の決勝に進出して独特の笑いで大会を盛り上げてくれました。
前回のヤンキーネタも好きでした。(^^)

数年前から彼らのお笑いが好きで、いつかはもっと売れてほしい と思っていただけに正直、寂しいです。
平成ノブシコブシの吉村さんも説得していたらしいですが、決意は固かったようです。

やっぱりプロスポーツの世界と同じで、この世界も弱肉強食で覚悟が必要なんですね

ただ、彼らの選んだ道なんでそれぞれの活躍を応援していきたいです。

残り少なくなりましたが、彼らの笑いで楽しみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »