« オンバト+ 第2回チャンピオン大会 | トップページ | 究極のイス取りゲーム »

太陽が昨日より…

第84回センバツ高校野球大会―

その決勝に進んだのは…

”浪花のダルビッシュ”こと藤浪投手を擁する、大阪代表・大阪桐蔭高校
”東北悲願の初制覇”を目指す、青森代表・光星学院高校

 勝てばどちらも初優勝となるこの1戦。
雨天中止による、1日の息抜きを挟んで始まりました。

初回からゲームは動きます。

2死から大阪桐蔭の4番小池選手のホームラン2点を先制

しかし、光星学院も負けていません!

3回に2本の長打を絡めて同点に追いつきます

 ところが―

同点に追いつかれた大阪桐蔭はその裏に3点を入れ試合の主導権を奪い返します!!

その後も藤浪投手のここ一番での力投などで主導権を渡さない大阪桐蔭高校
昨夏の無念を晴らすべく、ここまで勝ち進んできた強打で粘る光星学院を下し、
7-3でセンバツ初優勝を果たしました!!

 勝った大阪桐蔭高校は、1回戦の花巻東との”好投手対決”を制したことから波に乗りましたね。
意外にも春は初制覇だそうです。
”浪花のダルビッシュ”こと藤浪投手の力投も光りました
もう気持ちは”春夏連覇”へ向いているようですが、まずはおめでとうございます☆

 そして、敗れはしたものの光星学院もよく頑張ったと思います
神宮大会を制したことから、他校のマークも強かったと思いますが、それを凌いでの決勝進出はお見事でした。
野球留学生が多いと言われることもありますが、ここまで来たのは彼らの力です。
昨夏に続いての準優勝は悔しさもあると思いますが、お疲れさまでした。
また夏に会えることを楽しみに待っています。

 高校球児の気持ちはもうきっと夏に向かっていると思います。
更なる頂点を目指す、夏の雪辱を果たす…色々な思いを持って迎える夏―
果たしてどんなドラマが待っているのでしょうか?

でもその前に、

高校球児の皆さんお疲れさまでした。
ありがとうございました。

また夏に会いましょう☆(^_^)/~

|

« オンバト+ 第2回チャンピオン大会 | トップページ | 究極のイス取りゲーム »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/44801423

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽が昨日より…:

« オンバト+ 第2回チャンピオン大会 | トップページ | 究極のイス取りゲーム »