« 野球が僕らを一つにする | トップページ | ファンモン、ありがとう »

ようこそ、ボクらの大好きな街へ―

映画『県庁おもてなし課』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

観光客の増加を目指すために高知県庁に新しく設立された”おもてなし課”
そのメンバーの掛水( 錦戸亮 )は地元出身の有名人を「観光特使」に任命することを提案するも、空回りばかりでうまくいかず

そんな様子を見かねた、地元出身の作家吉門( 高良健吾 )はアドバイスを送ります。
アドバイスに従い、掛水がひょんなことから出会った民間の女性アルバイト多紀( 堀北真希 )をメンバーに入れ、更にかつて”パンダ誘致論”を唱えて県庁を追われた、伝説の元職員清遠( 船越英一郎 )に力を借りるべく、彼のもとを訪れます。

しかし…父を追いやった県庁を恨む娘の佐和( 関めぐみ )に追い返されてしまうものの、「吉門先生からの紹介だ」と伝えると、佐和の表情は一変し、話だけは伝えることに…

果たして、吉門先生と清遠との関係は―?
そして、清遠の提唱する『高知県レジャーランド化計画』の中身とは―?

といった感じです。(^_^;)

 地元への思いの詰まった温かい映画でした。(^^)
高知の自然や人情も十分感じられました。
高知に行ってみたくなりました。(^_^;)

 原作は雑誌「ダ・ヴィンチ」で2011年の恋愛部門1位に輝いた有川浩先生の小説です。
以前に見た「図書館戦争」でも思ったんですが、原作を読んでみたくなりました

 主演の2人の成長していく姿も感じられてよかったです
堀北真希は去年の「梅ちゃん先生」で女優として大きく成長しましたね。(^_^;)(←上から目線?)
船越さんの役柄も好きでした。

 地元の良さを改めて確認できる、面白い映画でした。
興味のある方は是非どうぞ☆

 高知の友達を思い出したので久しぶりにメールしました。(^_^;)

|

« 野球が僕らを一つにする | トップページ | ファンモン、ありがとう »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

クニさん ((ヾ(*ゝ∀・*)ノ☆゜+.⊇ωレニちゎ゜+.☆
楽しそうな映画ですね(*^。^*)
映画は苦手なので、原作を読んでみようかな(電子書籍にあればいいですが・・)

投稿: kazu | 2013年5月28日 (火) 17時46分

>kazuさん、こんばんわ。<(_ _)>

原作は読んでないですけど、映画から考えるときっと面白いと思いますよ(^^)
時間があれば旅行とかできたらいいですね(^O^)/

投稿: クニ | 2013年6月 3日 (月) 01時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/51786433

この記事へのトラックバック一覧です: ようこそ、ボクらの大好きな街へ―:

« 野球が僕らを一つにする | トップページ | ファンモン、ありがとう »