« 魔法少年よ永遠に― | トップページ | ずっとここから »

ありがとう、関西ナイン

関西高校ナインの皆さん、お疲れ様でした。

 2回戦―いきなりの優勝候補九州国際大付属高校との試合。

先制を許すも、キャプテン・渡辺選手のホームランで追いつき、堅守でしのいでのサヨナラ勝ち!
「これで負ければ仕方ない」 とまで思った猛練習の成果を存分に発揮しました。
エース水原投手の好投、そして何よりもチームが1つになって戦った結果、前評判を覆しての勝利は本当に感動しました。

また、敗れはしたものの九州国際大学付属高校も”優勝候補”に恥じない本当に素晴らしい試合でした。

 3回戦―同じく九州の大分県代表・明豊高校との試合。

点差はあったものの、明豊高校の攻撃はその点差を感じさせないほどの脅威でした。
どこかでもう1点でも取られていたら試合の流れは分かりませんでしたが
エース・水原投手を中心に見事に逃げ切りました。

 準々決勝―お隣の広島県代表・如水館高校との試合。

疲れのあった水原投手を見事に救援した、”左のエース”堅田投手の好投が光りました。
堅田投手は過去2回出場したセンバツでは共にエースとして先発するも敗退
立ち上がりをつかれてピンチを迎えましたが、水原に掛けられた 「逃げずに立ち向かえ」 という一言で腕が振れはじめ最後まで相手に流れを渡しませんでした

 そして、準決勝―『東の横綱』日大三高との試合。

序盤のピンチを1点で抑え、直後に同点途中、安打数は相手を上回っていました。

ところが迎えた7回―相手はやはり優勝候補の日大三高です。これまで関西のマウンドを守ってきた堅田・水原を攻め、一挙に8点

しかし、直後の8回、関西を支えてきたキャプテン・渡辺のホームラン水原のタイムリーで3点を返し、4-9。
最後まであきらめない、この粘り試合はまだ終わっていません!!

 最後の力を振り絞って総力戦で戦う関西高校―

ですが、日大三高の壁はやはり大きかった…

結果4-14で敗れ、BEST4で敗退となってしまいました…

 でも、今大会の関西高校の戦いには本当に感動しました。
岡山県予選での強豪校撃破決勝での執念のサヨナラ勝ち
甲子園でも、強豪校に必死で食らいついていく姿

彼らの代は入学当初より全国での活躍が期待されていました。
ところが、センバツでは優勝校と当たったということもありますが、初戦敗退
夏は県予選での敗退自分たちの力を発揮しきれない不完全燃焼が続いていました

今大会での精神面での成長
その結果、江浦監督をはじめとする関西の大先輩でも成し遂げられなかった夏の大会でのBEST4進出を達成することができました。

 自分自身もこの時期まで甲子園を熱く観戦できたのは本当に久しぶりでした。

関西ナインの皆さん、本当にありがとうございました。お疲れ様でした。

どうぞ、胸を張って岡山に帰ってきてください(^_^)/~

|

« 魔法少年よ永遠に― | トップページ | ずっとここから »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15473/41282917

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、関西ナイン:

« 魔法少年よ永遠に― | トップページ | ずっとここから »