« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

pride

第94回全国高校野球選手権大会決勝戦―

この夏の”テッペン”を決める最終決戦に臨む2校は…

センバツの覇者大阪府代表大阪桐蔭高校

そして…

東北悲願の”白河の関超え”を目指す青森県代表光星学院高校

 史上初めて春夏同一カードになった決勝戦。
夏の甲子園は途中で2度組み合わせ抽選もあります。また、両チームとも他校からのマークをかいくぐり勝ち上がりました。
まさに運命の再戦ですね。

 試合序盤は投手戦―

桐蔭のエース・”浪速のダルビッシュ”こと藤浪投手、そして、光星学院のエース・金沢投手

両エースの意地の投げ合いでスコアボードに0が並べられます。

 試合が動いたのは4回―

大阪桐蔭の7番白水選手のソロホームランがバックスタンドに突き刺さりました!

その後、光星学院のエラーで2点を加えた大阪桐蔭
試合を優位に進めます。

光星学院も自慢の打線で反撃を試みるものの、藤浪をなかなか打ち崩せません。

藤浪としても光星打線は今夏、そしてセンバツと決勝で戦った相手です
その破壊力を分かっているだけに少しの隙を見せるわけにはいけません。

 迎えた9回―

最後のバッターを14個目の三振に切って落とした藤浪投手。
チーム一丸となり、”春の覇者”ゆえの厳しいマークにあいながらも
大阪桐蔭が”夏のテッペン”へと駆け上がりました!

 大阪桐蔭は史上7校目の春夏連覇4年ぶり3度目の優勝その原動力は何と言ってもエースの藤浪投手です。

決勝での14奪三振、2安打完封。ただ「3年間で1番の投球」を大一番で出せたのは、自分一人の力ではなく、チームメイトやこれまで戦ってきたライバルたちの存在もあったと思います。
ベンチ入りができなかった選手も懸命にスタンドで応援する姿も印象的でした。

全員が一丸となって掴んだ春夏連覇、本当におめでとうございます☆

 そして敗れたものの、3季連続の準優勝の光星学院の快進撃も見事でした

田村・北條を中心とした打線を軸に一丸になっての活躍は興奮しました。

たしかに他県の生徒も多くいます。ただ、試合後のスタンドでのインタビューが印象的でした。
「青森の空気を吸って青森で練習してきた彼らは青森県の代表です。」―

この活躍は被災地の東北の方々への勇気となったことでしょう

そして、この悔しい思いを受け継いだ後輩たちが東北悲願の”白河の関”超えを達成してくれることでしょう。

 今大会を見て特に思ったのが、彼らの中からきっと将来の日本の野球を背負う選手たちが出てくるであろうということです。

本当にたくさんの選手が光り輝いていました。
どの学校も代表校として恥じない戦いぶりでした。

今大会で先輩たちの築き上げた結果は後輩たちが受け継いでいきます。
史上最多の22三振を奪った桐光学院の松井投手もきっと来年また力をつけてくるでしょう。

また来年の戦いも楽しみですね。(^^)

高校球児の皆さん、本当にお疲れさまでした。

これからの活躍も期待します☆(^.^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独り言集’12 8月

えっと…ちょっとケガをしてしまいまして…Σ(゚д゚;)

あっ、今は包帯を巻いていますけど普通の生活にもどっていますのでご心配なく。m(_ _)m

という訳で、今月の小ネタ集はちょいと遅めですが、あしからず。<(_ _)>
尚、オリンピックと高校野球は別に書いてますので、やや自粛で。coldsweats01

(8/1)

○田口壮選手、長い間お疲れ様でした。

メジャーで初めてフィールド上でワールドチャンピオンになる瞬間を迎えた日本人でもあり、イチローも一目置いていました。本当に長い間ありがとうございました。

(8/3)

○東野幸治、再婚していた。

子供のことを思ったら、良かったかな?
昨年、長谷川さん(本名)が引退してから今田さんが司会する番組をよく見る気がしますが、東野さんもトライアスロンとかで好感度が上がってますね。(^_^.)

○体操日本代表・加藤選手、イケメンで審判に人気?

将来、日本体操界を背負う選手でしょうね。

(8/5)

○磯野貴理子、再婚へ―

おめでとうございます。今度はちゃんと、ね。(^_^.)

○女子マラソン、入賞ならず。

男子マラソンの流れが数年経って女子にもやって来た感じですね。
今後の復活を期待します!

(8/6)

○2011年のことがあると、改めてこの日に広島の被爆者の方々のご冥福を祈ることの意義を感じます。

(8/7)

○木下優樹菜さん、藤本さん第一子誕生おめでとうございます☆

お父さんに似なくてよかった…(^^)

(8/9)

○長崎の原爆の日。
6日と同じく、改めましてご冥福をお祈りいたします。

○「一定のめどが立ったら…」,「近いうちに…」いつのことでしょうね。

(8/10)

○ZIPPEIのご冥福を心よりお祈りいたします。

○エガちゃん、今回も五輪会場にいた。

北京のときにはびっくりしました。(^^)
報道されてから、吉田選手の試合の映像を見ると探してしまう…(*^_^*)

(8/12)

○女子バレー竹下選手、ご結婚おめでとうございます☆

本を読んで、”未来の伴侶が見つかった”と書いていたのですが、まさか江草投手とは…(^_^;)
江草はこれからもうひと頑張りしてカープを支えるようにならないといけませんね。
阪神時代から、そういう力はあると思うので。

(8/13)

○甲子園、ルールブックの盲点―

済々黌の試合でした。最初は分からなかったのですが、最後のアウトがバッターランナーでなかったので成立したのですかね?(^_^;)

(8/14)

○タカアンドトシのタカさん、ご結婚おめでとうございます☆

オンエアバトルの頃から大好きです。
昔は自分が話しても周りは分かりませんでした…(^_^;)

○小久保選手、引退表明。

長い間、本当に色々あったけどお疲れ様でした。
残りのシーズンでもう一花咲かせましょう!

(8/17)

○広島・河内、復活勝利!

入団当初、達川監督が苫米地投手とのコンビを売り出して、そこからたしかサイドスローにも挑戦したかな?
育成も経験してここまで耐え切っての復活勝利、おめでとうございます!

こういう選手が出てくると、今年のカープは波に乗ってるかな?

(8/19)

○「はねるのトビら」終了へ―

最近はゲーム企画が中心でしたね。
個人的にはコントをしていた頃の方が好きでしたね。

(8/20)

○簡単に終わらせるつもりでしたが、やっぱり長くなりましたね。(^_^;)
あとはのんびり…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

命を懸けて命を救う

映画『BRAVE HEARTS 海猿』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

前作から2年。仙崎大輔( 伊藤英明 )は自ら志願し、後輩の吉岡( 佐藤隆太 )と共に海難救助のエキスパートである特殊救難隊に所属し、海難現場の最前線にいた。
妻の環菜( 加藤あい )は2人目を身ごもり、息子の大洋と幸せな家庭を築いていた

一方、吉岡にはCAの恋人美香( 仲里依紗 )との結婚を考えていたが、美香はまだ乗り気ではない様子…

そんな中、美香の乗ったジャンボ旅客機が飛行中にエンジンが炎上―
様々な方法が検討されるが、下川救難課長( 時任三郎 )は日没が迫る中での旅客機の海上着水を決断
しかし、着水に成功したとしても、浮かんでいる時間はわずかに20分
その間に乗客・乗員346名全員を救わなければならない。

特殊救難隊、海保、警察、消防、周辺の各機関、手助けに来た一般の船員…
日本中が固唾を飲む中、いよいよ運命の海上着水が始まります―

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。m(__)m

 やっぱり海猿は熱くなりますね。
第4弾でもシリーズらしさがあってやっぱり面白かったです。(^^)

最初から現場にいた前作とは違い、今回は日常のシーンが序盤にあり、ほのぼのした感じで和みました。(*^_^*)

今回、新メンバーで仲里依紗さんが出演しました。
個人的に女優・仲里依紗の演技が好きです。(^^ゞ
今回も良かったです☆(^^)
ちなみに佐藤隆太と仲里依紗は「ガチ☆ボーイ」では兄妹役でした。(゚0゚)

 シリーズを通してのテーマでもあると思うのですが、特にクライマックスにかけての大切な人を守りたいという思い、そして、決して最後の最後まで諦めない男たちの姿には感動しました。(T_T)

 今までのシリーズを見ていない方でも十分楽しめると思います
興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

『トッキュー』は昔、久保ミツロウ先生のマンガでも描かれていたやつだよね?(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

風が吹いている

ロンドン五輪が幕を下ろしました。

日本代表は金メダルこそ前回よりも少ない7個でしたが総メダル数は史上最多の38個。
全日程でメダルを獲得したのは史上初ではないでしょうか?

 自分が印象に残っているのは、女子バレーバドミントン体操,…と色々とあるのですが、男子競泳のメドレーリレーもその1つです。

背泳ぎのメダリスト・入江選手から平泳ぎの北島選手―
これが団体競技の強みなのでしょう。個人戦のときよりも速いタイムバタフライのキャプテン・松田選手へつなぎ、最後は自由形の藤井選手へ―

今大会の競泳陣を象徴するかのようなチームワーク見事に過去最高の銀メダルを獲得☆

試合後、入江選手「27人全員で取ったメダルです。」松田選手「(北島)康介さんを手ぶらで帰らせるわけにはいかない。」本当にいいコメントでした。

金メダルこそなかったものの、今大会の競泳陣の活躍は本当に印象的でした

 また、引退から周囲の支えもあって這い上がり、悲願の金メダルを獲得した女子レスリングの小原選手48年ぶりの金メダルを獲得したボクシングの村田選手24年ぶりの金メダルを獲得した男子レスリングの米満選手など、悲願の達成をした方々や、バドミントンやアーチェリー,フェンシングなどのあまりメジャーでないスポーツのメダル獲得個人的に嬉しかったです。(^^ゞ

 そして、周囲の期待に見事に応えた体操の内村選手女子レスリングの伊調選手,吉田選手の3連覇お見事でした

 しかし、その一方で悔しい思いをした競技もありました。
特に柔道では期待されたような結果が取れず男子では史上初めて金メダル0に終わってしまいました。
早いうちに誰かが取っていたら変わっていたかもしれませんね。
でも、メダルは取れているわけで、今回の代表選手はほとんどが初出場の選手です
この続きは4年後のリオデジャネイロ五輪でリベンジしてくれると信じています。(^O^)/

 今回のロンドン五輪では、誤審や政治的な問題の介入など残念な出来事もありましたが日本選手の活躍や世界レベルの試合には本当に興奮しっ放しでした。

目標を達成した選手、悔しい思いを残した選手…
色々な思いが次のリオデジャネイロに続いていくんでしょうね。

選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。<m(__)m>

感動をありがとうございました。(^.^)/~~~

やっと寝不足から解放されるかな?(-_-)zzz
卓球・石川選手の「ぴょんぴょんジャンプ」好きでした(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

探していた光

「探していた、見失っていた光はロンドンの風の中にありました!」―

ロンドン五輪、女子バレーボール
準決勝でブラジルに敗れ、迎えた3位決定戦。相手は宿命のライバル韓国

これも巡り合わせなんでしょうかね。
世界最終予選では負けているだけに絶対に負けられません。

第1セット。
序盤、動きに硬さのある韓国に対して日本は連続ポイントで引き離します。
しかし、さすがはBEST4に残ったチームです。伝統の粘りで日本を追い上げます。

ただ、メダルへの思いなら日本も負けません
最後まで主導権を渡さずに第1セットを取り、次の第2セットも大接戦ながらも勝利
セットカウント2-0でメダルに王手をかけます

 しかし、ここで気を緩めるわけにはいけません
シドニー五輪世界最終予選で2-0から逆転負けし、出場権を逃した経験があり、何より司令塔の竹下選手はそこからの苦しみを経験しています
きっと若い選手たちの気持ちを引き締めたことでしょう。

韓国代表はキム・ヨンギュンという絶対的エースを中心としたチームです。
イエリッチという絶対的エースのいた、あの時の相手クロアチアを思い出したのは自分だけでしょうか?

 運命の第3セット。
序盤から一進一退の攻防。やはり銅メダルをかけた戦いです。簡単には終われません。
しかし、日本も攻めの気持ちを忘れずにエース木村沙織がサーブで狙われながらも、先発に大抜擢された迫田選手の活躍で主導権を渡しません

 24-21で迎えたマッチポイント―
韓国のサーブで崩されるものの、アンダーハンドできっちりトスを上げる竹下選手
アンダーハンドでもきっちりと上げられるのが”世界最小最強セッター”竹下佳江です!

迫田選手のアタック
韓国のブロックに当たり、コートの外へ…

日本勝利!!
遂に28年ぶりの銅メダルを獲得!!!

勝利が決まった後、コートの上で喜びを爆発させる選手、コーチ、そして全員が涙を浮かべた実況席…

 自分は何よりも普段は表情を出さない竹下選手の涙に感動しました
何度か書いたのですが、シドニー五輪の出場権を逃したことにより、A級戦犯の一人として批判の的になり、一度引退。その後、色々な人の支えがあり、見事に復活して今回遂に悲願を達成しました。

 ここに来るまで本当にたくさんの人々の力があったと思います。
日本代表を支えてきた歴代の選手や監督・コーチ、そして裏方として支えてきた方々…
まさに”チーム日本”として獲得した悲願の銅メダルです。

