« なんか貼りたくなったので…36 | トップページ | 笑門来福18 »

晴れの国からいざ参る!’13

第95回全国高校野球選手権記念岡山大会決勝戦―

 たった1枚の切符を掛けた最終決戦に進んだのは…

春夏連続出場を目指す関西高校

そして…

11年ぶり3度目の甲子園を目指す、”県立の雄”玉野光南高校

 両校の決勝戦といえば、2005年―

当時、ダース(元日本ハム),上田(現ヤクルト),主将・船引,安井といったメンバーを揃え、6季連続出場をし始めた関西に対して、”景山一旗”(現・トヨタ自動車 川尻投手)というエースを擁した玉野光南がくらいつき、試合は延長戦にもつれ込む大接戦…

最後は、力尽きた景山投手が押し出し四球で関西高校に軍配が上がり、全ての力を使い果たした彼が直後にマウンドに崩れ落ちるという、岡山県大会の歴史に残る名勝負を繰り広げました。

 あれから8年経った今年…

先手を取ったのは、関西高校

初回、星投手の立ち上がりを攻めて3点を先取します!
センバツ大会…神宮大会準優勝で期待されながらもリベンジを狙う高知高校の前に初戦敗退に屈してしまいました。
その時の悔しさを晴らすべく、一気の攻めで試合を優位に進めます。

 しかし…

試合は5回に一気に動きます!

 関西守備陣の隙を突き主将・藤本のタイムリーで1点差、そして、主砲・佐藤の逆転タイムリー2塁打で試合を一気にひっくり返します!!

初回こそ失点したものの星投手は立ち直り、その後を完投―

玉野光南高校が11年ぶりの甲子園出場を決めました!!

 玉野光南高校の原動力伝統的に”チームワーク”だと思います。

 思い出すのは2001年夏の甲子園大会NO1ピッチャーの寺原投手(現ソフトバンク)を擁する日南学園との名勝負―
寺原を温存した日南学園に対し、全員野球で互角以上の戦いで遂に引きずり出した光南ナイン―
寺原登板後も大接戦を演じ試合は延長戦へ―

しかし…

玉野光南ナインにはもう、延長を戦う力は残されていなかった…

敗れはしたもののこの試合が評価され、翌年の出場決定時には全国放送でこう紹介されました―

「岡山県代表は昨年、あの寺原を擁する日南学園をあと一歩まで追い詰めた玉野光南高校です―」

 11年前とは監督も変わり、OBの田野監督が3年前より就任されていますが、当時の萱監督の築かれたその伝統は受け継がれています。
創立30周年の今年、
岡山の高校球児、そして、11年間の先輩方の思いを胸にいざ聖地へ向かいます!

 また敗れてしまいましたが、関西高校も堂々たる戦いぶりでした。
春の悔しさを胸に立ち上がり、戦ってきました。
あと一歩及びませんでしたが、春の代表校に恥じない堂々たる戦いぶりでした。
お疲れさまでした。

今年も岡山の戦いが終わりました。
戦いを終えた3年生の思いは、きっと代表の玉野光南ナイン、そして、後輩たちに受け継がれていくことでしょう。

高校球児の皆さん、お疲れさまでした。<(_ _)>
玉野光南ナインの甲子園での活躍を期待します(^.^)/~~~

|

« なんか貼りたくなったので…36 | トップページ | 笑門来福18 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

クニさん ((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
岡山は決まりましたね。玉野光南、まとまりのあるいいチームのようですね。(*^。^*)
埼玉は今日決まるはずですが・・ちょっと待ってくださいね・・浦和学院が16-1で優勝しました。
夏も強そうですよ(*^。^*)春夏連覇を狙います。

投稿: | 2013年7月28日 (日) 16時47分

>kazuさん、こんばんわ。

やっぱりセンバツ優勝校は強いですね。(^^)

続々と代表校が決まっていきます。
今年はどんなドラマが待ってるのでしょうか、楽しみですね。(*^_^*)

投稿: クニ | 2013年7月30日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/52639654

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れの国からいざ参る!’13:

« なんか貼りたくなったので…36 | トップページ | 笑門来福18 »