« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

笑門来福12

久しぶりにお笑いネタ。<(_ _)>

今回は…NONSTYLEの漫才『熱血教師』

NONSTYLEはM-1を獲る前からオンエアバトルで見て好きになりました。

やっぱり漫才がうまいですね(*^_^*)

テレビで漫才を見る機会も少なくなっていますけど、彼らの漫才は大好きです。

他にも見てるので別のネタもそのうち貼るかもしれません(^_^;)

 いろいろなことが起こり続けていますが、笑っていきましょう☆(^O^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独り言集’12 9月

更新600回を何の記事にするか?とか考えていたらこんな時期になってしまいました。m(__)m

まあ、忙しい時期でもあったんですけどね。(^_^;)

では今月の小ネタ集です。(*^_^*)

(9/1)

○すぎちゃん、特番で大けが。

今はゆっくり治してください。

○高津臣吾投手、今季で引退。

全盛期のシンカーは打てる気がしませんでした。
お疲れさまでした。

(9/4)

○WBC日本参加へ―

経営の問題はどうしても残ってしまうのですが、個人的には若い選手の経験を考えれば参加してほしかったです。
問題はまだまだ山積みですが、応援します☆(^.^)/~~~

○男子バレー日本代表・植田監督、辞表―

中国戦の宇佐美選手のケガさえなければ…といった感じです。
北京五輪の出場決定のシーンは今でも覚えています。
お疲れさまでした。<(_ _)>

(9/5)

○ようやく意地を見せましたね。(^_^;)

(9/6)

○サッカー日本代表、UAEに1-0で勝利

ハーフナー・マイクがよく決めてくれました。
最終予選に向けて気合が入ったかな?

(9/7)

○小橋賢児、俳優復帰へ―

ちゅらさんのイメージが自分の中ではやっぱり強いですね。

(9/8)

○ナイナイ矢部、自然気胸で入院―

今はゆっくり休んでください。

○野球U18日本代表6位

これから力をつけて、いずれ世界でリベンジしてくれるのを期待します。(^^)

○狩野英孝のお父さんのご冥福を心よりお祈りします。

(9/9)

○ヤクルト小川監督、続投要請

けが人続出の戦力でこの成績は頭が下がります。<(_ _)>
野村野球の後継者ですね(^^)
どっかのチームも…(-_-;)

○プロ野球、全6試合でホームラン0

統一球かな?

○津田2世・岩本、初勝利

将来が楽しみな投手ですね(^^)

(9/10)

○パラ五輪閉幕

出場された選手の皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。

(9/11)

○米テロから11年―

風化させてはいけない記憶ですね。
平和な世の中が早く訪れるように…

(9/12)

○サッカーW杯最終予選、日本独走

まだまだ気を抜くわけにはいけません。中東の国に行くことを考えると気を引き締めないといけません。

(9/16)

○金本、歴代単独10位の通算475号ホームラン

やっぱ。この人はすごいです。(^^)

(9/20)

○カズ、フットサル代表候補

サッカーとの違いはあれどここまでの経験がきっと活きます。
尊敬しています☆

○バドミントン銀メダリスト・フジカキ、年内解散

メダルを獲得したからこその苦しみもあったのでしょうね。

○あとはゆっくりしよう…(^_^;)

(9/28)

○城島引退

ケガさえなければ…という感想ですね。

たしかに城島はいいキャッチャーです。ただ、阪神には合わなかったのかな?とも思います。
阪神としては、2010年はベテランとなった矢野、腰痛を持った狩野しかいなかったので結果的に獲得するべき存在だったのですが、今でも正捕手が楽天から移籍した藤井であることからもからもわかるように、”野村監督流”のキャッチャーが合ってるのではないかと思います。城島はちょっとそれとは反対にいる存在でしたね。

ただ、日本人初のメジャーキャッチャー、ダイエーの日本一への貢献と数々の実績を残してきました。

長い間お疲れさまでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

拙者はるろうに…

映画『るろうに剣心』を見てきました☆

 ストーリーを…

明治になって10年―逆刃刀を手に流浪の旅を続ける緋村剣心( 佐藤健 )は、父の残した神谷活心流道場を名乗り、手当たり次第に暗殺を繰り返す”人斬り抜刀斎”を名乗る男を探し続ける神谷薫( 武井咲 )に出会います。

無謀にも抜刀斎に戦いを挑んだ薫を助けたことから道場に居候することになった剣心
実は彼の正体こそ、幕末に名をはせた本物の”人斬り抜刀斎”だったのです
ニセモノの正体は鵜堂刃衛( 吉川晃司 )―。金にものを言わせる実業家・武田観柳( 香川照之 )の用心棒です。

その武田の屋敷から逃げ出した女医・高荷惠( 蒼井優 )をかくまった剣心たち。
武田の邪悪な計画、そして、苦しむ人々を見た剣心は喧嘩屋の相楽左之助( 青木崇高 )と共に武田の屋敷に乗り込むのでした―

果たして剣心は、切れない刀・逆刃刀に込めた不殺”の誓いを破らず、大切な人たちを守り抜くことができるのでしょうか?― といった感じです。(^_^.)

 自分は原作が好きでよく読んでいました
率直に感想を言えば、面白かったです。(^^)

アクションシーンもスピード感があって満載でした。
個人的には飛天御剣流の技をもっと見たかったかな?(^_^;)

 配役もバッチリだったと思います。
「主演・佐藤健」と聞いて自分は納得していましたが剣心の戦う時の姿と普段の姿のオンとオフの両方を演じるのは、やっぱり適役でした。(*^_^*)
薫役の武井咲も個人的に良かったと思います。(^_^;)

 原作を知ってる人も知らない人も十分楽しめると思います。
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

前回の更新で600回。今回の記事は新たなスタートでした。(^_^;)
これからも流浪人のように、のらりくらりと更新していきます。m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、アニキ

9/12 一人の偉大な選手が現役から退く決断を発表しました…。

 ここまでの阪神タイガースの最大の功労者の一人である”鉄人”金本知憲選手です。

1991年にドラフト4位で広島カープに入団した金本選手。
当時は「この体ではプロで活躍できるのか?」と周囲から心配をされていましたが、厳しいトレーニングに耐えてそんな声も次第になくなっていきました。

 2000年に当時の4番だった江藤選手がFAで巨人に移籍してからは4番を任され、”3割30本30盗塁”を記録した金本選手は2003年に星野監督の強烈な押しもあり、FAで阪神に移籍してきます。

 2003年の星野監督の時代には、3番で出場。ファーストストライクを見逃し、2番の赤星選手の盗塁をアシストしたり、後ろを打つ4番浜中選手の手本となり、チームを18年ぶりの優勝へと導いてくれます。
試合に出続ける金本選手が入団したおかげで、選手の意識も変わり、ちょっとのケガでも泣き言をいう選手は阪神からいなくなりました。

 2004年からの岡田監督の時代には4番としてチームの勝利に貢献しました
2005年にはJFKを始めとした守備重視のチームの中で、4番金本、5番今岡のコンビでランナーを返す得点パターンを確立し、優勝を獲得しました。

 しかし、2010年のシーズン前に右肩を負傷―。
これが原因で満足できる成績を修められずに連続フルイニング出場もストップ―。
本当にこの3年間は苦しいことの連続だったと思います。

そしてバッティングへの影響を感じ、引退を決断されたのです…。

 金本選手の代名詞といえば、鍛えられた体と、”連続フルイニング出場世界記録”です。
広島時代にケガで欠場した際にレギュラーを他の選手に取られたことがきっかけで少しのケガでは休まないと決意し、1493試合も休むことなく全イニング出場されました。
ギネスに申請される際のデータとして送られた、右手首を骨折しながらもタイムリーを打った映像を見た係の方は「これはCGか?」と驚いたほどです。

引退表明後も田淵さんの通算ホームラン数を抜き、長嶋さんの通算打点まであと2点と迫っています。
是非とも抜いてほしいですね。

 自分が一番思い出深いシーンは、本当にたくさんあって選ぶのは難しいのですが2003年の日本シリーズでダイエーの新垣投手から打ったサヨナラホームランですかね。
甲子園の大歓声の中、本当にテレビで見ていて興奮しました。

チームの意識を変え、低迷していた阪神タイガースを優勝へと導き、ここまで引っ張ってきてくれた金本知憲選手には何を言っても本当に感謝しきれません。

本当に今までありがとうございました。

お疲れさまでした。ゆっくり休んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファンタスティックスポーツ4

ごぶさたしております。m(_ _)m

ケガの方は通院も終わって無事に過ごしております。
場合によってはもっと長期化する可能性もあったので、この程度で済んでよかったと思わないといけませんね。

という訳で、また気ままに更新していきます。m(_ _)m

 久しぶりにスポーツの名場面集。
今回は”岡山が誇る、世界記録保持者”川相昌弘選手の犠打世界新記録達成

ビッグネームの選手が多い巨人の中で、「これが自分の仕事」何年も脇役に徹し続けて達成した大記録(通算533犠打)。

同僚だった選手からも「川相選手は世界一バントの上手い選手であると同時に世界一バントの練習をした選手」と一目置かれていました。
特に後年は代打の1打席で決めていきました。

チームのために自らを犠牲にする姿―。
自分の尊敬している選手の一人です。

阪神ファンでありながら、どこかのチームで川相監督が誕生すればそっちも応援するかもしれません。(^_^;)

目立たなくてもチームプレーに欠かせない存在どんな団体にも必要ですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »