« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

なんか貼りたくなったので…29

”ハリ・タカ”シリーズ― まさかまさかの第29弾

音楽と共に雑談を少々。
ラジオのDJ気分でお届けしております。(^^ゞ

 今回は…THE ALFEEの「希望の橋」

”日本最古のバンド”とも紹介されたことがある(らしい)THE ALFEE。
たしか「サラリーマン金太郎」の主題歌だったかな?
聞いていて元気になれる曲です(^^ゞ

 もう少しで2012年も半分が過ぎようとしていますね
うまくいったこともあれば、そうではないこともあったと思います
2012年の後半戦、しっかり自分らしく今を超えていきましょう☆

気がつけばハリ・タカも次で30回目か…
第1回の時はシリーズになるなんて全く考えていなかったな(^^ゞ
次の曲は何にしようか…(-.-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この惑星の住人は…

映画『メン・イン・ブラック3』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

人間に紛れて地球で生活をするエイリアンを監視する極秘機関”MIB”―そのエージェント”J”( ウィル・スミス )と”K”( トミー・リー・ジョーンズ )のコンビは今日も奔走しています。

そんなある日彼らの前に現れたのは、40年前に”K”が逮捕し、刑務所から脱獄してきたボリス・アニマル―”K”に攻撃を加えた後、「過去でお前を殺す」と謎の一言を残し、姿を消します…

翌日、本部に戻った”J”は”K”を探すもどこにも見つからず…そして上司からは驚愕の一言が―

「”K”は40年前に亡くなった」―

時を同じくして始まったエイリアンからの地球侵略…
”J”は真相を解き明かし、地球を救うため40年前の過去にタイムスリップ
果たして”J”は地球を救うことができるのでしょうか?
そして、”K”がひた隠し続けてきた過去とは―?

といった感じです。(^^ゞ

 やっぱり、このコンビはいいですね。ブランクを感じさせられません。(*^_^*)
年齢のこともあってか、”K”は過去の役になったのですが、違和感を感じないほどなりきられていました。

前2作とは違って激しいオープニングになりましたが、MIBらしさは健在で面白かったです。

3Dということで、アクションシーンやタイムスリップのシーンは迫力がありました

また、パート3を見た後にパート1を見返したくなりました。(^^ゞ

 前2作を見ていなくても十分楽しめます。
興味のある方は是非どうぞ☆

上映終了後にはスパイダーマンの予告も…面白そうでした。(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

独り言集’12 6月

もう半分過ぎたか…(^^ゞ

それでは今月も行きましょう。

小ネタ集です。m(__)m

(6/1)

○元日本ハムのダース・ローマシュ匡投手。北海道でお世話になった方の飲食店を手伝いながらモデル活動。

関西高校時代から応援しています。第2の人生しっかりと☆(^.^)/~~~

○尾崎紀世彦さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(6/2)

○24時間テレビ、今年のランナーは佐々木健介一家。

しっかりと家族の絆を示して下さい(^.^)/~~~

○元大関・千代大海関、ご結婚おめでとうございます!

ちょっと希望が…(^^ゞ

(6/3)

○オリラジのあっちゃん、福田萌さん、ご結婚おめでとうございます!

武勇伝は6年前だったか?!

○再登板の噂は聞いていたけど、意外でしたね。(*^_^*)

(6/4)

○「謎解きはディナーのあとで」映画化

このドラマ好きでした。(^^ゞ

○少年ジャンプ「いぬまるだし」最終回。

何気に好きなマンガでした。大石先生お疲れ様でした。m(__)m

○ザックJAPAN、初戦は快勝!

何が起こるか分からないのが最終予選。しっかり気を引き締めて!(^.^)/~~~

(6/8)

○サッカー日本、ヨルダン下す。

この調子をキープしてほしいですね。

○陸上の為末選手、お疲れ様でした。

(6/9)

○スギちゃん、GTOで初演技―

来年はどうなってるのかな?

(6/10)

○男子バレー五輪出場ならず―

中国戦がすべてだったかな?
オーストラリアやイランに対してここからどう立て直すのか、4年後の課題ですね。

(6/12)

○サッカー日本代表、オーストラリアと引き分け

アウェーなので結果はよしとしましょう。
ただ、終わり方は…なんだかな~(^^ゞ

(6/13)

甲斐麻美さん、ご結婚おめでとうございます☆

あの作品からもう7年ぐらい経ったんですね。末永くお幸せに!

(6/16)

○あとはのんびりと書こう…(^^ゞ

(6/22)

○「熱闘甲子園」に工藤公康氏―

流れ的には当然ですかね。
工藤さんがどういう切り口を見せるのか楽しみです☆

(6/27)

○次は魔法使いか…

(6/28)

○巨人・越智投手、手術成功―

まずはゆっくり治して下さい。
復活したら、しっかり敵として戦います!

(6/29)

○地井武雄さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

○小野ヤスシさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宇宙キター!

仮面ライダーフォーゼ…

ナンデヤネン!(* ̄0 ̄)ノimpact

映画『宇宙兄弟』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

2006年夏、夜中に偶然UFOを見かけたことから宇宙に魅了された兄弟がいました
「2人で一緒に宇宙に行こう」― そう約束してから19年の年月が流れ…

弟の南波日々人( 岡田将生 )は約束どおり宇宙飛行士となり、世界から注目されながら日本人として初めて月に行く日を間近に控えていました。
一方、兄の南波六太( 小栗旬 )は自動車会社に勤めていましたが、弟を馬鹿にした上司に頭突きをしたことから無職となり、就職活動を開始していました。

そんなある日、ムッタあてにJAXAから宇宙飛行士選抜試験の書類選考通過の知らせが届きます。
幼いころの夢を忘れた兄に内緒でヒビトが送ったものでした。

弟の思いに触れ再び自分の夢を思い出して走り出したムッタ
そして、遂に宇宙へと旅立ったヒビト

果たして兄弟に待ち受けるそれぞれの運命とは―?

といった感じです(^^ゞ

 ”また原作を読まずに見に行ったのか?(`ε´)”

とお思いのあなた、ご安心(?)を。m(__)m
今回は原作を読んでいました。(*^.^*)
ほんの序盤だけですけど…(-.-)

率直に感想を言うと面白かったです。!(^^)!

最初は正直、小栗さんにアフロは…とも思ったのですが、見ているとそんなのは気にならず、映画の世界に引き込まれていきました
また、主演の2人はもちろんのこと、堤真一さんの役も印象に残りました

ロケット打ち上げのシーンは迫力がありましたね。(^^ゞ

 原作はまだ続いて、また上映時間の関係もあり、まとめる場所を考えられるのにも苦労されたそうです
もう少し詳しく描いてもらいたかったところもありますが、ラストシーンは嬉しかったです。(*^_^*)

原作を見ていなくても十分楽しめます!
興味のある方は是非どうぞ☆(^.^)/~~~

麻生久美子さんに最近興味が…(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

駆けあがれ!夏のテッペン

ABC 第94回全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズ並びに統一テーマ曲が決定しました☆(公式サイトはコチラ

 まずは、キャッチフレーズから。

それは…例年通り、この記事のタイトルです。coldsweats01

『駆けあがれ!夏のテッペン』―

例年以上に、今年は躍動感あふれるキャッチフレーズですね。(^^ゞ

全国の高校球児が目指すのは、たった1つのテッペンです。
だからこそのドラマが生まれていきますね。
それを表した、いいキャッチフレーズだと思います

 そして…数々の名曲が生まれてきた統一テーマ曲は―

GReeeeNの「pride」

ちょっと意外でしたね
運転中にカーラジオでこのことを知った時は声を出してしまいました。(^^ゞ

GReeeeNと言えば、やっぱりドラマ「ルーキーズ」の主題歌「キセキ」のイメージがありますね。
今度は本当の高校野球の主題歌です。
高校球児の真剣勝負に負けないように、妥協せずに書かれたこの曲が今年の夏を熱く彩ります☆

ちなみに…

以前、コブクロが「熱闘甲子園」の主題歌とセンバツの行進曲を担当したことがありましたが、この時はまだ夏の統一テーマソングはありませんでした

ということで、
GReeeeNは史上初めて春・夏のテーマソング(センバツ行進曲「キセキ」,夏の統一テーマソング「pride」)を歌うことになりました。!(^^)!

 そんな快挙が生まれた今年、きっと例年以上のドラマが待ってるんでしょうね

94回目の夏、たった1つの”テッペン”を目指す高校球児たちの”pride”をかけた戦い…

聖地・甲子園は、その時を待ってます―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんか貼りたくなったので…(スポーツ編)

これもシリーズ化になるのかな?

まあ、とりあえず書いてみます。(^^ゞ

男子バレーボールのロンドン五輪世界最終予選が始まりましたね。
今回はアジア枠1を含めて2チームしか出場権が与えられません
かなり厳しい条件ですが、何が起こるか分からないのが最終予選です。
解説者ではない我々はしっかり信じて応援しましょう☆(^.^)/~~~

 という訳で、4年前の歓喜の瞬間です。
北京五輪世界最終予選・日本-アルゼンチン 第5セット

明日は韓国戦です。
アジアの国には負けられませんね(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最強セッターの軌跡

祝・女子バレーボール、ロンドン五輪出場!!

ということで、今回はこちらの本を紹介します。m(__)m

P1040893

『世界最小最強セッター 竹下佳江 短所を武器とせよ』(吉井妙子)

 日本を支える、”世界最小最強セッター”竹下佳江選手の軌跡のかかれている本です。

竹下選手の能力の秘密や、どのような幼少時代を過ごされたのか

そして、自分も幾度かこのブログで触れている2000年シドニー五輪世界最終予選―

女子バレーのオリンピック出場の歴史を止めてしまい、「あんなに小さいセッターを使うからだ」A級戦犯扱い…その後一度、彼女は現役を引退してしまいます

そこからどのように希望を見出し、”世界最小最強セッター”にまで上り詰めたのか?
そこにあった人との出会いとつながりとは―?

 今回の世界最終予選。正直、ここまで苦戦するとは思っていませんでした
やはり世界と戦うことは大変なことですね。

そんな中でも勝ちぬけた要因の1つに予選の苦しさを経験した竹下選手の存在があったかと思います。

本の中でも、「今から思うとシドニー五輪の予選では監督を含めて五輪を知っている選手がいなかった」 ―と竹下選手は分析しています。
エース・木村沙織に、新鍋選手、江畑選手といった若いチームの中で、きっと五輪について語られたことでしょう。

 セルビア戦のことは色々と言われていますが、自分はたしかに最終セットは気持ちで相手に負けていましたが最後まで勝利を目指していたと思います。

 今回のことを若いチームが経験して、五輪への糧としたでしょう

本戦での日本代表の活躍、期待しています☆(^.^)/~~~

(後日更新)

ロンドン五輪女子バレー銅メダル獲得おめでとうございます☆(^O^)/
選手、監督、コーチ、スタッフが一丸となった快挙ですね(コチラ

その後の報道で竹下選手に結婚予定の報道がありましたが、この本に「未来の伴侶が見つかった」と書いています(^^)
江草投手とは知りませんでしたけど(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »