« 独り言集’12 2月 | トップページ | 花嫁の兄 1 »

この町の夕日

映画『ALWAYS 三丁目の夕日’64』を見てきました☆(公式サイトはコチラ

 ストーリーを…

東京オリンピックが開催される1964年東京下町の夕日町三丁目では変わらずに個性豊かな住民が暮らしています。

売れない作家の茶川( 吉岡秀隆 )は、ヒロミ( 小雪 )と結婚。高校生になった淳之介( 須賀健太 )と共に、ヒロミのお腹に宿った新しい命を待ち遠しく思いながら暮らしています。
しかし、茶川の連載する雑誌に現れた新人小説家”緑沼アキラ”人気を奪われ、スランプ気味で打ち切り寸前まで追い込まれています。果たして”緑沼アキラ”の正体とは―?

 そして、向かいの鈴木オートは順調に事業を拡大六子( 堀北真希 )も後輩ができて、今では厳しく指導するまでに成長しました。
火傷を治療してもらった医師・菊池( 森山未來 )に恋心を抱くようになりましたが菊池に付きまとうのは悪い噂ばかり…
そんな中、二人でバカンスに行った事が社長の則文 堤真一 )にバレてしまい…
果たして二人の運命は―?

 そんな折、勘当された父親から突然の危篤の知らせを受けた茶川
ずっと隠し続けられた父の気持ちを知った茶川の取った行動とは―

といった感じです。

 率直に感想を言えば、いい映画でした
自分はまだ生まれていない時代なのですが、現代にはないような、本当に”古き良き時代”だったんだな~というのがよく分かりました。(*^_^*)

 また、今回は住民のそれぞれの旅立ちが描かれています
パートⅠから見た人間にとっては、家族の成長物語を見ているような感じです。
もし自分に子供がいたら、もっと色々考えるんだろうな~とも思いました。(^_^;)
須賀健太は大きくなったね。(^_^)

 今回は3D
アクション映画で使われるイメージだったのですが、CGで作られた街並みを3Dで見せるのもいい方法だと思います。(^_^;)

 古き良き時代の人々の絆が描かれた温かい映画でした
興味のある方は是非どうぞ☆(^_^)/~

堀北真希は下の妹と全く同じ誕生日(1988年10月6日)
結婚式のシーンは感動したな(T_T)
いい予行演習になったかな?

…んっ?!Σ( ゜Д゜)!
…詳細は次回でm(__)m

|

« 独り言集’12 2月 | トップページ | 花嫁の兄 1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/44148224

この記事へのトラックバック一覧です: この町の夕日:

« 独り言集’12 2月 | トップページ | 花嫁の兄 1 »