« 5分だけ時間をくれ | トップページ | 最強セッターの軌跡 »

家族思いのヴァンパイア

2連続の映画ネタ!(^^ゞ
映画『ダーク・シャドウ』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

1972年。かつて繁栄を誇った名家・コリンズ家は今や没落してしまい、家庭内も崩壊寸前―
家庭教師として雇われたヴィクトリア・ウィンターズ( べラ・ヒースコート )にも何やら事情がある模様で…

 そんな中、工事現場から見つかった棺。その中に眠っていたのは…かつての当主であるバーナバス・コリンズ( ジョニー・デップ )。
200年の眠りから目覚めた彼は…なんとヴァンパイア!
復活したバーナバスは現在のコリンズ一家の前に登場。すっかり変わった世の中とずれながらもコリンズ家の再生を目指します

しかし、そんな彼らの前にバーナバスをヴァンパイアにした魔女アンジェリーク( エヴァ・グリーン )が現れ…

果たして彼らの運命は―?

といった感じです。

 やっぱり、こういう役はジョニー・デップなんだな~というのを感じました
「シザー・ハンズ」、「チャーリーとチョコレート工場」、「アリス イン ワンダーランド」…ちょっとしたファンシー系の映画が似合いますね。(*^_^*)
ティム・バートン監督とのコンビもさすがです。
日本でいうと誰になるだろう?…思いつかない。(^^ゞ

 クライマックスはちょっと驚きました。(*_*;
続編がありそうな雰囲気も気になります。(^^ゞ

 いい意味でジョニー・デップらしい映画だったと思います。
興味のある方は是非どうぞ☆(^.^)/~~~

吉本新喜劇を彷彿とさせる1シーンも…(^^ゞ

|

« 5分だけ時間をくれ | トップページ | 最強セッターの軌跡 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/45424089

この記事へのトラックバック一覧です: 家族思いのヴァンパイア:

« 5分だけ時間をくれ | トップページ | 最強セッターの軌跡 »