« ウルトラソウルな地元 | トップページ | 独り言集’13 5月 »

本を守る戦い

映画『図書館戦争』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

公序良俗を乱す表現を閲覧で取り締まるために武力でさえも正当化される法律”メディア良化法”が施行された日本―
たくさんの出版物、サイトがこの法律のために処分されてしまいました…

その閲覧に対抗し、読書の自由を守るために生まれた図書館の自衛組織”図書隊”

 そんな図書隊に入隊した笠原郁( 榮倉奈々 )は、高校時代に自分と大好きな本を助けてくれた図書隊員の”王子様”にあこがれて入隊したものの、訓練では失敗ばかりで鬼教官堂上篤( 岡田准一 )に厳しく指導される日々が続きます。
同僚のエリート手塚光( 福士蒼汰 )からの厳しい言葉や柴崎麻子( 栗山千明 )からの励ましもあり、ハードな訓練と業務をこなしていきます…

 そんな中、”メディア良化法”に関わるあらゆる資料が保管されていた小田原の情報歴史図書館が閉館に―
その中には法成立の際の真実でさえも残されてると言われております…

 今まさに図書隊と情報をもみ消したいメディア良化委員会との全面戦争の幕が切って落とされようとしております―

果たして図書隊は本の自由、そして大切な人を守ることができるのでしょうか―?

といった感じです。<(_ _)>

 特に予習することなく「本のタイトルは聞いたことがあるかな~?」という状態で見に行きましたが、ちゃんと流れもわかって面白かったです。(^^)

 キャラクターもそれぞれ活かされていて役者さんにも合ってたと思います。
栗山千明さんが良かったですね(*^_^*)

 どんどんと映画の世界に引き込まれていきました。
興味のある方は是非どうぞ☆

もし現実に”メディア良化法”が成立したら…このブログは大丈夫だよね?!(^_^;)

|

« ウルトラソウルな地元 | トップページ | 独り言集’13 5月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/51576889

この記事へのトラックバック一覧です: 本を守る戦い:

« ウルトラソウルな地元 | トップページ | 独り言集’13 5月 »