« 独り言集’11 11月 | トップページ | 007&インディ・ジョーンズ »

野球の底力

「見せましょう!野球の底力を」―

東日本大震災の影響で開催が延期された2011年のプロ野球は、楽天イーグルス選手会長嶋選手の力強い宣言から始まりました。

この1年、嶋選手の開幕戦での”有言実行”の決勝ホームラン

阪神クリーンアップ3連発

4年の時を経ての田中将大VS斉藤佑樹

 そんな1年の最後を飾る日本シリーズが行われました。

”鬼門”と呼ばれるCSを突破し、8年ぶりの日本一を目指すパ・リーグ王者 ソフトバンクホークス

そして、落合監督の有終の美を飾るべく、4年ぶりの日本一を目指すセ・リーグ王者 中日ドラゴンズ

 第6戦を終え、アウェーのチームのみが勝つ予想外の”外弁慶シリーズ”となります。

迎えた最終戦―

 ”エース”杉内と”日本シリーズ男”山井の投げ合いで始まったこの試合、
動いたのは3回

多村選手のヒットを足掛かりに、ソフトバンクはノーアウト満塁のチャンス。
山崎選手の揺さぶり、良かったです(^_^;)

 ピッチャー交代後、川崎選手の選球眼で押し出しソフトバンクが遂に先制します!

その後もこのシリーズを象徴するかのような投手戦が展開されます。

しかし、山崎選手のタイムリー、そして中日の”最強セットアッパー”浅尾から、今季、「優勝したい」という強い思いでふるさとの九州に移籍した内川選手のタイムリーでソフトバンクが徐々に点差を広げていきます。

最終回…ファルケンボーグが打球をひじに受けるアクシデントがあったものの、第4戦の殊勲者・森福投手の救援ホームで連敗した後の第3戦でシリーズの流れを変えた摂津投手で締めて試合終了―

ソフトバンクが遂に悲願の日本一になりました!!

 重圧から解放され、喜びの溢れる選手たち、そして秋山監督の男泣き…感動しました。(T_T)

MVPの小久保選手…この8年間、前経営者との関係が悪化し、巨人への移籍。FAを獲得後のチーム復帰…本当にいろいろありました。

会見で言っていましたが、誰が活躍したからではなく全員が一丸となって勝ち取った日本一です。MVPは選手、監督、コーチ、ファン、オーナー…全員ですね。(*^_^*)

孫オーナーの嬉しそうな笑顔も印象的でした。
ダイエーの頃、合併の噂まであったチームを救ってくれました。
本当に野球を愛している経営者だと改めて感じました。
某球団の経営者も見習っていただきたいです。

個人的に印象に残っているのは森福投手ですね。
第4戦のノーアウト満塁のピンチを無失点で救いました。
シダックス時代の野村監督の教え子です。「この投手にはコントロールの大切さを教えてもらった」と解説していたノムさんも言っていました。

 敗れた中日、セ・リーグ王者の名に恥じない堂々とした戦いでした
打力では敵わなかったのですが、投手力の戦いに持っていく戦いぶりは見事でした

落合監督、敬意を表して最後まで敵将として見させていただきました
最後まであなたの采配は脅威でした。
あえて言わせていただくなら、もう落合中日とは闘いたくないですね。(^_^;)

 やっぱり日本シリーズはいいですね。見ていて何度もそう思いました。

来季は是非、和田新監督の下、阪神の進出を見たいです。(^_^)/~

|

« 独り言集’11 11月 | トップページ | 007&インディ・ジョーンズ »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/43113313

この記事へのトラックバック一覧です: 野球の底力:

« 独り言集’11 11月 | トップページ | 007&インディ・ジョーンズ »