« なんか貼りたくなったので…30 | トップページ | 笑門来福13 »

暦を斬れ!

だいぶ更新が空いたな…<(_ _)>

映画『天地明察』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

江戸時代、将軍に囲碁を教える名家の息子として生まれた安井算哲( 岡田准一 )。しかし、富や出世には興味がなく、算術や天体観測に何よりの喜びを感じて日々を過ごします。

そんなある日、神社に飾られていた算額絵馬(算数の問題)を夢中で解いていたところ、ある名前に気づきます。”関孝和”( 市川猿之助 )―なんでも神社の掃除をしていた、村瀬塾の妹村瀬えん( 宮崎あおい )によると村瀬塾にも所縁のある人物らしいが…

そんな算哲に、会津藩主・保科正之( 松本幸四郎 )よりある重大任務が言い渡されます。
江戸前期、日本で800年に渡り使われていた中国の唐の時代に作られた暦がずれ始めていました
算哲に託された任務は、その暦の間違いを正し、日本独自の正しい暦を作ること

しかし、それには莫大な時間と労力、そして何よりも朝廷との利権争いがかかるのでした。

 頼もしい師や友人、そして愛するえんに支えられ、様々な挫折を乗り越える算哲…
彼の命をかけた最後の賭けの行方は―?

といった感じです。(^^)

 時代劇の映画はこれまであまり見たことがなかったのですが面白かったです☆
歴史をあまり知らなくても十分楽しめると思います。(^^)

何もないところから仲間と協力して作り上げていく話…自分は大好きです。
役者さんも自分の好きな方が多かったのでね。

天文学に数学今では敬遠する人も多いような学問江戸時代にどれだけ愛されていたかもよくわかりました。
学力低下が言われているこの頃…何かのヒントになったらいいですかね(^_^;)

もう上映する映画館も少ないかな?
興味のある方は是非どうぞ☆(^.^)/~~~

ラストを見て…「だから今年やったんだね。(^^)」

|

« なんか貼りたくなったので…30 | トップページ | 笑門来福13 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

クニさん (*′σ∀`)p[☆。・:+*こんばんゎ*:+:・゚☆]
じぃは、本を読みました。
算哲とえんの会話がとっても楽しく読めました。
クニさんの記事の最後の「だから今年やったんだね」とは何のことでしょうか?
本の最後は、二人が同じ日に亡くなり、周りの人たちが、最後まで仲睦ましい夫婦であったと、祝い事のように話をしている・・ですが?

投稿: kazu | 2012年11月 6日 (火) 22時26分

>kazuさん、こんばんわ。

北海道の旅行はいかがでしたか?

原作はまだ僕は読んでないですね。
最後の一言は、映画で日食のことを算哲の最後の賭けに使っていたので書きました(^_^;)

個人的に宮崎あおいさんの演技が好きなんですけど、お兄さん役の佐藤隆太さんも好きでした。(^^)

投稿: クニ | 2012年11月11日 (日) 02時50分

クニさん (p≧w≦q)オッ☆ o(≧▽≦)o ハァァァァァァ♪
北海道旅行はとっても楽しかったですよ*^-^*) ニッコリ☆
写真を70枚も取ってしま居ました(*^。^*)
最後の一言の件、ありがとうございました。

投稿: kazu | 2012年11月12日 (月) 08時38分

>kazuさん、こんばんは。

僕も高校の修学旅行で北海道に行ったことがあります。o(^-^)o
自然に料理に楽しかったです(≧ω≦)b

また行ってみたいです。(^O^)

投稿: kuni | 2012年11月18日 (日) 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/47702441

この記事へのトラックバック一覧です: 暦を斬れ!:

« なんか貼りたくなったので…30 | トップページ | 笑門来福13 »