« ありがとう、関西ナイン | トップページ | 独り言集’11 8月 »

ずっとここから

第93回 全国高校野球選手権大会決勝戦―

この夏、最後までこの舞台で戦うことが許された2校は…

西東京代表・日大三高校―
そして、青森代表・光星学院高校―

ここまで、前評判から高く、その猛打、そして、エース・吉永を中心とした守備で戦ってきた日大三高校
かたや、東北地方の悲願である”白河の関超え”に挑む光星学院

 試合が動いたのは3回裏

日大三高の5番・高山選手の放った打球がバックスクリーンに入る、先制のスリーランホームラン!!
 ”自分たちが日本一、バットを振り込んできた” ということを証明するかのように、ここまで相手の脅威となってきた猛打で主導権を握ります。

 光星学院の反撃は5回表

2死1,2塁で9番・秋田の打球はライトへ…
2塁ランナーは一気にホームを狙うも―
ライト・高山選手の好返球でアウト!!
日大三高、主導権を渡しません!!

 何が起こるか分からないのが、高校野球。
現に光星学院は初戦で16点も取ったチームです。
一度握った主導権は簡単に渡すわけにはいきません。

 その後も日大三高ペースで迎えた終盤も日大三高の猛打が爆発!!
11-0で迎えた9回表―

ここまで、ほぼ1人で投げ抜いてきたエース・吉永が三振に打ち取り、ゲームセット

2001年以来、10年ぶりに日大三高が頂点に立ちました!!

 優勝した日大三高は、監督を中心に1つにまとまったいいチームでした
小倉監督も試合後の相手チームの敬意を忘れないインタビューが印象的です
学校でも寮での生活から選手と一体になって指導されているそうです。
選手からの信頼の厚さも、このチームの原動力になったのではないでしょうか

優勝、本当におめでとうございます☆

 また、準優勝の光星学院の戦いぶりも良かったです
きっと東北地方の力になったでしょう。

それだけに、終わった後の騒動は残念でなりません。
自分たちの立場を自覚してほしかったと思います。

ですが、”準優勝”というのは彼らの実力で勝ち取った栄誉です
一部の人の軽率な行動が原因でそれは変わりません。
もう一度、鍛え直して、東北地方の悲願に挑んでください。

 高校球児の皆さん、本当にお疲れ様でした。
これからの活躍、期待しています!!(^_^)/~

日大三高が前回優勝した、2001年…あの時は高3か…(^_^;)

|

« ありがとう、関西ナイン | トップページ | 独り言集’11 8月 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/41340806

この記事へのトラックバック一覧です: ずっとここから:

« ありがとう、関西ナイン | トップページ | 独り言集’11 8月 »