 ただ、ここで終わってはいません。
この先の戦いではマークが厳しくなることは覚悟しないといけません。
何よりも試合後の韓国代表の悔しそうな表情…エースのキム・ヨンギュン選手はこの経験でより進化するでしょうね。

でも、今回のチームには木村沙織選手や江畑選手をはじめ、若い選手も多くいます。
きっとこの経験を糧により上のレベルに上がってくれることでしょう。

 ”チーム・日本代表”の皆さん、本当におめでとうございます☆

これからより一層の活躍も期待します!(^O^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新・くも男

スポーツネタが続いていたので、久しぶりに映画でも…m(__)m

映画『アメイジング・スパイダーマン』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

幼い頃に両親が失踪し、叔父夫妻に育てられているピーター・パーカー( アンドリュー・ガーフィールド )。普通の学生として過ごしていたある日、父の残したバッグと研究資料を見つけた彼は、かつての父の研究仲間だったコナーズ博士( リス・エバンス )に近づくべく、オズコープ社を訪れます
そこで侵入した部屋で遺伝子の組みかえられたクモに刺されたパーカー。
その帰りの電車で彼の驚異的な力が目覚めるのでした―。

その後、コナーズ博士と共同で研究し、人体再生の薬を開発したパーカー。
コナーズ博士は一人になり、人体実験で自らの体に投薬するのですが…
不完全だった薬の副作用により、博士はリザードに変身してしまうのです

一方、両親の失踪を調べるにつれ、叔父夫妻との間に溝ができてしまったパーカー。
ケンカをして家を飛び出すのですが…彼を心配して追いかけてきたベン叔父さんが、パーカーの見逃した強盗により殺されてしまいます…。

犯人を捜し出すためスパイダーマンとなったパーカー。
リザードの正体もコナーズ博士だと気付いた彼は恋人のグウェン・ステイシー( エマ・ストーン )の父親の率いるロス市警にも追われながらも、博士を止めようと決意するのです。

果たして彼らに待ち受ける運命は―?

といった感じです。(^^)(説明長い?)

 以前の三部作も見たのですが、監督や出演者が変わった今回の作品違和感なく見れました。(^^)
やっぱり面白かったです。

スパイダーマンは等身大のヒーローですね。
主人公の葛藤とか、それを助ける周りの人々とかが描かれていて良かったです。

前作のベン叔父さんの「大いなる力を使うには、大きな責任が伴う。」―というようなセリフが印象的でした。
今回も色々といいセリフがありました。
「秘密には必ず代償が伴う」―とか。think

 謎も残り、続編に続きそうなラストでした。

興味のある方は是非どうぞ☆(^O^)/

時間の関係で3Dで見れなかった…(ToT)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栄冠は誰に輝く!? ’12

明けて今日から第94回全国高校野球選手権大会が開幕します☆

 先日の抽選で決まった、我らが岡山県代表・倉敷商業高校の対戦相手は…

三重県代表・松阪高校―

ここ数年、何故か優勝校や常連校とばかり当たってきた岡山県代表ですが、今回の相手は初出場校です。

 しかし、松阪高校は、エースの竹内投手の投球術切れ目のない打線接戦の三重県大会を制してきたらしく、決してあなどれない相手です。

 ですが、倉敷商業高校はセンバツの悔しさをバネに一回りもニ回りも成長しました

甲子園の借りは甲子園で返す―

学校初の春夏連続出場を果たした、創立100周年の伝統校岡山県の高校球児を代表して甲子園で輝きます☆

 また、春夏連覇を狙う大阪桐蔭夏連覇を狙う日大三高を始めとする常連校に、実力が未知数初出場校
激戦の地方大会を制した各都道府県の代表校が出そろい、組合せも決まりました。

果たして今年はどんなドラマが待っているのか?

今年の夏も熱くなりそうですね。

(後日更新)

倉敷商業、初戦突破☆

敗れたとはいえ、松阪高校はさすがに三重県の代表校でした
逆転されたときはどうなることかと思いました。
ただ甲子園の経験が出たかな?

次は秋田商業との古豪対決です。
相手エースの近藤投手は、県大会決勝戦でケガを押して登板ユニフォームを血で染めながらも勝った気迫の持ち主です。
こちらも負けない闘志で立ち向かいます!

倉敷商業BEST8進出☆

藤井主将の先頭打者ホームランで勢いがつきましたね。(*^_^*)

ただリードはしていたものの秋田商業の攻撃は怖かったです。
終盤まで心配でした。

次の相手は高知代表・明徳義塾高校
言わずと知れた強豪です主将は岡山出身らしいです。(^_^;)
開幕前の練習試合でも敗れた相手ですが、倉敷商業は甲子園でのこれまでの強敵との戦いで成長してきました。

全力で立ち向かいましょう!(^.^)/~~~

○倉商ナインの皆さん、お疲れさまでした。

先行して逆転をされてからの粘り…すごかったです。
全力を出し切った結果のベスト8。公立校では最高順位でした。

本当にお疲れさまでした。これからの活躍も期待しています☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

史上初の銀メダル

バドミントン女子ダブルス
日本代表の藤井瑞希・垣岩令佳の”フジカキ”ペアが史上初の銀メダルを獲得しました☆

 予選リーグでの無気力試合により、4ペアが失格になるという前代未聞の事態が起きた今大会。

フジカキペアは準々決勝で難敵のデンマークペアを下し、準決勝へ―

準決勝の相手はランキング的には格下のカナダペア
第1セットは自力に勝るフジカキペアが勝ったものの、勝利を意識しすぎた第2セットは気持ち的に守りに入ってしまい、落してしまいます。
最後の第3セット開き直り、再び息を吹き返して決勝進出を決めました。

 迎えた決勝戦…

第1セットは自力に勝るランク2位の中国ペアに屈し、勝負の第2セット―

まさに決勝戦を飾るにふさわしい死闘でした。

20-20からの一進一退の攻防
セットポイントを取れば防がれ、ゲームポイントを取られれば何とかしのぐ…

そして23-24からの中国ペアのゲームポイント…

無情にも強打が日本コートに突き刺さり、中国ペアが勝利を手にしました。

 敗れはしたものの、ここまでの快進撃、そして、決勝での執念の粘り
フジカキペアの活躍は本当にお見事でした。

 また、今大会は”無気力試合”の影響でバドミントンのイメージが少なからず下がっていたのですが

女子シングルスの佐藤冴香選手ケガを押しての試合続行
男子シングルスの佐々木翔選手世界1位に対しての善戦

と、選手の活躍でバドミントンの良さを十分アピールできたと思います。

そして女子ダブルスの決勝戦

本当にバドミントンの魅力の詰まった戦いでした

 自分もバドミントンの経験者ですが、バドミントンの試合は風の影響を受けないために、窓をすべて閉め切って、日光の影響を受けないために、暗幕も閉め切った会場で行います。(上の試合だと冷房をつけてるみたいですが)
そんな状態での速いシャトルを追う戦いです。

そこで最高のパフォーマンスをしていただきました。
ありがとうございました。
今後のより一層の活躍を期待します!

 藤井瑞希選手、垣岩令佳選手、おめでとうございます☆

 選手の皆さん、お疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分であることの証明

ロンドン五輪、男子体操個人総合”日本の絶対的エース”内村航平選手が日本人として28年ぶりの金メダルに輝きました☆

 金メダルの最有力候補と言われながらも、今大会は苦悩の連続でした

団体予選では得意の鉄棒でまさかの落下
そして団体決勝でも最後のあん馬で着地に失敗し、
一時はメダルを逃す点数になりながらも、抗議により銀メダルを獲得。
しかし、内村選手の顔は晴れませんでした

北京五輪の後の彼の活躍から、ここまで苦しむ姿が予想できたでしょうか?
やはりこれが”オリンピックの重圧”なのでしょうか?

 そして迎えた個人総合

ケガにより無念の棄権となった盟友・山室選手の思いも胸に迎える最初の競技は―
団体決勝で失敗した”あん馬”

内村選手に二度目の失敗はありませんでした。

苦手のあん馬をクリアした勢いのまま、本来の調子を取り戻した内村選手
跳馬の着地もこれ以上がないほどきれいに決め鉄棒では冷静に判断し、コールマンを回避。

そして…最後の床まで気を抜くことはありませんでした。

これが、”日本のエース”内村航平の体操だということを証明しました☆

2位以下を引き離し、見事に金メダルを獲得。

 奇しくも28年前に個人総合を制した具志堅選手と同じく床の演技で決めました

 今大会ほど苦しんだ大会はなかったかのように思います。
やはり、 オリンピックは他の大会とは違った雰囲気 がありますね。
”最有力候補”の重圧をはねのけての金メダル獲得。

本当にお見事でした☆

 また、急きょの出場となったキャプテンの田中選手の活躍もすごかったです
残念ながらメダル獲得はなりませんでしたが、内村選手の気持ちを高ぶらせていたと思います。

体操はまだ種目別が残っています

本来の姿を取り戻した日本代表の皆さんの活躍を期待します!(^.^)/~~~

もう一回出来杉君をやるかな?(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »