« この一打にかけろ! | トップページ | 49年ぶりの新記録 »

最後のF1セブン

2001年キャンプ…

当時の野村監督機動力野球を掲げ俊足バッター7人を合わせてこう称しました―

「名付けて”F1セブン!」…

俊足バッターとしての野球の仕方をバットの違いから説き、徹底的に指導し、
その後の阪神復活の中心選手として育てられました…

 そんな”F1セブン”の最後の1人である、阪神・ヤクルトで活躍した藤本敦士選手が現役引退を発表しました。

 センターラインの強化を狙う野村監督の考えにより入団。
1年目でレギュラーに育つと、2003年には8番バッターとして下位打線を引っ張りチームの優勝に貢献してくれました。

日本シリーズ第3戦で「(新婚の)かみさんに、いいところを見せてこい!」と星野監督に押し出されて打った、”サヨナラ犠牲フライ”は今でも忘れません。

 岡田監督の時代になると鳥谷選手の獲得により、オープン戦から熾烈なレギュラー争い。
成績では藤本選手が上回っていたものの将来性を考えて鳥谷選手が開幕スタメン
しかし、途中からはレギュラーを奪い返して意地を見せました。

その後はセカンドに移り、関本選手との併用―
2番バッター、そして8番バッターとして2005年の優勝にも貢献してくれました。

優勝決定時…金本選手をはじめとする、中心選手たちに イジ… 可愛がられている光景は今でも覚えています。(^_^;)
ビールかけでは『打倒金本』のハチマキで挑みましたね。(^^)

 その後は平野選手のトレードによる加入で出場機会は激減…

2009年オフには出場機会を求めてFAで東京ヤクルトへ移籍。

腰を痛めたこともあって代打での出場が多かったのですが、阪神戦では拍手で迎えられ、ファンにも愛される選手でした。

そして2013年―遂に現役引退を表明。
思えば2003年のスタメン打者としても最後の一人になっていましたね。

 前述の”サヨナラ犠牲フライ”もそうなのですが、あとは2005年”大魔神”佐々木から打った逆転サヨナラタイムリーですかね。

プレーはもちろんですが、それ以外でも本当にファンに愛される選手でした。

できたら、阪神戦で引退試合をしてほしいですね。

また、関西に戻ってきて野球界を盛り上げてくれることを期待します!

本当に長い間、ありがとうございました。

|

« この一打にかけろ! | トップページ | 49年ぶりの新記録 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

クニさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
つばめさんに入団した時は、「よしっ!」と喜びましたが、怪我等もあり最後は少し残念でしたが、山田などの若い選手のお手本となってくれたことと思います。
最後は優勝でがよかったのですが・・
宮本選手同様早く戻ってきてほしいですね。

投稿: kazu | 2013年9月12日 (木) 08時44分

>kazuさん、こんにちわ<(_ _)>

移籍の時は、寂しい気持ちもあったのですが、活躍の場が与えられることを僕も喜びました。
CSでタイムリーを打ったときも本当にうれしかったです。

宮本選手同様、スピリットを受け継いだ後輩の活躍を期待したいですね。(^O^)/

投稿: クニ | 2013年9月16日 (月) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/53227268

この記事へのトラックバック一覧です: 最後のF1セブン:

« この一打にかけろ! | トップページ | 49年ぶりの新記録 »