« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

あきらめない街・石巻の力

雨天順延、ノーゲームもあった、ここまでの甲子園。

そんな今大会に”21世紀枠”で出場した、宮城県立石巻工業高校―

 開会式では選手宣誓で復興への熱い思いを語り、迎えた初戦―

相手は九州地区の王者鹿児島県代表・神村学園

序盤に先制を許し、0-4で迎えた4回ウラ―

先頭打者の3塁打を足掛かりに選手宣誓をしたキャプテン・阿部選手のタイムリーなどで一挙5点!!

チーム、スタンド、そして、地元の応援団が1つになり、思いのこもった熱い攻撃逆転します。

…しかし、相手はさすがに九州王者

5点取られたら5点取り返す!
粘る石巻工業を振り切り9-5で神村学園が2回戦に進出しました

 敗れはしたものの、素晴らしい選手宣誓に、ここまでの粘り
本当に石巻工業、そして、復興に向けた石巻の力に感動しました

それを甲子園で示した石巻工業の皆さん、本当にお疲れさまでした。
また夏に会いましょう!(^_^)/~

 そして、1つ言っておきたいのが相手の神村学園です。
相手が注目されていることで、色々と考えることがあったでしょうが
どんな相手だろうが最後まで全力で闘う―
その姿勢があったからこその素晴らしい戦いだったと思います

神村学園の山本監督は阪神大震災の被災者でもあります
試合終了後には、選手にグローブを置いて両手で握手をするように指示
応援団も試合前に石巻工業にエールを送りました

本当に両チームとも素晴らしいチームです。

「今日から(石巻工業との)交流が始まる」―

素晴らしい戦いを繰り広げた両チームだからこそですね。
日本中に勇気と感動を与えてくれました。(^_^)/

 さて、まだまだセンバツは始まったばかりです。
果たしてこれからどんな戦いが続くのでしょうか?―

| | コメント (2) | トラックバック (0)

R-1 2012

さあ、趣味の時間だぞ!(^_^;)

ついて来れる方のみでお願いします(笑)。m(__)m

昨年は長い下積みが報われて、佐久間一行さんが悲願のタイトル獲得!!
こういう苦労人が報われることが多いのもR-1の良さですね。(^_^;)

今年のルールは、A~Cの各ブロック4名で戦って、その勝者1名ずつが最終決戦に進出―つまり、THE MANZAIと同じです

優勝するためには2つのネタをすることが必要。

果たしてこれがどう影響するのか?

では、Aブロックから

(Aブロック)

①友近

演歌歌手・水谷千恵子

久しぶりに決勝に残った友近。さすがの安定感です。こんな演歌歌手のあいさつ、ありそうですね。
ただ、友近の笑いはなかなか1位にはなりにくい笑いなんですよね。(^_^;)
ちょっと爆発力に欠けましたね。
豆腐を割るオチは斬新すぎますけどね^_^;

②野生爆弾・川島

「それゆけ大松くん」

バラエティーではよく見るんですが、ネタを見るのは初めてですね
ゴールデンにはちょっと向いていないネタだったかな?
オチも(?_?)な感じでした。
ハマる人はハマったでしょうけどね。(^_^;)
三枝師匠の1票がよく入ったな~(^_^;)

③AMEMIYA

「赤ちゃんが乗ってます」

昨年の準優勝。
相変わらずの歌唱力。個人的にも好きです。
まさかの展開にいつも笑ってます。(^_^)
ただ、やっぱりAMEMIYAぐらいになると、昨年の自分との比較もされたでしょうね。(^_^;)
昨年の衝撃に比べるとやや劣ったかな?

④COWCOW多田

「50音BOX」

決勝常連の相方に代わり、今回は多田さんが出場。芸歴19年の苦労人です。
引いた玉の文字から始まるギャグを繰り広げます
どれを引くかは運次第(たぶん、上の方に自信があるのを固めていたのかな?)なんですが、テンポよく繰り出されるギャグが面白かったです
個人的には、「かっぱ寿司」「タンスにゴン」 が好きでした。(^_^)

Aブロックが終了。

結果…COWCOW多田さんが最終決戦進出!
テンポの良さ、畳み掛ける笑いで勝ち抜きました。

(Bブロック)

①サイクロンZ

「人前で見せられないマジックショー」

2009年に続き、決勝に進出。ネタの構成はその時とは変えてきました
マジックを成功と失敗を繰り返しながら続けていくのですが…体のキレは変わらずさすがでしたね。会場を盛り上げました。(^_^;)
ただ、「面白い」というより「盛り上がった」といった感じだったかな?

②いなだなおき(アインシュタイン)

「ブサイクあるある」

ブサイク芸人いなだなおき(アインシュタイン)さんによる、「皆さんがよく言われたことがあること」
フリップも絵も使って笑いを誘いました
「ひな鳥」のところが好きでした。
ただ、ちょっと盛り上がりに欠けたかな?

③徳井義実(チュートリアル)

「ヨギータ」

2007年以来の決勝進出。
M-1も取って大舞台を経験した分、さすがの話術でした。
「師匠の車の走行距離」は芸人あるあるだったんですね。
枕から本題に入る時に上着を脱がなかったのは緊張からだったのかな?(^_^;)

④キャプテン渡辺

「クズあるある」

昨年に引き続き決勝に進出。
「~だよ。」という、いいテンポでクズのあるあるネタを繰り広げていました。
宗教のあたりが好きでした。
ただ、ちょっと順番もあったかな?もっと早めに出ていたら票が伸びていたかもしれません。(^_^;)

Bブロックが終了。

結果…徳井義実(チュートリアル)が最終決戦進出!
大舞台をより踏んでいる分、鍛えられた話術で勝ち抜きました!

(Cブロック)

①千鳥 大悟

「嫌いだけど可愛い言葉」

千鳥の漫才はよく見るけど、ピンでは初めてでした
泥棒に7万円取られたことから激怒して登場するも、勘違いだと分かり、気まずい空気で発表が始まり…(^_^;)
岡山弁は分かりました。(*^_^*)
もう少し言葉のところで笑いが起こるようだったら良かったかもしれませんね。

②ヤナギブソン(ザ・プラン9)

「ミルフィーユ状態」

過去2人のR-1王者を出したザ・プラン9からの刺客。
演技力、構成力はさすがでした
ただ、ちょっと盛り上がりに欠けたかな?オチでもう少し盛り上がる展開があれば…
「面白い」というより「上手い」コントでした。(^_^;)

③ヒューマン中村

「こと war the 辞典」

昨年に引き続いての決勝進出。
去年は舞台慣れしていない感じがありましたが、今年は昨年からの成長を感じました☆
「バスケが…stylish…」が好きでした。(*^_^*)
畳み掛ける展開が面白かったです。

④スギちゃん

「ワイルド」

今年のレッドカーペットで見るようになった「…だぜ~」と話しかけるスギちゃんです。
芸歴18年だったんですね。(^_^;)
ショートネタの方に向いているのかな~と思っていたのですが面白かったです
レッドカーペットで見たパターンでしたが笑えました。(*^_^*)
大きな笑いが起きたかな?

Cブロックが終了。

結果…スギちゃんが最終決戦進出!
Cブロックは一番レベルが高かったかな?

ここまでコンビ芸人が続いていたのですが、ピン芸人が意地を見せました!

 やっと いよいよ最終決戦!
もう疲れた…(-_-)

(最終決戦)

①COWCOW多田

「お題BOX」

Aブロックの時と同じく箱からお題を出します。
テンポよく繰り広げられるギャグが盛り上げました。助走なしでネタに入るので手数も多かったですね。(^_^;)
”ダイヤモンドじゃね~”が好きでした。
芸歴19年は伊達ではありません!

②徳井義実(チュートリアル)

「変態漫談」

…やらかした。(^_^;)
パンツを被って客も引いてました。
笑い飯のチンポジを思い出しました。
Bブロックの時のヨギータとは違うパターンで考えたのでしょうが、もう1回ヨギータの方が良かったかな?^_^;

③スギちゃん

「ワイルド」

Cブロックの勢いのまま「…だぜ~」とクセになる言い回し
今後のブレイクを感じさせる面白さでした。
ただ、さっきと同じパターンだったので、最初の衝撃に比べると若干パワーダウンを感じたかな?
1ネタだけの勝負だったら… とも思いました。^_^;

以上で最終決戦が終了。
果たして―

投票の結果…

COWCOW多田とスギちゃんが同点!!!(・oノ)ノ

決選投票の末…

優勝!COWCOW多田!!

芸歴19年の苦労人・多田さんが頂点に立ちました!!
バラエティーに出ながらも、扱いは大きくなく、こういうタイトルには手に届かずにいました
R-1の方は相方の山田よしさんが昨年まで4年連続で決勝進出するも頂点までは手が届かず。
今回は多田さんが出場することになり、相方としてもネタの構成とかでできる限りの協力をしてくれたそうです。

今回の優勝は多田さんだけではなくて”COWCOW”としてのタイトル獲得だと思います。

相方への感謝を述べながらの男泣き感動しました(T_T)

本当におめでとうございます!!(^_^)/~

昨今、こういったネタ見せ番組が減っています。
色々なご意見があるかと思いますが、自分はやっぱりこういった大会があってほしいですね。

とりあえずは皆さん、お疲れさまでした。
これからのご活躍を期待します!!

次はオンバトか…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

相手にとって不足なし ’12

第84回センバツ高校野球大会の組み合わせが決まりました☆コチラ

 キャプテン・藤井選手がインフルエンザのため、副キャプテン・坂田選手がくじを引いた結果、
岡山県代表・倉敷商業高校の対戦校は―

栃木県代表・作新学院高校です!

元祖怪物・江川投手の出身校でもある作新学院は、昨夏の甲子園でBEST4に進出
バッテリーを始めとするその時の主力メンバーが残り、秋の関東地区大会で準優勝
攻守共に高いレベルにまとまった手ごわい相手です。

 しかし、倉敷商業は岡山県大会の1回戦で同じく昨夏の甲子園BEST4関西高校を破りました。中国大会も初戦が広島県の如水館高校と強豪校を次々と破って中国地区大会で準優勝しました。
技巧派のエース・西を中心にした伝統の守備、全国で戦うべく鍛え上げた打撃力でぶつかっていきます!

もちろん、OBの星野監督にも負けない”闘志”を持って^_^;

ファンとしても、伝統校同士の戦いなので楽しみです(*^_^*)

ちなみに…2004年のセンバツで岡山城東-作新学院があり…
城東が勝ちました(^_^;)

 他にも中国地方の学校は、開幕戦で鳥取城北が三重と、早鞆が智弁学園と対戦します。どの学校も今まで練習してきたことをしっかりと出し切ってほしいですね。

そして、昨年日本中を感動に包んだ、創志学園・野山主将による歴史に残る選手宣誓に続き、今年の選手宣誓に選ばれたのは…石巻工・阿部主将です。
プレッシャーになるとは思いますが、自分の言葉で思いを伝えてほしいと思います

今大会は初日から『花巻東-大阪桐蔭』という注目カードもあり目が離せません。

2011年―開催の是非に揺れるも、被災地の方々からの後押しもあり開催されたセンバツ…

高校野球の力を改めて実感しました。

感謝の気持ちを忘れずに、高校球児たちによる爽やかな感動を今年も期待し、
聖地・甲子園は静かにその時を待ちます―

(後日更新)

先制はしたのですが、やはり昨夏BEST4は強かったですね。
ただ、今までの先輩の成し得なかったセンバツ初得点は記録しました。
また力を付けて夏にリベンジしましょう!!
作新学院の今大会の快進撃を期待します!(^_^)/~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3.11

あの日からもう1年が経ちました。

 1年前のあの日、第一報が入ってすぐに学校に残っていた生徒を返してテレビをつけた時のことは今でも覚えています。
すぐに関東に住む友人の無事を確認しました。

 「ここは街なんです。街があったんです。」―

津波を撮りながら、そう何度も叫んでいるリポーターの姿は忘れません。

徐々に明らかになっていく被災地の惨状を見ながら、心を痛める日々が続きました。
家や家族、大切な人を失い、悲しむ人々もたくさんおられました。

 しかし、そんな時だからこそ、一人一人ができることをして”助け合いの気持ち”や”絆”を実感しながら行動することができました。

学校での募金活動も生徒は一生懸命声を出して、たくさんの方々が協力してくれました。
近くのコンビニにある募金箱…あんなにたくさんの千円札が入った箱を見たことがありません。
有名人の中でも色々な方が精力的に募金活動や被災地でのボランティアに足を運ばれました。

 不安な気持ちを抱えながらもみんなで協力し、一人一人ができることをしてきました。

 それは日本だけではありません。
世界中の国からの支援もいただきました。
中には決して関係が良好とは言い難い国の方々からもです。

そして、被災者の落ち着いて助け合う姿が世界から賞賛され、その後の災害時の手本ともなりました。

本当に世界中が”絆”でつながって助け合うことができました。

 しかし、震災はまだ終わっていません。

まだまだ復興までには時間がかかります。

今でも仮設住宅での生活を余儀なくされている方々や不自由な生活を続けている方々もいます。

また、阪神大震災を例にとると、この震災を経験した子供たちの心のケアも必要だと思います。
震災、津波のことはもちろんですが、その後の深い悲しみで人が変わったような大人の姿などを目の当たりにした子どもたちの心の傷も残ったそうです。

 先代の方々は戦争の悲惨さを風化させずに後世まで伝えてこられました。
自分たちも、この東日本大震災や阪神大震災を風化させずに、きちんと後世に残さなければなりません。

 その為にも、自分たちのできることを今一度考えて、みんなで一つになって進んでいきましょう。
被災地の方々が元の生活に戻れる、その日まで―

改めまして、東日本大震災で亡くなられた皆さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

みんなで協力し合って、これまで数々の困難を乗り越えてきた『日本の底力』を見せましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

独り言集’12 3月

最初に…

もうすぐあの日から1年が経ちますね。

実は、去年の3月の独り言集は、早めに書いたのですが、書いてる途中でメンテナンスの時間になってしまい、更新できず…
その数日後に震災が起きてしまいました。

まだ震災は終わっていません。
1日も早く復興するために、自分たちにできることをしていかないといけませんね。

震災関連は、また明日にも書こうと思います。

 では今月も小ネタ集をつぶやいていきましょうか。(^_^;)

(3/1)

○ザックJAPAN、緊急合宿提案―

最終予選ではなくて良かった。ただそれだけです。
やっぱりチームとして1つにまとまらないといけませんね。

(3/2)

○日本アカデミー賞「八日目の蝉」最多10冠―

朝ドラ、紅白の司会、映画…去年は井上真央の年でしたね。^_^;
個人的には宮崎あおいが主演女優賞でした。(^_^;)

○阪神・榎田投手結婚―

おめでとうございます☆
2年目は真価が問われる年です。期待してます!(^_^)/

(3/3)

○ソフトバンク、岡島投手獲得―

リリーフ陣がより強力になりましたね。
個人的には井川も早く…(^_^;)

○愛菜ちゃんから本田望結に変わりつつあるのかな?

(3/4)

○陸連はロンドンが終わってから、結果を受け入れて選手育成を考え直さないといけないですね。

(3/5)

○R-1決勝進出者決定―

コンビの人が多いかな?
元々ピンの人にも意地を見せてほしいですね。
21個もネタがあるのか…感想を書けるかな?(^_^;)

○皆藤愛子ちゃん、めざまし卒業―

(T_T)
長かったからね。

大塚さんの笑顔も見れなくなるのは寂しいですが、今はゆっくりと治療に専念して下さい。

○オセロ中島さんが無事で何よりです。
もうそっとしていただきたいですね。

(3/6)

○大橋のぞみ、芸能界卒業―

自分の道をしっかりと進んでください(^_^)/~

(3/7)

○天皇陛下、治療が無事に終了―

本当に被災地を始めとして日本国全体のことを考えていただく姿には頭が下がります。
事故後に日本中に向けたメッセージ、「もし途中で地震があればすぐに切り替え下さい」と言われていたのを今でも覚えています。
どうかご無理はなさらないでください。

○なでしこJAPAN、準優勝―

敗れはしたものの、五輪の金メダルも決して遠い夢ではないということを示してくれました。

(3/8)

○セ・リーグ今季から予告先発導入―

個人の意見を言えば反対です。
観客動員の原因は戦力格差が一番大きいと思います。
それを埋める駆け引きは必要だと思うんですけどね。

(3/9)

○上原多香子さん、ご結婚おめでとうございます☆(^_^)/~

SPEEDは自分の学生時代のアイドルでした。m(__)m

○ザックJAPAN、豪、イラクと同じ組

比較的良かったかな?
何が起こるか分からないのが最終予選、しっかり気を引き締めて!(^_^)/~

○山口美江さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

(3/10)

○嶋と江草トレード―

”赤ゴジラ”嶋はちょっと意外でしたね。ただ、西武はベテランとしての役割を考えての獲得ですからね。
新天地でのご活躍を期待します☆(^_^)/~

○今日のめちゃイケは個人的には感動しました。
色々とご意見はありますが、自分たちができることをやっていかないといけません。
岡村さんにとっては自分を支えてくれた方々への恩返しでしょうね。
支え合って1つになっていきましょう。

○プロフィールはノーマークだったな…(^_^;)

(3/18)

○中国地方で放送していた地域情報番組「人気もん」、ありがとうございました。

柳沢慎吾さんが地方の人々と触れ合っていたのですが、いつでもどんなところにいても全力投球をしてくれました。こういう方って見ていて嬉しいですね(*^_^*)

今年は地域情報番組の改編が多いですね。月1回になったりすることも…
不景気の影響なんですかね?

(3/20)

○国内最古の木造校舎・吹屋小学校、111年間お疲れさまでした。m(__)m

(3/30)

○大塚さん、18年間お疲れさまでした。

めざましを愛するが故の降板だと思います。
ゆっくり休んでください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

出藍の誉れ

先日、ウチの学校で卒業式が行われました。

 高校3年生の担任である自分は朝から涙腺が緩みっぱなし…

なんて余裕はありません!

というのも…
卒業証書授与の時にクラスの生徒の名前を呼ばねばならず
自分の数多い短所の1つに『滑舌の悪さ』があり…
今までで一番不安でいっぱいの卒業式でした。(^_^;)

 とは言っても、この学年は自分が初めて3年生を担任したクラスです
やはり不安だけではなくて、寂しさや達成感の方が多くありました。(^_^)

学校行事や普段の授業、色々と叱ったりしたこともありましたが今では思い出です

 式の前のホームルームで、「お世話になった方々への”感謝”の気持ちを忘れずに式に臨む」ように伝えました。

 そしていよいよ式が始まりました。
順調に進んでいき、いよいよ卒業証書授与

なんとか無事に乗り越えた!!crying

 とりあえずは肩の荷も下り、その後も無事に式は終了
退場の時には普段は泣かない強気な生徒も親御さんもみんな泣いていました
いつもは泣くはずの自分は、やっぱり最後まで無事に終わらせる使命感からか、今回は涙は出ませんでした。

 式が終われば、場所を移しての”卒業記念パーティー”です。

スライドショー、先生(≠自分)の仮装、文化祭でのダンス…
厳かな卒業式とは逆に、こっちではみんなはじけてます。(^_^;)

 花束贈呈の時、自分にくれたのは部活動でずっと指導していた生徒でした。

「ありがとうございました。先生は俺の憧れでした。」―

嬉しかったです。

 大いに盛り上がったパーティーも遂に大団円を迎えました。

最後は花道を作っての退場―

本当に色々な生徒がいました。
途中であきらめそうになる時もあったのですが、何とか最後まで”着いてきてくれた”というよりは、”一緒にやってきた”という感じです。
そういうことを思いながら、泣いている生徒を見ていたら…(u_u。)

「先生ありがとう。」「数学できなくてごめんなさい。」「生意気ですみません。」―

色々なことを言ってくれました。
この仕事をしていて本当に良かったって思えました。

卒業おめでとう!
しっかりと自分の道を進んでください!(^_^)/~

翌日…
何人か受験勉強で学校に来ました。
「あっ、久しぶり。」(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

笑門来福9

通常更新再開で。m(__)m

再開1回目は、笑いましょう☆

今回は、麒麟『癒しの時間』(2004年M-1)

第1回目でノーマークで決勝進出、審査員からも絶賛されたものの、それ以降はやや低迷気味…この時に敗者復活から勝ち上がったことで一皮むけたのを感じ取りました。

結果的にM-1優勝はできませんでしたが、M-1が浸透していったきっかけを作ったといっても過言ではないと思います。

テレビで漫才を見ることは少なくなりましたが、また見たいですね(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »