« Road to Brazil | トップページ | 「右」を説明できるか? »

隠し球

プロ野球の統一球問題は釈然としませんね。

変えたことよりも公表しなかったことが一番の問題だと思います。

チームや首脳陣、選手、フロントにとっては統一球を前提にチーム作りや練習をしてきました。
それが始まってみれば突然覆されました。

 一般企業で例えるなら、年度途中に突然給与体系や非正規職員の採用基準を変更されるようなところでしょうか?
納得するのは難しいですよね。

 仮に、コミッショナーが本当に知らなかったとしても、それ自体も好ましいことではありません。

これまでたまる気持ちがあってもきちんとしてきた仕事に対して
「知らなかったけど、部署が違ってこれは君がする仕事ではなかったんだ」と上司に突然言われて納得できるでしょうか?

宮本選手がインタビューで
「去年辞めていった選手の中には、ひょっとしたらもう1年やれていた選手がいたかもしれない」―
と応えていました。

 特に長距離打者にとっては”ボールが飛ぶようになる”というだけで、その対策として獲得されていた可能性もありますし、投手の中にも統一球でそれまでの変化球が投げづらくなった選手もいました。そういう投手も、その問題がクリアされることで、評価も変わっていた可能性があります。

 昨年、戦力外通告を受けたり選手や引退した選手の中には野球と関われず、人生を変えざるを得なかった選手もいます。

彼らに対して「申し訳ない」の気持ちだけで納得してもらえるでしょうか?

誠意ある対応をしていただきたかったです。

|

« Road to Brazil | トップページ | 「右」を説明できるか? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/52016424

この記事へのトラックバック一覧です: 隠し球:

« Road to Brazil | トップページ | 「右」を説明できるか? »